失敗が教えてくれるもの

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



つい最近の話ですが、
僕の言動で相手を傷付けてしまいました。
ちょっとした行き違いだと
自分では思っているのですが、
本当のことはわからないです。
 
 
 
自分が否定されたり、怒られたりと
傷つくのも嫌ですけど、
自分の言動で相手が傷ついてしまう
というのも嫌なものですね。
 
 
 
でも、振り返ってみても
あの時の僕の状態(できていない自分)では
その選択しかとることができなかったでしょう。
たぶん、同じ状態の自分だとして、
時間を巻き戻しても
同じ行動をとっていると思います。
  
  
 
だから、もっと~していたらという後悔は
考えても無駄だと思っています。
時間は巻き戻しできませんもんね。



そして、こんなダメな自分を責めてしまうことが
よくあると思います。
多少は自分を責めてしまうことは
必要なのかもしれませんが、
あまりに引きずってしまうと
何も得るものが無く
ただつらい罰を自分に与えているだけに
なってしまいます。
 
 
 
なので僕は人間なのでどうせ完璧には
できるはずがないとあきらめています。
失敗しないわけがないし
誰も傷つけずにいられることなんて
出来ないでしょう。
開き直って自分を許すことも必要だと思っています。
そこからきちんと学んで
次に生かしていくことしかできませんからね。
 
 
 
あの時には、その選択しかできないけど、
その経験から新しく学ぶことができたら
これからは、もっと別の選択を
することができます。
一つ新しい自分になることができます。
 
 
 
本当は何事も起こらないうちに
より良い選択をとれたらいいのでしょうけど
たぶん僕たちは失敗しながら
相手を傷付けてしまったりしながらでないと
大切なものに気づけないのかもしれません。
 
 
 
とくに調子が良い時だと心が浮足立ってしまって
相手の気持ちに深く入っていけません。
 
 
 
仕事でも調子が良い時だと
せっかくの他の人のアドバイスなども
聞こうとせずに自分が正しいのだ!と
傲慢な気持ちになってしまったり
逆に出来ない人を責めたりしてしまいます。
 
 
 
でも、失敗した後は反省して謙虚になれますよね。
他の人のアドバイスにも真剣に耳を傾けますし
出来ない人を見ても、自分も一緒だから
気持ちをわかってあげられて
共感や励ましの言葉をかけられるかもしれません。 
そして、初心に返って心を込めて
丁寧に仕事をすることができるでしょう。
 
 
 
うまくいかないことや失敗など
苦しみを味わうことでしか
僕たちは成長できないのかもしれませんね。
 
 
 
色々と書きましたが
毎回、失敗などするたびに思うことです。
痛みは何か大切なものを忘れたときに
そっちの道は違うから戻りなさいと
教えてくれる道しるべなのでしょう。
 
 
 
今回のことは僕の中では
大きな気づきをいただきました。
同じ失敗を繰り返さないためにも
身に沁み込ませようと思っています。
 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年04月04日|2018年:4月