仕事での一番の不満は不公平感

今日は仕事での一番の不満は不公平である
ということについてお話ししようと思います。



僕達っていうのは
不公平感っていうのは一番心に響く
というものがあります。



仕事でも給料が少ないとか
上司がすぐ怒るとか
劣悪な環境だったとか
そういうものは
いろいろあるかもしれませんけど



でも全員がそういう同じ環境だとしたら
辛いかもしれませんけど
耐えられる
耐えられないものもあるかもしれませんけど
まだ大丈夫ってことも
よほど辛いものじゃない限りは
大丈夫ってことあるのかなと思います。



でもそれが不平等であったり
不公平であったとすると
それはほんの些細なことだったとしても
耐えられないってことは
あるのかなと思います。



同じことをしていても
ある人は怒られて
ある人は何もお咎めなし
という状態にあったとしたら
それは怒られた人というのは
納得いかないと思います。



なんで自分だけが怒られて
あの人は何も言われないのだという風に
もうムカムカして
全然、納得いかないってことはあると思います。



また同じ仕事をしているのに
ある人は給料が高くて
ある人は給料が少ないっていう
状態だったとしたら
それも納得がいかないと思います。



それはほんの些細なことなのかもしれませんし
もしかしたら小さな差なのかもしれません。



でもそういう小さなものであったとしても
不公平であったとしたら
それは僕たちの心に大きく響いてしまうと
ことあるのかなと思います。



ある人は得をして
ある人は損をするということがあると
人間っていうのはそれが許せないって言うか
耐えられないっていう風になってしまいます。



だから仕事でも
そういう不公平感があると
心に深くのしかかってしまうのかなと思います。



全員が給料が安いとか
全員がブラック企業とか
そういうことがあったとしても
まだ許容範囲だったら
耐えれるかもしれませんけど



不公平感がそこにあって
誰かが得して
自分が何か損してるって事が
あったとしたら
些細なことだったとしても
耐えられないっていうことがあるので
あまり不公平感というのは
人間の感情中では
一番厳しいものなのかなと思います。



そういうものをあるってこともを
知っていくっていうのも
大切なのかなと思います。



自分はその不公平感を
どれくらい耐えられるのかということがあって
自分だったらここまでだったら大丈夫だけど
ここまでだったらムカムカするなと思ったら
周りの人に言ったり
誰かに相談するとかしながら
解決策をしていくってことはとっても大切です。



些細な小さな問題かもしれませんけど
でも心の世界では大きくのしかかってきます。
だから決して粗末に扱っていい問題でも
ないのかなと思います。



自分は器が小さくて
こんなちっぽけなことでも
不満に思ってしまうのだっていう風に思わずに
不公平感っていうのは
人間にとって大きな問題だということを
少し認識しておくってことは
大切なことなのかなと思いました。



今日は仕事での一番の不満は
不公平感ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月14日|2020年:10月