心のケアをおろそかにしていませんか?

僕たち体の不調が続いた時は
きちんと手当をするのに
心の傷と言うときちんと手当てを
しようとする人は少ないように思えます。
 
 
 
体の傷でも浅い傷だったら
放っておいても自然と治ってしまいます。
でも、深い傷だときちんと手当しないと
傷口を悪化させてしまいます。



もし風邪を引いた時ならお医者さんに
行ってすぐに薬をもらって治しますよね。
そうしないと風邪をこじらせて
肺炎になってしまうかもしれません。
もし骨折したらきちんと手術して
元通りに固定して治しますよね。
そうしないと変な形でくっついてしまうかもしれません。
体に傷がついたらきちんと消毒して手当てしますよね。
そうしないと膿んで悪化するかもしれません。
このようにきちんと対処しないと
悪化させてしまうのは誰もが知っているはずです。



でも、心の傷はどうでしょうか?
心の傷も体の傷と一緒で
心も浅い心の傷だと放っておいても元に戻るが
重い心の傷は手当てしないと傷口を悪化させて
人生に影響を及ぼしてしまうものである。
その心の傷をきちんと対処しているでしょうか? 
 
 

心が痛みと言うと
誰かから無視されるなどの拒絶された痛みの体験や
失敗をした時に自分に自信をなくすこと
何か自分は間違いなことをしてしまった時の罪悪感
大切な人を亡くすなどの喪失体験の悲しさ
このような大きな心の傷だと
きちんと手当しないと
症状が悪化してしまって
心の傷が残ってしまいます。
 
 
 
僕たちは体の傷の手当ての方法は
教えてもらっているのですが、
心の傷の手当の仕方は
教えてもらうことって少ないと思います。 
 
 
 
もしかしたら体以上に
心の手当の方が大切になってくるときもあります。
病気のほとんどはストレスが
原因になって誘発しているものですからね。
きちんと心のケアをする方法も
学ばないといけないのでしょう。
 
 
 
特に今はストレス社会と言われて
普通に生活している人でさえも
なんらかのストレスを抱えてしまうものです。
目には見えませんが日々の生活で
心も傷を抱えているとしたら
きちんと対処していくべきなのでしょう。 
 
 
 
体のケアも大切だと思いますが、
心をいたわることも
それ以上に重要なのだと思います。
きちんと心のケアできていますか?
 
 
 
ありがとうございました。




 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年11月08日|2018年:11月