普通・常識・当たり前のハードルを高くしていませんか?

今日は普通・常識・当たり前のハードルを
高くしていませんか?
ということについてお話ししようと思います。



悩みが多い人の共通点として
こんなことをして当たり前とか
出来て普通・常識というのが
すごい高いところに設定している人が多いです。



周りの人からしたらすごい出来て
そんだけ出来たら十分だろうと思っているのに
当の本人からしたら
いや自分なんてまだまだです。



こういうこともできてないし
こんなこともしなければいけない
だから今の自分ではダメなんだ
と思ってしまっている人がいます。



周りの人が十分だと思っていても
その当の本人がまだまだだ
こんな自分では駄目なんだと思って
頑張り続けなければいけない。



少しでも手を抜くと
なんて自分でダメなんだって
思ってしまうとしたら
それはとっても悲しいことですし
悩みも多くなってしまうことでしょう。



そういう風に自分の中でハードル
普通であるハードルとか
こんなことできて当たり前というハードルが
凄い高いところに
設定してしまっている人っていうのがいます。



自分がその設定して
自分が苦しむだけならいいのでしょうけど
大抵そういう人っていうのは
自分だけでなくて
周りの人にもそのハードルを求めてしまう
っていうところがあります。



厳しい上司とか
厳しい先輩なんかも自分もすごい厳しいけど
下の人にも厳しく当たる
という人も多いのかもしれません。



それはその人の中で
こんなことできて当たり前というのが
高いところに設定しているからなのでしょう。



自分も苦しいし
周りのいる人も苦しい目にあってしまう
というところがあります。



なので当たり前とか
こんなことを普通とか
常識というのを低く
設定していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



それは多分小さい頃の環境ってのも
大きいのかなと思います。



一流のすごい出来たお父さんとか
出来たお母さんの下で
生まれた人っていうのは
一流の大学を出て当たり前とか
90点取って当たり前というふうに
育てられたのかもしれません。



そういうところに育てられた人にとっては
60点である自分っていうのは
ダメな自分であって
もっともっと頑張って
90点を取らなければいけない
90点を取って初めて自分には価値がある
普通なのだという風に思えるかもしれません。



かたやハードルが低い家庭に
生まれたところでは
30点とって十分だって思えるかもしれません。



お父さんとかお母さんもそ
点数に気をかけることもなし
大学に行く行かないも
あまり重要視していないとしたら
30点であって
それはそれで受けることもできるし
大学に入ったっていうだけでも
すごいことになるのかもしれません。



そんな風に小さい頃の環境とか
周りの人の状況によって
自分のハードルっていうのは
勝手に設定させられているのかなと思います。



すごい出来た人の中にいると
自分も勝手にレベルが高くなるって事は
あるかもしれませんけど
あまりも高いレベルに設定しすぎてしまうと
苦しくなってしまいます
悩みも多くなってしまうでしょう。



そういう時には
自分のハードルっていうのを
下げていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



今で90点取って当たり前とか
90点が普通だと思っている人がいたとしたら
60点でも大丈夫とか
60点だっても自分には価値がある
みんな認めてくれるっていう風に
設定し直すということが必要でしょう。



ただ簡単にハードルを下げるって事は
難しい事なのかもしれません。



今まで90点が当たり前
90点以下だと
自分には価値がないと思ってる人にとって
60点を取るってことは
とっても怖いことで
60点で認めるって事も
なかなかできないことでしょう。



でもそういうの少しずつ60点であっても
周りの人っていうのは
そんなに怒ることもなしに
見捨てることもなしに
一緒にいてくれるとか



そんなに影響がない
自分にはそこまで価値がないわけではない
という風に思い直すことによって
徐々に徐々に
そのハードルっていうのを
下げていけれるのかなと思います。



そしてそのハードルが
なぜ高くなってしまったのか
というのも考えていくというのも
とても大切なことなのかなと思います。



自分が原因ではなくて
周りの環境とか
周りの人達の影響で
勝手に高くなってしまったって
いうこともあるので
その考えて少しずつ下げていくってことは
必要なのかなと思います。



そうじゃないと自分も苦しいですし
もしかしたら周りの人も
いつの間には苦しくしてしまってるって事も
あるかもしれません。



今日は自分の中の普通・常識・当たり前の
ハードルをいつの間には高くしていませんか?
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月25日|2020年:9月