傷つける人は心に余裕がない人

人を傷付けても平気な人って
周りを見渡すと一人はいると思います。
そういう人を見ると
自分からしたら信じられない行動を
取っていることが多いです。
心がないのかと思うような
ひどいこともしているかもしれません。
 
 
 
そういう人には近づかないように
しているのですが、
どうしても一緒にいなければ
いけないような時は
攻撃されてしまって
許せない気持ちが出てきて
いつまでも怒りの感情をため込むことに
なってしまいます。
 
  
 
でも、冷静になって振り返ってみると
攻撃する相手も心はもしかしたら
非常事態にあるのかもしれない
実は相手も傷ついているのかもと
考えるようにしています。
 
 
 
共感ができなくて相手の痛みを
自分の痛みのように感じられない人は
相手を傷つけてしまっても
共感できないのだから
自分が相手を傷付けているとも
思っていないのかもしれません。
自分が何をしているのか
理解していないと言った方が良いかもしれません。
 


それほどその人の心というのは傷ついた状態で
その傷を癒すことができたとしたら
その人は優しくなって人に思いやりを
持てるようになるのではないのでしょうか。
 
  
 
僕自身が昔は人に痛みが理解できない人だったから
気持ちがわかるのです。
ずっと勝ち負けを気にして
人よりも上に行くことが重要になっていて
自分の地位を高めようと
必死になっていたのです。 
 
 
 
そういう時は自分がいっぱいいっぱいで
相手がどんな風に思っているのか?
どんな思いをしているのかなどは
共感することができなかったです。
地位や名誉、プライドが邪魔して
共感する力をなくしていたのです。
相手に目線をやる余裕がなかったのです。
 
 
 
ただ僕の立場が今、どのあたりなのか?
そればかりを気にしていました。
その時のことを振り返ってみると
自分で自分を必死に守っていたのです。
それくらい僕の心は傷ついていたのです。
 
 
 
どんな人でも自分がいっぱいいっぱいの時は
自分をわかってほしい、ということしか
関心が持てないですよね。
そういう時に知らず知らずに
相手を傷つけてしまっているのだと思います。
 
 
 
他人を傷つけてしま人は
その人の心がが傷ついているから
そして、いっぱいいっぱいの余裕がない心では
相手を気にするだけのスペースがないので
どんなに相手が傷ついていても
気づくことができないでしょう。
まさに自分のことをわかってほしいと思っている時ほど
相手のことを分かろうとしない時はない
相手を傷付けてしまいのはそういう時です。
 
 
 
傷付ける人は傷ついている人である。
ちょっとそういうことを思っておくだけで
攻撃的な人を見ても許せるのかなと思いました。
 
 
 
 
 
ありがとうございました。



 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年10月30日|2018年:10月