妄想は現実よりも恐ろしい!

今日は妄想は現実よりも恐ろしい
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは恐怖というものを
感じると思いますが
実際に何か起こったということよりも
悪いことが起きそうという
不安からくる恐怖の方が大きいというものがあります。



例えば誰かに嫌われたということよりも
嫌われるのではないのか?
嫌われたのではないのか?という
そういう憶測で考えてる時の方が
ダメージは大きいと思います。



実際に相手から嫌われた
ということが起こると
それはそれでショックかもしれませんけど
でもそんなにたいしたことではなかった
という風に思うかもしれません。



それよりも嫌われるかもしれないとか
あんな事したからあの人は
どう思ってるだろうと
そういう風に思ってる時って
嫌われてしまったのかもしれないという
そういう妄想でグルグルしてる時の方が
ダメージっていうのは大きいと思います。



会社でも仕事でミスをして
怒られたっていうことも
大きくショックかもしれませんけど
こんなことして
ミスしてしまうのではないかとか
上司から怒られてしまうのではないのか
と思っている時の方がダメージっていうのは
大きいのかなと思います。



それは現実で起こる事っていうのは
起こってしまえば
それまでで一回で済みますけど
妄想の世界では
何回も何回も繰り返し再生させて
そのたびに痛みを覚えてしまうということがあります。



その悩んでる時というのは
何十回もシュミレーションして
そのたびに傷ついてしまっている
ということがあります。



また妄想の世界では
現実で何か起こることよりも
何十倍も大きくしてしまう
というところがあります。



妄想の世界では
無限に広がりを見せてしまうからです。



現実の世界では1だったとしても
妄想の世界では5とか10くらい
大きくしてしまうってことがあります。



こんなことを現実では起こらないだろうって
思ってしまうようなことでも
妄想の世界ではもしかして起こるかもしれない
というふうに考えてしまって
そしてそのダメージが
体に頭にのしかかってくるわけです。



心配事の9割は起こらない
ていう人もいますが
まさに自分で勝手に妄想として
大きくしてしまって
しかもそれを何回も何回も
繰り返ししてしまうことで
僕たちは大きなダメージを
与えられてしまうのです。



みんなから嫌われてる
嫌われてしまうのではないかいうのは
ほとんどが勘違いである場合があって
全然そんなことも思ってないのに
自分は勝手に妄想して
ちょっとした相手の言動を見て判断してしまって
そしてそれをどんどんと大きくしてしまう
っていう被害妄想もあります。



それは誰でも経験していること
なのかなと思います。



実際に相手に聞いてみると
相手は全然そんなこと思っていなかった
ただ自分の中で嫌われるとか
嫌われたんじゃないのか
ということを大きくしてしまう。



それが夜寝る前とか
何かぼーっとしてる時に
繰り返し繰り返し
頭の中で再生してしまう
そのたびに心っていうのは
痛みを覚えるわけだから
辛くなって当然なのかなと思います。



そんな感じで
妄想の世界っていうのは
現実の世界よりも
ダメージが大きくなってしまうし
それは恐ろしいことなのかなと思います。



心の世界では無限に広がりますし
しかも何回も何回も再生させてしまう
そういうことがあるっていうのを
少し注意して妄想を少しでもやめていけると
いいのかなと思いました。



実際に現実に起こるということは
その妄想の1/10ぐらい
という風にしか起こらない
というふうに考えても
いいのではないのかなと思います。



今日は妄想は現実よりも恐ろしい
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月24日|2020年:8月