褒め上手

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕の中で身につけたい技術に
褒め上手があります。
ほめ道というのもあるようで、興味ありますね。
 
褒めるというのは、
見えていないけど、
そこに存在する価値を見つけること
眠っている価値に気づける能力だと思います。
 
人は注意したら、その部分しか直さないけど、
褒めたら、違う部分も良くなる。
ということがあるようです。
 
仕事でも、できていない部分を
探して注意することは
大切なのかもしれませんが、
注意ばかりしているとだんだんと萎縮してしまって、
自分は何をやってもダメだな!!となって
怒られないために行動するという
消極的な気持ちになってしまいます。
たぶんストレスも相当かかっているでしょうね。
 
でも、できない部分もたくさんあるかもしれませんが、
そこには目をつむって、できている部分に焦点を当てて
褒めるということをしていくと、
気持ちが乗ってきて、
もしかして自分ってやればできるんじゃね!!
となって、どんどんと自分の可能性を信じて
できない部分にもチャレンジして
良くなろうとすると言います。
 
これは大きな違いですよね。
 
そして、良い部分に注目するというのは
昨日の記事でも書きましたが、
潜在意識の活用でもあるように
自分と他人の認識ができないから
他人をほめているつもりでも、
自分が自分で褒めていることになって
自分が輝きだすということです。
 
人の良い部分を見つけることが得意な人は
自分の良い部分を見つけることも得意な人です。
逆に他人の欠点ばかり目についてしまう人は
自分の欠点ばかり目についてしまう人
ということも言えるかもしれません。
 
褒める能力。
眠っている価値を見つけて、
伸ばすことができる能力。
 
良い能力だと思いませんか??
これからは、欠点探しではなく
長所探しをして
言葉で伝えていこうと思いました。
 
ありがとうございました。

2015年11月25日|2015年:11月