過去の未完了な感情は人生を翻弄する

今日は過去の未完了な感情は
人生を翻弄するということについて
お話ししようと思います。



私は心が元気な時はやる気満々で
行動する意欲が湧いているのかなと思います。



チャレンジ精神も大きいと思います。
でもそれは心が健康な時であって
心が元気をなくす時もあるのかなと思います。



そういう時ってのは
チャレンジする意欲もなくなって
言い訳ばかりするようになるらしいです。



その心は元気をなくす一つの要因として
気がかりっていうことがあるらしいです。



この「気がかり」っていうのは
小さなものだと
お部屋の電気を消したのかなとか
玄関の鍵をかけたのかなとか
今日はトイレットペーパーを買いに行こうとか
というものがあったとしても



気がかりがあったとしたら
仕事に集中する事っていうのはできなくて
心が元気をなくす一つの要因として
なってしまいます。



またそれは小さなものであって
気がかりが大きなものっていうのもあります。



大きなものだと
心に後悔を抱えてるものがあります。



心に後悔っていうのは
誰かに対して怒りとか恨みとか
自分に対しての罪悪感というのもあります。



そういう気がかりがあると
心っていうのは
そこにエネルギーを取られて
今に集中できないってことがあります。



そうなるとおのずと
チャレンジする意欲が湧いてこなかったり
言い訳ばかりして
何もしようとしなくなるって事が
あるのかなと思います。



こういう未完了の感情っていうのは
きちんと解消していくってことは
大事なのかなと思います。



こういうことで未完了の感情として
もしかしたら友人なんか裏切られたとか
友人に対して自分が
裏切り行為をしてしまったとか



あと恋人との関係でギクシャクしていたりとか
あとうまくいかないということも
気がかりの一つとして
心に重くのしかかってくる
一つの要因としてあるのかなと思います。



心の未完了の感情というのは
もし心に器があったとしたら
未完了の感情が
半分ぐらいまで
占領されてしまうっていうことが
あるのかもしません。



この半分の量を占領されて
しまっているとしたら
あとこれぐらいの半分の量でしか
仕事に対してとか
チャレンジすることとか
できなくなってしまうのかなと思います。



普通の購入気がかりがない人っていうのは
全部心を使えるでしょうけど
でもそういう気がかりがあったとしたら
半分はそこで埋まってしまっているので
この半分の量でしか
できなくなってしまうってことがあります。



これってとっても、もったいないことで
ずっとこの気がかりがあるうちは
この半分取られているっていう感じに
なってしまいます。



何かしてても
自分に対しての罪悪感とか
恨みとか怒りとかっていうのは
出てきてしまってて
そっちに心を取られてしまっている。



そんな状態で仕事に集中できるわけもないし
家に帰ってもそこに囚われてばっかりいると
テレビも面白くないし
食事しても美味しくないかもしれません。



どっか出かけようっていう気持ちも
起こらなくなってしまうかもしません。



そんな感じで未完了な感情
もしかしたら友人に対してとか
あと上司に対しての恨みも
あるかもしれません。



いろんな人間関係のトラブル
っていうのがあるかもしれません。



そういうの持ってるうちは
心がずっとそういうものに
とらわれてしまっていて
占領されているっていう状態です。



それを早く解決していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



解決するための方法として
自分と向き合う事って
とっても大事なことなのかなと思います。



今のままでいると
ずっと心に占領されてるけど
それって自分と向き合って
過去とどう折り合いをつけていくのか
過ぎ去ったものを
どうやって自分の中で解消していくのかって
言うてのとっても大事なことで



自分と向き合うとせずに
ずっとそれを持ち続けていると
時間とともに減っていくってことは
あるかもしませんけど
それはだいぶ時間がかかって
しまうことがあります。



でも自分と向き合ってそこに目を向けて
もしかしたら感情を開放する
感情を感じきるってことも
必要になってくるかもしませんし



相手に対して何かお礼をすると謝るとか
そういうことも必要に
なってくるかもしません。



でもそうやって過去とどう向き合っていくのか
それをしないうちは
ずっと自分の中の
心が占領されてしまってるって事が
あるのかなと思います。



とってももったいないことなので
もしできるようだったら
過去の未完了を少なくするし
減らしていくってことはとっても大事なこと
そうしないと心の健康っていうのは
なかなか保てなくなってしまうのかなと思います。



こういう心に何もない状態
心が空っぽで
何もとらわれていない状態でいると
ヤる気が満々で
いろんなことにチャレンジすることもできるし
いろんな行動もすることもできるし
ストレスなくいろんな未来に対して
出来るって事はあるのかなと思います。



でもそういう心に
何かギクシャクしてるものがあったとしたら
すごい心にとらわれてしまうとことあるので
それを早く解消してくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



もし今何かチャレンジしていこうとか
思えなかったり
仕事に集中できなかったり
何かぼーっとしてしまうってこと
があるとしたら



自分の中に未完了のものがないのかって
いうのを振り返っていくってことは
大事なことです。



そしてそれを見つけて自分と向き合っていく
それを解消していくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は過去の未完了な感情は
人生を翻弄してしまうということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月08日|2021年:3月