集団の中での孤独感

昨日は誘われたので
以前やっていたミュージカルの
懇親会に行ってきました。
100人くらい集まったと言いますが、
2年ぶりくらいに会う人もいましたが、
ほとんどは知らない人ばかりでした。 
 
  
 
僕としては、そういう集団の交流は
とっても苦手なので避けたい気持ちが出てきますが、
それでは、何も進歩しないので
あえて飛び込むというようなことを
これからしていこうと思っています。 
なのでドキドキしながら参加しました。
 
 
 
案の定、みんなの輪からは馴染めずに
一人でポツンといることが多かったです。
特にフリータイムになると
どう動いていいのかわからずに
近くにあったテーブルに
居すわっていたような感じです。
 
 
 
知っている人はいるのですが、
なかなか話をかけるのにも抵抗があり
ほとんどがボーとしていました。
こういう集団の中で誰とも話ができずに
一人でいることはとっても苦痛を感じますね。
 
 
 
家で一人でいても何も思わないですが、
集団の中で一人でいることになると
寂しい気持ちが大きくなってくるという
当たり前のことにも気づくことができました。
心が締め付けられるような感じで
久しぶりに感じることができました。
 
 
 
ただ、周りを見渡してみると
僕だけでなくて他の人たちも
結構、一人でポツンとしている人がいるのです。
集団の中で馴染めないと思っているのは
僕だけでなくて他の人たちも同じだったのでした。

 
 
近くの人にちょっと話をする機会があったのですが、
その人も人間関係をつくるのが苦手で
逃げ出したい気持ちは出てくるけど
自分を変えたくて、あえて逃げ出さずに
チャレンジしていると言っていました。
とっても素晴らしい人です。
 
 
 
思えば人間関係が得意な人はほんの一部であって
みんな、集団の中では自分の立ち位置を気にして
どう輪に入っていくのか迷っていることでしょう。
また、話をするのが得意と思う人でも
懸命に輪に溶け込もうと努力して
その地位を手にしているのではないのでしょうか。
 
 
 
みんな集団の中が怖いことでしょう。
自分はみんなからどんなふうに見えているのか?
寂しいやつだと思われていないのか??
などなど、人の目を気にしてしまうことでしょう。
それで、余計に自分がみじめに思えて
苦しい思いをしてしまうのかなと思います。
 
 
 
そういうことを自分だけが感じているのではなくて
みんなも同じように感じていると思うと
心が少し軽くなりませんか?
ちょっと安心できるのかなと思います。
 
 
  
自分だけが特別に集団が怖いわけでない。
誰でも怖いと思いながらも
勇気をもって一歩踏み出して参加して
勇気をもって周りの人たちに声をかけて
輪に溶け込もうとしているということです。
 
 
 
ただ、僕も交流会を企画していますから、
いろんなことを勉強させていただきました。
 
 
 
フリータイムでは話ができなくても
指示して輪をつくってもらったら
知らない人にも話しができるところ。
だから、なるべくフリータイムにしないような
形をとれるといいなと思いました。
 
  
  
あとは企画にも適した人数があって
それは、多すぎてもダメなのだろうということ。
自分の器に合った人数で開催しないと
せっかく集まってもらっても
寂しい思いをして帰ることになると
とっても残念ですからね。
 
 
 
また、僕自身が参加するにあたっての
輪に入れるのだろうかというドキドキした気持ちや
参加してみて集団の中で一人で
ポツンといることのつらさなどを
参加者の気持ちを忘れないでおこうと思いました。
自分が企画する側になると
参加者としての気持ちを忘れてしまいますからね。 
 
 
 
 
ただ、昨日の企画は何人ものスタッフさんたちが
いちから声掛けをして参加者を募集し
自分の時間を使って素敵なものにしようと
飾り付けからステージでの準備と編集スライド写真、
素晴らしい料理と心がこもったおもてなしでした。
なかなかそんなことはできないと思います。
だからこそ、100人もの人たちが集まったのでしょう。
そういう部分も見習いたいと思います。
 
 
 
昨日はとっても良い勉強をさせていただきました。
ありがとうございます。








メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年12月22日|2019年:12月