孤独感とつながり

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


昨日の記事とよく似ていますが、
僕の中の気づいたことですので
書かせていただきます。
 
 
孤独感っていうのは周りの状況とか関係なく
自分でそう感じるものだと思います。 

 
孤独な状況だと周りが思ったとしても
本人が孤独と感じていなければ
そこは孤独ではないです。


逆にどんなに多くの人に囲まれても
多くの人から手を差し伸べられていても
自分が孤独と感じている限りは
そこは孤独な状況になってしまう。
 
 
 
 
そして、孤独ほど僕たちにとって恐ろしいものは
ないように思えます。
つながりが断たれると
生命の危機につながってしまいますからね。
現に自殺の原因も孤独と言うのが
大きいと思っています。
 
 
 
今はよく多くの友達に囲まれながら
孤独を感じている人がいると聞きます。
 
 
上辺だけの楽しいだけの関係だとか
本当の自分を隠しての空気を必死に読みながら
グループ活動をしているなどしていると
孤独を感じやすいのかなと思います。
 
 
孤独はどれくらい濃いつながり
持っていられるかがガキのように思えます。
 
 
本音を言えるような関係なのか
気を使わずにリラックスできるか
自分を飾らずにいられるか、など
いろんな要素がありますよね。
 
 
その中でどれくらい
相手のことを信頼できるのか?
信頼して自分が心を開くことができるのか?
というのは大きいと思います。
 
 
僕はずっと心を閉ざして
相手に対して自分の弱みを
見せることができませんでした。
 
 
そうやって壁をつくっていたのです。
当然、そんな状態ですから
集団の中にいても孤独を感じることが
多かったように思えます。
 
 
もっと本音を言って
弱みや嫌なところを出すことができたら
そのつながりは深いものになるでしょう。
 
 
でも、相手からよく見られることだったり
何か特別なことができることだったり
そういう他人から注目されていないと
輪に入ることができないと思っていました。
 
 
だから、本当の自分の姿を
見せることができませんでした。
今でも、飾ってしまっているところは
たくさんあります。


飾った自分でいることは疲れますし
そんな飾った自分をいくら認められても
本来の自分でないことはわかっているので
安心することはできないのでしょう。
 
 
でも、飾らなくなるにつれて
楽にいられるようになってきましたし、
弱さを出せるようになって
つながりが深くなってきたように思えます。
 
 
 
どれくらい相手を信頼することができるのか?
どれくらい心を開けるのか?
孤独感と心を開くことって
大きく関係していると思います。
 
 
だからといっていきなり心を全開に
することなんてできませんから、
ゆっくりと関係つくりができたらいいなと思います。
 
 
そういう本音を話し合う場つくりを
やっていこうと思っています。
僕もできていない部分なので
一緒に心を開く練習をしていきましょう。
 

しゃべり場+箱庭療法体験
3月11日(土)13:30~
福井市 きらら館
会費 500円
https://www.facebook.com/events/1132634116866228/
良かったら参加してくださいね。
 
 
ありがとうございました。

2017年03月02日|2017年:3月