危機的な状況で力を発揮する

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



火事場のクソ力という言葉があるように
人は危機的な状況になると
すごい力が発揮すると言いのはありますよね。
命の危機に陥ったときに
自然と出てくる力なのでしょう。
 
 
 
それは命の危機だけでなくて
苦痛を解消させることでも
すごい力を発揮するというのはあります。
 
 
 
カウンセリングに来られる方も
こんなにも苦しい状況を早く解消したいと思って
大切な自分のお金と時間を使って来られるのです。
 
 
 
当たり前ですが、苦痛がなかったとしたら
そんなお金や時間を使って
カウンセリングに行こうと思わないですよね。
 
 
 
僕もアトピーで苦しかった時には
早く治したくて漢方薬を試したり
運動したり、食事に気を付けたり
睡眠や瞑想だったりと
いろんなことをやりました。
 
 
 
それはアトピーでなかったら
決してやらなかったことだったと思います。
早く治して苦痛から解放されたかったのです。



そして、ちょっとアトピーが良くなると
途端に食事とは運動はやらなくなってしまいました。
苦しみを何とかしたいという力は
普段できないような運動や食事制限を
させてしまうほどの力を持っています。


 
こんなふうに人は苦痛が大きければ大きいほど
早く解消したくて
普段はとてもできないようなことを
やってのけるのでしょう。
  
 
 
飢えや渇きなどマイナスはつらいですが、
それによってすごい力が湧き上がって
大きく成長することもできるのです。
苦痛であるときの人の力って
すごいものがあります。
 
 
 
ただ、この危機的な力というのは
自分の限度を超えたものを発揮することが多いので、
ずっと続けると体がもたないでしょう。
あくまでも一時的な力なのです。
早く痛みを解消させて
普通のリラックスした状態になるのが
理想的です。



話を聞いていてよくあるのが、
不安が大きいから、
それを解消するために
頑張り続けてしまって
無理がたたり休みをとらなければいけなくなる。
痛みは早く解決するに限りますね。
 
 
 


僕たちの行動する根本的な動機として
①苦痛を解消させること
②快楽を得ること
の二つがあります。



この二つの理由によって
人は行動しようという力が湧いてくるのです。
 
 
 
苦痛は僕たちに大いなる力を
与えてくれるのかもしれませんね。
あまり痛みは欲しくないですけどね。
 
 
 
快楽については
また今度書かせていただきます。
 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年02月18日|2018年:2月