アダルトチルドレン 機能不全家族に育ち生きづらさを抱えてる人へ

今日はアダルトチルドレン 
機能不全家族に育ち
生きづらさを抱えてる人へ
ということについて
お話ししようと思います。



生きづらさを感じている人の中で
なぜか苦しいし
生きるのが辛いていう人がいると思います。



その原因として
家族にあったのかもしれないっていうの
疑ってみる必要はあるのかなと思います。



そういう家族を疑うことで
アダルトチルドレンっていう言葉があります。



これは家庭が不安や恐怖なところであって
自分らしくいられなかった
過ごすことができなかった
そこで育った子供のことを
アダルトチルドレン言うことができるらしいです。



要は家族が安心できる場所ではなくて
不安や恐怖・不公平な場所であって
誰かに気を使わなければいけない場所
そういうとこで育った子供のことを言います。



家族が機能していないというのは
親がアルコール依存症で
とてもその家族の中で
安心していることができなかったとか



今で言う毒親で
親からきつい言葉を投げかけられたとか
両親が喧嘩ばかりしていて
とても不安な毎日を
送らなければいけなかったとか



そういうことで
家族として機能していないっていう
そういう家族のことを
機能不全家族っていう風に定義つけられます。



親ガチャという言葉が流行っていると思います。



子供は親を選ぶことができません。



どんな環境下に生まれるかというのは
運任せのところが強いっていうことで
親ガチャという言葉が流行っていて
その運によって
不幸な家族に生まれることもあれば
運によって幸せで愛情豊かな家族に
生まれることもあるって言うそういうことです。



過酷な環境に生まれてしまったとしたら
親が親としての役目を果たせないでいますので
子供が親代わりになって
例えば両親の喧嘩を仲裁に
入らなければいけなかったり



親の愚痴を聞かなければいけなかったりっていう
そういう子供が親代わりになって
親を癒すって事をしなければ
いけないような環境でもあります。



そんな親の親代わりしている状態では
どうしても自分を後回しにすることが
多くなってしまいます。



自分の要求を考えて何かやるよりも
親の要求を考えて
それを親に与える方が
優先にしてしまっているからです。



そんな感じで家族に尽くすっていう
そういう癖を持ってしまって
親に甘えるとか頼るって事が
出来ずにいることが多いです。



また安心できないっていうのも
機能不全家族の特徴として挙げられます。



親からいつ怒られるかわからないっていう
そういう状態にいると
常に親の顔色を伺わなければ
いけなくなってしまいます。



そんな状態で気も休まるわけもなしに
常にビクビク怯えながら過ごさなければ
いけなくなってしまうでしょう。



そんな状態で自己肯定感が上がるわけもなく
親から愛情をもらえないどころか
逆に子供が親に愛情を
与えなければいけなかったり



フォローしなければいけなかったり
という風になってしまうと
自分自身が不安定になってしまうってことは
当然のことでしょう。



そしてそれが大人になってからも
ずっとそういう癖を
持ち続けてしまうってことがあります。



自分に自信がなかったり
常に誰かの顔色を伺うっていう
そういう癖がついてしまったり
誰かに何か貢献していないと
自分の価値が見出せないっていう
そういう癖を持ち続けてしまうってことがあります。



機能不全家族のもとに生まれるって言う事は
ゆうなればジャングルの中で
生きなければいけないっていう
そういう状態です。



いつ獰猛な動物に襲われるか分からない
ということで
常に警戒していなければいけない。



いつ襲われるか
いつ寝首をかかされるか分からなくて
常に警戒して怯えなければいけない
そんな状態で子供の頃を過ごした
ということがあります。



でもそれはその家庭内のことであって
一旦外に出ると外はジャングルではなくて
都会っていう風な感じになっていて
都会だと獰猛な動物はいないし
そんなに警戒する必要はないのです。



安心して過ごすってことができるのです。



でも小さい頃ジャングルのような
サバイバルの中で生きなければいけなかった
ということがあると
簡単に癖は直りません。



都会に出たとしても
ジャングルを意識して
常に獰猛な動物が出てこないのか
襲われないのかっていうのを意識して
警戒して過ごすことになってしまうのです。



そんな状態で危険で
常に怯えを続けなければいけない状態で
都会に過ごさなければいけなくなってしまいます。



そしてここで考えなければいけないのは
自分のところがすごく不幸な家庭で
毒親に育てられたとか
アルコール依存症の親に育てられたとか



そういう家族だったら簡単に
この家族はアダルトチルドレンだ
家族機能不全になっているのだっていうことが
分かるかもしれませんけど。



一般的な家族で
何の問題もないようなところであったとしても
問題があるという場合があるのです。



そういう自分の家族は大丈夫
だと思っていたとしても
小さい頃を振り返ってみると思ってた以上に
自分の性格的なところが
環境によって大きく影響されているって
いうのが見つかる場合があります。



そう自分の性格っていうのは小さい頃の環境
特に家族っていうのがすごく影響が強くて
それが無意識の部分に作用されているから
気づきにくいっていうところがあります。



そういうことで
何か生きづらさを感じている時に
自分の家族は普通だと思っていたとしても
自分は小さい頃どんな環境だったのか?
誰といたのか?
どんなことをしていたのか?
というのを振り返ってみるのは
とっても大事なことです。



そしてその中で
どんな考えをしてきたのか?
どんな感情を抱いていたのか?
そういうの見つめていくってことも
とっても大事なことです。



そういう考え方とか感情っていうのが
ずっと大人になってからも
尾を引いてる場合があるからです。



そうやって振り返ってみると
忘れていたけど
今の苦しみの原因
今の生きづらさの原因ってのが
そこにある場合が多いです。



僕の場合だと
ずっと自分に自信がありませんでした。



それは僕が駄目だからとか
何かやる気がなかったり
ちゃんと出来なかったりっていう風に
自分に原因があると思っていました。



僕は自分の家族が普通だ
ということも思っていました。



でも小さい頃を振り返ってみると
仕事依存の父と子育て依存の母に育てられて
母の気を使う自分がいたのです。



当たり前に思っていた家族だと
思っていたのですけど
でもそれは当たり前ではなくて
親に気を使わなければ
そこで居ることができなかった家族だったのです。



そんな感じで
自分の生きづらさというのは
家族が原因だったっていうのがわかって
自分らしくいられないっていうのが
そういう家族から影響しているって事が
分かったのです。



そういうのを見つめて
小さい頃の癖っていうのを直すために
無意識にしていたものっていうのを
あらためて意識して考え直すってことを
やっていきました。



特に小さい頃の環境っていうのを
振り返るってことをやっていました。



小さい頃どんな環境だったのかっていうので
母から強く怒られて
寂しい思いをしていたとか



父親からは相手にされずに
何も口を聞いてもらえなかったとか
そういう悲しかった経験とか
つらかった経験っていうのを
思い出すようにしていったのです。



そして小さい頃ずっと否定されて
認めてもらうことができなかった
小さな自分をきちんと癒す
という作業をやってきました。



そういう事しながら
親の洗脳を解いていくってことを
やっていたのです。



小さい頃は出来なくて当たり前だったのに
親から怒られて
自分は何でダメな人間だって
思うようになってしまった。



それを小さくて出来なくて
あたり前だったんだっていうのを
きちんと自分の中に落とし込むことができて



悪いのは自分ではなくて
そういう無理な要求をする
親だったのだっていうことを
認識することによって
親の洗脳を解いていったってことがあります。



そういうことで今苦しみを抱えている人
生きづらさを抱えてる人っていうのは
自分がアダルトチルドレンかもしれません
というのを考えていくのはとても大事なことです。



アダルトチルドレンというのは
家族が家族として機能していなかった
親が親の役割を果たしていなかったっていう
そういう家族です。



そういうのを正しく理解していって
幼少期のことをきちんと振り返る
どんな環境にいたのか?
そこでどんなことを思ったのか?
どんな感情を抱えていたのか?



というのを振り返って
自分の癖っていうのは
そういうところから来ていたのだっていうの
知っていくってことはとっても大事です。



そしてできることなら
自分を癒していくってことも
大事なことだと思います。



そういうことで
今日はアダルトチルドレン
生きづらさを抱えてる人ってことで
お話しさせて頂きました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年11月01日|2021年:11月