欲求には段階がある

僕たちの段階的には段階があります。
その段階を満足させていくことによって
より高い次元の欲求へを
変化させていくことができるのです。
 
 
 
マズローの5段階欲求は有名ですね。

第一段階の欲求
生理的欲求と言われます。
人間が生きていく上での最小限の欲求であり、
具体的には衣食住など生命を維持するために
必要なものを求めるという位置づけになります。
 
 
 
第二段階のものは
安全または安定の欲求と言われるものです。
危険から守ろうとする欲求であり、
また安心感が欲しいというものとなります。
脅迫や災害から逃れたい、
危険にさらされるのは避けたい、
安心して暮らしたいというようになります。
 
 
 
第三段階の欲求
所属の欲求と呼ばれるものです。
コミュニティーに入って仲間と協力し合いたい、
友情や愛情などに基づく社会生活を送りたいというものです。
 
 
 
第四段階の欲求
承認の欲求とも言われます。
第三段階でも同じ要素を含んでいますが、
前提として、自分の能力を伸ばしたいとか、
個性を発揮したいということもあり、
自分の独自性を認めてほしいということも入ってきます。
 
 
 
第五段階の欲求
自己実現の欲求ということになります。
自己実現という言葉は、登場した途端にインパクトに
あるものとして受け止められたので、
多くの人が自己実現という言葉を使うようになったのですが、
マズローのいわば自己実現理論が示す究極の欲求ということになります。
 
 
 
例外はたくさんありますが、
たいていは1段階から順番に満たされて
上の段階に登っていくことができます。
 
 
 
たぶん戦後の日本というのは
1の衣食住を満足させること
2の安心安全の欲求を満足させることに
精一杯だったように思えます。
食べること、住むところを得るために
懸命に働かないといけない状態だったと思いますから。
 
 
 
それは幸せと言うのが目に見えやすいもの
だったように思えます。
貧しさから抜け出して
豊かさを得ることが幸せだと
思えましたからね。
 
 
 
でも、今は豊かになっているのが
当たり前の社会ですよね。
食べるのに困っている人というのは
身近にはいないと思います。
 
 
 
そうなると豊かさを追い求めることが
幸せに直結しなくなります。
3の所属の欲求
4の承認の欲求
5の自己実現の欲求を
満足させる段階に入っているのです。
 
 
 
この欲求は満足の度合いが
1,2段階の欲求と比べると
複雑で目に見えにくくなっているので
満足させようと思うと難しいと思います。
 
 
 
豪華な家や食事が満足の対象ではなくなって
誰かに認められるようなことができるのか?
何を使命としていきていけばいいのか?
自分の道を誰かに与えられるのではなくて
自分で切り開いていく必要がありますからね。
 
 
 
食べるのにも住むところも着る物にも
何の不自由もないのに
幸せを感じることができない。
逆に苦しみを感じてしまって
ツライ日々を送ってしまうというのは
難しい段階の欲求にチャレンジしているからだと
言えるのかもしれませんね。
 
 
 
これからは物質的な面ではなくて
精神的な面が重用になってきているので、
正解なんてなくて
僕たちの内側にある心の声と対話しながら
自分だけの人生を作り上げていくことが
大切になってきているのでしょう。
 
  
 
僕は一体何に喜びを得て
何をしている時が幸せを感じるのか?
じっくりを考えていこうと思いました。
 
  
 
ありがとうございました。
 



 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年11月15日|2018年:11月