プライドを捨てた時に大切なものが手に入る

今日はプライドを捨てた時に
大切なものが手に入るということについて
お話ししようと思います。



プライドっていうのは
悪い意味で捉える時もあるけど
良い意味では自尊心や誇りとか
強い信念を持っていて
自分は優秀だって思えるっていう
という良い意味でもあります。



そういう人っていうのは
成長意欲が高くて
バリバリ仕事をして働くことができますし
優秀な人が多いのではないのかなと思います。



そういうプライドを持って
働いていくっていうことに対しては
プラスのイメージがあって
とても良い作用を働く
ということがあるのかなと思います。



でも強すぎるプライドがあるとしたら
自分の意見が曲げられなかったり
一度こうだって言いだしたら
もし間違いがあったとしても
それを通さなければ気が済まない
という風になってしまったり



ちょっとしたジョークでも
いじられることを嫌ったりとか
負けず嫌いで絶対にあいつには
負けたくないっていう思いが強すぎて
苦しんでしまうってことも
あるのかなと思います。



そういう人っていうのは
負けず嫌いってこともあって
全力疾走で何かに打ち込んで
リラックスできないってことが
あるのかなと思います。



そうすると常に緊張状態で
すごい体もカチカチになって
しまってるって事があって
心にも余裕がないっていうことが
あるのかなと思います。



そういう人ってのは
要求水準というのがすごく高いです
そしてそれを自分にも当てはめるのではなくて
他にも当てはめてしまって
厳しいっていうことがあります。



そうなると周りの人ってのは
ついていけなくなってしまうことがあって
周りの人がついていけなくなると
評価も上がらないし



あの人と一緒にいると疲れる
という風になってしまって
すごく頑張っているのに
なかなか周りからの評価が得られない
報われないっていうことが
あるのかなと思います。



そういう強すぎるプライドの奥には
自分は特別な存在でいたいとか
前の評価が気になってしまう
だからこそ、ちゃんとしてないといけない
という風なことがあったりとか



負けるのを異常に
怖がってしまうっていうことが
あるのかなと思います。



それはプライドが高いの奥には
自分に自信がなかったり
価値を提供していかないと
見捨てられるって言う
そういう思いを持ってしまって
自己評価がすごい低く
なってしまってる人というのがいます。



それっていうのは
辛い経験をしてきたってことが大きいです
親に認められなかったってことがあったり
誰かに失敗を笑われて



すごい恥かいて嫌な思いをしたとか
もしかしたらいじめにあって
とっても辛い思いをしてきたって
いうことがあるのかもしれません。



そういう辛い思いをしてきたっていう人は
もう二度とこんな思いしたくない
ということがあって
自分は優秀であるって事を
常に証明書つけなければいけないって
思ってしまうことがあるのかなと思います。



そういうゆがんだ価値観を
持ってしまうということが
プライドの奥には
もしかしたらあるのかなと思います。



そこで自分を変えるために
優秀さをアピールしていくのではなくて
優秀じゃない自分とか
特別ではない平凡な自分というのを
さらけ出す
自分の弱さをさらけ出すということが
自分を変えていくのに
必要な事なのかなと思います。



そして強がりをやめて
弱さを出したとしても
思っていた以上のこと起きなくて
みんな助けてくれる
見捨てられないっていうことが
もしかしたら経験できるのかなと思います。



そういう弱い自分をさらけ出しても
昔みたいに怖い思いをするのではない
誰かに怒られたいとか
恥かいたりとか笑われたりとか
いじめられたりとか
そういう事をすることがないって
思うだけでも
自分の弱さっていうのを
さらけ出すってことが少しずつ
できるようになってくるのかなと思います。



昔は弱い自分を出すと
誰かに何か言われたりとか
馬鹿にされたりとか
していたのかもしれませんけど



今はそうではないって思うことができて
それを実感することができたとしたら
少しずつさらけ出すってことが
できるようになるのかなと思います。



そうやって頑張りすぎるのやめて
力を抜いていくことができたとしたら
みんなの優しさっていうのを
感じることができるように
なるのかなと思います。



そして本当に望むものっていうのは
手に入るのかなと思います。



力を入れてカチカチにやって
プライドを高くして
自分は特別な存在でならないと
手に入らないと思っていた
優しさとか本当のつながりっていうのは



もしかしたら力を抜いて
自分らしくあることによって
手に入るものなのかもしれません
そういうプライドっていうの捨てていけば
本当に望むものが手に入るっていうことです。



今日のまとめとして
プライドっていうのは
悪いことのように思いますけど



プライドを持つことによって
自尊心や誇りを持つことができたり
強い信念を持って
大きなことをやり遂げることができた
というのもありますし



自分は優秀だって
そういう自信を持つことが
できるって事もあります。



でも強すぎるプライドがあるとしたら
自分の意見を曲げれなくなってしまったり
ちょっとしたジョークでも
いじられるが嫌ったりとか
馬鹿にされるのを非常に嫌がったりとか
負けるのが嫌いで
絶対に勝たなければっていう
そういう意地を張って
しまうってことがあります。



そして要求水準が高いので
自分にも周りにも厳しくなってしまって
誰もついてこれなくなってしまいます。



そうなると前の評価っていうのも
下がってしまって
頑張ってるのに
報われないっていうことにも
つながってしまいます。



そういう強すぎるプライドの奥には
特別な存在でいたいとか
周りの評価が気になってしまっている
ということもありますし
負けるのは怖い
異常に怖がってしまうってことがあります。



それっていうのは過去に辛い思いを
してきたからっていうことがあって
もうこんな思いをしたくないっていうことで
優秀である証明をしなければいけない
そういうゆがんだ価値観に
なってしまってることが多いのです。



そういう時は
頑張るのをやめていくってことが大事で
そのためには優秀じゃない
自分を出したり
特別でない平凡な自分であることを
出してみるっていう事は
とっても大事なことなのかなと思います。



そうやって普通である自分とか
優秀でない自分っていうの
さらけ出したとしても
怖い思いをすることがないって思って
そういう思ってることは起きない



何か馬鹿にされたいとか
嫌がらせされたりとか
怒られたりとか
そういうことをすることがないって思うだけで
そういうのを実感するだけで
自分を変えることができるのかなと思います。



そうやって弱い自分をさらけ出して
力を抜くことができたとしたら
みんなの優しさっていうのを
感じることができるのかなと思います。



そうやって初めて人とのつながりという
大事なものを手に入れることが
できるのかなと思います。



だから高すぎるプライドを捨てて
もっともっと自分らしく力を抜いて
楽に生きていくことができたとしたら
みんなの優しさ、あたたかさを
受け入れる事が出来るのかなと思います。



今日はプライドを捨てた時に
本当の大切なものが手に入る
ってことについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月22日|2021年:4月