人生は不公平である。でも、不幸ではない。

今日は人生は不公平である
ということについてお話ししようと思います。



僕たちの人生っていうのは
不公平で不平等だと
誰しもが思っていることだろうと思います。



豊かな人はどんどんと豊かになっていくし
貧しい人はどんなに頑張っても
与えられるものは少ないというのが
実際にあるからです。



そんな不公平、不平等を
なくしていくってことは
とっても大切ですけど
でもそういうのは無くならないうことは
歴史が証明していることなのかなと思います。



ではそういう不公平とか不平等であった時に
どのように生きていくのがいいのか
ということだと思います。



多分、僕たちは多く与えられている人が幸せで
少なく貧しい人っていうのは
不幸だという風に
考えがちなのかもしれません。



でも豊かな人は
その世界でしか経験できないものがあって
豊かな人はそのステージで
それなりの問題もあるし
解決しなければいけない
課題っていうのもあります。



だから豊かな人はみんな幸せかと言うと
そうではないと思います
逆に貧しい人の中には
貧しい人なりの解決しなければいけない
課題というのもあるし
そういうその世界でしか味わえない
世界観というのもあるのかなと思います。



貧しい世界では幸せになれないのかと言うと
決してそうではないというのもあると思います。



その時その時の課題を克服することで
豊かな人以上に
幸せを感じることることも
できるようになるかもしれません。



でもそれは決して比べるものでもなく
豊かな人はその人のステージがあって
解決しなければいけないものもあるし



貧しいかったとしたら
そのステージで問題もあって
解決しなければいけない物があって
それを一つ一つ解決していくことが
僕たちのその人生の
醍醐味でもあるのかなと思います。



そうやって解決して
成長していくことで
僕たちというのは
より多く、より大きな世界に
つながっていけるのかなと思います。



そしてそれが幸せにも
繋がってくるのかなと思います。



だから周りを比べて
自分は少なくもらっている
こんな感じでは不公平でやってられるか
という風に
投げ出してしまうってことも
あるかもしれません。



そしてそういう境遇を嘆いて
何も手につかないって
いうこともあるかもしれません。



でもそういうことをしていても
何も動かないし
進展もしていかないということはあります。



そういう境遇を嘆いたり
人と比べて嫌になったり
その周りの人を羨ましがって
その妬んだりするよりも



今の境遇を受け入れて
そこで一生懸命生きて
一つ一つ問題を解決していくことで
より幸せに繋がっていくってことは
あるのかなと思います。



そしてその境遇でしか味わえない
そういうものを味わっていく
それも人生の大きな
幸せの一つなのかなと思います。



貧しい人は貧しい人でしか
味わえないものもあります
ホントその時その時の、その環境で
味わうものってのが変わってきます。



それはどっちがいいとか
悪いとかっていうことではなくて
その時その時のその置かれた状況によって
その人の味わいものってのは
変わってくるっていうことで



それは決して自分では
選べないものなのかもしれませんけど
でもその与えられた環境を精一杯
生きていくっていうことは
その人生を豊かに生きていくための
秘訣って言うかコツなのかなと思います。



だから不公平というのは
それはもう無くせないものということで
今自分の与えられている環境っていうのを
受け入れて、



そこで一生懸命生きて
そしてその時に与えられている問題や課題を
ひとつひとつ乗り越えていく
そうやって成長していくということが
僕たちの人生に
求められてるものなのかなと思います。



今日は人生というのは不公平である
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月11日|2020年:10月