反面教師の中に答えがある

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちは、あんな人には絶対にならないと
強く決めて反面教師として見ている人が
一人はいると思います。
 
でも、その反面教師ですけど、
良く紐解いていくと、
問題の答えというのは
反面教師のような人になることだったりします。
 
たとえば、いつも人の悪口を言う人がいます。
自分は絶対にあんな人にはならないと心に決めます。
そして、嫌なことがあっても、
どんな理不尽なことをされても
絶対に悪口は言わない。
そうやって我慢していくうちに
いつか心の容量を超えてしまって、
爆発してみんなを攻撃してしまったり、
動けなくなってしまうことがあります。
それでも、悪口を言わないでいると
うつにもなってしまいかねません。
 
いつもかも悪口ばかり言うのも良くないですけど、
絶対に人の悪口を言わないと歯を食いしばって
心の中に押しとどめておくのも良くないですよね。
身体に毒です。
人の悪口言うと毒を出しているようで癒されますよね。
たまには毒出しすることは必要です。
それでスッキリと解消されることは多いです。
 
こんな風に悩みを聞いていくと
問題の答えというのは
絶対になんな風になりたくないと
思ってるものが解決策とだったり
答えだということが多いです。
 
人生の目的として
どんな自分であっても認めて受け入れる
というものがあると思います。
だから、否定している行為というのは
自分の受け入れることができていない部分でもあるから、
その部分を受け入れるまで問題は解消されずに
同じことが起こってくる可能性はありますよね。
 
反面教師は反面にしなくても
最高の教師なのかもしれませんね。
一度、あんな人には絶対になりたくないと
思って毛嫌いしている行為をやってみると
人生は大きく変わりますよ。
 
ありがとうございました。

2015年12月13日|2015年:12月