憎しみよりも愛を

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



学校でも会社の中でも、
人が集まるところには
1人は嫌な人っているものだと思います。
 
 
 
自分の機嫌で怒ったり、
頑固で自分の考えを曲げなくて
周りを振り回してしまうような
とっつきにくい人です。
 
 
 
誰もが敬遠したくなり
遠巻きに陰口をたたかれて
いかにも悪者扱いをされている人です。
 
 
 
僕もそういう人には近づきたくないし
避けて通りたいところです。 
一緒にいてもムカつくことをされたり
言われるのは嫌ですもんね。
 
 
 
そうやって避けられるのであれば
問題はないのでしょうけど
親や上司だったりと
避けられない場合がありますよね。
 
 
 
僕も昔の会社の先輩だったり
上司だったりと2,3人はいました。
ずっと嫌なことをされていました。
 
 
 
そういう人に文句を言っても
逆効果になるというのはわかっていますし
先輩だから言うこともなかなかできません。 
 
 
 
そういう人には僕は黙って
従うということをしていました。
それが正しいのかわかりませんが、
ムカつきながらも、それを出さないように
黙々と作業をしていたのです。
その時の僕はそれが精一杯でした。
 
 
 
でも、時間が経つと不思議なもので
向こうからだんだんと
心を開いてくれるのです。
 
 
 
僕としては嫌なことを言われるから
なるべく会話を避けていたのですが、
向こうから話をかけてきてくれて
嫌なことをされる回数が減ったり
逆に優しくフォローを
してくれるようになるのです。
 
 
 
そうなったときに気づくのですが、
嫌なことをする人というのは
人一倍傷つきやすくて
懸命に自分のことを守っている人なんだと!
 
 
 
本当は一番愛を欲している人で、
でも、縁遠くなってしまっている。
みんなから嫌われているというのも
知っているのだけど、
自分でもどうしていいのかわからい。
そんな不器用な人なのでしょう。
 
  
 
 
 
そうやって愛から遠い人に対して
嫌なことを言われたり
されたりすると
許せないという気持ちになって
仕返しというか悪意で
返そうとしてしまますが、
そこで、愛や優しくを送ることが
出来たらすごいことになると思いませんか?
 
 
 
僕の好きな格言です。
「愛情を与えるに値しない人に
愛を送ると奇跡が起こる」
 
 
 
嫌なことをされたときに
感情的に相手を責めるのは
普通の行動だと思いますが、
それではなかなか問題は
解決しないのでしょう。
 
  
 
そういう憎しみを感じてしまう時に
愛を選択することができたら
何かが大きく変わるような気がします。 
 
 
 
人の心の奥にある「善」の部分をどれくらい
信じることができるのか?
悪い人なんていなくて
だた傷ついている人がいるだけ。
そういう人に憎しみを送っても
よけいに傷を深くするだけですもんね。
 
 
 
みんな愛に飢えているので
愛を求めています。
 
 
 
先日の記事を続きで
ブレない心を手に入れて
憎しみよりも愛を選択して
奇跡が起こせる人になれたら最高です。
 
 
 
本当に難しいことで 
今の僕では全然できていません。
ちょっと嫌なことがされると
感情的に怒ったり、
許せないとなってしまいますが、
遠い目標ですけど、
一つ一つ近づいていこうと思っています。
  
 
 
 
ありがとうございました。



 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年04月19日|2018年:4月