当たり前の日々に感謝

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



大雪に見舞われて
車は出せないし
雪かきは大変だし
食料も尽きかけてしまうし
道路は渋滞で
道は凸凹で
ひどい状態が続きます。
 
 
 
もう、こんな不便な状態は
早く解消してほしいと
心から願うばかりです。
 
 
 
でも、こうやって不便になって
快適な生活を失くことで
いろんなことに気づかされますよね。 
 
 
 
僕たちは慣れの生き物で
どんなに恵まれた状況でも
最初だけは感動して
心が揺れ動いたりしますが
徐々に慣れていって
それが当たり前になってしまいます。
 
 
 
20万円の給料でやっていた人は
100万円の給料になったときは
最初は感動も大きいですが、
次第に慣れてきてしまって
100万円の生活が
当たり前になってしまうのです。
 
 
 
そして、また20万円に戻ってみて
はじめて今までの生活が
いかに恵まれていたのかが
再度認識できるというものです。
 
 
 
この大雪もそうだと思います。
僕自身がこの生活に感謝がなくなって
不満を持つようになっていました。
でも、この雪を前にしたら
前の生活がいかに恵まれていたのか
快適に暮らすということが
どんなに素晴らしいことかを
再度、認識させていただきました。
 
 
 
欠けている物には目が向きやすいけど
現在、持っている物や
満たされている物に対しては
目を向けることって難しいです。
だから、失ってみて
気づかされるものってたくさんあります。
 
 
 
本当は失う前にきちんと
気づけていると良いのでしょうけど、
僕たちは常に感謝し続けることって困難です。
 
 
 
不平不満は簡単に見つけられるのに
満たされているものは
隠れてしまうのです。
 


感謝と不満は共存できないと言います。
感謝を忘れてしまった時に
不満が出てきてしまって、
それが心にも影響を与えてしまいます。
 
 
 
他にも人の優しさやつながりの大切さなど
この大雪ではたくさんのことを
学ばされたように思えます。
 
 
 
またこの続きを書かせていただきます。
ガタガタ道の運転に
雪かきで体も神経も疲れてしまって
ブログも更新しないでいました。
余裕がないと何もできませんね。

 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年02月10日|2018年:2月