性格はすぐにでも変えられる??

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちが今まで何年もかけて作られた性格を
すぐに変えることって難しいですよね。
自分でも自分のことが嫌になって
どうにかしてでも変えようと思っている人も
多いのではないのでしょうか?
 


でも、簡単に性格なんて変わるわけもなく
どうやって変えていいのかもわからずに
また同じことをしてしまっている人もいると思います。
 


しかし、僕たちは性格は変わらないのではなくて
変えないように必死に努力して
今の性格にしがみついている
心理の世界では言うことがあります。
 


え、自分でも変えたいと強く思っている。
でも、変えられなくて嫌になっているのだけど!
変わらないように努力 しているなんて
そんな話は全く違うよ!
私は本気で自分のことを変えたいの!!
と思うのもあると思います。



 
自分を変えたいと思っている人に
今の性格を変えないように努力している
なんて話は通じないのは当たり前です。


 
でも、僕たちは未知の世界というのは
とっても怖いのです。
今、不満を持っているとしても
とりあえず先が見えている世界に
ずっといようとしてしまって
たとえ今以上に素敵な世界があるとしても
そこに行ったことがない人にとっては
とっても怖いことであり、抵抗があるのです。


 
例えば
古びた商店街に長年店を出しています。
だんだんと人もいなくなって
さびれてきてお客さんも少なくなってきている。
自分でも何とかしなければと思い
他の 人もいろんなアドバイスをしてきます。


 
他に場所に移ればお客さんもたくさんいるし
幸せになれるとわかっていている。
でも、今の場所って不満はあっても
昨日と同じような日を送ることができて
とりあえず未知の世界にいって
失敗する危険はないのです。
多少不満はあっても外の世界に行って危険をおかすより
その場にいたほうが安全であると判断してしまうのです。
 


性格も一緒で
たとえ不満はあっても
多少はつらいところがあったとしても
今の状態というのは昨日と一緒なわけで
急激な変化がなくて先が見えていて安全な状態だから
それを保とうとしてしまうのです。
 


これは無意識に働いているので
自分の思いは、こんな嫌な性格は変えたい
何とかしたいと強く思っていますが
未知の危険な世界に行くことを
無意識に遠ざけ てしまっているのです。
 


結局、僕たちは知らない世界に
飛び出していくというのは
すごく勇気のいることで
よほどのことがないと
自分を変えようと思えないのでしょうね。
 
 
 
また、先日の記事のように
不幸になることで得られているものがあると
よけいに今の自分でいようとしてしまいます。
『不幸であることのメリット』
http://cocosoyo.jp/posts/post39.html


ありがとうございました。

2017年09月18日|2017年:9月