自分の否定している部分は相手が見せてくれる

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


先日は捨てていったダメな自分を
一つ一つさらけ出して
受け入れることの大切さを
書かせていただきました。
『捨てた自分をとり戻す』
http://cocosoyo.jp/posts/post828.html
 
 
 
そうやって自分の受け入れていくと
相手のことを受け入れる器が
広くなっていくのです。
 
 
 
もし、誰かを批判しているとしたら
それは捨てて隠そうとしている自分の一部を
見せられているからかもしれませんね。
 
 
 
僕はすぐに感情的に怒る人が
すごく嫌いでした。
それって、僕の中の怒りを出す自分を
おさえ込んで、
無理して優しい人になろうと
していたからでしょう。
 
 
 
感情的に怒ってしまう自分は隠して
優しい自分ばかり出していました。
だから、相手の感情的になる怒りが
嫌でしょうがなかったのです。 
 
 
 
もし、僕の怒りを表現する自分を
さらけ出して受け入れることができたら
相手のことも今よりも
気にならなくなると思います。
 
 
 
こうやって相手の嫌な部分と言うのは
自分の隠そうとしている部分や
出してはいけないと思っている部分を
見せられている時なのでしょう。
 
 
 
たぶん僕が出せない部分を受け入れるまで
相手はわざわざ僕の前で出し続けてくることでしょう。 
 
 
 
だって、ダメだと思って捨ててしまった自分の一部を
受け入れることが僕たちの生きる目的なのでしょうからね。
 
 
 
あの人のことが許せない、
なんでそんなことをするの?
という出来事は
自分の否定している部分に
光を当てようとしているのかもしれませんね。
 
 
 
相手を責めることも
必要な時もありますから
思い切り責めた後にでも
自分を振り返って
どんな部分を否定してしまっているのか?
見つけることも大切です。
 
 
 
そして、否定している部分を
受け入れたときに
相手もそれを出す必要がなくなり
変わっていくことでしょう。
 
 
 
すべては自分を丸ごとすべて受け入れるために
用意された世界なのですからね。
 
 
 
一つ一つ否定している自分を
見つけ出しては
その都度受け入れていこうと思いました。

 
 
 
ありがとうございます。

2017年10月21日|2017年:10月