我慢することで問題を解決しようとしていませんか?

今日は我慢することで
問題を解決しようとしていませんか
ということについて
お話ししようと思います。



会社でも夫婦関係だったりしても
僕たちは我慢することで
その問題を解決しようとしている
ということが多いのかなと思います。



何か相手から
嫌なことを言われたとしても
自分さえ、ぐっと我慢して
そうやって耐えていれば
丸く収まる
争わずに済むということで
我慢をしてしまう
ということが多いのかなと思います。



確かに多少の我慢というのは
必要になってくるとは思います。
でもそれが我慢ばかりして
それを解決策に
持っていこうとしている
というのは
それは解決になっていないことの方が
多いのかなと思います。



我慢は問題の先送りというふうに
僕は考えています。
本来なら何か嫌なことを言われた時に
その人に自分の意見をきちんと言えるとか
自分の気持ちを伝えることができたとしたら
その時はもしかしたら嫌な思いをしたり
人と争ったり
言い合いになったり
とすることがあるかもしれません
でもそれがかえって
人間関係を良くしたり
問題を解決しやすくする
のかなと思います。



でも何か言いたいことがあったとしても
ぐっと言葉を飲み込んで
我慢をする
そういうことをしていくと
相手も問題はないと思って
どんどんと言ってくるようになるし
その我慢する人も
どんどんと我慢をさせられる
そういう状況に
陥ってくるのかなと思います。



我慢すればするほど
問題が先送りになって
そして問題が小さく
なるのであればいいのでしょうけど
大抵は問題は
大きくなってしまうことがあるのかなと思います。



そして我慢の限度が超えた時に
一気に爆発して
すごい大きな問題となってしまうことが
あるのかなと思います。



夫婦関係であったら
我慢の限度が超えて
いきなり離婚という風に
なってしまったり
仕事においては
いきなり仕事を辞めるという風に
大きな決断を
してしまう可能性があります。



それよりも小さな我慢を
少しずつ減らしていって
ちょっと嫌なことがあった時に
思い切って伝えてみる
そういうことをして
自分の気持ちを表現するように
していくことで
問題っていうのは
多少解決していくのかなと思います。



我慢したとしても
心の中ではうずうずと
その不満なり何かが溜まって
それが消えていくことはないです。



ちょっとの我慢であったとしても
それがどんどんと積み重ねれば
大きな不満となって
そしていつか爆発してしまうという
ことになってしまうので
我慢をするということも
多少は必要ですけど
あまりにも我慢ばかりして
問題を解決する
という方法を選ぶのではなくて
自分の気持ちを伝えてみる
人とちょっと嫌な雰囲気になることに
恐れずに何か伝えてみるということは
とっても大切なことなのかなと思います。




我慢ばかりして
問題を解決しようとしている
ということは問題の先送りなので
少し減らしていくと
もっと良い関係ができたり
極端な決断をしなくても済むのかな
と思います。




今日は我慢について
お話しさせて頂きました。




ありがとうございました。










メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年04月14日|2020年:4月