親の愛は伝わらない

今日は親の愛は伝わらない
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは親から愛されていないって
思ってしまうってことが
あるのかなと思います。



それは僕もずっと感じていました
特に小さい頃っていうのは
ちょっとしたことで
そういうのを敏感に感じ取って
すぐに自分なんてって風に
思ってしまうところがあるのかなと思います。



そして橋の下で拾われた子だっていう風に
思ってしまうってことも
あるのかなと思います。



僕もずっとそういう風に
僕は捨て子で橋の下から拾われた子だから
愛されていないんだっていう風に
思っていました。



特に親が自分のことを
邪険に扱ってしまっている時が
あったとしたら
自分なんて親に迷惑かけてばかりいるから
いない方がいいんだっていう風に
思ってしまうことがたくさんありました。



また怒られてばかりいると
親は自分のことが憎くて怒ってるんだ
やっぱり僕は邪魔者なんだっていう風に
ずっと思ってるって事がありました。



そういう親から
愛されていないっていうことがあると
自分の根源というのを
否定されたようになってしまいます。



そうなると自分に自信というのを
なかなか持つ事っていうのは
困難になってしまいます。



そこで考えなければいけない事ってのは
親は本当に憎くて怒ってるのか
本当にいない方がいいと
思ってるのかっていうことなのです。



もしかしたら親っていうのは
怒ることで
僕たち子供がよくなるって風に思ってるから
怒ってたってことがあるのかなと思います。



決して憎くて怒ってるものではなかったって
いうことがあって
問題を解決しようとして
その解決の方法が
怒るっていうことであっただけで



それは憎くてとか、いない方がいいで
怒ってたっていうわけではないのかな
というのを考えていくってのは
大事なのかなと思います。



本当は僕たち子供っていうのは
親から認めてほしかったし
褒めて欲しかったし
愛されて欲しかった
でもそういうのを貰えるって事は
少なかったっていうのはあるのかなと思います。



子供時代にそういう自分の望むような
愛っていうのを貰えなかった
でもそれは形が違うだけで
本当は親から愛されていた
愛の形が違っていただけという場合が
多いのではないのかなと思います。



それは僕たちが大人になってみて
気づくことでも
たくさんあるのかなと思います。



親も大変で
自分に余裕がなかったって
いうところもあるかもしません。



そういうのがあると
その親になってからの大変さっていうのが
身にしみて感じる事ってのがあって
そういうところでしか
分からない世界っていうのも
あるのかなと思います。



でそういうことを考えていくと
私なんていない方がいいって思う
っていうのは勘違いであって
そこにはきちんとした
愛があったのではないのか
本当は大事な存在として
扱おうとしていたのではない
かっていうことを考えていて



愛されていないっていうのは錯覚なのだ
もしかしたら愛されていたかもしれない
と思うというのは
大事なところなのかなと思います。



ただ親っていうのは愛し方が
分からなかっただけ
どのようにして僕達を子供を愛していた
愛すれば良いのかっていうのがあって
それは愛の学びとして
ずっと学ばなければ
いけないことだったのかもしれません。



親は決して完璧な存在ではなくて
まだまだ愛っていうのを
学ぶ必要があったって
いうことがあるのかなと思います。



そうやってちょっとでも親から愛されてないが
親から大事な存在だったのかもしれないって
思うことができたとしたら



私も大切な存在ですし
親も大切な存在だって思うことができる
そういうことができるとしたら
深い繋がりができるのかなと思います。



決して自分が愛されない存在ではないって
思うことができたとしたら
親と自分の間に繋がりができるのかな
と思います。



と言う感じで
親から愛されてないっていうのが
本当は愛されていたって
思うことができたとしたら
深い安心感が出てきて
自分にも自信を持つ事っていうのが
できるようになるのかなと思います。



今日のまとめとして
小さい頃は親から愛されてない
と思うことが多いかもしれません。



そうすると自分の根源であるものを
否定されたように感じてしまいます。



自分なんていない方がいいんだって
いうふうに思って
しまうこともあるかもしれません。



そういうことがあると
自分に自信を持ちにくいってことがあります。



でもそれは自分の望むような形で
愛がなかった
愛されてなかったっていうことで
形が違うだけだって
本当は愛されていたのかもしれません。



そういう誤解が解けるようになると
自分は大切な存在だ
親から愛されてる存在だって
思えることができるかもしれません。



ただただ親は
愛し方がわからなかったっていうだけです。



そうやって自分もそうだし
親も愛っていうのを
学ばなければいけなかったっていうことで
親は決して完璧な存在ではない。



ただ愛し方が分からなかっただけだって
思うことができたとしたら
自分なんて愛されないんだって
いう風に思うのを
もう少し溶けてくるのかなと思います。



ということで
親から愛されてないっていうのが
本当は親から愛されているのだっていう
風に変わることができたとしたら
深い安心感と
自信につながっていくっていうことです。



そんな感じで
親の愛っていうのは
子供になかなか伝わらないってことがあります。



それは子供は求めてる愛と
親が与えている愛というのが
形が違うからです。



もっと誤解が解けていって
本当は愛されていたのだって
思うことができたとしたら
自信が持つことができますし
自分の根源っていうものを
認めることができるように
なるのかなと思いました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月12日|2021年:4月