真面目すぎて生きづらい人へ 解放のカギは「親離れ」

今日は真面目すぎて生きづらい人へ
解放のカギは「親離れ」
ということについて
お話ししようと思います。



カウンセリングをしていて気づくことですけど
自分勝手な人っていうのは
カウンセリングに来ることってほぼないです。



真面目すぎて自分を追い込んでしまって
悩みを抱えやすい状態になってしまう
そういう良い人だったり
真面目な人っていうのが
カウンセリングに来ることが多いです。



それは我慢する事っていうのが
多くなってしまうことが
原因としてあるのかなと思います。



なぜ我慢することが多くなってしまうのか?
なぜ生きるのが苦しいのか?
なぜ思うように生きれないのか?



その答えの一つとして
親の教えを守らなければいけないって
強く思いすぎているのが
原因なのかなと思います。



僕たちは親から社会のルールって言うの
教えつけられたってことが
あるのかなと思います。



あれをしなさいとか
これはしてはダメというので
たっくさんの社会常識とか
押し付けられてきたってことがあります。



僕の場合だったら
勉強をしなければいけないとか
学校をずる休みしてはいけないとか
真面目に授業取り込まなければいけないだったり



お金に関しては
無駄遣いをしてはいけなかったりとか
計画的に使わなければ
いけないっていう風なことを
強く言われていたような記憶があります。



そういうのを破ろうとしてしまうと
途端に罪悪感にかられてしまいます。



親の教えを破ってしまって
自分は何て駄目な人間だとか
こんなことして
後で怒られてしまうんではないのかっていう
そういう不安も出てくることもありました。



そういう風にルールを破れない
縛られてしまうっていうことがあると
それは親離れできてないっていうことに
つながってきます。



動物の世界でも
親離れ子離れっていうのは
最大の試練だと言われています。



誰もが聞いた事あるかもしれませんけど
獅子の試練として
千尋の谷に子どもを突き落として
這い上がった子供だけを育てる
ということがあります。



それくらい親離れ子離れっていうのは
難しい事って風に言われています。



親は時に厳しく自立を促さないと
いつまでたっても親離れしていかない
子離れしていかないってことがあるのです。



そうやって自立して大人になることによって
やっていけるようになるのかなと思います。



でも人間の世界っていうのは
動物の世界とは逆で
子離れできない親っていうのが
今は増えてきているのかなと思います。



そうなると子供っていうのは
親にいつまでも気を使いながら
生きていかなければいけないっていう風に
なってしまいます。



特に子供が心配だって
過剰に子供の心配をしてしまう親っていうのは
必要以上に口出しをしてしまうってことがあります。



そうなると子供っていうのは
お母さんの言葉っていうのを
一つ一つ受け入れてしまって
それがすごく重荷になってしまうってことが
あるのかなと思います。



子供は親に逆らう事っていうのは
とっても難しいです。



親に言われたことで
疑問に思うこととか
おかしいなって思うことがあったとしても
親に逆らう事っていうのは
罪悪感を感じてしまうので
なかなかできないことです。



本来の自立への過程として
まずは赤ん坊の頃ってのは
親なしでは生きていけないので
それは100%依存しているって事があります。



でもそこから少しずつ親離れしていく
でも親が子供にしがみついて
しまうことがあるとしたら



反抗期として
自分の世界を作り上げるということがあって
それでやっと自立に向かうってことが
あるのかなと思います。



依存・反抗期を通して
一人前の大人になっていくっていうことです。



でも反抗期がない人っていうのは
多いのかなっていうのが実感としてあります。



反抗期がないと
いつまでたっても親の教えを
守らなければいけないっていう風に考えてしまって
自分の考えを持つ事っていうのは
出来ないでいます。



親の価値観が正しいと
思いすぎてしまうってことがあるのです。



それってのは無自覚に
親の価値観を自分の価値観っていう風に
思い込んでしまっているので
自分で意識していないところで
レールに乗っかってしまってるって事があります。



なぜか生きづらい原因が
わからないってことがあるのです。



特に自分勝手なことをするっていうのは
親の教えに反するので
僕の場合は
すごく怖かったっていうことがあります。



親の意見を聞かずに大きな買い物をするとか
無駄遣いをするっていうことがあったり
就職する時とか進学を選ぶ時でさえも
自分がここへ行きたいっていうことよりも
親が何を望んでるのかっていうの
優先に考えていたってことが
僕の中でありました。



親から否定されない選択っていうのを
無意識にやっていたような気がします。



真面目な事っていうのは
一見して良いことのように思えます。



真面目でいると誰からも否定されないし
信頼されるってこともあるかもしれません。



でも真面目すぎる事っていうのは
自分を我慢させることに繋がって
とっても息苦しくなってしまいます。



親の教えを忠実に守るってことを
真面目にしているだけでは
自分を追い込んでしまうってことがあります。



だからたまには
親から怒られそうなことであったとしても
自分がやりたいと思ったことがあったとしたら
それを優先してやってみるって事は
とっても大事なことです。



親に逆らうっていうことは
罪悪感が出てくることもあるでしょう。



本当にこんなことをしていいのかっていう風に
迷うこともあると思います。



親を悲しませてしまうんじゃないかとか
親に怒られるんじゃないのかっていう風な
不安も出てくることでしょう。



親を悲しませる姿ってのは
誰もが見たくないと思います。



それでも親の教えを破って
自分を優先させる
そうやって自分の人生を歩むっていう決断を
するってことはとっても大事なことです。



それは親の教えを反するって事で
親と対立する反抗期っていう風に
呼ばれることもあるかもしれません。



でもそうやって反抗期を通して
親の元から巣立っていく
親離れしていくっていう
そういう作業も必要になってくるのです。



逆に親にも子離れしてもらうってことは
とっても大事なことです。



自分から離れるということは
強く痛みを伴うってこともあります。



今までずっと子供に執着していたのが
離れていってしまうのは
きっと親としても寂しく思うことでしょう。



特に子供の幸せが一番だ
他には何も必要ないって思う親ほど
子供に執着してしまっているって事があり
子離れするっていうのは
ものすごく困難で痛みを伴うはずです。



でも親が口出しをしても
子供は自分で自分の選択をしていく
間違ったら自分で責任をとっていく
ということをしていかないと
いつまでたっても自分の価値観で
生きる事っていうのは出来ないです。



そうやって心理的に自立した時に
自由に生きられるって事があります。



そうやって自立して
子供は子供の人生を生きるし
親は子離れして親の人生を生きるようになる



そうやってお互いの人生に
集中して生きるって事が
健全な関係なのかなと思います。



今日のまとめとして
なぜか生きづらいって感じるし
何にするしても
縛られてるような感じがして
自分の思うように生きられないって思ってる人は



それは親の教えから
抜け出せていないってことが
原因であるかもしれません。



大人になって金銭的とか物質的には
自立したように思っていたとしても
心理的に自立していないっていう人は
多いのかなと思います。



そうなると無意識に
行動を制限してしまうって事があるのです。



親の教えを破るっていうことは
すごく罪悪感を感じるけど
反抗期を通して
自分を優先させるって事を
していく必要があるのです。



ただ親離れをしていくってことは
とっても難しいことです。



こんなことをして
親を悲しませてしまうのではないのかっていう
そういう罪悪感っていうのも出てくるでしょう。



こんなことして
親に怒られるのではないかっていう
そういう不安も出てくるでしょう。



でもそういう罪悪感とか
不安を乗り越えてまでも
自分を優先させていくっていう
そういうことをしながら
自立していくってことをしていかないと
いけない時もあるのです。



また親が子離れするってことも
とっても難しいことです。



子供が自立していくってことは
自分の元を去っていくっていうことは
痛みを伴うことです。



自分がこうだって言っても
言うことを聞かずに
先に進んでしまうってこともあると
寂しい思いもしていくし
本当にこんなことでいいのかって
疑問に思うこともあるでしょう。



でも子供の人生は
子供が責任を持ってやっていくことであって
自分があれこれ口出しすることでは
ないってことがあるので。



黙って見送っていくってことも
大切になってくるのです。



そうやって親も子離れしていくってことは
痛みを伴いますけど大事なことです。



親離れ子離れしながら自立していく
そうすることによって
やっと親のルールから解放されて
自分らしい生き方ができるように
なってくるのかなと思います。



親は親の人生を生きるし
自分は自分の人生を生きる
お互いが自分の人生に集中して
生きていくことによって
自分らしい生き方ができるよう
なっていくっていうことです。



今日は真面目な人ほど
生きづらさを感じてしまう
解放のカギは「親離れ」にある
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年10月11日|2021年:10月