馬の王子様を待っていても失望に変わる

今日は白馬の王子様を待っていても
失望に変わるだけということについて
お話ししようと思います。



よく昔の童話で
白雪姫やシンデレラのように
不幸な自分を
白馬の王子様とか魔法使いが現れて
幸せにしてくれるのではないのか!



待っていたらそういう誰か手を
差し伸べてくれる人が来て
自分を幸せにしてくれるのではないのか
ということに期待を込めている人が
少しながらにしているのかなと思って
このお話をさせていただきたいなと思います。



たしかに不幸な自分でいると
手を差し伸べてくれるという人は
いるかもしれませんけど
でも童話のシンデレラや白雪姫のように
王子様のようなかっこいい人が
自分をガラッと変えて救ってくれるということは
なかなか考えられないのかなと思います。



第一にはそういう受け身の姿勢でいると
本当にそういう人が現れたときに
はたして、その人の援助を受けられのか
ということについてです。



自分があまりにも苦しくて
不幸だと思っていると
全てがマイナスに見えて
そういう手を差し伸べてくれようと
している人に対しても
疑ってかかってしまうということがあるようです。



何かこの人は裏があるんじゃないのか
後で何か請求されるのではないのか
というふうに疑ってしまっているっていう。



確かにそういう人もいるので
注意は必要かもしれませんけど
中には善意で本当にその人のためを思って
手を差し伸べてくれているのに
自分があまりにも不幸だと
そういう手を差し伸べた手も
払いのけてしまって
自分の殻に閉じこもってしまう
ということもあるようです。




また本当に待っていたらそういう人が現れるのか
ということについても
考えた方がいいのかなと思います。



自分が何も行動を起こさずに
ただ家で待ってるだけで
そういう人が探し出して
現れてくれるのかと言うと
それはなかなか難しいことなのかなと思います。



たぶんそういう探し出して
自分のことを見つけて救ってくれる
ということは幻想で
やはり自分が変わるためには
どこか行って援助を求めていくとか
そういうところを探し求めて行って
助けを求めるということは
とっても大切なことなのかなと思います。



またそういう白雪姫や
シンデレラストーリーのように
一気にカラッと貧乏だった人が
お姫様になるとか眠れる森の少女のように
ずっと眠っていたものがキスで
いきなり目を覚まして幸せになるとか
そういう一気にガラッと変わるということは
なかなか考えられないのかなと思います。



お金持ちになりたくて
一発逆転で宝くじを狙うという
そういうことにも近いのかなと思います。



自分を変えるというのはそういう一発逆転の
ガラッと変わるものではなくて
地道な積み重ねによって
少しずつ上がっていくものなのかなと思います。



一気にガラッと変わったものというのは
一気にまた元に戻るという可能性もあります。
今日から勉強しようと思って
やる気になって三日間ぐらいは
そのやる気は続くかもしれませんけど
それが一週間とか一か月とか
するのを続けることは
とっても難しいことだと思います。



でも毎日10分でもいいから
積み重ねていってそれをに20分、30分と
どんどんと伸ばしていって
最後に1時間することができた
そういう人はなかなかその元に戻ることは
ないのかなと思います。



そういう風に一発逆転で
何かガラッと自分の事を救って
幸せにしてくれるということじゃなくて
小さな積み重ねをしていくことで
少しずつ幸せになっていく
考え方だったり
行動なりが身についていって
いつのまにか幸せになった
ということがあるのかなと思います。



そんな感じで
幸せなストーリーを憧れるということは
ちょっと危険なことなのかなと思って
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。







メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年05月14日|2020年:5月