好きなものでも強制されると嫌いになる

今日は好きなものでも強制されると
嫌いになるということについて
お話ししようと思います。



僕たち人間は強制させられて
何かをするということが
すごく嫌な生き物です。



それが例え好きなものであったとしても
強制させられてしまうと
嫌になってしまうというのがあります。



自分で選択している
自分でこれをやっているのだっていう
そういう感覚っていうのが
欲しいのだと思います。



例えば読書が好きなお子さんがいました。
毎日本を読んでいます。
それで楽しんでいました。



でもそれが学校で読書するのが宿題になって
やりたいことから
やらなければいけないことに変わった途端に
今まではあんなに読書が好きで
やっていたのに
途端にやらなくなってしまったっていう
そういう例があります。



本当は読書が好きでやっていたのに
宿題になった途端に
嫌いになってやらなくなったというは
とてももったいないことなのかなと思います。



こんな感じで
好きなものでも強制させられると
嫌になってしまうことがあります。



それがただでさえ嫌なのに
それを強制させられてするってことがあると
さらに嫌になってしまうってことがあります。



例えば勉強
勉強するのっていうのは
子供にとっては嫌なものだと思います。



もっともっと遊んでいたいし
他のことをしていたい
ゲームをしていたいってことがあるでしょう。



でもそんな嫌な勉強でさえも
強制させられてやるとしたら
もっともっと勉強することが
嫌になってしまうってことが
あるかもしれません。



そういうのを
植え付けようとしてしまうってことが
勉強しなさいって
強制させてやることになってしまって
植え付けてしまうとことが
あるのかもしれません。



僕も学生時代っていうのは
勉強を強制させられてやっていました。



だから何でこんな事を
しなければいけないのっていうのを
ずっと疑問に思っていました。



勉強に対するイメージというのは
すごく悪かったです。



勉強なんてしなくても生きていけるし
大人だって勉強している人っていうのは少ない
それでも何とか
やっていってる人がほとんどです。



そういうのを見ていくと
勉強なんてそんなにする必要もないのかなって
ずっと思っていました。



でも大人になって勉強する楽しさとか
勉強することで広がっていく世界というのを
感じた途端に
勉強ってこんなにも面白いのだ
こんなにも成長させてくれるものなんだって
風に感じたら
勉強することが楽しくなりました。



そんな感じで勉強することに対して
小さい頃のその嫌なイメージが
払拭されたのかなと思います。



人ってそうやって
強制させれてするっていうのは
とっても嫌で
自分からやっているっていう感覚っていうのは
必要なのかなと思います。



勉強でも自分から
自ら行っているっていう感覚を思えたら
やる気になるかもしれませんし
好きになるかもしれません。



仕事でも一緒で
やらされてるっていう感覚があると
すごく嫌んなってしまうかもしれませんけど



でもこれが自らやってるってことが
感覚で思えると
好きになるかもしれませんし
楽しくなるかもしれません。



そんな感じでやらされている感というの
どれくらい減らして
自分から自ら行ってるんだっていう風に
思えるかって言うとことが
自分のやる気に繋がっていくのかなと思います。



そしてそれが楽しむ秘訣でもあるし
そのものも好きになる秘訣でも
あるのかなと思います。



やらされてやらなければいけないことで
あったとしても
自分で決めて選択して
これは自分がやってるんだって
思えることができたとしたら
嫌になることは少なくなるのかなと思います。



こうやって受け身でやらされてる感を
少しずつ減らしていけたら
その作業が苦しくなくなってくるってことが
あるので
そういうのをやっていけると
いいのかなと思いました。



そして相手に何かやってもらうとしても
どれくらい自らやりたくなるように
持っていくのかというのは
考えてく必要はあるのかなと思います。



お子さんに勉強をさせようとした時に
強制的にさせようとするってことは
勉強が嫌いなるって風に
言ってるようなものです。



強制させるのではなくて
自らやりたくなるように
持っていくことを工夫して
やってくってことも
必要なのかなと思いました。



例えば自分が勉強している姿を見て
勉強ってこんなにも面白いなって言うの
後ろ姿に見せるって言う方法もありますし



視点が広がって勉強するすればするほど
いろんな世界を見ることができるって風に
説明することもできるかもしませんし



勉強することで集中力が身について
どんな事でも役に立つってことも
言えるかもしれません。



そんな感じで勉強する事が
あなたにとって
どんなにプラスになっていくのか
勉強すること自体が
どんなに楽しいことなのかというのも
伝えるってことは
勉強嫌いならないようにするために
必要なものなのかなと思います。



勉強をやらなければいけないから
やれって強制させてやるのは
お子さんが勉強が嫌いになる風に仕向ける
そういう風になってしまいかねません。



あまり強制させるって事は
しない方がいいのかなと思います。



そして強制させるということでは
ダメなものでも強制させて
何か止めさそうとすると
余計にやってしまうってことがあります。



例えば結婚相手で親が反対すればするほど
お子さんは燃え上がって
ダメな人と結婚を
してしまうってことがあります。



その本人もちょっとこの人では
まずいのかなと思ってるところでも
親が反対すれば
なにくそってその反骨精神で
余計にその人の良さを自分で見出して
燃え上がって
結婚に走ってしまうってことも
あるかもしれません。



そうやって何か強制させるって事があると
余計にダメな行動を
とってしまうってことがあります。



強制させるって事はなるべくやらずに
自分から自ら選択していくように
仕向けていく
そのように考えてやっていくってことは
とっても大切なことなのかなと思いました。



今日は好きなものでも
強制させられると
嫌いになるということについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。



メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月28日|2021年:1月