苦しいのは自分一人ではない

僕たちは悩みや苦しんでいる時は
世界中で自分一人だけが
不幸を味わっていて
みんなは何もなくて幸せそうに
見えるような気がすることって
あると思います。 
 
  
 
そういう時は、何で自分だけこんな
苦しみを味わないといけないのだ。
あの人たちは何もなく幸せそうで
良いなと思ってしまいます。
 
 
 
そして、自分一人だけだと思っていると
どんどんと苦しみが増えていくように
感じられるから不思議です。
 
 
 
でも、同じような苦しみを
抱えながらも懸命に頑張っている人を
知ることができると、
あの人も同じ苦しみを耐えてるのだ。
自分もこんなことで弱音を吐いていてはダメだと
ちょっと苦しみが減るように思えます。
 
 
 
スポーツでも、苦しい練習を
1人でやるのと
みんなでやるのとでは
苦しさは違ってきますもんね。
どんなに苦しくても
みんながいてくれると
自分の限界以上の力を発揮することが
できるようになったりします。
  
 
 
このように苦しみの感じる尺度は
周りの環境などの影響も受けて
その時々で変わる性質があります。
同じ出来事でも10の苦しみを
抱えている時もあれば
5くらいしか感じない時もある。
 
 
 
苦しい時は心に余裕がなくて
どんどんと泥濘にハマっていくかもしれませんが、
少し周りを見渡してみると
同じように苦しみを抱えながらも
立ち向かっている人がいると思います。
けっして、自分だけが味わっていて
周りの人は何もないということなんて
ありませんよね。
 
 
 
苦しいのは自分だけでない
とちょっとわかっただけでも
楽になることがあるのかなと
思ったので書かせていただきました。
 
 
 
僕がアトピーで苦しんでいる時に
そう思ったことです。
僕一人だけが苦しんでいると
勘違いをしてしまっていましたが、
周りにはもっとすごい苦しみを
経験しながらも、
それを出さずに頑張っている人が
いましたからね。
僕も頑張っていこうと思います。
 
 
 
ありがとうございました。





 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年09月05日|2018年:9月