頭の声と心の声

僕たちの中では2つの声が
存在するように思えます。
頭の声心の声です。
この2つの声が同じことを言っていれば
何の問題もないのですが、
時として対立することを
言うことがあるのです。
 
 
 
たいていは頭の声損得勘定で考えて
得する方を選ぶことが多いです。
~しておいた方が良いだろう!
~してしまうと後で問題になりそう!
とか過去の経験や未来の可能性など
いろいろと考えて
何がベストな選択かを
選んでいるように思えます。
 
 
 
心の声と言うのは
子どものような感情を持っていて
損得勘定よりも
今、自分が何をしたいのか
何をしたくないのかという
好き嫌いで選んでいるように思えます。
 
 
 
どちらも大切な声なのですが、
今は頭の声の優先させて
心の声を封じ込めていることが
多いのではないのでしょうか?
 
 
 
頭の声を封印している時は
自分のことよりも
相手のことを優先させている時です。
優先させているというか
相手から嫌われないように
怒られないように
バカにされないようにと
気を使いすぎている状態が
ほとんどのような気がします。
 
 
 
僕も昔はずっと頭の声ばかりと
優先させて生きてきました。
人の顔色ばかりうかがって
~しないといけない
~してはいけないという
ルールに縛られてしまって
とっても行き苦しかったです。
 
 
 
それに、何も嬉しいこともなく
自分が何をやりたいのか
何を望んでいるのかすら
分からなくなっていました。
 
 
 
ただ、人から嫌われないように
バカにされないようにと
評価ばかり気にして
懸命に生きていたと思います。
 
 
 
心がどんどんと貧しくなって
感情も薄れていました。
心の声を無視していると
大切な感情をなくしていくのです。
生きる意味さえもわからず
いつまでも満たされることがない
人からの評価の世界の中にいたのです。 
 
 
 
心の声を優先させることをすると
自分を優先させることになるので、
人から嫌われるようなことをしたり
怒られるようなことになってしまうと
思っていたから、
できなかったのです。
だって小さいころ、
それで散々怒られてきましたからね。
その記憶が大きく影響して
怒られない行動をとるようになったのです。
 
 
 
でも、それは僕の家族だけのことであって
ちょっとくらい自分を優先させても
人はそんなに簡単に嫌わないし
怒られることってないのです。
バカにされても失うものはないです。
 
 
 
まだまだ頭の声を優先させてしまっていますが、
だんだんと心の声にも耳を傾けて
実行することができるようになってきました。
そうなると、力を不必要に入れることなく
楽に生きられうようになるのです。
そして、感情も濃くなってきました。 
  
 
 
このように頭の声と心の声の
バランスはとっても大切だと思います。
たいていは頭の声が優先に
なってしまいがちなので、
心の声をもっと聞くようにできると
悩みが減って
楽に生きられるようになることでしょう。
 
 
 
 
ありがとうございました。




 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年09月09日|2018年:9月