働きがいは必要か?

会社ではいろんなことが
求められていると思います。
そして、日本人の働き方は
海外からは異常なほどに見えています。
 
 
 
サービス残業なんて当たり前
休日も返上して働き
有給休暇なんて消化することなしに
給料をもらっている以上は
プロとして働くことを求められたりします。
 
 
 
仕事にやりがいを持って
自分の能力を生かして
やっている人はすばらしいと思います。
そういう人は率先して
会社のために貢献していくことでしょう。
働くことが楽しくて良い状態ですね。
 
 
たしかに仕事は人生でも
大きなウェイトを占めていることでしょう。
でも、いろんな働き方があって良いのだろうと
思うのですけど、
仕事となると必要以上に
自分を犠牲にしてまでも
会社に迷惑をかけないように
我慢して会社に尽くしてしまうこともあります。
 
 
 
すべての人が仕事に
やりがいをもてるわけではないですし
仕事は労働の対価として賃金を得るためだけのところ
というような働き方をしている人も多いと思います。
 
 
 
というか、自分の夢や目標の為じゃなくて
賃金のために働いている人は
多いのではないかと思います。 
そして、一部ではやる気がなくて
だらだらやっていたり、
すぐに休んだりする人もいることでしょう。
 
 
 
でも、日本はみんな一緒という同調圧力が強いので
みんなが懸命にやっている中で
一人だけだらけていたり
そそくさと先に帰りますとか
有給休暇をたくさん取って遊んできます、
と言うのが許されないような空気があります。
 
 
 
そんなことをしたら社会人としてなっていない
常識外れだと言われそうですよね。
何も悪いことなどしていなくて
きちんと法律でも認められていることを
やろうと思っても
一人だけやる気がないように見える
行動をとるのはとっても勇気がいります。
 
 
 
そうやって会社の雰囲気に飲まれていくと
やりたくないことなのに
必要以上に自分を必死に我慢させて
無理矢理ついていこうとする。
そして、いつか心が悲鳴をあげて
心も体も壊してしまうということが
あるのでないかと思います。
 
 
 
仕事にやりがいをもって成長して
どんどんと先に進みたい人はそうしたらいいのだけど
それをすべての人に当てはめようとする
当然、ついていけない人ができてきます。
 
 
 
最近、「社畜」と言う言葉があります。
会社の奴隷のように働かされて
会社の言うことは絶対服従で、
たとえ理不尽きわまりないものであっても
黙って従うという奴隷のような
働き方を強制されている人を言うようです。
 
 
 
そんな社畜のような働き方って
意外にも上司ではなくて
同僚の頑張っている人たちが
自ら作り上げているということもあるのです。
 
 
 
頑張っている人はだらけている人を
見ると許せませんからね。
周りにやる気のない人を
やる気にさせて会社に貢献させる。
こうやって社畜文化が広がっていくようです。
 
 
 
いろんな働き方があっても良いはずですよね。
仕事はお金を稼ぐところと割り切って
早く帰って趣味の世界に没頭するのも
人生だと思います。
会社で自己実現と考えて
懸命に努力しながら働きがいを
見つけてイキイキと仕事するのも
人生だと思います。



いろんな選択肢があってもいいのでしょうが、
日本人としての真面目な性格なのか
必要以上に会社に忠誠を尽くして
心を病んでしまうという人もいるのです。



会社にだけ生きがいや
働きがいを見出そうとしなくても
他でも探せばいいのではないかと思います。



給料をもらっている以上は
会社に貢献しないといけない
言うことに従わないといけない。
みんなが頑張っているのだから
自分も身を粉にして頑張っていかないといけない。
という雰囲気で飲み込まれていませんか??
 
 
 
それで自分の大切な人生を
会社の奴隷になってしまって
自分の心を支配されていませんか??
いろんな働き方があることを頭に入れて
考えていけたらいいのかなと思います。
  
 
 
ありがとうございました。








 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年06月28日|2018年:6月