井戸端会議 家族編 参加者1名での気づき

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


今さっき井戸端会議の家族編が
終わりました。
悲しいことに参加者は1名でした。
2名以上の開催だったのですが、
まずは一人の人を大切にしていくことで
だんだんと広がっていくのかなと思って
開催することにしました。
 
 
 
やっていくとやはり
一対一になるので
カウンセリングをしているのと
同じようになってしまいます。
それも大切なことですね。
 
 
 
僕の中ではカッコよく
募集としたら人数が定員集まって
大成功といくのが理想ですが、
そんなわけがなくて
いろいろと声をかけたけど
全然集まらない。
そんな状況をさらけ出して
もっと泥臭く、
カッコ悪くいくことで
自分のプライドを捨てられるのでしょう。
 
 
 
僕はずっと失敗するのが怖かったです。
失敗しないように
みんなから恥をかかないようにしていました。
そんな感じだから冒険なんて
怖くてできなかったのです。
チャレンジすると失敗するかもしれませんからね。
 
 
 
だからこそ、あえて
もっともっと僕の中で
恥かいて
笑われて
バカにされて
嫌われること
やっていこうと思いました。 
 


一番怖いことをやることで
今まで怖かったことが
だんだんと怖くなくなる
ということがありますからね。
 
 
 
こうやって、うまくいかないことで
いろんなことを気づかされます。
失敗も僕の大切な財産です。
 
 
 
そして、来てくれた1人の人を大切にすること。
小さな一歩から始まり
徐々に少しずつ増えてきて
大きな輪になっていく。
そんな地道なことをしていくのが
僕に合っているのでしょうね。
 
 
 
これからも月一回のペースでやっていきます。
ちょっとでも気軽に悩みを話できて
スッキリして次に日を迎えられる人が
増えますように!!
 
 
 
そして、いろんな失敗を重ねることで
僕のプライドがはがれて
人の目が気にならなくなり
自由になれるように、
これからも続けていきます。
 
  
 
ありがとうございました。

2017年10月28日|2017年:10月