時には礼儀を壊してみる 

カウンセリングに来る人で、
すごく礼儀が良くて
丁寧に接してくれる人が多くいます。
電話の対応から靴の脱ぎ方まで
とっても礼儀正しくて
素晴らしいなと思います。 
 
 
 
普段からそうやって礼儀正しく
誰に対してもきちんと接しているのでしょう。
それ自体は魅力的に移ることもありますし
不快な感情を思うことはないです。
 
 
 
でも、あまりにも礼儀正しく
接してこられると
こちらも同じような態度で接しないと
失礼にあたると思って
ちょっと緊張してしまいます。
 
 
 
そういう人の多くは
ご両親の影響が大きいです。
礼儀が正しくてしつけが
厳しかったようなのです。
 
 
 
礼儀正しいことは悪いことではないですけど
あまりにも丁寧に接してこられると
自分と相手と壁を作ってしまうことになります。
いうなればロボットのように
感情が抜けてしまうのです。 
 
 
 
ある程度の礼儀は必要ですが、
ちょっとくらいざっくばらんに
接していく方が相手との距離は縮まります。
恋人や友達にバカ丁寧に
礼儀正しくなんてしませんよね。
距離が縮まるほど
礼儀なんてしなくなって
無礼に接するようになると思います。
 
 
 
礼儀は相手を不快にさせない心使いですので
大切なものではありますが、
行き過ぎると心に壁を作らせてしまって
他人行儀な関係から近づけなくなってしまいます。
 
 
 
それが、初対面ならいいのですが、
たぶん礼儀正しい人というのは
誰に対してもそうやっているので、
本当は親密な関係になっていけそうな人に対しても
壁を作らせてしまっていることもあるのです。 

 
 
たまには礼儀を崩して
無礼にふるまってみることも大切です。
そうすることで心の距離が縮まることでしょう。
そして、そうやって無礼にふるまうことで
ロボットのような冷たい行動がなくなり
その人の魅力も出てくるのです。
 
 
 
特にすごく礼儀正しい人は
誰に対しても知らないうちに
壁を作らせてしまっていることもあるので、
相手を傷付けてしまうかもしれないし
不愉快な思いをさせてしまうかもしれませんが、
礼儀を崩して無礼に接することで
心の壁が崩れて
親密な関係になっていくことができます。
 
 
 
そのためには、自分の心の壁を壊して
心を開いていく必要があるのでしょう。
もしかしたら、心をオープンにすることで
傷ついたり、嫌な思いをするかもしれませんが、
それを怖がっていると、いつまで経っても
相手との距離は縮まりませんからね。
心を開くことと、礼儀を壊していくこと、
とっても大切だと思います。 

 
 
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年08月29日|2019年:8月