ワンピース世代とガンダム世代

昔と今の違いとして人気のある
漫画で例えることができます。
代表的なものとしてわかりやすいのが
昔はガンダムが流行り
今はワンピースだと思います。
 
 
 
ガンダムの世界観では
主人公アムロが地球連邦軍に入って
ジオン公国を倒すというのもですが、
地球連邦軍の中にあっても
組織の中で理不尽な命令をされたり
納得がいかないことがたくさんあります。
それでも、一度命令が出ると
戦闘に出ないといけないという
組織絶対主義だと思います。
 
 
 
その時代の社会をうまく表していると思います。
20年ほどまでは上司の言うことは絶対で
逆らうことって難しかったのでしょう。
会社の中で理不尽なことがあっても
黙って耐えて従うことが当たり前。
そんな世の中だったように思えます。
 
 
 
でも、今はワンピースの世代になってきています。
ワンピースの世界観は自由がキーワードで
ゆるいつながりだと思います。
それぞれが夢を追いかけて一緒にいますが、
船長であるルフィーが権力を立てに
他の仲間たちに命令するのではなくて
あくまでも対等な横の関係を維持しています。
組織として命令によって服従させようとすると
みんないなくなってしまうことでしょう。
 
 
 
今の若い人に会社のために服従して
理不尽なことでも黙って従うことをしても
昔の人と比べるとついていけない人が
多いのではないのでしょうか?
そこまで会社のために貢献しようと
する人は少なくて
自分のやりたいことを優先させる生き方に
なってきていると思います。
 
 
 
それが顕著に現れているのがスポーツの世界です。
昔だったら叱っても叱っても
指導者についていき
根性で辛いのを乗り越えて
最後に大きな成果を達成するという
方法をとっていたと思います。
 
 
 
でも、今そんな根性論を振りかざして
叱りまくっていると誰もついてきません。
現に昔は優れた指導者で優勝を何回も
していた監督であったとしても
そのままの方法をとってる人は
部の存続すらも危ぶまれるくらい
人が集まらなくなっているようです。
 
 
 
すでに昔の方法では若い人はついてこないのです。
今、成果を出している監督は
駅伝の青山学院の原監督のように
相手の自主性を大切にして
根性論ではなくて論理的に説明しながら
相手のやる気を引き出す人が
成果をあげるようになってきています。
  
 
 
僕はどっちかというとガンダム世代に近いです。
自分よりも組織が優先という考えがあり、
平気で自分を優先させる若い人の考えに
ついていけない時もありますが、
それではダメだなと思っています。
時代は変わってきていて
さらにもっと変わってくることでしょう。
 
 
 
その時代に合ったものを提供できなければ
取り残されてしまいます。
良いものは残して変わるべきところは
変わっていくことはとっても大切です。
そうやって時代に合ったものを
取っていけるようにしていきます。
 
  
 
ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年01月11日|2019年:1月