10%の出来ない部分を大きくしていませんか?

この丸を見てどの部分に注目しましたか?
大抵は丸の重なっていない出っ張ったところに
焦点が当たっていると思います。
90%は丸になっているのに
下の10%の不完全な部分があると
そこに注目してしまいますよね。
 
 
 
アップル社のマークもあえて
リンゴが欠けているようにできています。
まん丸のリンゴだとさほど珍しくないけど
欠けている部分があるから
そこがアクセントになって
関心を引くようになっているのです。
 
 
 
これは僕達も一緒で出来ているや素晴らしいところが
本当はたくさんあるのに
一部分の出来ていない部分や欠点があると
そこに注目されてしまって
10%の出来ていない部分だとしても
ダメだというレッテルを張ってしまうのです。
 
 
 
そして、落ち込んでしまって
自分には良いところなんてないと
自信をなくしてしまうことがあるのです。
 
 
 
あなたにはこんなにも素晴らしい部分があるのに
出来ない部分や欠点なんてほんの些細なところなのに
その欠点がすべてであるかのように思ってしまうのは
なんてもったいないことでしょう。
 
 
 
でも、それは人間の特性としては
欠けている部分に注目がいってしまうのは
仕方がないところでもあるようなのです。
 
 
 
そして、これは相手を評価するときにも
出てくるようです。
同じ職場の人でも友人でも結婚相手でも
良い部分がたくさんあるはずなのに
何か一つ良くないことや欠点があると
あの人はどうしようもないという評価を
勝手にしてしまうものです。
 
 
 
良い部分はいつの間にか消えてしまって
欠点や良くない部分は
大きく見えてしまうようですからね。
そういうのを覚えておくと
自分にも相手に対しても
いつの間にか相手の欠点にばかり注目していないか?
良い部分があるのに消してしまっていないか?
を振り返るきっかけになると思います。
 
 
 
本当は90%の素晴らしい部分があるのです。
でも、10%の欠点があると
素晴らしい部分が消えて
欠点ばかりだと思ってしまうのは
もったいないですもんね。
意識して良い部分に注目するようにしないと
欠点の部分に引きずられてしまいます。
注意しないといけませんね。
 
 
 
 
ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年01月08日|2019年:1月