自信ではなく優越感をつけていませんか?

今日は自信ではなく
優越感をつけていませんか?
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは自信がない時に
自信をつけようと思う時があります。



そうする時っていうのは
たいていが自分を向上させるために
何か頑張ってやったりとか



あと人よりも何か優れてるものとか
得意なもの、できるものっていうのを見つけて
それを伸ばそうとするってことが
あるのかなと思います。



たしかに人より何かうまくなったり
そういうのがあると特別感というのを持てる
ってのはあります。



それが自分に自信につながる
ってこともあるでしょう。



でもそれっていうのは
人と比べて自分の方が優秀だっていう風に
感じているって事があるので
それは自信ではなくて
優越感を感じているだけなのかもしれません。



だからもし自分よりも
出来る人が現れたりしたら
途端に自分が出来ないっていう風に
レッテルを貼られてしまって
自分なんてダメな人間だという風に
思ってしまうことがあります。



そうなるとその優越感が劣等感に変わって
自信というのも崩れ去ってしまう
って事があるのかもしれません。



そういうのは間違った自信の付け方でも
あるのかなと思います。



人よりも何か優れたり
何か出来る自分でいたりとか
良い人を目指すっていうことは



常に頑張り続けなければ
いけないっていうことで
すごく疲れてしまいますし
とてもハードルが高いことなのかなと思います。



気も抜けなくって
自分を向上させようとして
自分にハッパをかけているっていう
状態なのかなと思います。



そういう優越感だけど
他人に左右されているうちは
とても脆い自信に
なってしまうってことがあります。



優越感を感じてるだけでは
本当の自信に繋がらないって
いうことがあるのです。



本当の自信というのは
他人に左右されないですし
できる証明なんて要りません
だから頑張り続けるという事を
しなくてもよくなります。



そのためには
まずはダメな自分とか
劣っている自分っていうのを
すぐに隠そうとしてしまうってことが
あるのかもしませんけど
でもそういうのを認めていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



ダメな自分を隠して
人よりも何か優れたり
何かが出来るようになったりってしても
それは上辺だけのことになってしまいます。



すぐにそのメッキが剥がれて
ダメな自分っていうのが
顔を出そうとしてしまうってことがあります。



だからまずは自分の自信をつけるためには
土台を作っていく必要があります。



家でも何が大事かって言うと
基礎工事が大事だっていう風に言われています。



その基礎工事の上に
きちんとした建物が建つから
安定したものがあって



基礎が不安定だと
その上に建つ建物も不安定になって
どんなに良い建物を建ったとしても
そこで安心して住めないことがあるでしょう。



人の土台というのは
まず自分を認める事って
いうところから始まります
それはダメな自分を認めるって事が
とっても大事なことなのかなと思います。



ダメな自分っていうのは
なかなか認めることってのは
できないかもしませんけど



もしそういう自分を肯定することが
できたとしたら
人よりも何か優れなければいけないとか
何か出来なければいけないって
そういう思う必要もなくなってきます。



だから頑張るのをやめれて
自分らしく自分のペースで
生きていくことができるようになります。



自分を肯定する方法ですけど
ちょっと長くなるので
また別の動画で解説して
いけたらいいのかなと思います。



今日のまとめとして
僕たちは自分に自信をつけるために
人よりも何か出来たりとか
人よりも優れてるものがあるとか
そういうことを探そうとしたり
そういうものを身につけようとするって
ことがあるのかなと思います。



そうやってやっているうちは
常に人よりも優れなければいけなくなるので
頑張り続けなければ
いけないってことがあります。



ちょっとでも気を抜いてしまうと
人よりも劣ってしまう
ダメな自分が出てきてしまうって
ことがあるからです。



でもそれは自信ではなくて
もしかしたら優越感を感じているだけ
なのかもしれません。



そういう優越感を感じているだけ
だったとしたら
自分よりも優れた人がでてきたり
出来る人が現れたりすると
途端に劣等感に変わって
自分なんてダメな人間って
落ち込んでしまうって事があります。



本当の自信っていうのは
優れた自分になろうとするのではなくて
自分のダメなところを肯定していく
っていうところが大事になってきます。



プラスを伸ばそうとするのではなくて
マイナスをゼロに戻すっていう
そういうイメージなのかなと思います。



そういうことしていくので
できる証明って言うの
やっていく必要はありません。



人よりも何か優れていなければ
いけないっていう
そういう思いも少なくなってきます。



だからこそ頑張る必要がなくなって
自分のペースで生きていける
ってことがあります。



そうやってやっていくことによって
ありのままの姿でいられるように
なるのかなと思います。



そういうのが自分らしい生き方って
いうことがあるのかなと思います。



そういうことで
自分に自信をつけようとする時に
何か頑張って
人よりも優れてるものを身につけようとか
人よりも何か出来ることを伸ばそうとか
そういうことで頑張るのではなくて



自分なんてダメだって思ってる
そのダメなところを肯定していく



そういうことをすることによって
本当の自信というのが
生まれてくるってことを
今日は説明させていただきました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年07月05日|2021年:7月