薬の効果は信じる度合いによって変わる

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う
 聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。


精神的な悩みを抱えたときに
心療内科を受診する人って
多いと思います。
 
 
 
心療内科では薬を使った
治療が主なのですよね。
カウンセリングなどもやっているところが
ありますが、
うつ病などと診断されると
抗うつ剤や安定剤、睡眠薬を
渡されることでしょう。
 
 
 
それによって良くなる人もいますし
そんなに薬の効果がない人もいます。
 
 
 
これって薬の中身とは別のところで
作用していることがあります。
 
 
 
フラシーボ効果(偽薬効果)
は有名ですよね。
ただの小麦粉なのに
これは病気には効く薬で
みんなこの薬を飲んで治ったと
言って渡すと
実際にその人は小麦粉を飲んだのに
病気が治ったという。
 
 
 
実際の薬の効果というよりは
全く違う成分であっても
この薬を飲むと治るはずだという
思い込みの方が効果があるというのです。
 
 
 
この思い込みを最大限に生かそうと思ったら
先生との信頼関係が大切だと言います。
信頼する先生の出す薬だったら
大丈夫と思って飲むのと
あの先生はろくに話も聞かないで
適当に薬を出すところがある。
怪しいなと思って飲む薬とは
違いますよね。
 
 
 
抗うつ剤とかも
いろんな種類がありますが、
どんな薬を飲むかというのも大切ですが
信頼する先生、信頼できない先生だったら
どちらが出す薬を飲むか
誰が出す薬なのかという方が
大切になってくる時もあります。
 
 
 
信頼する先生に診てもらうことって
薬の効果自体も違ってくるので、
大事なことだと思います。
 
 
 
今は信頼できる先生が
少なくなってきているという話を聞くので、
本当に治したかったら
先生選びは慎重にした方が
良いのではないかと思いました。
 
 
 
ただ薬はリスクということもあり、
副作用の無い薬はないです。
こころの問題は
薬に頼りながらも
カウンセリングなどで内面を見つめて
解決していくのをおすすめします。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年11月15日|2017年:11月