自分の根本を見てみる

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちは幼少期にどういう環境で
育てられたのかと言うのが基本となって
人間関係をつくっていっている
ところがあります。
 
 
 
今の仕事でも友人関係でも
親子、兄弟関係が基本と
なっていることが多いです。 
 
 
 
悩みなどを聞いていても
対人関係の根っこを見てみると
必ず家族に行き着きます。
 
 
 
その人間関係が近くなるほど
小さいころのパターンが大きく
出てきます。
 
結婚して伴侶との関係でも
大きく出てきますし、
子供ができたら
子育てなんていうともろに出ます。
 
 
 
人格形成において
幼少期の頃って大きいなと実感しています。
 
 
 
ただ、過去は変えられないかもしれませんが、
過去の出来事のとらえ方は
いくらでも変えることができます。
 
 
 
過酷な環境で不器用にしか
生きられない人でも
過去のとらえ方が変わると
普通の人以上に
幸せになっていくなんて
たくさんあります。
 
 
 
そのために必要となってくるのが
自分と向き合うことなのです。
 
 
 
辛ければ辛いほど
過去を思い出すのは苦しいかも知れませんが、
そこから目を背けていては
同じパターンのままでいることになります。
 
 
 
何か問題があるとしたら
答えは外には無くて
自分の中にあります。
そして、それは自分と向き合うことでしか
出てこないのでしょう。
 
 
 
自分のパターンや癖で
何か問題があるとしたら
その根本に戻って
見直すことって大切ですね。
 
 
 
そして、未完了の感情を
感じきることはとっても大切です。
『感情を感じきると、すねずにいられる』
http://cocosoyo.jp/posts/post70.html
 
 
 
より深く自分と向き合えるように
お手伝いをするのが
カウンセリングだと思っています。
じっくりと自分と向き合うこと
とっても大切だと思います。
 
 
 
 
ありがとうございました。

2017年03月23日|2017年:3月