罪悪感が強い人 すぐに自分が悪いと思ってしまう人へ

今日は罪悪感が強い人
すぐに自分が悪いと思ってしまう人へ
ということでお話ししようと思います。



僕たちは罪悪感がないと
すぐに相手のせいにしてしまう
っていうところがあります。



自分が悪くないって思っている人は
反省もしないから
当然全て相手のせい
相手が悪いっていう風にしてしまいます。



自分が悪くないんだ
何かあったら相手が悪いんだっていう風に
してしまうことがあります。



そういう意味で
適当な罪悪感というのは
必要な場合もあります。



何か間違いを起こすとしたら
自分が悪かったかもしれないっていって
反省して次回に生かそうとするってことは
大事なことだからです。



でも強すぎる罪悪感とか
大きすぎる罪悪感っていうのは
逆に自分を苦しめてしまうってことがあります。



ずっとずっと罪悪感を
持ち続けてしまうっていう人がいます。



そういう人は心の中で何回も何回も
自分は最低な人間だ
自分はバカな人間だ
なぜあの時にあんなことを
してしまったのだっていって
自分で自分を罰し続けて
苦しみ続けているって言う人がいるのです。



でも残念ながらいくら自分を責めたとしても
後悔ばかりでなんの解決策にも
繋がらないってことがあります。



自分を責めている時っていうのは
建設的に何かを考えるって事ができずに
ただただ自分を責めて
罰するっていう事だけしかしていないので
次につなげようとか
新たな対策を立てようとか
そういうことを考える余裕がないのです。



そういう落ち込んでる人がいると
当然周りの人もなだめたり励ましたりして
気を使わなければいけなくなってしまいます。



多少だったらそういうことをしても
大丈夫でしょうけど
ずっとずっと落ち込んでいる人を前に
何を言っても、なだめたりしても
聞かない人がいたとしたら
すごく悪影響を及ぼしてしまう
のではないのかなと思います。



そういう罪悪感を持っている人っていうのは
自分を責める癖っていうのが
あるのかもしれません。



ちょっとしたことでも
全て自分が悪いんだということで
自分を責めてしまうっていう
そういう癖があるのかもしれないのです。



自分を責める癖がついてしまう原因として
色々あるかもしれませんけど
その一つとして
誰かに責められてきた経験が
あるって事もあるでしょう。



本当は自分が悪くなくても
お前が悪いんだという風に責められて
自分のせいにされた
悲しい経験があるのかもしれません。



世の中には罪悪感を巧妙に
植え付けてくる人もいるのです。



すぐに環境のせいにしたり
周りのせいにしたり
誰かのせいにするっていう
そういう人のせいにする人がいるのです。



そういう人に捕まってしまうと
言われのない罪悪感を
植え付けられてしまうってことがあるのです。



それを真に受けて
本当は自分が悪くないことでも
自分が悪いんだっていう風に
思い込まされてしまうってこともあるのです。



そういう人に捕まってしまうと
相手の問題までも
自分が解決しなければいけないっていう風に
思い込まされてしまうっていう
ところがあるのです。



巧妙に罪悪感を植え付けてくる
っていうことがあるのです。



例えば会社でも起伏の激しい上司や
感情的に怒る上司がいたとします。



そういう人が機嫌が悪くなってしまうと
自分が何かしたのではないのか
という風に思ってしまうというところが
あるかもしれません。



現にその機嫌が悪い人っていうのは
自分に対して
当たりがきつくなるって事もあります。



でもその上司が機嫌が悪いっていうのは
もしかしたらその上司が
家族で何か嫌なことがあって
機嫌が悪くなったっていうことも
あるのかもしれません。



それはほとんど自分とは
関係ないことなのかもしれませんけど
そういう機嫌が悪い人の前に立つと
緊張状態になってしまって
冷静に考える事っていうのも難しいでしょう。



そういう人から何か怒られたりすると
本当は自分には関係ないところで
あったとしても
自分が何かしたのではないのかっていう風に
思ってしまうっていうところが
あるのかもしれません。



また自分の家庭内の中においても
お母さんが会社で
何か嫌なことがあったとします。



そういうのですごく不機嫌になってしまって
それを家に持ち帰って
イライラしてしまってるって事が
あるのかもしれません。



でもそのイライラは
お母さんが会社で嫌なことがあった
っていうのは考えることができずに
自分が何か悪いことしたから
お母さんが不機嫌になってしまっているのだ
っていう風に自分に原因があるって
考えてしまうってことがあります。



お母さんの感情がどんな風にして
不機嫌になったのかっていうのを
子供のうちは読むことができないのです。



そしてお母さんの言うことは正しいし
お母さんのやってることは正しい
間違っているのは自分だっていう風に
思い込んでしまうことがあるのです。



そんな感じで身勝手な人や
罪悪感を押し付けてくる人から
責められ続け、お前のせいだって風に
されてきたっていうことも
あるのかもしれません。



でも自分だけが悪いわけではないのです。



当然相手にも悪いところがあります。



でも罪悪感を押し付けてくる人から
お前のせいだっていう風に言われ続けて
そして利用されてきたのかもしれないって
いうのを疑ってみるってのは
とっても大事なことです。



そういう意味でも
相手の問題と自分の問題を
見分けるっていうのは
とっても大事なことです。



相手の問題までも自分の問題っていう風に
してしまうところがないのかっていうのを
考えてみる必要はあるからです。



相手の問題は自分のせいではないし
自分が解決する問題でもないのです
相手がきちんと解決しなければ
いけないものでもあるのです。



そういう罪悪感を押し付けてくる人がいて
そういう人に捕まった時に
相手の問題だった突き放そうとすると
何か言ってくるかもしれません。



今まであんだけしてくれたのに
なぜ見捨てるのだ
薄情な人間だという風に
言われるかもしれません。



でもそれを受け流すっていうことは大事で
必要以上に世話を焼かない
相手が解決する問題は
相手に任すってことは大事です。



そうじゃないといつまでたっても
利用され続けるって事があるからです。



そうやって適度な距離を
とっていくってことは大事で
相手の問題っていうのは放っておく
そうすることによって
ちょっとずつ罪悪感というのも
減ってくるのではないのかなと思います。



相手から利用されるって事も
減ってくるではないのかなと思います。



今日のまとめとして
罪悪感を強く持ってしまう人や
ちょっとしたことで自分を責めてしまう
という癖を持っている人がいたとしたら



そういう人はもしかしたら誰かから
本当は相手のせいであるはずなのに
それを自分のせいにされた。



そういう風にして
誰かから罪悪感を植え付けられた
経験があるのかもしれませ
巧妙に罪悪感を植え付けてくる人
っていうのは中にはいるのです。



そういう人は相手の問題までも
自分のせいにされてしまうってことがあるので
気を付けなければいけないのです。



相手の問題と自分の問題というのを
きちんと見分けるってことが大事で
相手の問題は相手が解決する問題であって
自分が解決しなければいけないものではない
っていうに思うことは大事です。



そうやって相手の問題と
自分の問題を見分けて
心理的にきちんと距離をとっていくって
ことはとっても大事なことです。



最初は距離を取ろうとすると
何かひどいこと言ってくるかもしれません。



お前は人でなしだとか
薄情な人間だという風に
罪悪感を植え付けようと
してくるかもしれません
そういう人から何か言われても
受け流すってことも必要なってきます。



自分だけが悪いわけではないのです。



相手にもきちんと責任がある
そういうことを考えることによって
罪悪感を減らしていけるのかなと思います。



そんな感じで
相手の問題を解決しようとしてしまうと
すぐに利用されて
罪悪感を植え付けられてしまうってことにも
繋がってしまうので
心理的な距離をとっていくってことは
とっても大事なことです。



今日は罪悪感について
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年08月16日|2021年:8月