失敗する勇気

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。



前から企画してたイベントが
今日無事に終わることができました。
毎回、人が集まるだろうかと言うことで
心配しています。
 
 
 
特に今回はフェイスブックでも
参加者が一人となっていて、
来れる人もキャンセルになってしまったり
あとで来れるよと言ってくれた人もいましたが
本当に開催できるのか心配でした。
 
 
 
僕としては仲間つくりに興味を持ってくれていたり
カウンセリングを受けた方に来てほしくて
いろいろと連絡したり
直接お誘いをしたのですが、
興味は持ってもらえるけど
良い返事はもらいなかったのです。
 
 
 
 
昨日も心配で寝つけなかったくらいです。
失敗するのがすごく怖かったのです。
 
 
 
失敗して笑われたり
恥をかいたり
あいつはダメだから近寄らないでおこうと
思われるのが、とっても怖かったのです。
 
  
 
やはり人には良いカッコでいたいし
きちんと人数が集まって
人徳があるところを見てもらいたい、
という欲求がありますからね。
 
 
 
失敗するような恥をさらしたくないわけです。
でも、成功というか
本当に自分のやりたいことをしたかったら
失敗を乗り越えないといけないのだと
思ってもいます。
 
 
 
なり心理学でも言っていましたが
+100を得ようと思ったら
-100になってもよい覚悟が必要。
 
 
 
そして、-100だと思っていたことは
実は大したことではなかった。
自分の思いすごしだということも
書いてありました。
 
  
 
たしかに誰も失敗したくらいで
笑ったりしないし
恥をかいたとも思われていないでしょう。
 
 
 
でも、どうしても出てきてしまうのです。
失敗して恥かいて笑われた先に
僕のことを嫌ったり、拒絶するのではないのか
ということがあるからでしょうね。
 
 
 
人からの嫌われたり、拒絶が
一番つらいものらしいです。
だから、嫌われないように、拒絶されないように
良いカッコでいたいのでしょう。 
 
 
 
その一番つらいものを避けようと思っていると
本当にやりたいことなんてできない。
だから、失敗することは大事だと思って
今回は失敗する覚悟でいどみました。
 
 
 
結果的に僕を含めて6人の参加者がいてくれて
楽しいイベントに終わったのですけどね。
箱庭をみんなでやりながら
おしゃべりをして楽しいひと時を過ごしました。
 
 
 
今からイベントなどをやっていくにしても
失敗する覚悟を持っていこうと思いました。
 
 
 
それにしても、まさか
夜眠れなくなるくらいに怖い思いをするとは
まだまだ小さな心臓です。
早く失敗になれないといけませんね。
 
 
 


ありがとうございました。

 

 

 

 

2017年04月23日|2017年:4月