他人に対しての言動は実は○○

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



僕たちは自分のことを鏡を通してでないと
見ることができません。
自分の顔を一番見ていないのは
自分自身なのでしょうね。
 
 
 
これって自分の顔だけでなくて性格も一緒で
実は自分が一番自分の性格が
見えていないことが多いです。
 
 
 
だから、鏡を通してでないと
自分のことが見えてこないのです。
他人のことをよく見えるのにね。
 
 
 
そこで他人をどう見ているのか?
どんなことを思っているのか?
どうしてほしいのか?
というのはそのまま
自分が自分をどう見ているのか?
自分がどう思っているのか?
他人が~
というのは
自分が~
同じことになるのです。
 
 
 
他人にアドバイスを言っていることって
振り返って考えてみると
自分にも同じようなアドバイスが必要だった。
実は他人に言っているようで
自分に言っているように気分になりますよね。
 
 
  
もっと人の話を聞きなさいと言う人ほど
相手の話を聞こうとしなかったり
怒らないで優しくしてほしいと言う人ほど
怒ってばかりだったりします。
あの人は分かってくれないと嘆く人ほど
相手のことを分かろうとしない。
 
 
 
相手にアドバイスなり
欲求なりしていることって
実は自分ができていなかったり
一番自分に必要なことだったりします。
そのことになかなか気づけないのですけどね。
 
 
 
ただ鏡として反対の顔を見せることがあります。
そういう時はそのものを巧妙に隠していることがあります。
怒っているのにそれを隠して
優しいフリをしていたり、
自分が話をしたいのに
聞き役を演じてみたりします。
 
 
 
そうやって真逆なことを演じることで
自分を隠そうとしていますが、
やっぱり他人対して言う言葉は
自分の本質をついて出てきます。
 
 
 
もしあの人に対して
なんで~ばかりしてしまうのだろう!!
と思うことがあったら
一度、自分に対して
~をしてしまっていることがないか?
もっと~してくれたらいいのに!!
と思ったら
自分が相手に~しないでいる
そんなことをチェックしてみるといいですね。



たいていは相手に対して言う言葉は
そのまま自分にとって必要な言葉なのですからね。
 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年03月07日|2018年:3月