~したい=愛、~するべき=打算

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



人に親切にするとして
同じことをしているのに
なぜだか、結果が全く違うこと
あると思います。
 
 
 
ご飯をおごってもらって
とってもうれしくなって
ありがたいと感謝の気持ちが出てくるパターンと
ご飯をおごってもらったのに
なぜだか重たく感じてしまって
別におごってもらわなくても良かったのに!
とやってもらって嫌な気持ちになるパターンが
あると思います。
 
 
 
この違いって大きいですよね。
同じことをしているのに
全く別の結果が生まれてしまうのです。 
 
 
 
その違いとして
何のためにやるのか?
という理由が関係しています。 

 
 
喜びが生まれるところには
人に何かしてあげたいという
純粋な動機があって
やってあげることがただ
嬉しくてやっているだけなのです。
だから「~したい」というそれだけなのです。
 
 
 
でも、嫌な気持ちにさせてしまうところには
相手のことを下に思っていて
可哀そうだとか
自分のことを高く評価されたい
という裏心が含まれていたりします。
そんな時は「~しなければ」と
打算的になってしまっていることが多いです。
 
 
 
「~しなければ」の奥には
『本当はやりたくないのに』という
気持ちが含まれているのです。
 
 
 
嫌だったらやらなくても良いのに
と思うものですけど、
「~しなければ」損することが起こったり
後で嫌なことを言われたり
評価が下がったりと
いろんなことを考えると
嫌でもやってしまうものなのです。
 
 
 
 
僕は今は少なくなっていますが、
昔は打算でしか行動しなかったです。
善人ぶっていて親切の押し売りのような
ことをしていました。
 
 
 
相手の評価のばかりを気にしていて
無理に自分を犠牲にして
相手に尽くそうとしていたのです。
 
 
 
それをされた相手としては
重たかっただろうなと思います。
よく言われていたのが
「笑顔でいることが多いけど
目は笑っていない!」
作り笑顔ばかりしていたということですね。 
 
 
 
今は優しい自分も出すけど
冷たい自分勝手な自分も
出すようにしています。
  
 
 
昔は冷たい自分を出すのが怖かったですからね。
だから、無理に人に親切にして
なぜだか報われない結果を受け取っていました。
 
 
 
愛でいるためには
やりたくない時はやらない
「~したい」と思った時だけ
やるというスタンスが必要なのでしょう。 
 
 
 
無理して打算的に人に親切をしても
重たくなるだけですからね。
そして、悪い結果しか生まれませんもんね。
 
 
 
「~するべき」という気持ちで
何か行動しようとするときは
ちょっと立ち止まって考えてみることは
大切なことだと思いました。
 
 
 
ありがとうございます。





 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年05月17日|2018年:5月