自分を変えるための第一歩は大きなエネルギーを使う

今日は自分を変えるための第一歩は
大きなエネルギーを使うということについて
お話ししようと思います。



僕達は自分を変えたいと思った時に
やっぱり今までと違う行動を
起こすことになると思います
今までと違う行動を起こす第一歩というのは
ものすごいエネルギーを必要とします。



よく言われるのが
清水の舞台から飛び降りるくらいの
エネルギーの力ということを言われます
清水の舞台から飛び降りると
もしかしたら死ぬかもしれない
という恐怖があるでしょう。



でもその恐怖を乗り切ってまでも
第一歩を進むということが
できたとしたら
大きく一歩を進むことが
できるのかなと思います。



そして最初の一歩というのは
何をするにしても
それぐらいのエネルギーの量は必要とする
ってことがあります。



他の人からしたら
ほんの些細な一歩だったとしても
当の本人からしたら
ものすごいエネルギーを使って
大きな一歩を踏み出している
ということがあります。



清水の舞台から飛び降りることは
死を意味するっていうことで
一回本当に死ぬ気のような感じで
もう生きるか死ぬか
それぐらいの瀬戸際に立たされた時に
そういう一歩っていうのは
出てくるのかなと思います。



やってることってのは
ほんの大したことがないことかもしませんけど
それくらいの勇気を必要とするということです。



もしかしたら
自分の何か内面をさらけ出す
ということかもしれません。



今まで自分が不真面目だったとしても
それをずっと隠して
真面目なフリをしてたということで
良い人のフリをやめて
実は不真面目だったんだってことを
さらけ出すという



そういうことで
他の人からしたらそんななんでもないことに
思えるかもしれません。



でもその当の本人からしたら
そういうことをさらけ出すってことは
本当に清水の舞台から飛び降りるくらいの勇気がいるし
死ぬか生きるかそれぐらいのそのものが
出てくるのかなと思います。



そういう死ぬか生きるか
それでもやっぱり自分を変えたくていうことで
第一歩を踏み出すその大きな一歩が
人生を変えるための
きっかけ作りとしてなるのかなと思います。



そしてその一歩を出すためには
ものすごいエネルギーを使うっていう事です。



ただそのエネルギーというのは
一歩目だけがエネルギーを使うことがあってに
2歩目、3歩目となると
エネルギーもさほど必要なく
できるようになってくるってことがあります。



最初の一歩というのは
それくらいエネルギーを使うということです。



僕たちは変化っていうのは
なるべくしたくないという生き物らしいです。



それは変化があると
今までと違ったパターンを
作らなければいけなくなったりとか
そういう面倒くさいことがあってしまいます。



それぐらいだったら
いつもと同じパターンが良いっていう風に
思ってしまうこともあります。



今が不幸で不都合であったとしても
自分を変えて
新しい世界に行くということは
ものすごいエネルギーを使います。



それぐらいだったら今までのパターンで
ちょっとくらい不便があったとしても
ちょっとぐらい不幸であったとしても
そのパターンに留まってしまうっていうことは
よくあることです。



それぐらいその第一歩目ってことは
ものすごいエネルギーを必要とするということを
覚えておいてもいいのかなと思いました。



自分を変えるための第一歩目というのは
清水の舞台から飛び降りるとか
バンジージャンプを飛ぶ
それくらいの思い切りの良さとか
エネルギーを使うことについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月07日|2020年:9月