弱さがあるから強くなれる

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


先日は隠し事(コンプレックス)があると
素直に自分のことをさらけ出せず
自分にも自信がなくなってくるし
相手に対しても負い目を持って
オドオドと対応することになることを
書かせていただきました。
 
 
でも、コンプレックスは時に
力強い原動力となって
プラスに働く場合もあります。
 
 
容姿にコンプレックスがある人は
人から好かれるために
話術やファッションなどを磨いて
カッコいい人以上にもてるという
ようなことをやってのけることもありますよね。
 
 
ホストでも、いくらカッコよくても
ナンバーワンになれるわけでもなくて
顔が良くなくても一番になれたりするようです。
容姿が良くないからこそ
努力して磨き上げることが
できるのかもしれません。 
 
 
学歴にコンプレックスがある人、
例えば中学卒の人が社長になって
大金持ちになるということもありますよね。 
 
 
コンプレックスという弱みが
強みに変わっていくことなんて
たくさんあるように思えます。 
 
 
僕も人と接することが苦手で
人間関係に悩んでいたからこそ
いろんな勉強をして
カウンセラーになっているということがあります。
 
 
もし、うまく人と付き合うことができたら
カウンセラーなんて目指さなかったし
なったとしても気持ちをくみ取れないと思います。
やっぱり苦しんだ人でないとわからない世界って
あると思いますからね。
 
 
このようにコンプレックスのような弱みがあるから
強みに変わるということもあり
悩みがあるから解決方法を見いだせたり
弱さがあるから強くなれたりと
変換して良い物に変わると
全く違うものになってきます。 
 
 
ただ強みに変わると言っても
やっぱりコンプレックスは
隠さずにさらけ出した方が
心の負担は減って
楽に生きていけるようになるでしょうね。 
  
 
ありがとうございました。

2017年01月13日|2017年:1月