普通という険しいゴールを目指してしまう 

悩んでいる人の話を聞いていると
普通の基準が高いように思えます。
僕からしたら、
そこまでする必要なんて
ないと思うようなことでも
普通基準が高い人は
それでも足りないと思って
頑張って普通になろうとしているのです。



人に評価してほしいというより
悪く言われたくなくて
頑張って普通になろうとしている
状態だと思います。
 
 
 
よく90点でも不安な人と
20点でも満足している人がいますが、
90点でも不安な人は
普通の基準が高いと言えるでしょう。



自分は普通の人(周りの人)より
劣っているから
頑張って普通の人のように
ならないといけないのだ!
と強く思い込んでいるのです。 
 
 
 
周りの人を見ると
すごい人がたくさんいて
そういう出来る人を見るにつれて
なんて自分はダメな人間なんだろうと
思って頑張って普通になろうとするのです。
 
 
 
普通の家族
普通の会社員
普通の幸せ……など
平均的な人間になろうと
自分以上のことを
しなくてはならなくて
空回りをして
苦しんでいることも多いです。
 
 
 
普通の人は
こんなこと出来て当たり前だし
あんなは絶対にしないはず
と勝手に標準的な理想像を作り上げて
それを自分に当てはめようとします。
 
 
 
普通の会社員を目指すとしても
他の人よりもできないことがあると
こんな自分ではダメだ!
もっと頑張って周りの人のように
ならないといけないと思って
頑張っている自分に
それ以上のムチを打ち
もっともっとと掻き立てることを
してしまうのです。
 
 
 
人よりも劣ってはいけない
きちんとしないといけない
出来ない人間ではダメだ
せめて普通の人並みにやらないと
と思い込んで苦しんでいます。
 
 
 
そして普通になれないダメな自分を
隠そうとしてしまいます。
普通の人のフリを懸命に
しているのです。
 
 
 
もし、普通のこともできないとばれたら
捨てられてしまうのではないか
ここにはいられないのではないか
必要とされなくなってしまうのではないか
そんな恐れが出てきてしまうのです。
 
 
 
必死に普通の会社員
普通の母親
普通の幸せを
つかもうとして
それがかえって
苦しい状態になってしまうのです。
 
 
 
もし、普通の人でなくても良いと
認めることができたら
あきらめて、開き直ることでできたら
普通の人のフリを懸命に
演じなくても良くなるのです。
 
 
 
普通という言葉で
たくさんの人が
自分以上の理想を求めすぎて
普通になれない自分を責めて
苦しんでいるのがあるのです。
 
 
 
普通という険しい道を歩こうと思ったら
相当自分を追いつめて
頑張り続けないといけないように思えます。
普通であることから降りて
普通以下でも良いし
ダメな自分を認められると
楽に生きることができます。
 
 
 
普通という言葉自体があいまいですし、
人それぞれ性質も違っているし
出来る分野の違いがそれぞれあるのに
すべての分野で普通、平均になろうとすると
つらいですよね。
 
 
 
ありがとうございます。








 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年06月04日|2018年:6月