ー助言や励ましはタイミングを間違えると凶器になってしまう

今日は助言や励ましは
タイミングを間違えると
凶器になってしまう
ということについて
お話ししようと思います。



誰もが一度は聞いたことが
あるかもしれませんけど
うつ病の人に「頑張れ」というのは
禁句だっていう風に言われています。



なぜなら鬱病の人は
ものすごく頑張り続けた人で
そういう人に励ましとか
そういう事していくと
もうそれ以上頑張れないのに



まだ頑張らなければいけないのか
もっと力を出して
何かしなければいけないのかって
そういう風に思わせてしまって



余計に追い込んでしまう結果に
なってしまうからです。



そういう助言や励ましアドバイスっていうのは
使うタイミングが良いと
癒しとか気づきを
相手に与えることができます。



でもタイミングをちょっと間違えてしまうと
凶器となってしまう所もあるのです。



特に指導する立場の人っていうのは
そういうのをきちんと認識しておかないと
大変な目にあってしまいます。



良かれと思ってやっていたことが
知らないうちに
相手を苦しめる結果になってしまうというのは
本当によく聞く話しだからです。



助言するタイミングっていうのは
図で表すと分かりやすいのかなと思って
表してみました。



僕たち人間っていうのは調子が良い時と
悪い時というのがあります。



まずそれは知らなければ
いけないのかなと思います。



そして調子が良い時だと
助言とかアドバイスというのは
生きてきます。



でも調子が悪い時に
励ましとか助言とかアドバイスをしていくと
余計に苦しませる結果になってしまいます。



そういうタイミングがあって
相手の調子によって
よく見ていかないといけないです。



だから相手のことをよく観察して
今だったら調子が良いとか
今だったら調子が悪いっていう風なことで
言う言葉も変えなければ
いけないっていうことがあるのです。



いやそんなこと知ってるって
当たり前に聞こえるかもしれません。



でもそれを知らずにやってしまう人
悪いタイミングの時に励ましとか
アドバイスをしてしまうって人が
本当に多いのです。



だからこうやって説明させて
頂こうかなと思った次第です。



それで調子が悪い時の対応ですけど
相手が調子が悪い時というのは
あれをしたらいいんじゃないか!
これをした方がいいんじゃないかっていう風に
アドバイスをしたくなると思います。



でもそういうアドバイスというのは
ほぼほぼ意味がないって風に言われます。



何故なら調子が悪い人っていうのは
当たり前のことも
なかなかできない状態にいるからです。



普通の人がちょっとの努力で
出来るようなことでも
すごい力を使わないと
できない状態にあるっていう風に
考えたほうがいいのかなと思います。



普通の元気な人でも指示されると
やる気をなくしてしまうってこともあるので
そういうのも頭に入れておく方が
いいのかなと思います。



あれこれ言われると
やろうかなって思ってるのに
とたんにやる気を
なくしてしまうってことがあるのです。



例えば今から勉強しようかなって思った時に
お母さんからあなたまだ勉強してないの
早くやりなさいとか言われてしまうと
やろうと思ったやる気が
とたんになくなってしまって
もういいわって風に
なってしまうこともあるのです。



調子が悪い時ってのは
なおさらやる気が出ないのに
あれをしたらとか、これをしたらとか
いろんなアドバイスをされるけど



でもそれが余計に追い詰められて
悪化させてしまうってことも
なってしまうのです。



症状が悪化してしまうと
回復するまでに余計に時間が
かかってしまうってことがあります。



そうするとお互いに苦しくなってしまう
ということもあるのかなと思います。



援助する方も援助される方も
お互いが苦しんでしまう
ってことがあるのです。



では調子が悪い時に
何ができるのかというと
まずは相手の苦しみ悲しみ
そういうのをしっかりと聞くということが
できるのではないのかなと思います。



人は誰かに苦しみとか痛みとか
そういうのを分かってもらうだけでも
少し癒されていくって部分があるからです。



そして温かく見守るということも
大事なことなのかなと思います。



そうやって相手の回復をじっと待つ
それが調子が悪い人に対して
できることなのかなと思います。



ただ待つ事っていうのは忍耐が必要です
なぜなら調子が悪い人を見ていると
ぼーっとして
何もしていないように見えるからです。



そういう怠けてるように見えると
何か言いたくなってしまう
ということがあるのかなと思います。



でも何か言いたくなったとしても
それをぐっと我慢して温かく見守る
それは忍耐と愛情がないと
なかなか出来ない事だって風に言われています。



本人も何もしていないわけでもなくて
何かしたいっていう風に
思っているわけです。



でもどうにもできなくて
力も入らない
何もできないから
本人も苦しい状態にいるのです。



決して甘えてるわけではない
という風なことを
頭に入れておくことも必要です。



そして回復する兆しっていうのは
どういう時なのかと言うと
相手の方からあれやってみたいとか
これやってみようかな
という風に言い出してきたら
それは回復した証拠で
あるのかなと思います。



決して本人が求めてもいないのに
あれしたらこれしたらって
あれこれ手を焼くということは
精神的に追い詰めてしまうので
それはしない方がいいでしょう。



今日のまとめとして
助言やアドバイスっていうのは
使うタイミングがとっても大事です。



使うタイミングを間違えると
凶器にもなってしまうからです。



せっかくアドバイスをしたのに
余計に回復を遅らせてしまうっていう
そういう残念な結果にも
つながりかねないからです。



調子が良い時というのは
そういう助言とかアドバイスというのは
役に立つでしょう。



でも調子が悪い時に
助言やアドバイスをしてしまうと
余計に相手を苦しめてしまって
回復を遅らせてしまう結果に
なってしまいます。



調子が悪い時には
調子が悪い対応をすることが必要なのです。



それは温かく見守るだったり
相手の話をじっくり聞くことだったりします。



このように助言とかアドバイスっていうのは
言うタイミングってのが
とっても大事になってきます。



適切なタイミングで適切な言葉を
投げかけられるといいのかなと思って
このように説明させていただきました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年09月06日|2021年:9月