短期的な快楽と長期的な快楽

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。





僕たちの行動する
根本的な動機として
①苦痛を解消させること
②快楽を得ること
の二つがあります。
人間はこの2つの動機で
行動するのです。
 
 
 
先日は苦痛を解消させることについては
人間は危機的な状況に陥ると
力を発揮することがあるという記事を書きました。 
http://cocosoyo.jp/posts/post456.html 
 


今回は快楽について書かせてただきます。
快楽については
長期的な快楽
短期的な快楽をあります。
 
 
 
短期的な快楽としては
今この瞬間は良くても、
後々問題を起こしてしまうものがあります。
それが依存症とか嗜癖と言われるものです。
 
 
 
食べすぎることだったり
ギャンブルだったり
過度な買い物だったり
勉強しないで寝ることだったり
遊びほうけることだったり
今さえ良ければいいというものです。
 
 
 
それも必要な時はありますが、
ずっとそんな状態だと問題を起こしてしまいます。
そして、ストレスが多いほど
短期的な快楽を求めてしまう
という結果が出ています。
 
 
 
逆に成功者と言われる人は
今は苦しくてもいいから
もっと先に待っている大きな快楽を
得るために努力することができると言います。
それが長期的な快楽です。
 
 
 
本当は寝たいけど
遊びたいけど
腹いっぱい食べたいけど

勉強することだったり
運動することだったり
誰かと会って何かを得ることだったり
短期的な快楽を我慢して
その先に待っている
もっと大きな快楽を得ることに
集中できるのです。
 
 
 
それにはどれくらい長期的な視野で
人生を考えられるのかがあるでしょう。
スポーツ選手でもオリンピックに
出ることを目標にしている人は
つらくても練習することを選ぶでしょう。
 
社長として成功したい人は
遊びたいときでも学ぶことを選ぶでしょう。
 
医者を目指している人は
普通の会社員でいいやと思っている人とは
違う生活をすることでしょう。
 
 
 
人間は弱いもので放っておくと
すぐに短期的な快楽に溺れてしまいます。
そして、短期的な快楽は
たいていは今は良くても
将来は実を結ばないことが多いのです。
 
 
 
どれくらい長期的な快楽のために
短期的な快楽を我慢できるのか?
大切なことだと思います。
 
 
 
長期的な快楽を目指すためには
ストレスを減らして心に余裕を作り
自分の人生について考えることが
必要になってきます。
 
 
 
この人生で何を成し遂げないと思っているのか?
どんな人生にしていきたいのか?
何を目指しているのか?
長期的な視点で自分の人生を考えてみることって
とっても大切なことだと思います。
 
 
 
このように快楽には
短期的なものと長期的なものがあります。
僕もすぐに自分に言い訳して
短期的な快楽を得る方を
選んでしまいますので
長期的な快楽を選べるように
しっかりと自分の人生を見つけていこうと思いました。

 
 
こうやって書いて宣言することで
短期的な快楽にとらわれないで
長期的な快楽を得ようとできるので
書かせていただきました。
人間って弱いものですからね。
 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年02月20日|2018年:2月