9割のものがガラクタで本当に大切なものは1割しかない

今日は90%のものは意味がない
ということについて
お話ししようと思います。



スタージョンの法則というものがあるようです
元々はSFは9割はガラクタだ
という意味で言われるようですが
それを広げていくと
どんなものでも9割はガラクタで
それが自然な状態であるというほかないということです。



この世の中には9割のものがガラクタで
本当に大切なものは1割しかない
ということです。



どんな本であってもニュースであっても
友達の噂話であっても
本当に大切なもの
本当に必要な情報っていうのは1割で
他の9割ってのは
ほとんど意味のない
価値のないものになっている
というそういう法則です。



これはもうそういう法則で
この世の中がそういう風になっているので
しょうがないっていうことなのでしょう。



これを日常生活に当てはめると
友達を作るのに対しても
9割の人は自分にとって
あまり意味のないと言うか合わない人
自分にとってそんなに必要のない人
なのかもしれません。



10人に1人ぐらいの人が
自分にとって必要な人であるのでしょう。



でも必要のない9割の人に
力を注いでいませんか?
1割の大切にしなければいけない人に
力を注ぐ事っていうの
おろそかにていませんか?というのを
考えていく必要はあるのかなと思います。



9割の人っていうのは自分にとって
あまり意味がないものだったとしても
何か悪口を言われるのではないのかとか
いろんな所で気を使って
エネルギーを注ぐってこともあるのかもしません。



それも必要な時もあるかもしれませんけど
でもやっぱり1割の人たちに
エネルギーを注ぐと事をしていく方が
よっぽど効率が良いでしょう。



またネットでも
90%の情報っていうのは
自分にとってあまり関係がないものなのです。



ニュースでもネットの情報で見ていると
総理大臣が誰々になったとか
国の情勢でどっか行ったとか
どこかで戦争があったとか
そういう情報を知るってことも
とっても大事なことかもしれませんけど
でも自分の力ではどうしようもできない
ということがあるでしょう。



そういうどうしようもないところに
焦点を当てて
そっちばっかに情報を得ようとしていても
それはあまり役に立たないってことがあります。



それでももっと自分に身近な
必要な情報があって
そういうのを取り入れていくって方が
大切なことなのかなと思います。



自分はどう生きているいくのかとか
自分のこれからその持つべき能力とか技術とか
どういうなものがあるのかとか
人間関係を作るためには
どのようにしなければいけないのかというのは
なかなかネット情報では
上がってこないものなのかなと思います。



それよりは総理大臣がどうこうとか
スキャンダルがどうかとか
不倫がどうたらとか
そういうところがたくさん上がってきて
それはほとんど自分には価値のないもの
意味のない情報ということがあります。



そういう9割の情報に流されて
本当に大切な1割というのを
おろそかにしてしまっているところも
あるのかもしれません。



そうやって9割のものは
ガラクタであるというのを
自分の中で思っておくと
本当に大切なものが1割しかない
それが自然な状態だという風に
思っておくというのも
大切なことなのかなと思います。



僕のこのyoutubeなんかも
9割がほとんど意味のないもので
大切な物っていうのは
1割なのかなと思ってます。



1割で話しできることも
大きく膨らませて9割の例え話とか
分かりやすいようにしていくってことで
盛り付けていますけど
中身を見てみるとほんの1割ぐらいしか
大切なものはないと思ってます。



そんな感じでほとんどの情報とか
ほとんどの人間関係とか
そういうありとあらゆるものは
9割はガラクタって思っておく
それが自然な状態だと認識していくのは
楽に生きていく上で
大切なことなのかなと思います。



そして本当に大切にしなければいけない
1割をもっとエネルギーをかけて
自分に身につけていくってことをしていくと
豊かになっていくのかなと思います。



今日はこの世の中は90%のものは
自分にとって意味のないもの
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月07日|2020年:10月