意志力(選択の力)はすり減る

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



意志力ってあまり聞かないと思いますが、
僕たちはいろんな場面で
選択をせまられます。
何を食べるのか?から
どこに行くのか?
何をするのか?
というのは選択ですよね。
 
 
 
その選択ですが、
意志力が十分にあると
多少つらいとわかっていても
将来のために役に立つことなら
そちらの方を選択をすることができます。
 
 
 
例えば、
ダイエット中だとして
意志力があると
食事制限をしていたり
甘いものをおさえたり
運動しようと思えたり
多少つらい方へと
選択をすることができます。
 
 
 
でも、意志力がすり減っていると
食事制限をしようと思っても
甘いものをつい食べ過ぎたり
運動もしなければと思いながらも
だらけてしまったり
我慢して将来に備える選択が
取れなくなってしまうのです。
 
 
 
僕も勉強しなければと思いながらも
つい怠けてしまって
ネットで遊んだりとか
どうでもよいことをして
時間を浪費してしまうことがあります。
その時は意志力がすり減っている状態なのです。
 
 
 
意志力はストレスがかかると
すり減ってしまうのです。
こんなことをしてはいけないと
頭ではわかっていても
短期的な快楽に流れてしまうのです。
そして、たいていは
悪い結果を引き起こしてしまいます。
 
 
 
甘いものを食べ過ぎてしまったり
勉強しないといけないと思っても
テレビを見てしまったり
アルコールを飲みすぎてしまったり
ひどい時は
リストカットは薬物に
走ったりしてしまいます。
依存症と呼ばれるものにも
発展してしまうこともあるのです。
 
 
 
時と場合によりますが
短期的な快楽は長期的に見ると
たいていは良くない結果を生んでしまいます。
『短期的な快楽と長期的な快楽』
http://www.cocosoyo.jp/posts/post457.html
 
 
 
短期的な快楽を我慢して
将来にとって良いことをするのには
強い意志力が必要になってきます。
統計では
成功者は小さいころから
意志力が高いことがわかっています。
 
 
 
スタンフォード大学の
マシュマロ実験は有名ですね。



被験者である子どもは、
気が散るようなものが
何もない机と椅子だけの部屋に通され、
椅子に座るよう言われる。



机の上には皿があり、
マシュマロが一個載っている。
実験者は
「私はちょっと用がある。
それはキミにあげるけど、
私が戻ってくるまで15分の間食べるのを我慢してたら、
マシュマロをもうひとつあげる。
私がいない間にそれを食べたら、
ふたつ目はなしだよ」と言って部屋を出ていく。
 
 
 
子どもたちの行動は、
隠しカメラで記録された。
1人だけ部屋に残された子どもたちは、
自分のお下げを引っ張ったり、
机を蹴ったりして目の前の誘惑に抵抗した。
小さな縫いぐるみのようにマシュマロをなでたり、
匂いをかぐ者もいた。
目をふさいだり、椅子を後ろ向きにして
マシュマロを見ないようにする者もいた。



映像を分析した結果、
マシュマロを見つめたり、
触ったりする子どもは結局食べてしまう率が高いこと、
我慢できた子どもは目をそらしたり、
後ろを向いたりして、
むしろマシュマロから注意を逸らそうとする
傾向があることが観察された。



すぐ手を出してマシュマロを
食べた子供は少なかったが、
最後まで我慢し通して
2個目のマシュマロを手に
入れた子どもは、1/3ほどであった。
 
 
 
そして追跡調査が実施された。
マシュマロを食べなかった子どもと
食べた子どもをグループにした場合、
マシュマロを食べなかったグループが
周囲からより優秀と評価されていること、
さらに両グループ間では、
大学進学適性試験(SAT)の点数には、
トータル・スコアで平均210ポイントの
相違が認められるというものであった。
 
 
 
このように意志力は
成功とも結びついているのは
想像がつくと思います。
 
 
 
意志力は一緒にいる人によっても
違ってきます。
人は周りの人に影響されますから
意志力が強い人たちの周りにいけば
自分も頑張らなければとなります。
でも、毎日お酒を飲んでパチンコしていたり
いつも遊んでばかりいる人と一緒にいて
その中で一人だけ勉強しようと思っても
難しいことでしょう。
 
 
 
そして、意志力は使うと消耗します。
朝は意志力が強いですが、
いろんな選択をしていくうちに
夜になるとすり減ってしまって
短期的な快楽へ走ってしまいやすくなります。
 
 
 
だから、成功者は朝を大切にしています。
朝の時間はゴールデンタイムと言われて
生産性が一番高い時間帯だと言われています。
意志力も高い状態の時間で
何をするのか?というのは
とっても大切なことなのかもしれません。
 
 
 
ギリギリの時間に起きて
車や電車で焦りながら出社するのは
もったいないですね。
 
 
 
僕は朝に日記をつけるようにしています。
でも、もっと有効に使えるように
していけたらいいのでしょうけど、
つい起きるのが億劫になって
寝てしまいます。
 
 
 
朝のゴールデンタイムを大切にするのと
どんな人と付き合う人かを考えるか
ストレスがかかっているのなら
自分を癒してストレスを減らすこと。
意志力をつけるのは
自分の人生を豊かにするうえで
欠かせないと思いますから
上げていけるといいですね。
 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年03月28日|2018年:3月