光が強くなると闇も強くなる

今日は光が強ければ闇も強くなる
ということについてお話ししようと思います。



ここで言う光というのは
善悪で言う善が強くなると
悪というのも強くなるという例え話です。



善が強いって言うと
学校でも会社でも厳しいところという
イメージがあるのかなと思います。



規則が厳しくて
こうでないといけないっていう
そういうものがたくさんあって
校則も厳しく作られている。



そういうところがあって
悪は絶対許さないという
そういう感じがあるのかなと思います。



そうやって光を強く出せば出すほど
闇の部分というのも
強く出てしまうってことがあります。



校則を強くして良い人間を作ろうとしても
やっぱり人間なので思い通りにはいかないし
できないこともたくさんあるし
校則を破ってしまうっていうことも
あるのかなと思います。



その校則を厳しくしていると
どんどんと排除される人とか
悪人みたいなもので
罰せられる人というものをつくってしまう
原因にもなってしまうのかなと思います。



例えば学校では遅刻をしてはいけない
廊下を走ってはいけない
授業中は黙って先生の言うことを
先生の話す言葉を聞いていないといけない
というそれはとってもいい事であって
悪いことではないと思うんですけど



でもそういうのが強くても
厳しいものがあればあるほど
出来ない人っているのでてきて
そしてそういう人を罰せなければいけない
ということがある



そしたら闇とい部分も
自ずと深くなってしまうっていう
そういう意味合いが取れるのかなと思います。



家庭でも厳しい家庭になると
食事の時でも話してはいけないとか
きちんと背筋を伸ばして
だらけた格好で食べたいけないとか
いろんなそのルールがあると思います。



それは全て良い事ってか
その善であって光であると思います。



でもその光が強ければ強いほど
その出来なかった時っていうのは
闇の部分で罰せられるというものも
厳しくなってしまいます。



そして人間である以上
全て善であるって事も出来ないと思います。



やっぱりだらけてしまう時もありますし
自分勝手で自分のその都合を
優先させてしまう時もあります。



そういう時にあまりもその罰則が厳しいと
取り締まらなければいけないという風に
なってしまいます。



もし光が弱くなったとしたら
その影の部分も弱くなることがあります。



罰則も厳しくするんじゃなくて
曖昧な部分を作っておくとしたら
その分罰せられる人というのも
減っていくのかなと思います。



家庭内でおいても
待っときには食事は楽しくして
背筋もきちんと伸ばしてとか
そんな事をしなくてもすむとか



学校でおいても遅刻をしてはいけないとか
走ってはいけないとか
授業中はちゃんとしてないといけないという
そういうものも必要だけど



時には遅刻をしてしまっても
しょうがない時もあるし
廊下を走ってしまっても
もうそれもしょうがない時もあるし
授業中も先生の言うことをじっと聞いているって事も
なかなか難しい場面もあるかもしれません。



そういう時は肩の力を抜いて
やることも必要です。



そうやって少し光が
弱まることができたとしたら
罰せられる人というのも
減っていくのかなと思います。



ちょうどグレーのような感じで
白が少し黒に入るとしたら
その黒の部分も少し白色が混ざって
曖昧になっていく。



そうやって善悪というのも
曖昧になっていくから
罰せられる人っていうのも
少なくなっていきます。



そうなると自ずと闇の部分っていうの
も少なくなって薄れていくのかなと思います。



光が強くて人間はこうしなければいけない
善の部分だけを表現しなければいけない
態度で表さなければいけない
ということをしていくと
おのずと闇の部分っていう
そういうできないかった時に罰せられる人とか
罪深い人っていうのを作ってしまいます。



なので家庭においても
仕事においても
学校においても
なるべく善というものを減らして
少し緩めていけると
ちょっとは楽に生きていけるのかなと思います。



ただここで緩めすぎると
それはそれで問題になってしまう
ということがあるので
そのバランスってものも
とっても難しいものなのかなと思います。



白黒はっきりしすぎて
強めすぎてもダメだし
かといって緩めすぎてもダメ
ということがあります。



ただここでは
光が強くなればなるほど
闇の部分も強く出てしまう
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月31日|2020年:8月