ブログ一覧

【朗読 感動する話】 血のつながらない僕を愛してくれたばっちゃん



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年05月08日2021年:5月

どうして悪いことをするのか?それは無知だから

今日はどうして人は悪いことをするのか?
それは無知だから
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは被害者の気持ちっていうのは
なかなかわからないってことがあります。



被害者と加害者では
気持ちの差に
すごい大きな差があるからです。



僕たちは相手の立場に立って
物事を考えるって事がとっても難しくて
なかなか相手の立場になって
想像する事っていうのはできません。



それは自分が
一番可愛いからっていうことがあります。



自分のことだけで精一杯なのに
相手の気持ちを考えて
汲み取るとするっていうのは
とても難しいことなのです。


だからそのゴミを捨てるにしても
ゴミを捨てる方と
拾う方とでは大きな差があります。



またいじめる方といじめられる方にしても
大きな気持ちの差があって
騙す方と騙される方では
すごく大きな気持ちの差があります。



その大きな気持ちの差として
悪い事やってるって言うのは
本当に軽い気持ちで
やってるって事がほとんどです。



とてもとても自分が重大犯罪を起こしてるとか
すごい悪いことしてるって言う
そういうので思ってやっている人って
少ないのかなと思います。



悪いことを思えないって言うので
平気でそういうことを
やってしまうってことがあります。



もし被害者であることを経験したとしたら
すごい憤って
こんなことを許すものかっていう風な感じで
色んな感情が出てくるでしょう。



そういうことを経験したら
悪い事なんて出来るはずもないです。



そういうことで
僕たちは普通に生活していたとしても
よくよく考えていかないと
いつの間にか人に迷惑をかけたりとか
いつのまにか人に悪事を働いてるとか
そういうことに
なってしまうことがあるのかなと思います。



自分では普通にしていたとしても
相手からしたらすごい迷惑で
嫌がらせがあったりとか
そういうものがあるのかなと思います。



だからその僕たちは相手の気持ちに
立つってことはとっても大事で
そしていかないといつの間にか
悪いことしてしまうってことが
あるのかなと思います。



また自分が相手のために良かれと思って
やったことだったとしても
やり方が悪いとすごい迷惑になって
相手に対して
悪事に写ってしまうってことがあります。



良いことをするってことは
相手や状況によっていろんなパターンがあって
ひとつにまとめる事ってのはできないので
とっても高度なことでもあります。



すごい知識が必要に
なってくるのかなと思います。



子供っていうのは
なぜ悪いことをしてしまうのかっていうと
それは悪いって事を
それは知らないからっていうことがあります。



そういうので僕たちは学んでいかないと
いつまにか自己流になってしまって
それが良い方向に行くのだったら
良いのかもしれませんけど
大抵は変な方向・間違った方向に
行ってしまうってことが多いです。



例えば子育てにしても
自分なりの方針で行ったとしても
それは大抵が親から習った方法
というのを真似してしまう
真似するしかなくなってしまうって
ことがあります。



他の方法が知らないってのがあります。



それではいつのまにか
自分なりの方向で一生懸命やっていることが
子供に対しては
傷をつけてしまうってことになりかねません。



そう言うのは本当に多いです。



パターンとして
一生懸命やるばやるほど
子供が傷ついたり
子供の気持ちを無視したことをやって
しまったりってことが多いのです。



そういうのでうまくいくやり方
子育てしても何でも
うまくいくやり方っていうのが
今は研究されています。



そういうのを知るってことは
とっても大事なことでもあります。



そうじゃないと
間違い犯してしまうってことがあります。



その間違いというのは
みんな同じような間違いをしています。



そういうのを試行錯誤しながら
それを解決していってるって事があるので
同じ間違いをしている人がたくさんいるので
解決方法もたくさん見出されているって
事があります。



そういうのに触れるって言うことは
自分一人の考え方ではなくて
学ぶことで先人のいろんな知識とか
知恵っていうのが
簡単に得られるとことがあります。



特に今は昔と違って
ネットの発達で
簡単に知識を得られるとことがあります。



youtubeなどでも
いろんな人がいろんなやり方で
良い方法を言っていることがあります。



そういうのを簡単に学べる場所があって
ちょっとした時間があれば
学ぶことって容易にできます。



昔は本屋に行って
わざわざ本買ったりとかして
すごい手間はかかったことがあったとしても
今は自宅にながら
簡単に無料で学べることができます。



そういうのを活用していく
ネットとかを活用していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



自己流の世界からいろんなことを学んで
先人の知恵っていうことを
取り入れていくことによって
間違いを減らしてくってことがあります。



そういう間違いを減れば減るほど
いつまにか良いことしてるつもりが
相手を傷つけるって事が
少なくなってくるのかなと思います。



せっかく気持ちは良いことしよう
と思っているのに
方法が間違ってると
相手に傷をつけてしまうっていう
残念な結果になってしまいかねません。



だから知識をつけるって事は
とっても大事なことです。



今日のまとめとして
まず僕達っていうは
被害者と加害者って言うのでは
大きな気持ちの差があって



加害者である時っていうのは
被害者の気持ちというのは
なかなか理解することはできません。



だから軽い気持ちで何か悪いと思って
何かやってしまうとことは
あるのかなと思います。



簡単な気持ちで
悪いことしてしまうってことがあるので
それは気をつけていかないと
いけないなと思います。



また良いことをしようとしても
それは方法とかいろんなパターンがあって
とっても難しいことで
大体自己流っていうのがあるので
自己流はだいたい失敗するとことがあります。



だから良い方法を学んでいくってことが大切で
同じ失敗を皆してるので
その失敗は研究され続けて
どうやったら解決するかっていうのは
もう見出されています。



そういうので学んでいくってことで
自己流の世界から
先人の知恵を学ぶことによって
間違いを減らしていく
いけるって事があります。



そんな感じで僕たちは
なぜ悪いことしてしまうのかっていうと
それは無知だから
いろんな方法知らないからってことがあります。



被害者である気持ちがわからなかったり
良いやり方っていうのがわからなくて
いつのまにか相手を傷つけてしまったり
とかっていうそういうのがあります。



だから学んでいく
良い方法を学んでいくし
相手の気持ちを実際に理解して
いこうっていうことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日はなぜ人が悪いことしてしまうのか?
それは無知だから
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年05月06日2021年:5月

恥をかきたくないが対人恐怖をつくる

今日は恥をかきたくないが
対人恐怖を作るということについて
お話ししようと思います。



恥っていうのは
自分の欠点とか
何か変な行動してるのでは
ないのかっていうことで



そういうのを笑われたり
からかわれたり
人に不快な思いをさせたりっていう
そういう風なものがあったとしたら
恥をかいたと思って
視線がすごく気になってしまうっていう
そういうものなのかなと思います。



それで日本っていうのは
恥の文化だと言われています
所属集団というのが大事で



個人個人の思いよりも
集団を重んじるということなので
その集団に対して



何か迷惑をかけていないかとか
不快な感情を
相手にさせていないのかっていうのを
すごく気にしてしまうってことがあります。



そういうことで
名声とか立場っていうの
無くてしまうのじゃないのかって
いう風に思ってしまうことがあります。



世間体っていうのも強く意識するっていうのは
そういうところから
来ているのかなと思います。



でも恥があるからこそ
僕たちはきちんとできるのかなと思います。



きちんとした身なりで外に出ようとしたり
礼儀正しいものの言い方とか
姿勢とか行動をとるようにしたりとか
あと道徳心が高いっていうのもあるでしょう。



恥ということで
そういう風な良い面もあると思います。



でも恥が大きくなってしまうと
自分の身なりとか言動っていうのが
相手に不快感を
与えてしまうんじゃないかっていうのを
すごく気にしてしまうってことがあります。



そうなると人の目線っていうのが
すごく怖くなって
どこにも出かけられなくなったり
閉じこもってしまったり
とかっていう風になりかねません。



そういうので
対人恐怖になってしまうってことも
あるかもしれません。



そういうのがひどくなってしまうと
いろんな恐怖症ってのが出てきてしまいます。



そういうものの代表として
醜形障害として自分の身なりとか
何か欠点・コンプレックスなどが
相手に不快感を与えてしまってるんじゃないか
ということがあります。



僕もこれはすごくあります
顔のニキビ跡があって
それがずっと気になってました。



こういう自分の醜い顔を見て
誰かに不快感を与えてしまうんじゃないかって
いうことがあると
それが恐怖症となって
ちょっと行動に制限を
かけてしまうことがあります。



また赤面症として人の前に出てしまうと
顔が赤くなって
恥をかいてしまうのではないかって
いう風なことがあります。



またそういうので視線恐怖ということで
常に誰かに見られてるのではないかとか
何か視線を感じてしまう。



そういうので
常になんか恐怖を感じなければ
いけなくなってしまうってことがあって
いろんな恐怖症ってなできてしまいます。



そういう恐怖症を克服するための
一つの方法として
欠点というのを隠そうとするのではなくて
信頼できる大切な人にさらけ出してみる
というのも良い方法なのかなと思います。



僕たちは恥をかきたくないと思うと
それを隠そうとか
何とかして誤魔化そうとしてしまうって
ことがあるのかなと思います。



僕もその顔のニキビの跡を隠せないんだけど
何とかその話題に触れさせないで
おこうって言うなことを
一生懸命している時がありました。



でもそういう時ってのは
さらにひどくなって
その恥をかいてしまうのではないのかとか
対人恐怖っていうのが
ひどくなってしまいました。



でも思い切って
自分の大切なパートナーに
話をすることができたとしたら
それで少し和らいだっていうのがあります。



そういうのでさらけ出してみるって言うのは
とっても大事な方法なのかなと思います。



でも誰かに打ち明けるっていうことは
とっても勇気がいることです。



何かまた怖い目にあうのではないか
という風な恐怖を感じてしまうからです。



だからそのさらけ出すってことは
すごく勇気がいることで
思い切りってのが必要なのかなと思います。



もういいわって思って
さらけ出すということができたとしたら
大きく前進していけるかなと思います。



また一番怖いことというのを
考えていく必要があるのかなと思います。



恥をかいてはダメとか
嫌われてはダメとか
見捨てられてはダメっていう風に
一番怖いことがあったとしたら
そういうのを少し受け入れてみるっていうのも
良い方法なのかなと思います。



恥をかいたとしてもOKとか
嫌われてしまったとしても
もうしょうがないかって言うので
OKを出すとか



見捨てられたとしても
まあまあそれもしょうがないかって言って
OKを出す



そうやって恥をかいらダメから
恥をかいても良いに変わるだけで
少し心が和らぐってことがあります。



嫌われてはダメから
嫌われても良いって思うことだけでも
少し和らぎます。



また他人は何とも
思ってないってこともあります。



他人も自分のことが一番で
自分にしか興味がないってことがあります。
だから僕たちのことを誰も見ていません。



他人も自分のことが
周囲からどう見られてるかっていうことで
気にしてしまってて
人のことを見る余裕なんてのはないのです。



そうやって気にしているのは
自分だけであって
他の人っていうのは
そんな気にしていないとことがあります。



またそういう恐怖症っていうのは
一進一退を繰り返して
一歩進んでは
また下がってっていう風になって
すぐには良くならないっていうのがあります。



ゆっくりゆっくりと
自分自身を受け入れていくことが
大事なのかなと思います。



自分のその欠点とか
その自分の容姿とか行動とか
そういうのを受け入れていく
少しずつ受け入れていくことによって
恥から解放されていくのかなと思います。



自分の体っていうのを変えることってのは
とっても難しいことです。



だったらそういう醜い自分でも
そういう自分でもOKを出す
ということができたとしたら
少し楽になりますし
そういう自分でも許してくってことも
とっても大事なことです。



僕もそういうニキビ跡である
自分って言うのOKを出すし
そういう自分であっても
許してくってことを
実践してる最中です。



まだまだ自分の中で
恥をかいてしまうっていう感情はありますけど
でも昔と比べて
だいぶ良くなったってのがあります。



そういうことで隠すのではなくて
さらけ出していくっていうことも必要ですし
一番怖いことに対して
そうなってもしょうがないって
受けれていくってことも
とっても大切なことなのかなと思いました。



今日のまとめとして
自分の行動とか欠点とか
そういうものがあると
誰かに不快な思いをさせてしまってるんじゃ
ないかっていうことで
恥をかきたくないっていう思いを
強くしてしまう時があります。



そうなると人の目線っていうのが
すごく怖くなって対人恐怖に
つながってしまうこともあるでしょう。



そういう時っていうのは隠すのではなくて
大切な人にさらけ出してみることは
とっても大事なことです。



そして一番強いことに対して
そういうのを受け入れていく
嫌われることを恐れずに
嫌われても良いって思えることが
できたとしたら
それは少し心が和らぎます。



またそういう自分の醜さっていうのを
OKを出していく
そういうの許していくってことも
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は恥というのが
対人恐怖を生むということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月29日2021年:4月

言い争いになった時は!?

今日は言い争いになった時は
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは二人以上になると
意見というのが
食い違ったりしてしまう時が
あるのかなと思います。



同じ考えである時は問題はないと思いますけど
でも違う考えとか
違う価値観になった時ってのが
どうするかっていうのが
問題になってくるのかなと思います。



お互いの意見が違ったときに
どちらも譲れないという状態に
なってしまったとしたら
争うことになってしまうでしょう。



特に夫婦間とか親子関係とか
そういう親しい関係の時だと
どうしても譲れないっていう時が
あるかもしれません。



会社で上司や部下の関係とか
学校で先生や生徒の関係だと
意見が違ったとしても
先生に従ったり
上司に従ったいっていう風に譲る
自分が譲らなければいけないって
風になってしまうと思うんですけど



親しい関係の中では
そういうこともできない時が
多いのかなと思います。



それでどちらも譲れない
という感じになってしまうと
自分の考えを押し通すということで
一生懸命になりすぎて



いかに自分が正しいか
というのを証明しようとするし
いかに相手が間違ってるかっていうのを
どうにかして証明しようと
し続けることが多いのかなと思います。



それがどんどんとエスカレートして
頭にきてしまっている
感情的になってしまってる時っていうのは
心にも余裕がないので
すごい意地を張って
余計に自分の考えに執着してしまう
って事があるのかなと思います。



そうなると
もうそれは良い悪いっていうよりも
勝ち負けの世界
自分が勝つか相手が勝つかっていう
そういう世界に入ってしまうことが多いです。



そうなると自分も負けたくないって思うので
余計に自分の考えを
自分の考えの正しさを証明しようとし
続けてしまうってことが
あるのかなと思います。



そういうことで
思ってもないようなことを言って
相手を傷つけてしまうことがあります。



そうなると関係も悪化してくるでしょう
そういう感情的に
なってしまってる時というのは
もうどんなことを言っても
自分の言ってることっていうの正しさを
証明しようとし続けてしまうだけなので
そういう時は距離を取ったり
時間を置くってことは
とっても大事なことです。



そうやって頭を冷やすっていうことを
していかないと
感情的になってしまってる時っていうのは
相手を傷つけてしまうだけに
なってしまうことが多いです。



冷静になってくると
心にも余裕が生まれるので
少し自分の言ったことを
反省できることが
できるようになると思いますし
そうなると相手を認めるって事も
出来るようになるのかなと思います。



誰でも自分が間違ってるって
言うのを認めるっていうのは
とっても難しいことです。



負けるということに繋がってしまって
そうやってなってしまうと
自分の考えを変えれないっていう風に
なってしまいます。



でも思い切って負けを認める
自分が正しくない
間違ってるって事を認めることが
できたとしたら
心が自由になれるって事があります。



負けたくないとか
自分は正しいんだって思ってる時っていうのは
心もガチガチになって
相手を受け入れる余裕がないですけど



思い切って負けを認めるとか
自分の間違いを認めるって事ができたとしたら
やっと良い話し合いっていうことが
できるようになるのかなと思います。



そういう心の柔軟さっていうのを
つくるためにも
負けを認めるっていうことを
受け入れていくことはとても大事なことです。



そして感情的になってしまった時っていうのは
相手の心ない言葉で傷ついたってことが
あるかもしれません。



でもそれっていうのは
本心で言ったことではない
というのがあります。



だからなるべく気にしないで
受け流すということが
必要なのかなと思います。



感情的になってしまうと
どんどんどんどんとエスカレートしてしまって
ホントに心ない言葉を
言ってしまうことがあります。



でもそれは決して
本心ではないってことがあります。



また相手を傷つけたくないとか
ケンカしたくないっていうことで
我慢するっていう人もいるかもしれません。



でもそれでは自分の伝えたいこと
自分の要望が相手に伝わらないので
問題っていうのは解決していきません。



ということで
たまには本音を言うってことは
とっても大事なことです
今まで我慢してきたことを言うとすると
もしかしたらケンカになるかもしれません。



相手に対して不都合なこととか
嫌なことを言わなければ
いけなくなってしまうかもしません。



それで怒らすこともあるでしょう
でも自分のことを言うことによって
お互いがお互いの本心を知れて
それが解決した時に
より深いつながりっていうのは
できるのかなと思います。



それは我慢してきたものよりも
より自分のことを伝えることができるし
相手のことをわかることもできる
そうやって深いつながりというのはできます
我慢することが解決ではないと思います。



今日のまとめとして
2人以上なった時っていうのは
どうしても意見が食い違うってことがあります。



そうやって言い争いに
なってしまった時っていうのは
エスカレートしていくと
ドンドンと感情的になってしまいます。



そうなると良い悪いではなくて
勝ち負けの世界に入ってしまいます。



そういう時ってのは時間を置いたり
距離を置いたりして
冷静なるって事が大事です。



感情的になってる時っていうのは
何を話してしても
解決には向かっていかないでしょう。



自分の負けを認める
自分の間違いを認めるって事も
とっても大事なことです。



そうやってやっていって
もし傷ついてしまったことがあるとしたら
それは本心ではない
エスカレートしていって
言い過ぎてしまっただけであるって事を
心に留めておくって事も大事です。



また争いをしたくないって思って
我慢するっていうことも
するかもしれませんけど
それでは解決はならないのです。



自分の言いたい事も言うし
相手の言いたいことも聞くっていう
そういうことを通して
争いになるかもしれませんけど
そこで争いになった後に解決するとしたら
より深いつながりってのはできるかもしません。



だから勇気を持って本音を言ってことは
とても大事なことです。



今日は言い争いになってしまったら
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月26日2021年:4月

プライドを捨てた時に大切なものが手に入る

今日はプライドを捨てた時に
大切なものが手に入るということについて
お話ししようと思います。



プライドっていうのは
悪い意味で捉える時もあるけど
良い意味では自尊心や誇りとか
強い信念を持っていて
自分は優秀だって思えるっていう
という良い意味でもあります。



そういう人っていうのは
成長意欲が高くて
バリバリ仕事をして働くことができますし
優秀な人が多いのではないのかなと思います。



そういうプライドを持って
働いていくっていうことに対しては
プラスのイメージがあって
とても良い作用を働く
ということがあるのかなと思います。



でも強すぎるプライドがあるとしたら
自分の意見が曲げられなかったり
一度こうだって言いだしたら
もし間違いがあったとしても
それを通さなければ気が済まない
という風になってしまったり



ちょっとしたジョークでも
いじられることを嫌ったりとか
負けず嫌いで絶対にあいつには
負けたくないっていう思いが強すぎて
苦しんでしまうってことも
あるのかなと思います。



そういう人っていうのは
負けず嫌いってこともあって
全力疾走で何かに打ち込んで
リラックスできないってことが
あるのかなと思います。



そうすると常に緊張状態で
すごい体もカチカチになって
しまってるって事があって
心にも余裕がないっていうことが
あるのかなと思います。



そういう人ってのは
要求水準というのがすごく高いです
そしてそれを自分にも当てはめるのではなくて
他にも当てはめてしまって
厳しいっていうことがあります。



そうなると周りの人ってのは
ついていけなくなってしまうことがあって
周りの人がついていけなくなると
評価も上がらないし



あの人と一緒にいると疲れる
という風になってしまって
すごく頑張っているのに
なかなか周りからの評価が得られない
報われないっていうことが
あるのかなと思います。



そういう強すぎるプライドの奥には
自分は特別な存在でいたいとか
前の評価が気になってしまう
だからこそ、ちゃんとしてないといけない
という風なことがあったりとか



負けるのを異常に
怖がってしまうっていうことが
あるのかなと思います。



それはプライドが高いの奥には
自分に自信がなかったり
価値を提供していかないと
見捨てられるって言う
そういう思いを持ってしまって
自己評価がすごい低く
なってしまってる人というのがいます。



それっていうのは
辛い経験をしてきたってことが大きいです
親に認められなかったってことがあったり
誰かに失敗を笑われて



すごい恥かいて嫌な思いをしたとか
もしかしたらいじめにあって
とっても辛い思いをしてきたって
いうことがあるのかもしれません。



そういう辛い思いをしてきたっていう人は
もう二度とこんな思いしたくない
ということがあって
自分は優秀であるって事を
常に証明書つけなければいけないって
思ってしまうことがあるのかなと思います。



そういうゆがんだ価値観を
持ってしまうということが
プライドの奥には
もしかしたらあるのかなと思います。



そこで自分を変えるために
優秀さをアピールしていくのではなくて
優秀じゃない自分とか
特別ではない平凡な自分というのを
さらけ出す
自分の弱さをさらけ出すということが
自分を変えていくのに
必要な事なのかなと思います。



そして強がりをやめて
弱さを出したとしても
思っていた以上のこと起きなくて
みんな助けてくれる
見捨てられないっていうことが
もしかしたら経験できるのかなと思います。



そういう弱い自分をさらけ出しても
昔みたいに怖い思いをするのではない
誰かに怒られたいとか
恥かいたりとか笑われたりとか
いじめられたりとか
そういう事をすることがないって
思うだけでも
自分の弱さっていうのを
さらけ出すってことが少しずつ
できるようになってくるのかなと思います。



昔は弱い自分を出すと
誰かに何か言われたりとか
馬鹿にされたりとか
していたのかもしれませんけど



今はそうではないって思うことができて
それを実感することができたとしたら
少しずつさらけ出すってことが
できるようになるのかなと思います。



そうやって頑張りすぎるのやめて
力を抜いていくことができたとしたら
みんなの優しさっていうのを
感じることができるように
なるのかなと思います。



そして本当に望むものっていうのは
手に入るのかなと思います。



力を入れてカチカチにやって
プライドを高くして
自分は特別な存在でならないと
手に入らないと思っていた
優しさとか本当のつながりっていうのは



もしかしたら力を抜いて
自分らしくあることによって
手に入るものなのかもしれません
そういうプライドっていうの捨てていけば
本当に望むものが手に入るっていうことです。



今日のまとめとして
プライドっていうのは
悪いことのように思いますけど



プライドを持つことによって
自尊心や誇りを持つことができたり
強い信念を持って
大きなことをやり遂げることができた
というのもありますし



自分は優秀だって
そういう自信を持つことが
できるって事もあります。



でも強すぎるプライドがあるとしたら
自分の意見を曲げれなくなってしまったり
ちょっとしたジョークでも
いじられるが嫌ったりとか
馬鹿にされるのを非常に嫌がったりとか
負けるのが嫌いで
絶対に勝たなければっていう
そういう意地を張って
しまうってことがあります。



そして要求水準が高いので
自分にも周りにも厳しくなってしまって
誰もついてこれなくなってしまいます。



そうなると前の評価っていうのも
下がってしまって
頑張ってるのに
報われないっていうことにも
つながってしまいます。



そういう強すぎるプライドの奥には
特別な存在でいたいとか
周りの評価が気になってしまっている
ということもありますし
負けるのは怖い
異常に怖がってしまうってことがあります。



それっていうのは過去に辛い思いを
してきたからっていうことがあって
もうこんな思いをしたくないっていうことで
優秀である証明をしなければいけない
そういうゆがんだ価値観に
なってしまってることが多いのです。



そういう時は
頑張るのをやめていくってことが大事で
そのためには優秀じゃない
自分を出したり
特別でない平凡な自分であることを
出してみるっていう事は
とっても大事なことなのかなと思います。



そうやって普通である自分とか
優秀でない自分っていうの
さらけ出したとしても
怖い思いをすることがないって思って
そういう思ってることは起きない



何か馬鹿にされたいとか
嫌がらせされたりとか
怒られたりとか
そういうことをすることがないって思うだけで
そういうのを実感するだけで
自分を変えることができるのかなと思います。



そうやって弱い自分をさらけ出して
力を抜くことができたとしたら
みんなの優しさっていうのを
感じることができるのかなと思います。



そうやって初めて人とのつながりという
大事なものを手に入れることが
できるのかなと思います。



だから高すぎるプライドを捨てて
もっともっと自分らしく力を抜いて
楽に生きていくことができたとしたら
みんなの優しさ、あたたかさを
受け入れる事が出来るのかなと思います。



今日はプライドを捨てた時に
本当の大切なものが手に入る
ってことについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月22日2021年:4月

こだわりを捨てると楽に生きられる

今日はこだわりを捨てると
楽に生きられるということについて
お話ししようと思います。



こだわりっていうのは
自分の考えをすごい強い思い入れがあって
なかなか譲れない
自分の考えに執着
囚われてしまっているっていう状態です。



その執着でよくあるのが
自分の常識・ルールっていうのがあって
これを守らないといけないっていうのが
厳しい人です。



何々でないといけないっていうのがあって
そういうので頭がカチカチに
なってしまっているっていう
そういう状態なのかなと思います。



確かにこだわりがあると
良いものが作れるっていうのがあります。



たとえばラーメン屋にしても
美味しいラーメンを作れる所っていうのは
頑固おやじて絶対に譲れない。



俺はこうするんだっていうのが
強い人というのは
とことんまで内容にこだわって
すごく美味しいラーメンを作る
ってことができると思います。



そういう妥協がない物っていうのは
全てにこだわりがあって
材料とかそういうものにも
とことんこだわることができる。



でもそういう人と一緒にいるって言うのは
とっても辛いことなのかなと思います。



従業員とか家族とかそういう人ってのは
その頑固おやじに
振り回されてしまうってことがあります。



妥協がないのは良いことですけど
でもその周りの人っていうのは
ついていけずに
やっぱり嫌な思いとか
辛い思いしてしまったことが
多いのかなと思います。



そういうこだわりが強い人と一緒にいると
考え方が変えないので
周りが合わせるしかなくなってしまうって
いうことがあって
前の人はすごいストレスを溜めてしまう
って事があります。



そういう自分と違う考えを
受け入れない人っていうのは
大体が白黒思考で良いか悪いかという
その判断しかしていないってことが多いです。



自分の常識の中だったらOKだけど
自分の中で常識ではないもの
非常識なものはダメということで
それを黒



自分の常識の範囲だったら白でOKだけど
自分の非常識だったら
黒でバツっていう風に
白黒思考に陥ってしまうことが多いのです。



こだわりを捨てるって事は
違う意見を取り入れるというので
自分が今までやってはいけないと思ってた
非常識である黒の世界でも
認める事っていうことが
大事になってきます。



でもその非常識を認めるっていうのは
とっても難しいことで
今までやっては駄目だって思っていたものに
OKをするっていうこと
これはすごい怖いことでもあります。



なぜかと言うと
そういうダメなことをしてしまうと
痛い目にあう
あってしまうのではないとかっていう風に
思ってしまうところがあるからです。



それは過去に痛い思いに
あってきたってことがあります。



もしかしたら
ゲームとか勉強したくてだらけてしまって
それをお母さんにすごい怒られた
といういうことがあったとしてます。



もう絶対にこんなことをしないって
強く誓うとしたら
ゲームをすることはバツで
勉強する事がマル
自分の中の常識っていうふうに
思ってしまうことがあります。



そうなると、だらけたりゲームをする事を
許せなくなって
自分もゲームをしてはいけないし
相手もゲームをしていたり
だらけたりしているのが
許せなくなってしまうってことがあります。



そういう感じで
自分の中の常識っていうのが
作られてしまうってことがあって
それは過去のトラウマっていうのが
大きくなってしまっています。



その自分の常識にこだわってしまうって
いうのはトラウマがあるからであって
そのトラウマに気づくってことは
その常識を打ち壊すために
役に立つってことがあるのかなと思います。



なぜ自分がそういう常識に
落ちいただければいけなかったのか
どういうものが〇で
どういうものがバツかっていうのを
気づいていく



それはトラウマがあるから
そういう風になってしまってるって
いう事があると
少し非常識なものでも
受け入れやすくなるのかなと思います。



今までゲームしたら
怒られたっていうことがあって
でも大人になって
それを怒られるとことがないのに



ずっと怯えてゲームをしたらダメだ
だらけたらダメだって
思ってしまってるとしたら



大人になって誰も責めないのだから
少しぐらいゲームをしても良い
だらけてもいいっていう、そういう黒を
受け入れやすくなるのかなと思います。



そういう白だけじゃなくて
黒もOKを出せるようになると
どんな考えでも認める事っていうのが
できるようになってくるのかなと思います。



となると前の人が楽になってくる
一緒にいて責められないし
否定もされないので
楽に生きていけるのかなと思います。



苦しんでるって言う時ってのは
もしかしたら自分のこだわりが強すぎて
自分の中の常識の世界
白だけの世界にしか認めることができなくて



非常識の世界では
黒の世界っていうのを
否定してしまっている時が
あるのかなと思います。



そういう時ってのは
少し非常識な世界とか
自分の中で駄目だと思っていた事っていうの
認めていくっていうことができたとしたら
苦しみも減っていくのかなと思います。



相手を変えることっていうのは
とっても難しいことなのかなと思います。



でも自分のことを
自分の考えを変える事っていうのは
比較的まだやりやすいって事があって
相手を変えるよりも
自分の考えを変えていく方が
まだやりやすいので
そっちの方にフォーカスして
やっていくってことは大事なことです。



今日のまとめとして
こだわりっていうのは
自分の考えに強い思い入れを持っていて
なかなかその思い入れを
譲ることができないっていうことです。



そういう自分の考えを
変えることができないとしたら
周りが合わせなければいけなくなって
周りがストレスを
ためてしまうってことがあります。



そういう風に自分が変わらなければ
誰かが我慢することになってしまうことです。



こだわりを捨てるって事は
自分とは違う意見を取り入れるっていうことで
今までやってはいけないと思っていたこと
非常識でも認めていくっていうことが
大事になってくるのかなと思います。



そういう自分の中のこだわりっていうのは
大体がトラウマが関係してるって
いう事があります。



昔こういうことをして怒られたとしたら
もう二度とこんな事はしていけない
してはいけないって思って
それが自分の中の常識として
強く残ってしまうってことがあります。



そういう自分の中のトラウマに気づく
というだけでも、こだわりというのは
減ってくるのかなと思います。



そうやってこだわりが減ると
少し自分の中の非常識とか
駄目だと思っていることを
受け入れやすくなるのかなと思います。



そうやって自分の中の常識だけでなく
自分の中の非常識
今でやってはいけないと思ってたことや
駄目だと思っていたことでも
OKを出せるようになってくると
どんな考えても
認めることができるようになります。



そうなると周りの人も楽に生きていけますし
自分も周りの人と衝突がないので
楽に過ごすことができるって
言うことがあります。



今日はこだわりを捨てるって事は
自分の中の非常識
やってはいけないと思ってることを
認めていくっていうこと
そういうことを説明させていただきました。



こだわりは捨てていけばいくほど
楽に生きていけるので
なるべくこだわりを捨てていけたら
いいのかなと思います。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月19日2021年:4月

執着を手放すと自由になれる

今日は執着を手放すと
自由になれるということについて
お話ししようと思います。



執着ってのは物とか自分の考えとか
そういうものを強く
きゅっと握りしめている状態だと
言われています。



ずっと握りしめて絶対に離すものか
これは私のものだという風な固い決心をして
そういうのを譲れないっていう
そういう強い思いを
持っている状態っていうのが
執着っていう風に言われています。



そこで三つの執着について
考えてみたいなと思います。



いろんな執着がありますけど
まず自分の持ち物に対しての執着
これを失いたくない
失ったら、とんでもないことが起こりそうだ
っていうことで
自分の持ち物をぎゅっと握りしめている
というのも執着に入ります。



また自分の考えで
絶対にこうならなければいけない
こうするべきだっていう
そういうものも
執着の一つに入るのかなと思います。



また自分はこうなるべきだ
出世して社長にならなければいけない
大金持ちにならなければいけないっていう
そういうプライドも
執着の一つに入るのかなと思います。



ここでは持ち物について
色々と考えていきたいなと思います。



まず物を持つという事は
愛着も出てくることなのかなと思います。



そういう愛着が強ければ強いほど
自分の一部分となってしまうってことが
あるのかなと思います。



例えば人形にしても
すごい愛着を持って丁寧に丁寧に
その物を大事にしていくっていうとすると



その物自身が自分の写し鏡となって
自分の一部分として
なってしまってるって事も
あるのかなと思います。



そういうことで物を持つと
いつの間にか自分の分身が
増えてしまうってことがあります。



そうなると失うっていうことは
自分の一部分がなくなってしまうって
いうことがあって
凄い痛みを伴ってしまいます。



それは自分の中に
ぽっかりと穴が開いたような感じで
自分の一部分が欠けてしまうという
そういう感覚に陥ってしまうのです。



また物があると
そこで縛られてしまうってことがあります。



例えば家を建ててしまうということがあると
簡単にはその家を手放す
ってことができないと思います。



そんなるとそこに
居続けなければいけないってことがあります。



もし隣の人がクレーマーだったとしても
簡単に引っ越しすることはできないと思います。



また旦那さんが転勤で遠くに行ってしまう
ということがあったとしても
簡単にお引越しすることができないので
家族が離れ離れになってしまうことも
あるかもしれません。



そうやって物が増えれば増えるほど
そこに居続けなければいけないっていう風に
なってしまいかねないのです。



また物を持ちすぎると
盗られないかっていう不安が
出てきてしまいます。



特に高価なものだと
誰かに盗まれるかもっていうことで
ずっと不安があって
余計な不安を抱えてしまうって
こともあるかもしれません。



もし高価なものがなかったとしたら
盗られるかもっていう
そういう不安はないかもしれません。



でも金持ちとかは
そういうものが
誰かに盗られないようにっていうように
厳重にガードして
しっかりと守らなければっていう
そういう余計な不安を抱えてしまうって
こともなってしまいます。



ということで
執着というを手放すっていうことは
ぎゅっと握りしめている
手を緩めるって言うことでもあります。



その緩めるっていうはとっても難しいことで
それは失ってことを認める
ということにもつながります。



失ってはいけないって思えば思うほど
ぎゅっと握りしめてしまいますけど
失ってしまうことをもう認める
失ってもいいって思えることができたとしたら
その手を緩めて
自由になることができるのかなと思います。



緩めるための一つの方法として
自分のところで留める
っていうことをするのではなくて
流していくってことが
大事になってくるのかなと思います。



そういう水も同じように
自分のとこで留めるって事はできません。



流してたまたま自分のところにある時は
楽しむけど時は来たら流れていく
そうやって巡り巡って自分にも流れていくし
相手も流れて行くし



いろんなとこに流れて
また自分のとこに戻ってくるかもしれませんし
いろんなとこを巡るってことは
あるのかなと思います。



そうやって循環させるって事を考えて行くと
失ったものっていうのを諦められる
手放すことができるように
なるのかなと思います。



そういう風にして
失ったものを諦めることができたとしたら
心にも余裕ができて
自由になっていけるのかなと思います。



もし失った物っていうのを諦められずに
後悔したり悔やんだり
そういうことしていくと
そこに縛られてしまうって
ことがあるのかなと思います。



手放せば手放すほど心に余裕が生まれてて
心が自由になっていけるって事が
あるのかなと思います。



また物を少なくすればするほど
とらわれというのも
減っていくのかなと思います。



お釈迦様というのも
地位とか財産とか家族っていうのを全て捨てて
だからこそ悟りを開くことができ
たってこともあるのかなと思います。



もし自分の地位とか財産とか家族に
縛られてしまってるとしたら
悟りを開くってことは
難しかったのではないのかなと思います。



そういういろんなものを手放すことができて
自由になれたからこそ
悟りってことが
開くことができたのかなと思います。



ということで
今ミニマリストっていうことが
流行ってきてるのかなと思います。



極端に物を減らしていくっていうことがあって
そういう生活をすることができるとしたら
自由になっていけるって事があります。
物が少ないので引っ越しも簡単にできます。



物にとらわれることがないから
場所に縛られることがなくて
自由に生活していける
っていうことがあります。



ということで今日のまとめとして
物を持てば持つほど
物に愛着が生まれて
それが自分の一部分として
分身が増えるような感覚になってしまいます。



そうなるとその物を失ってしまうと
自分の一部分が欠けたように
思えてしまいます。



またいろんな色の物を持ちすぎると
それを盗まれないかっていう
そういう余計な不安を抱えてしまうって
こともあります。



そういう物を持っている状態から
解放していくために
ぎゅっと握りしめてるという。



そういう執着、物があったとしたら
それを手放すということができたとしたら
自由になれます。



その手放す方法として
失う覚悟を持つってことも
大事になってくるのかなと思います。



失ってはいけないとか
盗られてはいけないって思えば思うほど
握りしめてる手が離れなくなってしまう
ということがあります。



そういう手放す方法として
水のように巡り巡って
たまたま今自分のところにあるだけだ
時は来れば
自分の所から離れて流れていくっていう
そういう感覚ってのは
大事になってくるのかなと思います。



また物を減らしていくっていう
ミニマリストの
そういう考え方も取り入れていくってことは
いいのかなと思います。



そうやってやっていけばいくほど
自由になれて
心にも自由になれるし
物に縛られないから
物質的に旅行とかも引越しとかも
自由に行けるって事で
物質的にも自由になっていけるとことが
あるのかなと思います。



そんな感じで
執着することを減らしていけばいくほど
心にわだかまりがなくなって
自由になっていけるって事が
あるのかなと思います。



なるべく物を減らしていくことも大事ですし
物を持った時に
たまたまこの物はここにあるだけだ



時が来れば失っていく
流れていくっていう風に
そういう感覚を持つことっての大事なのかな
と思いました。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月15日2021年:4月

親の愛は伝わらない

今日は親の愛は伝わらない
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは親から愛されていないって
思ってしまうってことが
あるのかなと思います。



それは僕もずっと感じていました
特に小さい頃っていうのは
ちょっとしたことで
そういうのを敏感に感じ取って
すぐに自分なんてって風に
思ってしまうところがあるのかなと思います。



そして橋の下で拾われた子だっていう風に
思ってしまうってことも
あるのかなと思います。



僕もずっとそういう風に
僕は捨て子で橋の下から拾われた子だから
愛されていないんだっていう風に
思っていました。



特に親が自分のことを
邪険に扱ってしまっている時が
あったとしたら
自分なんて親に迷惑かけてばかりいるから
いない方がいいんだっていう風に
思ってしまうことがたくさんありました。



また怒られてばかりいると
親は自分のことが憎くて怒ってるんだ
やっぱり僕は邪魔者なんだっていう風に
ずっと思ってるって事がありました。



そういう親から
愛されていないっていうことがあると
自分の根源というのを
否定されたようになってしまいます。



そうなると自分に自信というのを
なかなか持つ事っていうのは
困難になってしまいます。



そこで考えなければいけない事ってのは
親は本当に憎くて怒ってるのか
本当にいない方がいいと
思ってるのかっていうことなのです。



もしかしたら親っていうのは
怒ることで
僕たち子供がよくなるって風に思ってるから
怒ってたってことがあるのかなと思います。



決して憎くて怒ってるものではなかったって
いうことがあって
問題を解決しようとして
その解決の方法が
怒るっていうことであっただけで



それは憎くてとか、いない方がいいで
怒ってたっていうわけではないのかな
というのを考えていくってのは
大事なのかなと思います。



本当は僕たち子供っていうのは
親から認めてほしかったし
褒めて欲しかったし
愛されて欲しかった
でもそういうのを貰えるって事は
少なかったっていうのはあるのかなと思います。



子供時代にそういう自分の望むような
愛っていうのを貰えなかった
でもそれは形が違うだけで
本当は親から愛されていた
愛の形が違っていただけという場合が
多いのではないのかなと思います。



それは僕たちが大人になってみて
気づくことでも
たくさんあるのかなと思います。



親も大変で
自分に余裕がなかったって
いうところもあるかもしません。



そういうのがあると
その親になってからの大変さっていうのが
身にしみて感じる事ってのがあって
そういうところでしか
分からない世界っていうのも
あるのかなと思います。



でそういうことを考えていくと
私なんていない方がいいって思う
っていうのは勘違いであって
そこにはきちんとした
愛があったのではないのか
本当は大事な存在として
扱おうとしていたのではない
かっていうことを考えていて



愛されていないっていうのは錯覚なのだ
もしかしたら愛されていたかもしれない
と思うというのは
大事なところなのかなと思います。



ただ親っていうのは愛し方が
分からなかっただけ
どのようにして僕達を子供を愛していた
愛すれば良いのかっていうのがあって
それは愛の学びとして
ずっと学ばなければ
いけないことだったのかもしれません。



親は決して完璧な存在ではなくて
まだまだ愛っていうのを
学ぶ必要があったって
いうことがあるのかなと思います。



そうやってちょっとでも親から愛されてないが
親から大事な存在だったのかもしれないって
思うことができたとしたら



私も大切な存在ですし
親も大切な存在だって思うことができる
そういうことができるとしたら
深い繋がりができるのかなと思います。



決して自分が愛されない存在ではないって
思うことができたとしたら
親と自分の間に繋がりができるのかな
と思います。



と言う感じで
親から愛されてないっていうのが
本当は愛されていたって
思うことができたとしたら
深い安心感が出てきて
自分にも自信を持つ事っていうのが
できるようになるのかなと思います。



今日のまとめとして
小さい頃は親から愛されてない
と思うことが多いかもしれません。



そうすると自分の根源であるものを
否定されたように感じてしまいます。



自分なんていない方がいいんだって
いうふうに思って
しまうこともあるかもしれません。



そういうことがあると
自分に自信を持ちにくいってことがあります。



でもそれは自分の望むような形で
愛がなかった
愛されてなかったっていうことで
形が違うだけだって
本当は愛されていたのかもしれません。



そういう誤解が解けるようになると
自分は大切な存在だ
親から愛されてる存在だって
思えることができるかもしれません。



ただただ親は
愛し方がわからなかったっていうだけです。



そうやって自分もそうだし
親も愛っていうのを
学ばなければいけなかったっていうことで
親は決して完璧な存在ではない。



ただ愛し方が分からなかっただけだって
思うことができたとしたら
自分なんて愛されないんだって
いう風に思うのを
もう少し溶けてくるのかなと思います。



ということで
親から愛されてないっていうのが
本当は親から愛されているのだっていう
風に変わることができたとしたら
深い安心感と
自信につながっていくっていうことです。



そんな感じで
親の愛っていうのは
子供になかなか伝わらないってことがあります。



それは子供は求めてる愛と
親が与えている愛というのが
形が違うからです。



もっと誤解が解けていって
本当は愛されていたのだって
思うことができたとしたら
自信が持つことができますし
自分の根源っていうものを
認めることができるように
なるのかなと思いました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月12日2021年:4月

ZOOM飲み会 終了

昨日は月1回やっている
恒例のZOOM飲み会を開催しました。
僕を含めて7人の方
参加してくださいました。 
 
 
 
恒例になっていると惰性で
続けているだけになっていて
やっている意味はあるのかなと
思っていたところです。 
一回やめてみてもいいかもと
思っていました。
 
 
 
でも、今回は悩んでいる人が
自分の心境を吐き出すことが出来たり
それで、ちょっとは気持ちを
スッキリできていたりしていました。
 
 
 
こういう姿を見ると
このZOOM飲み会やっている意味も
あるのだと実感しました。
 
   
 
ということでこれからも続けていこうと
決意を新たにしたところです。 
 
  
 
僕もそうだけど、大人になると
友達を作ることって
なかなかできないと思います。
 
 
 
そうなると孤独を感じてしまったり
仕事とかで悩みがあっても
自分一人で抱え込んでしまって
悩みが大きくなってしまう
ということになりかねません。
 
 
 
月1回でも同じような人が集まって
真剣な話をすることって
貴重なものだと思いました。
 
 
 
これからは、便利になっていく半面
人とのつながりが薄くなっていく
時代になってくることでしょう。
自分で努力してつながりを
増やしていかないと
孤立していくことでしょう。 
 
  

そういうので今は興味がある人同士が集まる
オンラインサロンなどもありますし、
自分でどこかに参加してくことは
大事になってくるのでしょう。
 
 
僕のZOOM飲み会も
月1回やっていますので、
良かったら参加していただけると嬉しいです。
 
  
 
次回は
ZOOM飲み会
5月14日(金)20時~
参加費 無料
です。
 
 
 
あなたからのご参加お待ちしております。
 
 
 
ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月10日2021年:4月

今だけが現実で過去と未来は幻想

今日は今だけが現実で
過去と未来は幻想ということについて
お話ししようと思います。



僕たちには
二つの現実があるって言われています
一つは頭の世界で自分がこうなろうって
想像してる世界です。



それは頭の中でやってるので
妄想してる世界で
バーチャル空間っていう風に言われています。



もう一つは今現実にある世界で
実際に体験できる世界です。



ここでは二つの世界は
同時に体験できないっていうことがあります。



頭の世界にいるときは
実際に現実の世界で
体験する事っていうのは出来ないですし
実際に今、体験できる世界にいるとしたら
頭の世界で想像する事っていうのは
難しいと言われています。



まず頭の世界っていうのは
バーチャル空間であって
現実に体験することっては出来ない
ていう風に言われています。



今VRとかで自分が体験していなくても
目で見ることによって
実際に体験したかのようにできるっていう
そういうものがあると思いますけど



例えば旅行先に行って
その旅行を味わった気分になれる
っていう風なことがあると思います。



でもそれは架空の世界であって
実際にその旅行先に行って
それを体験するってことはできない。



それはバーチャル空間で
その妄想の世界というな事だけで
終わらせてしまってるって事が
あるのかなと思います。



そんな感じて頭の世界っていうのは
実際に感じることも体験することもできない
バーチャル空間で仮想の現実の世界なのです。



そういう頭の世界にいると
今現実を味わえないということがあります。



頭が世界にいるときは
食事をしても味わえない
何を食べても味がしないとか
そんなに集中して食べていないので
何を食べたかすらも忘れてしまっているって
いうこともあるかもしれません。



また景色を見ても、今現実にいないので
景色をボーと眺めてるだけで
何を見てるのかすらも
感じることができずに
頭の世界のその妄想の空間を眺めていて
現実を眺めるってことはないのかもしれません。



そういう風な感じで
頭の世界にいると
過去の後悔とか未来への心配って言うので
悩まされてしまうっていうことがあります。



過去に行ったり
未来に行くっていうことは
頭の中でしかできないことです。



今現実に体験してると、できないのですけど
頭のそのバーチャル空間では
過去のことを思い出すことも出来ますし
未来に対して
想像をめぐらすことも出来るのです。



でもそういう事をすることによって
余計に悩みが増えてしまうって
こともあるのです。



今現実に生きるって言うことは
五感で体感するっていうことでもあります。



昔、中国の映画で俳優スターが
「考えるな感じろ」という言葉を
発しましたけど



考えてる時っていうのは
すぐに過去とか未来とか
バーチャル空間に飛んでしまっていることが
多いですけど



感じてるということでは
そのバーチャル空間から
現実により戻すことができるのです。



それはひとつひとつを味わう
五感を味わうということでもあります。



美味しいもの食べてそれを味わったり
癒しの音楽など
自分に心地よい音楽を味わったり
アロマなどいろんないい香りを嗅いで
それを味わったり
たまには自然に出かけて風景を味わったり
その空気とか爽やかさを味わったり
あと、ゆっくりとお風呂に入って
そのポカポカとした気持ちを
味わったりっていう



そういう五感をフル活用して
味わっている時っていうのが
現実を体験している時
っていう風に言われています。



そしてその現実と体験してる時っていうのは
頭の想像がないので
不安とか恐怖も感じることがないのです。



悩みっていうのは
頭の中の世界にだけ
存在しているものであって
現実の世界では
悩みっていうのは存在しないのです。



ということで
どれくらい今を感じてるのか
というのを考えてみる必要は
あるのかなと思います。



頭の中で妄想の世界にいる世界が多いのか
それとも実際に五感を感じて
体験してる世界が多いのか
今は頭の中で考えてしまって
すぐに妄想してしまっている
その世界にいることが多いのかなと思います。



実際に食べ物を味わったりとか
においを嗅いだりとか
そういうことする時っていうのは
少ないのかなと思います。



僕達は忙しすぎるって言うことも
一つの要因としてあるのかなと思います。



一つ一つをじっくりと味わうってことが少ない
そういうことでゆっくりと過ごす
ということも必要になってくるでしょう。



また同時になんでもかんでも
こなそうとしてしまっているっていう事も
一つの要因としてあります。



同時並行作業でしてる時というのは
頭をフル回転にしている状態で
現実を見ていない場合が多いのです。



そういう場合はひとつひとつを味わっていく
ゆっくりと一つ一つをこなしていく
っていうことも必要になってくるでしょう。



そんな感じで
過去と未来っていうのは
頭の中の世界であって現実ではないのです。



そして僕達っていうのは
今しか生きれない
今しか感じることができない
現実しかその世界はないのです。



過去とか未来とかっていうのは
自分が創造した世界であって
それは現実の世界ではないのです。



今現実をどれくらい生きているのか
ということが
僕たちが悩みを少なくする方法の
一つなのかなと思います。



今日のまとめとして
僕たちには二つの世界を
感じることができて
頭で想像している世界と
実際に体験できる今現実の世界という
その二つがあります。



その二つは同時体験することができなくて
頭の想像の世界に入る時っていうのは
現実の体験できる世界には
いることはできませんし



現実に世界でいるときというのは
頭で想像してる世界には
いることができない



どちらか一つしか
選べないってことがあります。



頭の世界でいる時が多いと
現実世界ではいられないので
食事しても味わえないとか
景色を見ても楽しめないっていうことがあり



そういう世界にいると
過去とか未来とかそういうことで
悩まされてしまうってことが
多くなってしまいます。



だからこそ悩んだ時っていうのは
妄想の世界にいるので
現実の世界に戻っていく必要は
あるのかなと思います。



現実の世界に戻るっていうのは
五感で体感するっていうことです。



考えるな感じろっていうことでもあります。



美味しいものを食べたり
良い音楽を聴いたり
良い匂いを嗅いだり
自然の中で体感したり
たまにはリラックスして
お風呂につかったりっていう
そういうのは五感をフル活用していくことで
今現実の世界に戻っていけるって事があります。



そして現実の世界では
不安も恐怖もないのです。



悩みってのは全て頭の中の世界で
作り上げてきたものだからです。



現実の世界にいる時っていうのは
過去も未来もなくて今しかないのです。



今しか感じられない時っていうのは
頭の世界の恐怖とか不安もないのです。



ということで
頭の妄想と世界にいる時間を
どう実際の世界でいる時間に
増やしていくかことが
大事になってくるのかなと思います。



特に悩んでしまっている時っていうのは
頭の妄想の世界に
どっぷりと浸かってしまってる時が多いです。



そういう時は五感をフル活用して
実際の現実世界に戻っていく
そうすることによって
悩みが減っていくってことがあるのです。



今日は現実の世界だけが実際の世界で
過去とか未来は頭のバーチャル空間である世界
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月08日2021年:4月

脳の疲労と体の疲労は違う

今日は脳の疲労と体の疲労は違う
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは疲れと言うので
一括りにしてしまっているところが
あるかもしれませんけど



その疲れにも
体で体力的に疲れている部分と
脳で考えすぎたり
心配し過ぎたり
そういうもので
疲れているっていう場合があるのです。



体の疲れは睡眠によって
ある程度回復することはできます。



でも脳の疲労っていうのは
寝ても回復しないってことがあります。



それになかなか寝付けない
っていうことがあって
起きてもボーっとしていたり
睡眠が浅かったりするっていうこともあります。



その脳の疲れにおいても
二つの脳の疲れというのがあります。



一つは心配事や何か考え事や
そういう気疲れをしてしまってるという
脳の疲れがあります。



もう一つは同時並行に作業してしまって
あれもこれも
なんでもしなければいけなくなって
脳が追いついていないっていう状態に
なっている状態です。



そういうのも脳を酷使してしまって
疲れてしまってる時があるのです
まず気疲れとして心配事っていうのは
すごい疲れさすってことがあります。



何か心配事で将来に対しての心配とか
過去に何かやってしまった後悔とか
そういうのがあると
脳はそれだけでエネルギーが
取られてしまうってことがあります。



食事をする時でも
ボーっとしてる時でも
休みであっても
そういう心配事で頭が
占領されてしまってるとこもあるでしょう。



また寝る時というのは
一番無防備になってしまうので
そういう時に心配事が起こってしまうって
こともあるかもしれません。



そんな感じで心配事があると
脳はものすごいエネルギーを取られてしまう
それで疲れてしまって
脳がなかなかその回復しないってことが
あるのかなと思います。



あともう一つのものとして
同時並行作業でも
脳っていうのは疲れてしまいます。



今はネットがあって常にスマホで
自分にメールとかSNSとそういうもので
呼びかけてくるってことがあって
隙間時間でもスマホのチェックとかで
忙しくなってしまうっていうことがあります。



脳が常に考えている状態というのが
続いてしまうと
疲れてしまうことがあります。



また今は効率重視っていうことで
あれをしながら、これをしながらっていう
同時並行作業っていうのが
求められてる部分があるのかなと思います。



でもその同時並行作業っていうのは
脳っていうのは
ものすごいエネルギーを取られてしまう
ことにもなってしまいます。



一つのことに集中することができたとしたら
脳は疲れることはないですけど
同時に何かしなければいけない



テレビ見ながら食事をするってことでも
疲れてしまいますし、
洗濯しながら子守をしたりとか
そういうことでも脳ってのは疲れ
エネルギーの取られが
激しくなってしまいます。



また単に忙しいっていうことでも
脳は疲れてしまうって事があるでしょう。



そして脳が疲れていくと
体に現れていくってことがあります。



その危険な症状として
体が重くなったり
お腹が調子悪くなったり
常にイライラするってことが
出てくる場合もあります。



また脳が疲れすぎて
そういうのがずっと続いていくと
重度な症状を引き起こすことがあります。



無感情症って言って
喜怒哀楽っていうのが
少なくなってしまうってことがあります。



嬉しいとか楽しいとか
悲しいっていうことが
感じなくなってしまうってことがあるのです。



脳を疲れさせすぎてしまうと
そのように感情を感じる力までも
失われていくってことがあるのです。



また無快楽症って言って
昔はいろんなものを楽しめたのに
今はどこへ行くのも億劫なってしまって
家でボーとしてしまってる時が
一番だっていう風に
なってしまうこともあります。



楽しみでどっか出かけて
美味しいものを食べるということが
昔はできていたのに



今は家から出ることも億劫になってしまって
ただ家で寝てるだけ
っていうことになってしまってるって
そういう症状にも
つながってしまいかねないのです。



その脳を回復させる一つの方法として
今注目されている
マインドフルネスっていうことがあります。



ある言葉で
体の疲れを取るのは睡眠
脳の疲れを取るのは瞑想
という風に言われています。



脳は同時並行作業で
あれもこれもってやってる時っていうのは
疲れますけど
一つに集中している時っていうのは
脳は回復するっていう風に言われています。



そういうことで瞑想で呼吸に集中したり
自分の意識に集中することで
脳を回復させることもあります。



また食べることとか
今やってる事に集中することで
今それを楽しむ
それで脳を回復させることもあります。



食べながら誰かの相談のったり
テレビを見たり、SNSを見たり
っていう風にしてると
脳は疲れてしまいますけど
ただ今、食べることだけに集中する
そういうことができるとしたら
脳ってのは回復することができるのです。



そんな感じで
マインドフルネスとして
今ここにあるそのものを集中する
そういうことをすることによって
脳が徐々に徐々に回復していくって
ことがあるのです。



このようにマインドフルネスを
するっていうことは
今ここにある一つの物事を
集中してやっていくこと



これって言うのは
子供のような感覚で
物事をやっていくことに
繋がっていくのかなと思います。



子供の時っていうのは
何でもあれもこれも
同時にやろうとするのではなくて



遊ぶんだったら
それに集中して遊んでいたと思いますし
何かやるにしても
同時に何かしようとするとことは
ないと思います。



またそういう今に集中することが
できたとしたら
未来への不安とか
過去の後悔とか
余計な考え事をするということがなくなります。



そういうことでも脳っていうのは
回復していくってことがあるのです。



また能率的な面で見ても
僕達ってのはマルチタスクとして
あれもこれもって同時に作業するよりも
シングルタスクとして
一つのことに集中した方が
効率は良くなる
っていうふうにも言われています。



没頭するっていうことがあると思いますけど
その没頭している時間っていうのは
ものすごい集中して
仕事もはかどって
時間も忘れるぐらいってことが
皆さんも経験したことがあるかもしれません。



でもあれやって、これやってっていう風に
考えてやってしまうと
集中するってことができないので
一つのことをやろうとしても
注意散漫になってしまって
余計に効率が悪くなってしまうって
ことがあるのです。



だから一つに集中してやっていくってことで
能率も良くなっていくってことがあるのです
このようにマルチタスクていうことは
脳を疲れさすだけでなくて
効率も悪くなってしまうことがあるのです。



今日のまとめとして
まず疲れにおいても二つと疲れがあって
体の疲れと脳の疲れとかあるのです。



またその脳の疲れにおいても
心配事や不安など
いろんなものに気持ちが囚われてしまっている



気疲れていうのと
いろんなものを同時にこなそうとして
脳が疲弊してしまうっていう
そういう同時並行作業においての
脳の疲れって言う
その二つがあるって言われています。



その脳の疲れを取るためには
マルチタスクでいろんなことを
しようとするのではなくて
今流行っているマインドフルネスとして
一つのことに集中してやっていくって
ことが脳を回復させる秘訣だ
と言われています。



瞑想で呼吸に集中したり
今ここにある食べることに集中したりとか
体を動かすことに集中したりとか
仕事をすることに集中したりとか
そういう集中する事



一つの事に何か没頭することによって
脳って回復していくってことがあり
それは子供のような感覚を取り戻すという
ことにもつながってくるでしょう。



子供の時っていうのは
過去の不安や未来の心配なんて
ほとんど考えることがありません。



今ここにあるものに集中して
ただ楽しむことができてる状態
なのかなと思います。



そういう子供のような感覚を
取り戻すことによって
余計な心配っていうのはなくなる
その心配が入る余地がなくなってしまうって
ことがあって
それで脳が回復していくって
ことがあるのです。


ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月05日2021年:4月

潜在意識を活かす鍵 安全安心

今日は潜在意識を活かす鍵として
安心安全があるということについて
お話ししようと思います。



前回の復習として
怒りで何かをさせることの弊害として
怒ることで自分なんてダメな人間だ
ミスしてばかりいる
自分を責めてしまっている



そうやって自分を責めている時っていうのは
思考停止に陥ってしまって
何かを前向きにしてやっていこうって
思えなくなってしまいます。



また怒られることで
ストレスが溜まって
体を壊してしまうってこともあるでしょう。



そうやって一回体を壊してしまうと
回復するまでに多くの時間を
かけなければいけなくなってしまいます。



その上でチームワークが
悪くなってしまうってことがあります。



そうやって怒りがあって
何か雰囲気が悪くなると
足の引っ張り合いが起こってしまいます。



上司に対してのストレスが
部下にいってしまうなど
そのストレスがめぐりめぐって
チームワークの雰囲気を
悪くしてしまうって事があります。



単純な比較ですけど
怒られるのと褒められるのでは
どちらがいいのかと言うと
やっぱり怒られるよりも
褒められるほうが
自分の力が発揮できるって事が
あるのかなと思います。



怒られると怒られたところをも直すのって
難しいというふうになってしまいますけど
褒められると褒められた以外のところも
直っていくっていうことがある
と言われてます。



だから褒めるっていうことの効果ってのは
とっても大きいっていう風に言われます
また褒めるって言う事もそうですけど
できるコーチっていうのは
相手のことをよく聞く
よく知るってことに力を入れています。



相手のことを知るっていうことが
安全で安心な場所づくりにつながっている
っていう風に思っているからです。



自分のやって欲しいことを
強制的にさせようとするのではなくて
相手が今どんなこと思ってるのか?
どんな課題にチャレンジしたいと
思っているのか?
どういうことを課題に思ってるのか?



などといろんなことを聞くってことによって
相手が今何を必要としているのか?
というのを思ってそういうのを
ダイレクトに与えることが
出来るって事があります。



それは聞くってことをしていかないと
見えてこないものなのかなと思います
聞くってことはなかなかする事ってのは
難しいのかなと思います。



相手のことを聞かずに
自分の一方的な何かして欲しいことだけを
言うってことは
よくあるパターンなのかなと思います。



これは家庭においても一緒で
お母さんが子供の話をよく聞くところでは
安全で守られた場所だと言えます。



お母さんが子供の話を聞かずに
あれしなさいこれしなさいと言うだけでは
子供は不安とか恐怖によって
行動するようになってしまいます。



お母さんの顔色を伺って
お母さんに言われないように
先取りして言うとか
先取りしてやるっていう事に
つながってしまいます。



それでは本当の安全で安心した場所ってのは
できないのかなと思います。



やっぱり子供はどんなことを思ってるのか?
どんなことをやりたいと思っているのか?
いうのよく聞くってことは
大切なことなのかなと思います。



そうやって聞くことによって
つながりというのは深くなって
いくのかなと思います。



スポーツだったらチームワークができて
より相手とのコンタクトが
うまくなったりします。



家庭内では
雰囲気が良くなるって事もあるでしょう。



このように相手のことを知るってことでも
安心で安全な場所を作ることは
できるのかなと思います。



また安全な場所づくりとして
いろんな人の意見が
尊重される場所でもあるって事は
大事なのかなと思います。



こんな意見を言ったら
否定されるんじゃないか
こんなことを言うと
相手から白い目で
見られるんじゃないかっていう風に
思ってしまってる場所だったとしたら



自分の意見っていうのは
なかなか素直に言えないいうのが
あるのかなと思います。



こんなこと言っても許されるだろうっていう
意見が尊重される場所であるからこそ
安全な場所って出来るのかなと思います。



そういう一人一人の意見が
尊重される場所っていうのも
必要ではあるのかなと思います。



またチームワークだけでなくて
僕達の意識の世界の話でも
安全な状態っていうのは
ものすごい影響が与えるって事があります。



意識の世界でよく
潜在意識と顕在意識っていう風に
分かれるっていうのは
聞いたことがあるのかなと思います。



潜在意識っていうのは無意識の状態で
自分では自覚することができないけど
大きな影響を及ぼしている
ということがあります。



顕在意識っていうのは今、自覚できている
普段の意識ってことで
大体3%~10%っていう
それぐらいの小さい範囲しか
僕たちは意識することができないって
言われています。



その他の部分っていうのは無意識の状態で
意識はしてないけど
僕たちに影響を及ぼしているって事があります。



潜在意識と僕たちの
普段意識しているところでは
だいたい壁があるって言われています。



その壁があるからこそ
普段は潜在意識から僕達の意識に対して
一方通行で影響を及ぼすってことがあります。



僕たちの意識が潜在意識に
何か働きかけようとしたり
アクセスしようと思っても
壁があるので普段はできないのです。



でもこれが瞑想することによってとか
催眠療法で深いリラックスした状態に
なることによって
普段では意識することができない
潜在意識に対して
アクセスすることができるって
いう風に言われています。



この潜在意識の中には
今まで生きてきた中での
全ての記憶が残っている
と言われていますし



もしかしたら
前世の記憶すらも
潜在意識の中にはあるって言う風に
言われています。



だからこそ催眠療法では
深いリラックス状態に持っていくことによって
普段では意識することができない
潜在意識の領域に
意識を持っていくってことができます。



それは安全で安心な場所というのも
一つの鍵としてあります。



そういうのも一つ覚えておいても
いいのかなと思います。



ということで今日のまとめとして
安全で安心な場所を作りというのが
僕たちの能力を
最大限に引き出していくって
ことがあるのかなと思います。



そういう場所を作るためにも
できるコーチっていうのは
人の話をよく聞く
部下の話を聞いたり
部員の話を聞くことがあります。



自分の一方的な押し付けではなくて
その人が今何に悩んでいるのか?
どんな課題に取り組もうとしているのかって
いうのよく聞いた上で
主張するっていうことがあります。



また母親が子供の話をよく聞くとか
旦那さんが奥さんの話をよく聞くとか
そういう相手の話をよく聞くことによって
安全で守られた場所が
作られていくってことがあります。



相手の話をよく聞かずに
自分の一方的な主張だけしても
それはなかなか安全で安心な場所作りとか
できないのかなと思います。



また自分の意見が尊重される場所
っていうのも大事なことです。



こんなことを言って
否定されるのではないかとか
こんなこと言って
場違いではないのかっていうふうに
そんな自分の発言が否定されそうな所では
安全で安心な場所を作り
ってのはできないのかなと思います。



そういう安心安全な場所作りが
できるようになると
一人一人の能力っというのが
最大限に生かされて
チームワークが良くなるって事があります。



また自分の意識の世界の中でも
安全で安心な場所であって
深いリラックス状態になることが
できたとしたら
普段は意識できない
無意識の世界にもアクセスすることが
出来るって事があります。



そんな感じで僕達は
安全で安心というのがキーワードで
安全で安心であるからこそ
最大限に僕たちの力っていうの
発揮できるって事があります。



そういう安全ってことが
僕たちの中では最優先に
守らなければいけないことなのかな
とは思いました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年04月01日2021年:4月

恐怖がどれくらい僕たちに影響をあたえるのか?

今日は恐怖が人に与える影響について
ということでお話ししようと思います。



僕たちは何か不都合なことがあったりすると
怒ったり叱ったり
恐怖によって人を動かす
っていうことが多いのかなと思います。



上司がやる気のない部下を見て
コラ!お前そんなにやる気をなくして
何をやってるんだ
会社は遊びに来るところではないっていう風に
叱ることによって
やる気を出そうとするかもしれません。



また家庭においては
母親が言葉に向かって
あのことしちゃいけません
こんなことしてはいけません
という風に叱ることによって
子供を良い方向に向かわそうと
するってことはあるのかなと思います。



でもその恐怖によって
人を動かすっていうことに
どれくらいの効果があるのか
っていうのは
考えていく必要はあるのかなと思います。



確かに怒られて自分をやる気を奮い立たせて
それでやる気になる人って
いうのもいるでしょう。
でもそれはごくごく一部の人だと思います。



ほとんどの人っていうのは
怒られたり叱られたりすると
体が萎縮とかしてしまって
実力なんてほとんど出せないっていう
風になってしまうことも多いでしょう。



そして恐怖で体が萎縮してしまうと
思考停止してしまうってことがあります。



怒られた時っていうのは
ショックの方が先に来てしまいます。



なんて自分はダメだんだ
こんなミスしてばっかっていう風に
自分を責めてばかりいることでしょう。



そうやって自分を責めてばかりいる
時っていうのは
頭が真っ白になってる状態で
アドバイスなんてほとんど
入ってくることがありません。



それよりも自分を責めたりして
それだけで気持ちがいっぱい
いっぱいになってしまってます。



なんて自分はダメなんだ
こんな自分なんて
この会社にいる意味がないって
風にまで思ってしまうかもしれません。



そんな状態で前向きに
このミスをどう取り返そうとか
そんな風に考える事っていうのは
なかなか難しいものです。



このように自己嫌悪してる時間っていうのも
長くなるかもしれませんし
自己弁護として



いや私は悪くないんだ
あの人がああいうことしたから
こんなミスが起こったんだとか
ああいう状況だったら
誰でも仕方ないっていう風に
自己弁護として
言い訳をダラダラと考え始めて
そういうのを話し出すかもしれません。



ミスした時というのは必ず
言い訳っていうのが頭に浮かんで
どうこのミスを小さくできるのかっていうのが
先に考えてしまうってことが
あるのかなと思います。



また自分を怒りつけた人に対して
あんな言い方しなくてもいいのに
というふうに恨みを覚えることでしょう。



そんなふうに怒ることによって
何も良い事なんて無いのかなと思います。



そしてそんな自己嫌悪したり言い訳したり
相手のことを
恨みを持ったいってしている状態で
やる気なんて起こるはずがないと思います。



そんな状態で生産性が上がるわけもなしに
やる気が起こらない状態で
ずっといるかもしれません。



そしてそういう状態が
長くかかってしまうとしたら
それはとってももったいないこと
なのかなと思います。



人によってはその怒られたことによって
立ち直るのに
多くの時間を費やす人もいます。



その間ずっとやる気が起こらずに
生産性がないままというのは
とってももったいないこと
なのかなと思います。



また怒られることによって
体を壊してしまうことがあります。



ストレスによって腹痛とか頭痛とか
いろんなものに
悩まされてしまうってことがあります。



そしてそれを病院に行って
治すっていうこともありますけど
その直すのに
多くの時間がかかってしまう時もあります。



溜め込んだストレスで
体に出た場合っていうのは
簡単に治るものではないからです。



そういう体に出る前に
ストレスっていうのは
なんとかするってことが一番なんでしょうけど
でも怒られたり何かそういうことがあると
どうしてもストレスを体に溜め込んでしまう
ってことがあります。



そしてチームワークが悪くなってしまうって
こともあります。



怒られたり叱られたり
そういうのが蔓延してる状態では
お互いに協力しちゃうっていうことは
なかなか難しいです。



それよりもどう怒られないのかということで
自分のミスを相手のミスにしてしまったり
とかするかもしれません。



また上司に怒られた恨みを
部下にそのままぶつけてしまうって
こともあるかもしれません。



家庭内でも旦那さんが不機嫌で
会社から帰ってくると
奥さんや子供に伝染してしまうって
ことがあります。



そんな感じで雰囲気が
とっても悪くなってしまうって
ことがあります。



それにその会社が
何かものを扱っているとしたら
怒られてる姿を
お客さんに見せているわけです。



そういう怒られてる姿を見た
お客さんというのは
商品がどんなに良い物であったとしても
その店に行きたくなくなる
っていう風になってしまいます。



飲食店であっても
その飲食店の中で
従業員が怒られてる姿を見るだけで
どんなに美味しいものであったとしても
何か美味しくなくなってしまったり
雰囲気が悪くなって
その店に行きたくなくなるって
事はあると思います。



そんな感じで怒られてるっていうのを
他の人が見るだけでも
悪影響を及ぼしてしまうって
ことがあるのです。



会社だけでなく
スポーツの世界でも
指導方法っていうのは変わってきてる
っていう風に言われてます。



昔は監督っていうのは絶対の権限があって
怒ったり叱ったり
時には暴力を振るってまでも
部員に対してやる気に
させていたってことがあります。



でもそれは昔であって
今そういうことをしようとすると
部員というのはすぐに辞めてしまいます。



それにそんな叱られて
力を発揮する部員も少なくなってきて
オドオドして監督に叱られないように
監督の顔色を伺って何かをするっていう
そういう部員しかいなくなってしまいます。



そういう所っていうのは
結果すらも出せなくなってきています。



名門校と呼ばれている
昔強く強かったところがあったとしても
今っていうのは部員も集まらないし
なかなか勝てなくなってきているって
事があります。



今は自主性ということが大事になってきて
叱るということではなくて
いかにその人の能力を伸ばすかという事で
褒めるって事が求められてるように思います。



このように僕達っていうのは
想像以上に人に与える影響っていうのは
大きいのかなと思います。



特にそれは指導者と呼ばれる人っていうのは
自分の言動がどのように
部下とか教える人に影響を与えるのかって
いうのを考えてみる必要はあるのかな
と思います。



やみくもに叱るとか
何か強制させてやる気にさせようとか
業績をあげようってするのは
古い考えであって
今は通用しなくなってきてる
て事があります。



もっと戦略的に褒めたりとか
やる気にさせたりとか
そういうことを考えていく必要は
あるのかなと思ってます。



こんな感じで
今日のまとめとして
怒ることによって
やる気にさせるっていうことは
そのやる気になる人っていうのも



確かにいるかもしれませんけど
それはごくごく一部の人であって
多くの人っていうのは
萎縮してしまいます。



怒られることによって
自分はなんてダメなんだ
というふうに自分を責めて
それで自分を責めてる間っていうのは
思考停止した状態で
せっかくのアドバイスも全然入ってきません。



何かこのミスを取り戻そうと
前向きに考えるって事もありません。



またストレスによって
腹痛や頭痛など体にも変調を
きたしてしまうってことがあります。



またそういう体の調子を治すというのには
多くの時間を要してしまいます。



そしてその叱られたり怒られたり
そういう場所では
チームワークがとっても悪くて
同僚同士が足を引っ張りあったりして
協力体制するってことが
少ないってことがあります。



その上で怒られてる姿を
お客さんなどが見た時には
もうあんなとこに行かないで
おこうって思うかもしれません。
そうやって店の評判も下がってしまいます。



そんな感じで
叱るとか怒ることによって
何かをさせるって言うことには
多くのマイナスがあるということがあって
それでは覚えておいた方がいいのかな
と思いました。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月29日2021年:3月

「楽しい」には階層がある

今日は楽しいには階層がある
ということについて
お話ししようと思います。



前回は正しいよりも
楽しいを選ぼうということについて
お話しさせていただきました。



その内容として
正しいことを選択したいくと
~しなければいけないっていう風に思って
それを自分にも相手にも
押し付けてしまうっていうところがあります。



だからそうしていない相手を正そうとして
争いを生むっということに
つながってしまいます。



でも楽しいを選ぶと
楽しいか楽しくないか
ということにしか分かれないので
争いも生まれずに
そして楽しいには
~したいっていう本音が
隠れていることがあります。



頭の声が正しいことであるなら
心の声は楽しいことの中にあります。



だから心の声を大切にしていくことで
本音が出てくるっていうことがあります。



ただ楽しいには階層があります。



ただ単に快楽として
目先の楽しさだけで終わってしまうのか
それとももっと深い感動の
喜びがあるのかという
そういう階層に分かれるって事があります。



快楽として美味しいものを食べるとか
ショッピングに出かけるとか
旅行に行くっていう
そういう楽しみの仕方もあると思います。



それはリラックスするという上で
大切なことになってくるでしょう。



そういうのも大いに
とっていけばいいと思いますけど
でもそれは一時的な喜びにしか繋がらない
ということがあります。



簡単にできる楽しさは感動は少ないですし
喜びも薄れていくっていうことがあります。



深い感動していこうとしたら
簡単にはできないようなところがあって
苦労して手に入ったものってのは
深い感動があるのかなと思います。



例えばバイクを買うにしても
親のお金で簡単に買ってもらったバイクと
バイトで
一生懸命頑張ってやっと買ったバイクでは
全然そのバイクのその持ち入れ
思い入れが違ってくるのかなと思います。



そのバイクを買うっていうことも
楽しみの一つであるとしたら
簡単に買ってもらったバイクは
そんなに楽しみというのはないけど



バイトして一生懸命そのバイクを買う
ということを楽しみにしながら
やった成果っていうのは
バイクを買った時には
大きな感動として
生まれてくるのかなと思います。



このように人って
簡単に入ったものっていうのは
そんなに価値がないですけど
苦労して手に入ったものっていうのは
自分の中で思い出も深くて
感動も大きいっていうことがあります。



それは映画とかドラマを見ていても
そうなのかなと思います。



ドラマでも映画でも
なんのその苦労もなく
幸せに過ごしてるだけの映画だったら
全然つまらないと思います。



波乱万丈で色んな苦労して
危機的な状況に陥りながらも
それを乗り越えて
そして成長してやっと達成した
やっと幸せになれた
そういうところに人って共感を呼びますし
そういうものを見たいって
思うのかなと思います。



決して幸せだけを願って
そういうの見たいって
いうわけではないのかなと思います。



苦労するところとか悲しむところとか
ここから這い上がる姿
そして成長していく姿っていうところに
人って感動をよぶのかなと思います。



また人って一人では
なかなか楽しみっていうの
味わうことっていうのは
できなないのかなと思います。



多くの人と食べに行ったり
飲みに行ったりすることで
楽しみが何倍にも増えるって事が
あると思いますし
いろんな人と旅行行くことによって
その旅行も大きく楽しみが増える
ということもあるのかなと思います。



そんな感じで一人で何か
美味しいものを食べるって事も
良いかもしれませんけど
大勢で盛り上がって
その美味しさを共感していくってことも
喜び楽しみを大きくする
秘訣なのかなと思います。



ただ喜びを味わうということで
いろんな人と飲みに行ったり
食べに行ったり
旅行に行ったり
するっていうのもいいかもしれませんけど



気が合わない人と一緒に行くと
余計に疲れたり
気が重くなったり
楽しめないってことがあります。



やっぱり自分に合った人と一緒に
どこか食べに行ったり旅行に行ったり
何か一緒にやっていくってことで
喜びも増えるって事があります。



だから無理して人と付き合って
何かしなければいけないってことでは
ないのかなと思います。



自分に合わない人とは
距離を置くようにして
自分に合う人と一緒に何か出かけたり
食べに行ったりっていう事をしていく
そういうことにすることによって
喜びも増えていくのかなと思います。



また一人で楽しむってことも
いいかもしれませんけど
誰かに喜んでもらうというのも
楽しさの一つなのかなと思います。



誰かにサプライズを考えている時っていうのは
ワクワクしてそれだけでも
楽しい思いにさせてくれるものです。



こんなことしたら相手が喜ぶのではないか
こういう事して相手を驚かそうという
そういう考えてる時ってのは
ワクワクして喜びとか
楽しさっていうのは大きくなるという
ことがあるのかなと思います。



それっていうのは人は本来
誰かのために何かをしてあげたいっていう
そういうものが
本能にある生き物なのかなと思います。



例えばテレビゲームをするにしても
ほとんどのテレビゲームが
悪者を倒す倒して
世界を救うっていう
そういうヒーロー役で
自分がヒーローの役になって演じる
ということが多いのかなと思います。



また子供の頃の夢を聞いた時に
誰かの役に立ちたいっていう
そういう職業に就きたいっていう人が
ほとんどなのかなと思います。



そんな感じで
僕たちは誰かに何かをしてあげたい
してあげる時が大きな喜びを感じるし
誰かに何かをしてあげるって言う事が
遺伝的に組み込まれている
そういう生き物なのかなと思います。



今回のまとめとして楽しいには階層があって
快楽として目先の楽しさから
感動のように深い喜びまであります。



快楽の目先の楽しさっていうのは
それも大事なことなんですけど
自分を喜ばせる美味しいものを食べるとか
ショッピング出かけるとか
旅行に行くっていう
そういうリラックスの方法もあります。



でもそれは長続きしませんし
楽しさも大きくないっていう風に
言えるのかなと思います。



感動する深い喜びとしては
色んな苦労して悲しみを経てて成長して
やっと成果を手にした
その時の喜びっていうのは
大きいと思います。



また誰かと共感して分かち合う
誰かと一緒に食べに行ったり旅行に行ったり
そういう一緒に行動することによっても
喜びは大きくなります。



また誰かに何かをしてあげたいって
思う時も喜びっていうのは大きくなります
サプライズをして考えている時なんて
考えているだけで
ワクワクが止まらないっていうこともあります。



そうやって自分だけの喜びを得るのではなくて
誰かに対して何かしてあげたいっていう
そういうのも
喜びの一つに繋がっていくのかな
と思います。



そんな感じで深い喜びと
快楽としてちょっと浅い喜びがあるって事を
覚えておいてもいいのかなと思いました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月25日2021年:3月

正しいことより楽しいことを選ぼう

今日は正しいことより
楽しいことを選ぼうということについて
話ししようと思います。



僕たちは正しいというのを基準に
選んでしまってることが
多いのかなと思います。



その原因の一つとして
小さい頃からあれはしてはダメ
これはしたらダメ
あれをしなさい
これをしなさい
っていう風に
強制させられてばかりいたっていうことが
あると思います。



自分のやりたいことよりも
ルールとか常識というのを植え付けられて
その中で何が正解かというのを考えて
選ぶようになってしまったっていう癖が
ついてしまってることもあると思います。



そういう正しさで選択していくと
正解か間違いかの
二者択一になってしまいます。



もし間違いを選択してしまうと
それを改めて正しい方向へ
修正したくなるって言う事があります。



例えば会社だったら
仕事は手を抜くなとか
上司を敬えとか
飲み会には付き合えとか
身だしなみはきちんとしろっていうふうに
自分の持っている正しさというのを
他人に押し付けようとしてしまうって
いうことがあるのかなと思います。



でもその正しさっていうのは
人によって違うと思います。



ある人にとっては
間違いなことであったとしても
別の人にとっては正しい
という場合があります。



逆に自分とっては
正しいものであったとしても
別の人にとっては間違い
っていうこともあります。



そういうのを強制させて
人に押し付けようとしていくと
喧嘩になってしまったり
争いの種になってしまうってことは
あると思います。



そして正しさばかりだと
本音が隠れてしまうっていうことがあります。



頭の声である
~しなければいけない
~してはダメと
考えてばかりいると
心からやりたいことである
~したい
~したくないというのが
見えなくなってしまいます。



ということで正しさっていうの
選択しているとルールや常識があって
その通りにしないと
いけないって風に考えてしまいます。



そして間違いを行うと直させようってしたり
相手を責めたりして
争いの元になってしまいます。



また~しなければいけない
~してはいけないっていうことで
判断するのでプレッシャーが大きいです。



また頭の声ばかりに従っていると
自分の本音っていうのが
わからなくなってしまうって
いうことがあります。



一方で楽しさで選択すると
楽しいか楽しくないかの二つに分かれます。



楽しくないで選択したとしても
楽しくないっていうのは
誰も責めることはないと思います。



自分が不快になるだけで
相手に強要する事っていうのも
減るのかなと思います。



その点、争いになりにくい
ということがあります。



そして楽しさには本音があります。
~しなければいけないという
頭の声ではなく
純粋に自分の本音である
~したいが楽しいを選択すると
見えてきます。



心の声には本音が隠されているのです。



ということで
楽しさを選択するとルールがあるわけでもなく
正解もないというのがあります。



だからこそ楽しくないを選択しても
直させようとしたりとか
相手を責めたりっていうことがないので
争いが減ります。



そして~したい、~したくないで
判断するので
自分の本音って出やすいっていうのがあります。



心の声に従うことが
多くなるって事があります。



どちらを選んでいる時が多いのか
というのを考えていく必要は
あるのかなと思います。



もし今息苦しいと感じていたり
何か悩みが多かったり
争いが多かったりっていう人は
自分が正しさばかりで
選択していないかっていうのを
考えていく必要はあるのかなと思います。



ここで結論として正しさというのは
なぜそういう風なことを
基準に選ぶようになったのかっていうと



小さい頃からあれをしなさいとか
あれをしてはダメっていう風に
強制させられてして
生きていくことが多かった



それが大人になっても
その癖が抜けずに怒られないようにとか
人から嫌われないようにという風に
選んでしまってることが多いのかなと思います。



そして正しいことばかり選択していくと
争いを生んでしまう
っていうことがあります。



でも楽しいを選択するようになると
頭の声である
~しなければいけないということよりも
心の声である
~したいという風に
選択することができるので
自分の本音が
出やすいっていうことがあります。



なるべく自分の本音にしたがって
楽しいというの選択していけると
人生が豊かになっていきます。



だから正しいことよりも
楽しいことを選択していきましょう。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月22日2021年:3月

後悔を手放すと自由になれる

今日は後悔を手放すと自由になれる
ということについて
お話ししようと思います。



後悔というのは
ああしておけばよかった
こんなことをしなければよかった
というのを
過去を悔やんでしまっているという
そういう状態です。



例えば就職する時や学校を選ぶときに
あの会社にしとけばよかったとか
こっちの学校にしとけば
また違った結果になって
こんな思いを味わなくてすんだのに
って思う時もあるかもしれません。



またある時は恋人を作るのに
あの時なんてもっと積極的に
声をかけられなかったのか
もっと自分のことをアピールして
やらなかったのか
という風に思うかもしれません。



それがなかったら今頃あの人と
うまく結ばれていたはずだって
思う時もあるかもしれません。



またあの時怒りに任せて
あんなに酷いことを言わなければよかった
あの人を傷つけてしまったという
後悔を抱えている人もいるでしょう。



また仕事ばかりせずに
もっと家族を大切にしておけばよかった
という風に
思っている人もいるかもしれません。



そんなふうにみんな何かしら後悔をして
そういうのを抱えている人が
多いのかなと思います。



確かに現在の自分から見てみると
過去の自分をもう少し
上手くコントロールしていけば
また違う結果になったんじゃないかっていう
風に思うかもしれません。



でも実際には過去の自分っていうのは
その時は精一杯やっていて
その別の選択肢を取るってことは
難しかったって言えるでしょう。



別の高校を選ぶってことも
できなかったですし
恋人に対して積極的に
アピールするってことも
過去の自分ではできなかったでしょう。



現在の自分から見たら
過去の自分はすごいことを
できたんじゃないかってふうに
思うかもしませんけど



過去の自分は精一杯頑張っていて
それ以上の選択肢っていうのは
出来なかったっていう風に言えるしょう。



過去の自分を過大評価しすぎてしまう
っていうのが
振り返るとそういうのを
感じてしまうっていうことが
あるのかなと思います。



そんな感じで
もしもっていうのは存在しない
というのがあります。



タイムマシーンに乗って
過去に戻れるわけじゃありません。
違う選択肢をすることもできません。
やり直すこともできないのです。



ただ自分のやってきたことを受け入れるのみ
ということがあります。



過去ばかり悔やんでいると
もしもの世界に入り込んでしまって
未来に対して何かやっていこうっていう
いう風になるエネルギーが
なくなってしまうということがあります。



ずっとあの時ああしておけばよかった
なぜあんな行動を取ってしまったんだ
というふうに
もしもの世界に
ずっと入り込んでしまっています。



そういう時ってのは
未来に対して何かやっていこう
こういうことをしていこう
こんな行動を取って
こういう結果を得ていこうって風に
考える事っていうのは
なかなか難しいものです。



でも後悔っていうのは
成長してる証でもあります。



僕たちは後悔を重ねながら
悔しい思いをしながら
申し訳ない思いをしながら
いろんなものに気づいていく
ということがあるのかなと思います。



そういう失敗からでしか学べないものもあるし
後悔しないと大切な事に気づけない
っていうことはあるのかなと思います。



今日の結論として
私はいろんな後悔を抱えています。



でもそれは現在の自分から振り返って
過去を見たときに
もっと別の選択肢が
出来たんじゃないかっていう風に
思うところから来ています。



でも別の選択っていうのは出来ない
あの時はあの時で精一杯で
他の選択肢をする事っていうのは
出来なかったっていうのを
受けれる必要があります。



でもそういうたくさんの失敗とか
たくさんの悔しい思いとか
たくさんの申し訳ない思いをすることによって
色んな気づきや学びがあります。



そうやって成長していくというのが
僕たち人間なのでしょう。



そしてあの時
あの後悔はあれで良かったのだって
思うことができたとしたら
過去の執着から解放されて
未来に対して何かやっていこう
っていうエネルギーが湧いてきます。



後悔があると
ずっと過去にエネルギーをとられてしまって
未来に対して何かやっていこうって
エネルギーが湧かないのです。



早く後悔を受け入れて
過去から自由になれる
そういう選択を取れると
いいのかなと思いました。



今日は後悔について
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月18日2021年:3月

大きなことをするより小さなことを大きな愛でやる

今日は大きなことをするより
小さなことを大きな愛でやる
ということについてお話ししようと思います。



僕たちはせっかく生まれてきたのだから
大きなことをしようとか
人の記憶に残ることしようとか
何かすごい成果を残したいって
思いがちな所があるのかなと思います。



でもマザーテレサは言います。
私たちに偉大なことはできません
偉大な愛で小さなことをするだけです。
まさにこれが真実を言っているのかなと思います。



僕たちは何か大きなことをとか
人の記憶に残ることとか
偉大な成果を残そうとするのに一生懸命なり
小さなことにほとんど関心を向かずに
スルーしてしまうところが
あるのかなと思います。



でも小さなことにこそ真実が含まれてるし
そういうところしか変えることっていうのは
できていないのかなと思います。



そうやって小さなところに大きな愛
偉大な愛を注ぎ込みながら
やっていくことということが
本当に大切になってくることなのかなと思います。



そういうことで
一隅を照らすっていう言葉もあります。



これは天台宗の開祖最澄さんの言葉
って言われています。



一隅を照らすっていうのは
一人一人が自分のいる場所で
自らが光となり
周りを照らしていくことこそ
私たちの本来の役目であり
それが積み重なることで
世の中がつくられているっていうことです。


私は大きな光を照らすということも
そういう人も必要かもしれませんけど
そうじゃなくって
一人一人が小さなところに照らしていく
自分のできる範囲だけをやっていく



大きなことを決してしようとしなくても
いいって言うことがあって
そういう人が集まっていくと
より大きなことができるようになってくるっていう。



決して一人で偉大なことをする必要もなくて
小さなことをコツコツと積み重ねていく
人がたくさん集まれば
おのずと偉大なことが
できるようになってくるっていう
そういうことが
世の中を作っていくって言われています。



まさに僕もそれは当てはまることなのかな
と思います。



僕もやっぱり偉大なこととか
大きなことっていうのに憧れることがあります。



でも小さなこと
自分の身の回りにいる人を
大切にするとか
家族を大切にするとかそういうところから
始まっていくのかなと思います。



youtubeで何百万人の人に対して
影響を与えるって言うことも
そういう人はいるかもしれんけど



でもまず自分の家族からとか
職場の人からとか友人から
そういう人たちに対して
影響を与えていく
何か親切をやっていくって



そういうところから
始めていくっていうのも
大事なのかなと思います。



そうやってやっていくことで
バタフライ効果っていうのもあります。



これって言うのは
ブラジルでの一匹の蝶の羽ばたきが
テキサスで竜巻を起こすっていう
というような現象だと言われています。



ほんの些細な出来事であったとしても
それが積み重なって世界を変えていくっていう
そういう大きなところまで
繋がっていくっていうことです。



やってるって事は
ほんのちょっとした出来事かもしませんけど
それが後々としてやっていくと
もしかしたら世界を変えるぐらいの
大きな事に発展していくかもしれません。



そういう効果もあるので
小さな事っていうのは
馬鹿に出来ないってことがあります。



ほんの些細なことがあったとしても
それが積み重なって
それがどんどんと大きくなって
世界を変えるぐらい
の大きなことになる。



ブラジルの一匹の蝶の羽ばたきが
あったとしても
それがアメリカのテキサス州の
竜巻を起こすぐらいの威力を
発揮するっていうこともある
という現象があります。



だから小さな事っていうのは
決して無力ではないと言われています。



僕達は小さなこと微力かもしれませんけど
決して無力ではないっていう
風に言われていますよ。



そういう微力を積み重ねていくことによってしか
大きな事っていうのは出来ない
ということがあるので
やっぱり小さなことを
どれくらい大きな愛で出来るのかっていうことに
至るのかなと思います。



僕も大きな事を
しようとするあまりに
些細なこととか小さなことを
ないがしろにしてしまうっていうところが
あるので
それは気をつけないといけないなと思います。



大きなことを目指すよりも
ほんの小さなこと、身近なこと
身近な人を大切にしていくってことが
今できることであり
それが僕の使命として
やっていかなければいけないことなのかな
と思いました。



今日は大きなことをするより
小さなことを大きな愛でやる
っていうことについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月15日2021年:3月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を開催しました。
僕を含めて5人の方が
参加してくださいました。
 
 
 
毎月になりますと
だんだんとお互いのことが分かってきて
近況とかを話していました。 
 
 
 
月1回なので、
状況が変わっている人もいれば
何も変わっていない人もいます。
 
 
 
無理のない話し合いとなると
月1回くらいがちょうど良いように思えます。
あまり頻繁に集まっても
そんなに話をすることもなくなってしまいます。
 
 
 
ゆるいつながりというのが
これから求められているからです。
あまりにもつながりが深くなると
SNSなどもゆるいつながりの一つですもんね。
 
 
 
良い情報などもゆるいつながりから
入ってくるというのがあるようです。
ちょっとした近況や、
ちょっとした悩みを話できるだけでも
心の負担は減ります。
 
 
 
自分の居場所を確保するというのは
これから大切になってきますからね。
  
 
 
ただ、もう少し人数が増えたらと思います。
コロナも落ち着いてきましたし、
これからは参加しやすいように
ネットではなくて
リアルで会って話ができる企画を
やっていこうと思います。
 
 
 
ちょうど桜も開花しますし、
みんなで花見ができると良いですね。 
良かったら参加してくださいね。
 
 
 
今度のZOOM飲み会は
4月9日(金)20時~
参加費 無料です。
 
 
 
よろしくお願いします。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月13日2021年:3月

自分の期待度が、相手の能力を変える

今日は相手をどう見るかで
相手の能力が変わってくる
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは相手に対して
あまりの影響を与えることができないって風に
思い込んでるところがあるのかなと思います。



でも僕たちは想像以上に
相手に影響を及ぼすってことが
あるのかなと思います。



特に指導者と言われるコーチとか先生とか
そういう人たちの思いで
生徒たちをどう見るかで



生徒たちが能力を発揮するか
能力が発揮できずに
そのまま終わってしまうのかっていうのが
大きく左右されてしまうことが
あるのかと思います。



そういうことでピグマリオン効果っていうので
よく言われています。



これって言うのはギリシャ神話に出てくるを
由来にしています
これって言うのは元々美しい女神の石膏像に
恋焦がれて
なんとか本物の人間ならないのかって
いうのを祈って
食べ物を与えたり体を拭いたりっていうふうに
石膏像にしていました。



毎日話しかけたりとか
哀れなほど献身的に身を注いだそうです。



それを見かねた神がとうとう石膏像を
本物の人間の美女に変身させてあげたていう
そういうギリシャ神話があります。



それがピグマリオン効果って言われる由来です
それぐらい石膏像に思いに寄せると
人間に変わるぐらい
僕たちの思いっというのは
思いは相手に通じる
相手に影響を及ぼす
っていうこともあるのかなと思います。



影響を与えます
またアメリカの実験で
ローゼンタール博士がものも有名です。



まずネズミの実験で
ある生徒によく順応させたネズミと
全く普通のねずみという風に分けて
生徒たちにそれをどうネズミを育てるのか
っていうのをやったそうです。



ネズミにはいろんな実験をしたそうです
泳いでどこまで端までゴールを見つけて
渡ることができるかっていうこととか
迷路があって迷路を
どれくらいの速さでクリアするのかっていう
そういういろんな実験を行ったそうです。



そしてよく順応されたネズミの方が結果が良くて
全く普通のネズミというのは
順応されたネズミよりも成績が悪かったそうです。



でもこれって言うのは
後で聞いたら
二つとも同じネズミを与えたそうです。



ただ入れ方が
よく順応されたネズミと言って渡すのか
全く普通のネズミと言って渡すのかって
この二つの違いだけであって
渡したネズミっていうのは
二つとも同じネズミを渡したそうです。



それなのに実験結果では
良いのと悪いのと
大きく結果が差が出たっていうことです。



またこれはネズミだけではなくて
生徒にもやったそうです。



サンフランシスコの小学校で
ハーバード大学の予測能力テスト
というのをやったそうです。



これっていうのはどれくらいその人
その生徒が能力を持ってるのか
というのを測るテストだったそうです。



その結果を先生に伝えて
その生徒が実際に伸びたかどうかっていうのを
測ったそうです。



実際にはそのテスト結果で
能力を持っているっていう生徒は
実際にその成績が伸びたっていうことがあります。



これもさっきのネズミのことと一緒で
実際にはそういうテストは行ったんだけど
でもその能力を持ってるかどうかっていうのは
適当にランダムでやったようです。



そのテスト結果もデタラメで
そんなに正確ではなかった。
ランダムで適当な生徒を指名して
その生徒が能力があるって言う風に指名して
教師に伝えただけです。



教師は勘違いして生徒っていうのは能力がある
潜在的に能力を秘めてるっていう風に思って
接するようになったっていうことです。
その結果その生徒は成績は伸びたそうです。



実際にはその能力あるかないかっていうのは
分からずに適当に選んだ生徒であるにも関わらず
その教師がこの人は潜在的に
能力は持ってるって思っただけで
そういう風に接しただけで
その生徒は成績は伸びたっていうことです。



そうな感じで僕達っていうのは
その先生の何か思い
どんな風に生徒を見るかによって
成績が上がったり下がったりというふうに
なるのかなと思います。



大きな影響力はあると思います。
これは成績が伸びたっていう風なことで
ピグマリオン効果の効果の良い面を
出してるって事もありますけど



反対にゴーレム効果って言って
周囲の人が期待しなかったり
低い関心しか持たなかった人
そういう周囲の人があまり期待しなかったり
関心を持たなかったり
この人はダメだって風に決めつけてしまったり
そういう事をしてしまうと
実際にその人のパフォーマンスは
低くなってしまうっていうそれはゴーレム効果。



さっきのピグマリオン効果は能力が高いと思われて
そうやって信じ続けると
能力上がるっていうことだけど



ゴーレム効果っていうのは
期待をしなかったり
なにも関心しなかったり
潜在能力がないんだっていうふうに
諦められたりってした人ってのは
実際にパフォーマンスは下がるってことが
ゴーレム効果として言われます。



こんな感じで僕達っていうのは
相手をどう思うかによって
相手が能力を発揮する
かしないかっていうのが
大きく左右されてしまうって
いうことがあるのかなと思います。



会社でもそれは
上司が自分のことを期待してると思うと
やる気になって
どんどんとその成果を発揮しようと思うけど
上司が怒ってばかりで
自分なんて何も期待されてないと思うと
やっぱり力を発揮しようと
思わなくなってしまうのかなと思います。



そんな感じで僕たちというのは
相手に対して
どれくらい影響を与えられてるのかっていうのは
考えてみる必要はあるのかなと思います。



家庭においても
子供に対してどれぐらい自分が
子供に対して期待をするのか
この子はダメだと思うのか
この子はすごいできる子だって思うのかによって
大きくその結果が違ってくるってことがあります。



決して小さなものではないのかなと思います
そんな感じで今日は相手をどう見るかで
相手の能力は変わってくるということで
ピグマリオン効果とゴーレム効果っていうことを
説明させていただきました。



ありがとうございました。




 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月11日2021年:3月

過去の未完了な感情は人生を翻弄する

今日は過去の未完了な感情は
人生を翻弄するということについて
お話ししようと思います。



私は心が元気な時はやる気満々で
行動する意欲が湧いているのかなと思います。



チャレンジ精神も大きいと思います。
でもそれは心が健康な時であって
心が元気をなくす時もあるのかなと思います。



そういう時ってのは
チャレンジする意欲もなくなって
言い訳ばかりするようになるらしいです。



その心は元気をなくす一つの要因として
気がかりっていうことがあるらしいです。



この「気がかり」っていうのは
小さなものだと
お部屋の電気を消したのかなとか
玄関の鍵をかけたのかなとか
今日はトイレットペーパーを買いに行こうとか
というものがあったとしても



気がかりがあったとしたら
仕事に集中する事っていうのはできなくて
心が元気をなくす一つの要因として
なってしまいます。



またそれは小さなものであって
気がかりが大きなものっていうのもあります。



大きなものだと
心に後悔を抱えてるものがあります。



心に後悔っていうのは
誰かに対して怒りとか恨みとか
自分に対しての罪悪感というのもあります。



そういう気がかりがあると
心っていうのは
そこにエネルギーを取られて
今に集中できないってことがあります。



そうなるとおのずと
チャレンジする意欲が湧いてこなかったり
言い訳ばかりして
何もしようとしなくなるって事が
あるのかなと思います。



こういう未完了の感情っていうのは
きちんと解消していくってことは
大事なのかなと思います。



こういうことで未完了の感情として
もしかしたら友人なんか裏切られたとか
友人に対して自分が
裏切り行為をしてしまったとか



あと恋人との関係でギクシャクしていたりとか
あとうまくいかないということも
気がかりの一つとして
心に重くのしかかってくる
一つの要因としてあるのかなと思います。



心の未完了の感情というのは
もし心に器があったとしたら
未完了の感情が
半分ぐらいまで
占領されてしまうっていうことが
あるのかもしません。



この半分の量を占領されて
しまっているとしたら
あとこれぐらいの半分の量でしか
仕事に対してとか
チャレンジすることとか
できなくなってしまうのかなと思います。



普通の購入気がかりがない人っていうのは
全部心を使えるでしょうけど
でもそういう気がかりがあったとしたら
半分はそこで埋まってしまっているので
この半分の量でしか
できなくなってしまうってことがあります。



これってとっても、もったいないことで
ずっとこの気がかりがあるうちは
この半分取られているっていう感じに
なってしまいます。



何かしてても
自分に対しての罪悪感とか
恨みとか怒りとかっていうのは
出てきてしまってて
そっちに心を取られてしまっている。



そんな状態で仕事に集中できるわけもないし
家に帰ってもそこに囚われてばっかりいると
テレビも面白くないし
食事しても美味しくないかもしれません。



どっか出かけようっていう気持ちも
起こらなくなってしまうかもしません。



そんな感じで未完了な感情
もしかしたら友人に対してとか
あと上司に対しての恨みも
あるかもしれません。



いろんな人間関係のトラブル
っていうのがあるかもしれません。



そういうの持ってるうちは
心がずっとそういうものに
とらわれてしまっていて
占領されているっていう状態です。



それを早く解決していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



解決するための方法として
自分と向き合う事って
とっても大事なことなのかなと思います。



今のままでいると
ずっと心に占領されてるけど
それって自分と向き合って
過去とどう折り合いをつけていくのか
過ぎ去ったものを
どうやって自分の中で解消していくのかって
言うてのとっても大事なことで



自分と向き合うとせずに
ずっとそれを持ち続けていると
時間とともに減っていくってことは
あるかもしませんけど
それはだいぶ時間がかかって
しまうことがあります。



でも自分と向き合ってそこに目を向けて
もしかしたら感情を開放する
感情を感じきるってことも
必要になってくるかもしませんし



相手に対して何かお礼をすると謝るとか
そういうことも必要に
なってくるかもしません。



でもそうやって過去とどう向き合っていくのか
それをしないうちは
ずっと自分の中の
心が占領されてしまってるって事が
あるのかなと思います。



とってももったいないことなので
もしできるようだったら
過去の未完了を少なくするし
減らしていくってことはとっても大事なこと
そうしないと心の健康っていうのは
なかなか保てなくなってしまうのかなと思います。



こういう心に何もない状態
心が空っぽで
何もとらわれていない状態でいると
ヤる気が満々で
いろんなことにチャレンジすることもできるし
いろんな行動もすることもできるし
ストレスなくいろんな未来に対して
出来るって事はあるのかなと思います。



でもそういう心に
何かギクシャクしてるものがあったとしたら
すごい心にとらわれてしまうとことあるので
それを早く解消してくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



もし今何かチャレンジしていこうとか
思えなかったり
仕事に集中できなかったり
何かぼーっとしてしまうってこと
があるとしたら



自分の中に未完了のものがないのかって
いうのを振り返っていくってことは
大事なことです。



そしてそれを見つけて自分と向き合っていく
それを解消していくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は過去の未完了な感情は
人生を翻弄してしまうということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月08日2021年:3月

「何になりたいか?」より「どうありたいか?」が大事

今日は何になりたいか?より
どうありたいか?を
考えることが大事だって言われています。



僕たちは小さい頃よりに
なりたいのっていう風に
聞かれることが多かったのかなと思います。



何になりたいのって聞かれた時に
今だったらyoutuberとか
公務員とかっていう人もいるかもしれません。



あとは学校の先生とか
料理人という人もいるかもしれません。



こんな感じで職業を選ぶ人が
多いのかなと思います
でもそう職業っていうのは
自分の知ってる範囲の中から選ばない
といけないことがあるので
すごい狭い範囲になってしまうのかな思います。



小さい頃からこんなにたくさんの職業
いろんな職業があるって言うの
分からないと思います。



でも小さい頃から
何になりたいのって聞かれると
この自分の知ってる範囲の中から
選ばなければっていうふうに
考えてしまうことがあります。



それで実際にその学校の先生とか
そういう人になりなるって言う人もいて
それはそれでいいのかもしれませんけど
でも大体は自分の将来について聞かれても
やっぱりわからないっていうことが
多いのかなと思います。



それは狭い範囲の中から
選ばなければいけな
いっていうことがあるから
どうしてもわからないっていうことが
出てくるのかなと思います。



でも実際にそんな職業を選ぶっていうことは
自分の中ではその生きていく中で
そんなに大したことはないのかなと思います。



どんな職業を選んだとしても
そこでどんな心構えでするのかが
大事になってくるからです。



たとえ希望の職に就いたとしても
イヤイヤやってるよでは
生きがいっていうのは見いだせません。



特に希望じゃない
自分の希望じゃない職業に就いたとしても
そこで一生懸命やったり
楽しんでやることができたとしたら
生きがいも見出せるし
喜びもそこで得られるって事が
あるのかなと思います。



そんな感じで
どんな職業っていうのも
ある程度は大事になるかもしれませんけど
でもどんな心構えでやるのかっていうことが
最も大事になってくるのかなと思います。



そういうことで
大事になってくるのが
どうありたいのかっていう
そういうものがあります。



どうありたいって聞かれて
職業を選ぶ人はなかなかいないと思います。



とありたいって聞かれて
優しい人でいたいとか
強い人でいたいとか
自由でいたいという人もいるかも
ここだと心構えに近いものを
選ぶことになるので



何を選ぶかっていうよりも
より自分らしさを選択する事ってのもできるし
職業にどんな職業に就いたとしても
楽しむだったり
生きがいだったり
やりがいを見いだせやすいのかなと思います。



小さい頃からどうありたいのって聞かれて
育った人っていうのはこんな感じで
自分の本質的なものを
見つめるっていうことが
できるようになるのかなと思います。



何になりたいのって聞かれていると
職業とか限られた職業の中で
選択していかなければいけないってことになって
自分の本質とはまた違ったものを
選ばなければいけないっていう風に
なってしまうかもしれませんし



その職業に就いたとしても
どんな心構えでやっていくのか
っていうところまでは
思いにいかないのかなと思います。



だからなになりたいのかってよりも
どうありたいのか
そういうところがもっと大事になってくるし
そういうの僕たちは
考えていく必要あるのかなと思います。



今からでもどうありたいのか
自分はどんな人物になりたいのかっていう風に
やってくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



ちなみに僕はどうありたいのかっていうことで
安心感のある人になりたいってのがあります。



多くの人に安心してもらえるような
多くの人に安らぎだったり
心を許すだったり
飾らなくても良くなったり
そういうものを感じてもらいたい
そういう人にありたいなと思います。



そのためには
自分自身も飾らない
自分の素の状態で生きるし
自分の弱さっていうのも受け入れていくってこと
大事になってくるのかなと思います。



そんな感じで何になりたいのか?っていうよりも
どうありたいのかって
いうのを考えていくことが大事だ
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月04日2021年:3月

世界を変えるより自分を変えることの方が難しい

今日は世界を変えることより
自分を変えることの方が難しい
ということについてお話ししようと思います。



俺たちは何か世の中に貢献したいって
強く思う時ってあるのかなと思います。



でもそういう時っていうのは
もしかしたら自分の中にある
欠乏感を満たしたいだけ
という場合があるということです。



欠乏感っていうのはこんな感じで
自分中に穴が空いてるとします
その穴をどうにか埋めようとするっていう方法で



相手に何か貢献することで
自分のこの穴の穴を埋めようとする
っていう行為のことです
このように誰かに貢献をすることによって



自分の穴を埋めようとする
それをするだけでは自分も変わらないし
相手にも嫌な影響を与えてしまうって
ことがあります。



それは自分の穴を埋める
という行為をするためには
貢献することによって褒めてもらうとか
認めてもらうっていう
そういう下心があるからです。



もし自分が何も欠けてなくて
それで相手に何かしてあげたいっていう
そういう貢献であったとしら
別にそんなに褒めてもらおうとか
認めてもらうって言うことは少ないです。



自分の穴をどうにかして
満たそうとするために
誰かからの認めてもらう
褒めてもらうってことが必要で
認めてもらうために
誰かに貢献するっていうことがあるからです。



でも、そういうことしてると
どんどんと相手のエネルギーを奪ってしまう
ということがあります。



相手としては何かしてもらったら
お礼に何か言わなければいけないっていう
風になってくるからです。



やってあげてる人もお礼がないのに
なんで相手は失礼なやつだって風に
思ってしまうかもしれません。



こんな感じで自分の穴を埋めるために
何か貢献しようとしているうちは
どうしても相手から
奪おうとしてしまっていることがあります。



でも自分を満たしきっている人
全然相手から埋めてもらうとか
認めてもらうっていう風なことがないと
本当の貢献っていうのが
そこで出来るのかなと思います。



別に相手に認めてもらおうと思わないくても
大丈夫ですし
褒めてもらうともなくても
貢献してあげたいって思える
それが本当の貢献なのかなと思います。



こっちの欠けているところでは貢献って言いながら
相手からエネルギーを奪ってるだけ
自分がもっと穴を埋めたいだけ
ということになってしまいます。



そういう人っていうのは
世界を変えようとか
大きいことをしようとする人が
多いのかなと思います。



でも自分を見つめて
自分を変えるって事はなかなかしない
できないって言うか
自分の欠点を見つめ直すってことは
なかなか難しいことなので
そういうことはできていないのかなと思います。



また世界を変えるという事に一生懸命で
家庭の事が無茶苦茶だって人も思います。



あまりも外に向かって一生懸命なりすぎている
自分の大切な家族
家族がバラバラとか
酷いありさまというところもあるでしょう。



家族がひどいことになってるのに
それでも外に向かって
何かやって行こうっていう人っていうのは
結構多いのかなと思います。



特になんか宗教とかって
世界に向かって
良いことをしようとする人は
多いと思うんですけど
でも宗教家のその家族を見てみると
家庭が酷いありさまという
ところは多いのかなと思います。



自分の身近なところ
家庭を大切にせずに
世界に向かってとか
外に向かってやっていこう
っていう人ってのは
結構多いのかなと思います。



家庭っていうのは
一番自分のことを
自分の本性が出るところなのかなと思います。



そういう自分の本性
本性が出るところで
本当の自分の救い
自分の性格が貢献するってことだったら
いいのかもしませんけど



そういうところで貢献もできずに
すぐに外に向かって
何かやっていこうとするっていうのは
一番見たくないものを蓋をして
簡単にできるようなところをやっていく
ていう人が多いのかなと思います。



こんな感じで世界を変えるのは
比較的たやすい
難しい部分もあるんですけども
ここでは貢献するってことはやりやすいってこと



でも自分を変えるとか
身近な家族に貢献するっていうことは
とっても難しいことなのかなと思います。



でもこの難しいことが
一番大切になってくる
っていうことはあるのかなと思います。



そんな感じで世界を変えるより
自分を変えるって事は
難しいっていうのがあります。



それはなぜかっていうと
その欠乏感があるから
この欠乏感があると
より世界に向かってとか
外に向かってやっていこう
ていうことがあります。



本当に向き合わなければいけないのは
自分自身だったり
自分の一番よく知っている身近な家族だったり
ということがあるけど



でもなかなかそういうところに目をむかずに
すぐに貢献していこう
外に向かっていこうって
やってことしてしまうとことが
あるのかなと思います。



でもそれでは自分の問題をいくらだっても
解決していかないってことがあるので
自分と向き合ったり
あと家族と向き合ったり
そういうことをするってことは
とっても大切なことなのかなと思いました。



今日は世界を変えるより
自分を変えることの方が難しい
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。










 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年03月01日2021年:3月

幸福と健康を高める鍵は良い人間関係である

今日は幸福と健康を高める鍵が人間関係である
ということについてお話ししようと思います。



ある本に載っていたことですけど
ハーバード大学で
成人発達の研究というのがされました。



これはハーバード大学卒男性700人と
ボストン育ちの貧しい男性700人に
調査したことです。



この追跡調査っていうのが
なんと75年においてされたってことが
ここでは特徴として挙げられます。



その研究調査の結果として
結果が幸福を高めてくれるものっていうのは
一般的にはハーバード大卒が幸福度が高くて



ボストン育ちの貧しい男性というのは
幸福度が低いって言われてるかもしませんけど
そうではなかったってことがあります。



その家柄とか学歴・職業・年収というのは
全部関係がなかったっていうことです。



関係があった幸福を高めてくれるものって
いうのを調査していくと
良い人間関係があるかないか
というのが大きく左右されていたって
いう風に言われています。



信頼できる人がそばにいるかだけで
緊張が解けて
健康に保たれるって事があるのです。



心身のその苦痛が和らげて
喜びも倍になるっていうという結果です。



逆に孤独な人
孤独な人は病気になる確率が高かったり
寿命が短くなる傾向っていうのが
あったみたいです。



これは納得できるものなのかなと思います
人間というのは集団の生き物であって
やっぱり一人ではなかなか生きていくっての
困難なのかなと思います。



心が通じ合える仲間がいるかどうか
そういう人間関係が作られてるかどうか
によって身体にも心にも
大きく変わってくるっていうことが
あるのかなと思います。



ここで気をつけたいのは
良い人間関係っていうことで
ネガティブな友人がいると
友人がいない場合よりも
幸福度は低かったっていうことです。



ネガティブな友人がいるぐらいだったら
友人なんていなかった方がいいっていう
ふうに言われるのです。



ポジティブな友人関係があれば
寿命も延びて幸福度も増しますけど
でもネガティブな友人がいると
孤独の場合だったほうが
幸福度が高いって風に
言われるわけです。



ちょっと面白いところなのかなと思います。
だからネガティブな友人をどう排除していって
ポジティブな友人を作り上げていくのかって
いうことが大切に
なってくるのかなと思います。



そのポジティブな友人を作るためには
やっぱり自分もポジティブでいないといけな
いっていうのがあるのかなと思います。



いつもポジティブでいるって事は
なかなか難しいので
ネガティブになった時に
どう励ましてくれるのかとか
どのように援助してくれるのかっていう
そういうのも大きいのかなと思います。



ネガティブになった時に
どう励ましてくれるのか
ということもあって
そういうのも含めて
ポジティブな人間関係をつくるって事は
大切になってくるのかなと思います。



一緒に愚痴を言い合ったり
何か世の中に対して不平不満を言ったりとか
あと自分さえよければいいということで
何か犯罪集団とかそんな感じで
人を騙して自分を得させようとか
そういう人間関係があると
余計に不幸になってしまうっていうことです。



そういう人間関係だったら
作れない方がまだ幸せだっていうことなのです。



そういう感じで
どれくらいポジティブな人間関係を作るのか
ということが大事であります。



また人間関係が大きく左右されていて
家柄とか学歴とか職業とか
年収っていうのは
ほぼほぼ年を取っていくと
関係がなくなっていく
っていうことがあります。



最初の若いうちとか中年の時は
大きく及ぼすかもしれませんけど
でも年いって
本当の幸せを追い求めていく
いかなければいけないっていう時に



その家柄とか学歴とか
職業とは年収っていうのは
ほぼほぼ関係なくなってくる



どれくらい人間関係が作れているのか
良い人間関係があるのかっていうことが
カギになってくるってことがあります。



そんな感じで
老後をもし考えるとしたら
いい大学を行こうとする
ということも大事かもしれませんし
年収を上げるって事も大事かもしませんけど



でも良い人間関係を
どう作るのかっていうことは
老後に対して
最高の投資になるのかなと思います。



その老後とかその将来に対して
どれぐらい人間関係を作れるのかっていう
これを投資する人っては
なかなか聞かないっていうことが
僕の中であります。



それよりも年金とかなんかそういうことで
自分を安心させようとすることが
多いように思います。



でもそういうお金ではなくて
人間関係をつくるっていう事に投資して
今から準備していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



それが幸福と健康を高める鍵だからです。



今日は幸福と健康を高める鍵っていうのは
人間関係にある。



決して家柄や学歴や職業や収入ではない
ということについて
説明させていただきました。



ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月25日2021年:2月

変わりたい思いと変わりたくない力

今日は変わりたい思いと
変わりたくない力
ということについてお話ししようと思います。



僕たち人間というのは
人間じゃなくて生物全部ですけど
全て進化することを前提に
生きているのかなと思います。



進化を止めた途端に
生物として
生存できなくなる可能性があるからです。



いろんなものに変化して
その時の環境に対応していかないといけない
ということがあるからです。



だから進化として変化するってことは
人間としての
生物としての生存欲求として
DNAに深く刻み込まれているのかな
と思います。



自分を向上させていこうとか
成長させて行こうっていうのは
自然な流れなのかなと思います。



でもそれと同じように人間っていうのは
変わるということを拒む力
っていうのは働いてます。



これをホメオタシスと呼ばれてます。
恒常性機能と言います。



これは気温がどんなに変わろうとも
体温というのは常に36℃を保つ
と言うな感じでもあります。



また体内の水分量も一定に保つとか
そういう同じでいようとする機能
もし昨日と今日が全く違ってるとしたら
変化に対応するってことは
できなくなってしまうと思います。



顔が変化してしまったり
性格がガラッと変わってしまったっていう
ところでやってしまうと
人間ってそんなに対応が
できるわけでもないと思います。



だから昨日と同じ今日が続くとか
昨日と同じ顔が続くし
肉体にしても昨日と同じような感じで
ずっと続くっていう
そういう維持させようとする機能があるのです。
これも生物としての生存の力だと思います。



という感じて
人間っていうのは生物も一緒ですけど
人間として進化したい
成長したい向上したいっていう
気持ちもありながら



それと同時に変化したくない
変化してはその変化に耐えられない
今とずっと同じでいたいっていう風な
そういう機能もついていて



両者が引っ張り合いをしてるような
感じなのかなと思います。



何かダイエットしたいと思って頑張っていても
体重を一定にしていた方が
体は楽って言うか
安全でいられるし
今までと同じでのが
一番楽ってことがあります。



だからダイエットしても
体重を一定に保とうとして
どんなに頑張っても
リバウンドしてしまうって事があります。



そんな感じで
このホメオタシスをどう変えていくのか
これをどうクリアしていくのかっていうことが
その向上とか成長とか
そういうのも鍵になってくるのかな
と思います。



ゆうなれば
前に行こうっていう力があるのに
なんかゴムをゴム紐でくくりつけられて
前へ行こうとしてる感じなのかなと思います。



ずっとゴムを伸ばしてある程度までは
行けるかもしれんけど
でもそのゴムが伸びきったところで
また縮もうとして元に戻ってしまうって
ことがあるかもしません。



せっかく前に行こう前に行こうと思っていても
戻そう戻そうという力も同時に働いて
成長を阻むってことがあります。



よく例えられるのが
ロケットがあったとして
ロケットっていうのは
大気圏を突き抜けるまでが
90%の燃料を使うって言われてます。



それぐらい大気圏を脱出するってことは
大変なことだって言われています。



大気圏を出てしまうと
あと宇宙の世界なので
そんなにエネルギーを使わずに
進むってことがあります。



自分を変えていきたい
ということも同じように
最初の1週間か2週間
1ヶ月ぐらいかもしませんけど
90%くらい力が必要だって言われてます。



こういうゴムがあったとしても
ゴムを伸びきってゴムが離れたら
やっとそこで向上って言うことが
進化・成長ってことは
できるかもしれませんけど



ゴムがあるうちは
また縮んで元に戻ってしまうっていう力が
働いてしまっているのです。



そんな感じで相反する力っていうのが
その人間として働いてるって事です
僕たちが何か勉強したいと思ってても



やっぱ今までずっと
だらけてしまっているとしたら
いきなり勉強することはとても難しいことで



どうしてもやっぱり
今まで通りのだらけた生活に
いたいっていう風に
より戻しが出てきてしまうわけです。



そういう時は
このホメオタシスを
少しずつ慣れさすっていうことで



段階を踏んで
ちょっとちょっとずつやっていくってことが
必要なのかなと思います。



いきなり大きくワンステップで
何か大きく変化をするのではなくて
小さな一歩を積み重ねていくことによって
徐々に徐々に
このホメオスタシスが慣れていって
その次の段階に
その次の段階に行くってことが
できるようになると思います。



またこのホメオタシスが
慣れてくるのに
だいたい3週間かかるって言われてます。



3週間でひとつの習慣が身につく
と言われています。



だから3週間経つまでは
大きなことをとか
いろんな事するんじゃなくて
一つの小さなことを
徐々に積み重ねていくってことが
必要になってくるのかなと思います。



こんな感じで人間というのは
変わりたいっていう思いは強くあるけど
でも同時に変わらないでおこう
今までと同じでいこうって
そういう力も働いてるわけです。



そういう相反する力があって
人間ってなかなか変えることができない
変わりたいっていう意欲はあったとしても
変わる事って難しいっていう風に
言われてるわけです。



こういうのを
少し覚えておくだけでもいいのかな
とは思いました。



今日は変わりたい思いと
変わりたくない力が同時に働いている
相反する力が同時にあるということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月22日2021年:2月

人間の脳の仕組みについて

はじめに今日は脳の仕組みということについて
説明させて頂こうかなと思ってます。



まず人間の脳の仕組みとして
3段層に分かれて
それぞれ上から階層ごとに
なってるって言われてます。



で、その階層ごとですけど
最初に脳幹って言われてるところがあります。



これは爬虫類の脳って言われています
で、爬虫類の脳というは
大体は反射で
自分が何も考えずに
行動を起こしてしまうっていう
このテーマとして
安全でいることということがあります。



安全でいることには
まず食料、食べ物とか
そういう自分の生物として
維持するための活動を優先的に
していかなければいけないっていう
そういう脳です。



爬虫類って
そんなに考えずに
自分の生存をどうしていくかっていうのを
まずやっていくのかなと思います。



多分DNAで働いた
何かそのトカゲだったとしたら
トカゲがその獲物を見つけては
追いかけて食べるっていう
そういう所に集中していく
っていうものがあるのかなと思います。



あとはそんなに
自分でものを考えたりすることって
いうのは少なくて
まずは生存していくための
その本能としての脳が働いていくっていう
それは優先的にあるのかなと思います。



それは人間にも爬虫類の脳として
進化の過程でそういう風なものを
持ってるとことがあります。



この爬虫類の脳がありながら
その進化する上で
もう一つ脳が増えてきました。



これが大脳辺縁系と言われています。
これは進化で哺乳類の脳って言われています。



ここではこの哺乳類っていうのは
感情をつかさどるって言われています。



感情だから喜びとか
怒りとか恐怖とか
あと好き嫌い
そういう感情の起伏っていうのは
この大脳辺縁系で司るって言われています。



これも進化の過程で
順番に①、②
最初にこの脳ができて
その進化する上で
安全でいるだけでは
何か物足りないということで



その感情を働かせるようになったっていう
感じを働かせるようになって
より生存として強くなるって言う
生存するためのこれは能力
その仕組みという風に
思ってもらえばいいのかなと思います。



だいたい生物というのは全て
生存を優先に
考えていかなければいけないっていう
生存するために必要なものとして
こういうものが出来たっていう風に
言うことも出来るのかなと思います。



そして最後に3番目
これが人間として特徴する脳で
大脳新皮質って言われています。
これは人間の脳っていう風に言われています。



この大脳新皮質っていうのは
内省する能力、自分がこんなことしてしまった
ダメだな次は気をつけようっていう
そういう能力があったりとか
あと未来への思考能力
未来に対して何か考えることができるって言う
そういう能力があります。



だからこういうものがあるから
成長したいって風に
強く思うということが
できるのかなと思います。



もしこういう脳がなかったとしたら
自分を向上させていきたいとか
何か未来に対して
良い行いをしていきたいっていう
そういうものがないのかなと思います。



こんな感じで僕たちの脳っていうのは
3段構造になってると言われています。



その3段構造ですけど
まず順番に1番目をクリアしないと
2番目がうまく働かないしに
2番目をクリアしないと
3番目はうまく働かないっていう風に
言われています。



まず安全でいることが大事で
安全でいることができないとしたら
こっちとこっちこの脳っていうのは
なかなか機能しないっていう風に
言われています。



まず生活の基盤をきちんと整えることができて
この脳幹がうまく働いてクリアする



次に感情的に
感情がきちんと
その自分の納得できるようなものとか
その不安とか怒りとか
そういうものが収まった時に



やっとこの人間である脳として
未来に対して何か行動ができたりとか
成長したいとかそういう風に思えるっていう



その一つ一つクリアしていかないと
脳っていうのは
効いていかないというのがあります。



そんな感じで脳の仕組みとして
三重構造って進化する過程で
だんだんと付いていったものがあるけど
でもこっちの古いのを満足させていかないと
なかなか新しい脳には
機能していかないっていうことがあります。



もしねその自分で生活していく
なんか衣食住が足りないとしたら
こっちを優先にしてしまって
感情的なものとか未来対しての思考とか
そういうものをなかなか考えるって
いう余裕がなくなっているって事が
あるのかなと思います。



今生活するだけで精一杯な人っていうのは
そのまずはこっちが優先的に働いて
安全でいたいし
自分のその生存って言うことを
第一に考えなければいけないっていうことが
あるのかなと思います。



その生存は大丈夫であっても
家庭内がぐちゃぐちゃとかで
自分の感情をすごい左右される
安全でいられないとか
毎日が不安とかそういうことがあると
こっちの脳で止まってしまう
ということがあります。



家庭内で色々いざこざが
ある人っていうのは
未来に対して何かしていきたいとか
希望を持って何かやっていきたいとか
そういうところまでは
気が向かないっていうことがあります。



きちんとその感情的に
安らぐっていうことができた上で
やっと未来に対して
何かこうしていきたいとか
自分の能力を活かしていきたいとか
成長していきたいとか
そういうことを考える事が
出来るって事があります。



だいたい意識と無意識っていう風に
よく聞くかもしませんけど
この部分がこっから下が
無意識にあたるのかなと思います。



このここから下が無意識の領域で
自分ではなかなか意識して
意識することができないっていう
領域のことで



こっちの人間の脳として
理性として考えることができるってのが
顕在意識、表層意識とも言われてるけど
顕在意識として
自分が意識できるところだっていう風に
言われています。



でこれが大体比率で言うと10%で
無意識が90%ぐらいあって
顕在意識でいくら頑張ろうと思っても
無意識の力は90%くらいなので
無意識で何か働いてるものがあったとしたら
顕在意識でいくら何か頑張ろうと思っても
きついものがあるって言う。



顕在意識では
これから頑張って勉強しようと思ってても
こっちで勉強よりもまず食べ物を取って
自分の体をきちんと健康に保たなければ
いけないって思ってるとしたら
食べ過ぎで言うことがあるかもしませんし
こっちでいくらダイエットしようと思っても
なかなかダイエット難しいと思いますし



ここで恐怖だとしたら
その喜びを得るために
すぐに簡単に喜びを得られるような方法を
取ってしまって



いくらこっちの世界で頑張って
何か今だけの喜びじゃなくて
将来に対して何かやって行こうと思っても
難しいってことがあるのかなと思います。



そんな感じて大脳辺縁系と脳幹というのを
どれぐらい満足させることが
できるのかによって
自分の能力も上がるし



未来に対しての思考
考えることができるっていう力も
ついてくるし



成長をどれくらいできるのかっていう
意欲も湧いてくるのかなと思います。



まずこっちを優先的に
働かせなければいけない
ということがあります。



だいたいその大脳辺縁系を
満足させるっていうことは
なかなか難しいことなのかなと思います。



今ストレスが大きい時代って言うことがあって
自分のそのストレスで好き嫌いとか
恐怖体験とか不安とか
漠然としたものが今あると思います。



将来に対してなかなか建設的に
やっていこうっていうのは思えなく
なってるような時代なのかなと思います。



しかもいろんな誘惑ってのがあって
誘惑ってのは
だいたいこちらを刺激するっていう風に
言われています。



例えば映画館に行って
そのポップコーンの匂いを出すことによって
ポップコーンを
買わせていこうっていうことがあって



いくらダイエットとして
何も買わずに映画を見ようと思ってても
そのポップコーンの匂いを嗅ぐことによって
この脳幹とか大脳辺縁系を刺激して
こっちに働きかけて買わせようとする。



いくらこっちで買いたくないって思ってても
なかなかこっちで反応してしまうと
誘惑に負けてしまうっていうことがあります。



今日はそんな感じで
人間の脳の仕組みとして
進化の過程でついた
一番目の爬虫類ののが一番目で
次に大脳辺縁系として
哺乳類の脳が2番目で
やっと第3番目として
人間の脳が作られたっていうことで



一番目を満足させないと
2番目が働かないし
2番目を満足させないと
こっちが働かないしっていう風に
なってるっていう
そういう仕組みになっています。



今日は脳の仕組みについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月18日2021年:2月

自分のことは冷静に見ることができない

今日は自分のことは冷静に見ることができない
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは自分のことは
自分が一番理解してるって
思いがちなところがあると思います。



でもそれは本当なのでしょうか?
もしかしたら自分のことを
他人の方がよく理解してるっていう場合も
あるかもしれません。



なぜなら自分の事っていうのは
変な主観的な物で
好き嫌いとか
自分の変なこだわりとか
自分のその価値観っていうのが入ってきて
冷静に自分のことを
見ることって難しいからです。



例えば自分はどんな職業に向いてるのか?
ということを思ってみると
自分では大工とか料理人に
向いてるって思うかもしれません。



でも周りから見たら
あなたが大工? 
そんな手が不器用なのに
なぜそういうのを選ぶのって
思うかもしれません。



それは、その人が大工っていうのは
かっこいいし
昔から憧れだったっていうことがあって
大工を選ぶっていうことが
あるかもしれません。



それで素晴らしいことなのかもしれませんけど
それが適職か
その才能を存分に
活かせられるかっていうと
そうではないのかもしれません。



でもそれが自分で見えなくなってしまってて
周りの人から見ると
そういうのが冷静に見えて判断できるのに
自分ではそんな自分が手が不器用だって
思わないかもしませんし



大工に向いてないっていうのを
認めるって事は
とても難しいことなのかもしません。



他人の方が冷静に見ることができて
あなたは大工に向いてないのに
もったいないなって風に
判断するってことができるかもしれません。



そんな感じで自分のことを
客観的に見ることっていうのは
とっても難しいことなのです。



まだ他人の方が変な感情がない分
客観的に判断して
あなたはこういうことが向いている
こういう所に着けばいいのにって言うに
冷静に自分のことをわかってくれるって
事があるかもしれません。



また結婚相手にしても
自分としては最良の相手を選んだと
思ってたとしても
他人から見たら
なんでその人を選ぶのっていうふうに
思ってしまうところがあるかもしれません。



熱が上がってる時というのは
冷静に相手を見ることができなくなってて
この人で大丈夫
この人しかいない
もうこの人以外には考えられない
という風に思うかもしれません。



周りから見たら
なぜその人を選ぶのって思ってても
自分が熱が上がっている時は
なかなか冷静に見ることっていうのは
難しいのかなと思います。



そして何年かして熱が下がってきたときに
こんなはずではなかったっていう風に
後悔するってことは
もしかしたらあるかもしれません。



そんな感じで
自分のことっての冷静に見ることって難しい
結婚相手であっても
自分がどんな人と相性がいいのかっていうのも
自分で判断するってことは難しくて



まだ他人の方があの人だったら
あなたに向いてるのにって風に
思えるって事があるのかもしれません。



それは他人の人を自分自身が見るときでも
そうなのかなと思います。



他人の人を見て
あの人だったらピッタリなのに
あの相手だったら
あなたに会わないっていう風に
判断しやすいのかなと思います。



また芸能人とか見てても
なぜあの人があの人と
結婚するのかっていうふうに
思うってこともあるのかもしれません。



そんな感じで変な主観的なものがない分
冷静に判断できるとことがあります。



こんな感じで自分の事っていうのは
自分で見えていないって部分があります。



それは他人が自分よりも自分のことを
わかってくれてる部分っていうのがあります。



そういう風にするかしないかは別として
人からのアドバイスをもらうってことは
とっても大切なことなのかなと思います。



もしかしたら意外な自分の一面というの
見えてくるかもしれません。



自分ではこうだったと思ってても
人から見たら全然違ってて
意外な自分のその才能とか
自分の欠点なんかも見つかるかもしれません。



そんな感じで
自分のことを冷静に見るっていうことは
なかなかできないってことです。



ただ冷静に見ることができないですけど
一つの方法として
親だったら自分のことを
どういう風に思うだろうとか
友人だったら自分のことを
どんな風に判断するだろうで
その頭の中で第三者の目線になる



それだけでも少し冷静に
判断するってことができるので
そういうのも活用していくってことも
ちょっとは役に立つのかなと思います。



でも大体は主観的な自分の好き嫌いとか
こだわりとか価値観っていうのが
入ってきてしまって
自分のことを冷静に判断するってことは
とっても難しいことなのです。



だから他人のアドバイスとか
他人の意見を聞いていくってことは
とても大切なことなのかなと思います。



自分でわかっていない意外な一面を
教えてくれることでしょう
今日は自分のことは冷静に見ることができない
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月15日2021年:2月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を
無事に開催することができました。
僕を含めて6人の方
参加してくださいました。
 
 
 
月に1回でもこうやって
集まって話をするというのは
刺激になります。
 
 
 
前は初めて参加してくれた人でも
だんだんと慣れてきて
みんなと溶け込むように
なってきたのも嬉しいことです。
 
 
 
今回はそれぞれの近況とか
あとは堅苦しくなく
雑談のような形で終わりました。
 
 
 
6人なので2つに分けて
3人3人でのグループで話し合ったり
6人全員で話し合ったりと
ちょっとパターンを変えて話しました。
 
  
 
いつも思うことですけど、
大人になると出会いの場が少なく
自分から率先して作ろうとしないと
だんだんとつながりは減ってくると思います。
 
 
 
はじめてのところにいくのは
とっても勇気がいりますけど、
一歩踏み出してみることで
大きく変わってくるものがあります。 
  
 
 
僕も新しいところには
参加しようかと思っています。
ネットではオンラインサロンなど
いろんなつながりの場所がありますからね。
 
 
 
趣味が同じとか
やりたいことが同じとか
波長が合うとか
そういうことで探しやすいと思います。
 
 
 
つながりをつくっていくことは
大切になってくると思います。
良かったら、このZOOM飲み会も
一つの候補として入れていただけると
嬉しいです。
 
 
 
次回は

ZOOM飲み会
3月12日(金)20時~
参加費 無料
 
 
あなたからの参加を
お待ちしております。

 
 
 
ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月13日2021年:2月

怒りの奥にある~しなければいけないという囚われ

今日は怒りの奥にある
~しなければいけないという
囚われということについて
お話ししようと思います。



僕たちは何か相手の行動を見て
イラッとする事っていうのは
あるのかなと思います。



なぜイラッとするのかっていうことを
考えていく上で
なんか自分の常識とか価値観から
外れた行動すること
そういう人に対して
イラッとくるのかなと思います。



例えばいつも待ち合わせで遅刻する人に対して
自分は遅刻をしてはいけないって
思っているのに
相手は平然と遅刻して
何の悪気もないっていう人がいたとしてます。



そういう人に対しては
すごくイラっとくるはずです
自分はせっかく守っているし
遅刻をしてはいけないっていう風に
思っているのに
相手は遅刻を整然として
何の悪気もないっていうことがあります。



なんでお前は遅刻ばかりするのだっていう風に
責めたくなるかもしれません。



また仕事に対しても
自分は仕事は真面目にするべきだって
思っているのに
隣の人を見るとサボってたり
遊んでたりしたしている人が
いたとしたら



そういう姿見るだけでもすごい頭にきて
お前なんで仕事しないんだとか
なんでいつもサボってばかりいるのだ
という風に怒ってしまうことでしょう。



でもそういう怒りの奥には
大抵は~しなければいけないとか
~すべきっていう
そういう自分の中の固定観念があるから
そういう怒りが出てくるってことがあります。



固定観念というのは文字通り
固定してしまっている観念ってあって
観念っていうのはこう思うことがあって
仕事する、しないってあったとしたら



私は仕事を真面目にするっていう
そういう観念を持ってる人もいるし



私は仕事を遊びながらするとか
仕事は真面目にしないっていう
観念を持ってる人がいて



それは自由な観念であって
どういう思いをものに持ってるかって
いうものがあります。



でもそれが固定してしまうと
私は仕事を真面目しなければ
いけないっていう風に
凝り固まってしまうってことがあります。



だから仕事を真面目しなければいけないって
固定観念を持ってる人にとっては
仕事をサボるっていうことに対して
すごいと抵抗を持ってしまうとことがあります。



だから自分が仕事を不真面目してるとか
してしまったとか
相手が不真面目に仕事してる姿を見ると
どうしても許せないっていう気持ちが起こって
怒りが出てくるってことが
あるのかなと思います。



そんな感じで怒りの奥には
自分の中の固定観念があるから
そういうふうに怒りが
出てくるってことがあります。



ではなぜ固定観念が出てきたのかって言うと
その裏にはちょっと傷つけられたっていう
その嫌な出来事が関係していることがあります。



自分の中でも仕事を真面目にしなくて
すごい怒られたっていうことがあったとしたら
もう二度と仕事をサボるってか
仕事を不真面目するってことはしないでおこう
絶対に自分は仕事を真面目にするのだって風に
固く決心をするってことがあります。



それは怒られるっていう心の傷が
トリガーとしてなって
自分は真面目にしようって思うことがあります。



そんな感じで何か嫌な出来事だったり
もうこんな思いはしたくないって
思えば思うほど
私は絶対に
これを気をつけてやろうっていうふうに
思うわけです。



遅刻にしても
遅刻することによって
何かすごい嫌な出来事があったから
私は二度と遅刻はしないでおこうって
心に決めたっていうことがあります。



でもそれを他の人が破ったりすると
途端に怒りが湧いてくるってわけです。



大体自分が
こうであるべきっていうことがあると
他人にもそれを押し付けてしまう
っていうことがあります。



どうしても他人が
自分の固定観念以外のことをするのを
許するって事は難しいのかなと思います。



だから自分の中で何か怒りが湧いてきたら
どんな固定観念があるのだろうっていう風に
考えるとことは
とっても大事なことなのかなと思います。



僕の中でも色んな固定観念があって
それがあるから人を見てても
イラってくることが多々あります。



僕は結構イラっときやすい方なので
そういうのは気をつけて
見ていかなければいけないなと思います。



相手を変えるのではなくて
自分の心をまず
見つめていくっていうことが必要です。



自分の中には
どんな固定観念を持っているのか



そしてその固定観念が
どういう原因で生まれたのか



どんな嫌な思いをして
その固定観念が作られたのか



ということを
見ていくようにしていて
そしてその嫌な出来事を
癒すことができたとしたら
固定観念も少しは減っていくのかなと思います。



仕事を不真面目にするっていうことがあって
それですごい怒られたとしたら
その怒られたっていうのを
癒していくことによって
仕事をちょっとは手を抜いても大丈夫って
風に思えるようになるかもしれません。



あまりにも手を拭ってことは
それはしては駄目ですけど
あんまりにも真面目すぎて
肩に力が入りすぎていっても
それは駄目なのかなと思います。



そういうのはバランスで
程よい調整をしていくってことは
必要になっていくのかなと思います。



そうじゃないと
周りの人が手を抜いてというか
適度に力を抜いてやってるのに
自分だけが我武者羅にやっていっても
空気を乱すだけだと思います。



ただそういう風な
自分の心を見つめていくことによって
なぜその怒りが生まれのか
どんな傷があるのか
どんな固定観念を持ってるのかって
ことを知っていくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



自分の怒りが生まれた時
何かちょっとしたイラってした時に
自分の心を見つめていくっていうことは
とっても大事なことです。



今日は怒りの奥にある
~しなければいけないっていう囚われについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月11日2021年:2月

考えすぎの弊害

今日は考え過ぎの弊害ということについて
お話ししようと思います。



ある本を読んでいて
面白い実験結果が載っていたので
そういうのをシェアしながら
考えていけたらいいのかなと思います。



まず、その本に載っていたのは
コイン投げという試験結果です。



シカゴ大学の経済学者の人が
実験したもので
あるサイトにコイン投げるサイトを作りました。



迷ってる時は
その画面に迷っている理由を書いて
ボタンを押すという単純なものです。



ボタンを押すとコインが裏か表かに出て
表が出たら実行
裏が出たら実行しないっていう
とってもシンプルなものでした
そういうのを1年で4000人を
調査したっていう結果です。



その迷ってる理由の書き込みとして
1位が仕事辞めるかどうかで
2位が離婚すべきかどうかっていう
そういう重大な決定さえも
その画面に登録したもので
実行したってことがあります。



そして63%の人がコイン投げに従って
実行したってことがあるようです。



その結果表だろうが裏だろうが
コイン投げの通りに実行した人っていうのは
幸福度は高かったっていう結果が
生まれました。



これはどういうことかって言うと
決断において、やるかやらないかって
どう決めるかってのはどうでもよくて
決めるか決めれないかっていうことのほうが
重要だっていうことがあります。



やると決める
やらないと決めるっていう
それは本当にどっちでも良くって
腹を決めて自分の選択をきちんと決断する。



それが幸福度に左右されるっていう事です
いつまでもダラダラとどっちにしようかなって
迷ってる状態では幸福度は低い状態のまま
と言うことがあります。



それはなんか納得できるなと思います
仕事を辞めるかどうかって迷っている時に
ダラダラとどうしようかこうしようか



あれこれこんな仕事は駄目だとか
給料が駄目だとか
時間がどうたらっていう風に
愚痴を言いながらも続けていくっていう



不満たらたらでも
やっていくってことは
一番なんかその迷っている状態で
時間というのはもったいないことを
してるのかなって思います。



そんなんだったらもう早く辞めて
どこか次の場所に行くってことも
やった方がよっぽどスッキリして
次に行動してるし



そうやって迷ってる状態だったら
どっちにしようかって
ずっと心が不安定なまま
行ったり来たりを繰り返してしまうという
それだけでもエネルギーっていうのは
使ってしまうのかなと思います。



辞めるんやったら辞める
続けるんだったら続けるって言う。



すぐどっちかに決めることによって
ハッキリと自分の道っていうのが
そこで決まって
心てスッキリするってことが
できるのかなと思います。



仕事を辞めるかどうかっていうのを
コイン投げてもいいから
決めてしまった方が
スッキリして
その幸福度が高いってことがあります。



これはほんと面白い結果だなと思います。



もう一つの実験として
車を買うのに4台の車を用意したそうです。



中古車で4台の車で
そのうち1台だけがすごいお得な車で
あとの3台はハズレというものです。



でそのお得な車を
いかにその人が決めれるかっていう実験です。



実験として
考える時間がたっぷりあるグループと
あまり考える時間がないグループに
分けたそうです。



同じ情報を渡して
どちらかが正解を導き出せるかっていうもので
結果としてはよく考えたグループってのは
ほとんどの人が正解を当てられて



あまり時間がないかったグループというのは
半数しか当てられることが
できなかったっていう結果が生まれました。



これは言うなれば
当たり前のことなのかなと思います。



でもこれは前フリで
本命というのは
その情報をすごい増やした時に
どうなるかっていうことです。



情報量をたっくさん与えて
考える時間がたっぷりあった方と
あまり考える時間がなかった方と
そういう風なことで比べた結果が



考える時間が
たっぷりあったグループっていうのは
25%以下しか
正解を当てることができなかったって
いうことがあります。



25%というのは
4台に1台しか正解がないので
当てずっぽうで当てて
その確率になったっていう
ことでしかないのです。



逆に時間がなかったグループでは
60%の人が正解を出すことができました。



実験の結果として
短時間で決めなければいけない状態になると
人っていうのは優先順位を決めて
本当に大事なものだけで
判断するってことが
できるようなるのかなと思います。



でも時間がたっぷりあると
余計な情報が多くなって
ほんの些細なものであったとしても
大きなものに感じられてしまうっていう
そういう欠点もあるのかなっていうことが
実験結果でわかりました。



だから情報量が多かったり
時間がたっぷりあるってことは
必ずしも良いことではないって
ことがあるのです。



何か物を買うにしても
多く調べたり
多く時間を取ったりってすることも
大事なことしてませんけど



それがあまりにも大きすぎると
変な結果に生まれてしまうと事があります。



考えるって言うのは
無意識とか直感でやった方が
正解が生まれやすいっていうことが
あるみたいです。



でも多く時間があったり
多く情報がありすぎると
その直感とか無意識の力が
少し弱まってしまうってことが
あるのかなと思います。



その直感とか無意識を
いかに活用しようと思ったら
時間が少なかったり情報量が限られたり
そういうことをしていくことで
磨かれていくってことが
あるのかなと思います。



だから情報量が多かったり
時間をたっぷり取ればいい
というものでもないっていうことが
この結果で生まれました。



これって僕もすごい当てはまる部分があって
パソコンを買う時になんかでも
そういう高い買い物しようとしたら
すごい時間を取って
多くの情報を得ようとしてしまいます。



で結局、買ってしばらく経つと
あっての方が良かったんではないかとか
後悔してしまうことが
よくあるパターンなのです。



それぐらいだったら
時間を区切ってとか
情報を区切ってとか
そういう限られたもので
きちんとパッパッと決めた方が
よっぽど正解を出しやすいとことが
あったのかなと思います。



ものすごいやりがちなので
早速そういうことを取り入れて
情報を遮断したり
時間を区切ったりっていうふうなことを
していこうかなと思いました。



こういう風な感じで
少し面白い本の結果があったので
ここでシェアさせていただきました。



ここでは考えすぎの弊害ということについて
お話をさせていただきました。



ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月08日2021年:2月

被害者意識でいると幸せになれない

今日は被害者意識でいると
幸せになれないということについて
お話ししようと思います。



僕達の幸せを妨げるものとして
被害者意識っていうのが
あるのかなと思います。



過去に何か相手から
酷いことをされたとか
理不尽なことをされた
ひどく傷つけられた
大切なものを奪われたって
いろんな出来事があるかもしません。



そういう時ってのは
心に大きな傷を負ってしまうことでしょう。



そういう時っていうのは
相手を許せなかったり恨んだり
自分を惨めに思ってしまうってことが
あるかもしれません。



なんでこんな目にあうんだって
憤ったりすることでしょう
そんな感情でいる時っていうのは
過去にずっと思いが
囚われてるって事があります。



時間が止まって
未来に何かしていこうとか
希望を持って
目標を持ってやっていこうって
思えなくなってしまってます。



ずっと過去こんなことをされた
あんなことをされた
こんな大事なものを奪われた
という風なことで
悔やんでしまってるっていう事が
あるのかもしれません。



そういう時間というのは
とってももったいないことなのかなと思います。



だからそういう被害者意識から
早く抜け出して
止まってる時間というのを
動き出すってことは
大事なことなのかなと思います。



過去にいじめにあって
ずっとずっとそれは
ひどい心に傷があったのかもしれません。



でもそれをずっと持ちながら
大人になっても
私はこんなにいじめられたから
幸せになれないんだって風に
思ってしまってるとしたら
それはとってももったいないこと
なのかなと思います。



たぶん加害者である
いじめた人っていうのは
のうのうと暮らしていることでしょう。



笑いながら幸せになってるっている
ところがあるかもしれません
そういうのを想像するだけでも
許せないっていう気持ちが
大きくなってしまうかもしれません。



でも加害者である相手を変えようと思っても
なかなか難しい部分がありますし
相手に反省を求めようとしても
それは無理なことがあるでしょう。



だったらその何かされた
嫌がらせされた
いじめられたっていう気持ちを
早く癒して自分の時間っていうの
取り戻してほしいなと思います。



相手に何か反省を求めたり
自分を惨めに思うことをなくして
こんな嫌な思いというのを抜け出して
早くやってほしいなと思います。



自分の心を癒していくってことが
大事になってくるのかなと思います。



その自分の心癒す方法として
自分の感情に寄り添うってことも
一つの方法として
あるのかなと思います。



こんなに嫌なことをされたというのを
自分の心の奥底に閉じ込めてしまってるって
いうことが多いのかなと思います。



それをいろんな人に聞いてもらったりしたら
少しはその嫌な思いっというのも
少なくなってくるってことも
あるかもしれませんけど



大体は自分の心の奥底に閉じ込めて
それを誰にも言うことなく
ずっと囚われて
奥に眠らせているって言う人が
多いのかなと思います。



過去の出来事だったから
今更話してもしょうがないって思ってる人も
いるかもしれません。



でも自分の気持ちに
きちんと寄り添うってことは
自分の心を癒す上でとっても大事なことです。



自分はこんなに悲しかったんだ
こんなに苦しかったんだ
こんなに嫌だと思ってたんだ
ということを認めてあげる
そしてそっとその自分の
その気持ちを認めてあげるとことも大事です。



悲しかった気持ちに寄り添って
こんなに悲しかったんだねとか
こんなに辛かったんだねって風に
寄り添うことです。



大体はその悲しみをなかったことにしようとか
苦しみを我慢しようって
思ってしまうっていうことも
あるかもしれませんけど
無かった事にしようとか
我慢しようとしても
それも感情っていうのは
消えることはないのです。



きちんと吐き出して寄り添うことは
とっても大事なことです
そして自分一人で難しければ
誰かに聞いてもらうってことも大事です。



特に同じ経験をした人に
共感してもらうとことは
自分を癒される上で大事なことです。



同じ経験した人だったら
すごい共感してくれることでしょう。



その共感があるかないかだけでも
自分の心が癒されるって部分は
大いにあるのかなと思います。



きちんと自分の気持ちを吐き出す
そしてそうやって自分の心を癒していくことで
被害者意識から少しずつ離れていくってことが
できるのかなと思います。



そうやって自分を癒して
もう相手を許すということができたとしたら
少しずつ過去にとらわれている
自分の思いがなくなって
やっと未来に目をむくことっていうのも
できるようになるのかなと思います。



相手を許すっていうのは
ちょっと理不尽で
なんか相手に負けたとか
同じようなことを
また相手がしてしまうということを
許してしまうってことに
つながるのかなと思うかもしませんけど



自分自身が幸せになるために
相手を許すっていうことであって
相手がどうなろうと
関係がないっていうのがあります。



自分が相手を許さないと
ずっと過去に思いを
囚われてしまうってことがあるから
悔しいかもしれませんけど



相手を許すことで
やっと自分の囚われから
なくなっていくってことがあるので
まずは心を許す



心を許すためには
きちんと自分の感情に寄り添ってあげる
必要ならば共感してもらう
同じような痛みを持った人に
共感してもらうってことも大事です。



そして少しずつ相手を許す
そうやって被害者意識を
少しずつ無くしていくっていうことで
やっと幸せになっていくための
準備ができていくのかなと思います。



そんな感じで
被害者意識でいるうちは
幸せなるって言う事は
とっても難しいことなのです。



だから早く被害者意識から抜けてて
過去から囚われるのをやめて
未来に目を向けるように
できたらいいのかなと思いました。



今日は被害者意識でいると
幸せになれないということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。


 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月05日2021年:2月

罪悪感があると幸せになれない

今日は罪悪感があると幸せになれない
ということについてお話ししようと思います。



僕たちはみんな幸せを望んでるはずです
最終的な目標というか
ゴールが幸せになる事って
言ってもいいくらいだと思います。



そのために生まれてきたし
そのために色々と頑張って努力したり
何かやっていこうとするってことが
あるのかなと思います。



でもその幸せになることですけど
それを邪魔してる大きな要因の一つとして
罪悪感というのがあげられます。



罪悪感があると
こんな私なんて幸せになってはいけない
幸せになる資格がないと思ってしまうのです。



私はこんなことをしてしまった
あの人を傷つけてしまった
あんなに迷惑をかけてしまったということで



その罪を償わなければ
私は幸せになってはいけない
という風に思って
幸せを放棄してしまうって事が
あるのかなと思います。



ずっと自分を罰し続けて
自分を責めて
自ら苦しむってことを選んでしまうわけです。



確かに何か悪いことをしてしまった時は
反省して自分を省みるって事は必要でしょう。



でもそれが行き過ぎてしまってる人
というのが少なからずいるのかなと思います。



もう何十年も前のことを
あの時あの人を傷つけてしまったということで
ずっと心に思って
それが自分を幸せにしない
幸せであることを放棄しているっていう
その原因になってしまってる人もいます。



ずっとずっと何十年も
幸せでいることを放棄して
自分を責め続けるなんて
とってももったいないことなのかなと思います。



そういう人っていうのは
自分が傷つくのはいいけど
相手を傷つけてしまうってことが
すごい心苦しいと思ってる
とっても優しい人なのかなと思います。



そういう人は自分に対して
もっと優しくするってことは
必要になってくるのかなと思います。



そうじゃないとすぐに自分を責めて
反省の日々になって
幸せを感じる事っていうのが
なかなかできないでいる場合があるからです。



多少は人に迷惑をかけても自分を許すとか
相手を傷つけてしまったとしても
そういう自分だっても許すとか



相手を不愉快にさせてしまったとしても
まあ、しょうがないかって思ってそれも諦める



全てを自分のせいとか
自分が悪いっていう風に
しなくてもいいのかなと思います。



この世の中で
人を傷つけたことがないっていう人もいないし
人に迷惑をかけずに生きていくってことも
無理なことなのかなと思います。



絶対どこかかで人に迷惑をかけてしまうし
いつのまにか人を傷つけてしまうって
こともあるかもしれません。



でもそれは全て自分が悪いってわけでもないし
お互い様ってこともあります。



多少の反省は必要だけど
深く反省してずっと引きずって
自分を罰し続けるということを
しなくてもいいのかなと思います。



罪悪感っていうのは
もう二度とこんなことをしないという
そういう戒めのところから
来ている感情だって言われてます。



罪悪感がないとまた同じミスとか
同じ過ちを繰り返してしまうって事があるので
人は罪悪感を持つことで
この過ちを二度としないっていう風に
思えるようになるわけです。



もう二度としないと思ったのだったら
それで終わりで
必要以上に自分を責めたり
自分を罰し続けるって事をしなくてもいいと思います。



そうやって罰し続けたり
自分を責め続けている間は
幸せになってはいけないって思って
ずっと不幸でいたり苦しむ日々を
味わなければいけなくなってしまいます。



本当はみんな幸せを望んでいるはずなのに
自ら幸せを放棄して苦しむ
っていうことがあると
それはとってももったいないことで
残念なことなのかなと思います。



もうこのような過ちはしないと決めたら
そこで終わり、謝って終わり
ということで
心を切り替えてスッキリして
その自分の罪を解放していけたら
いいのかなと思います。



そうしていかないと
ずっと幸せになることを
放棄してしまうということがあります。



だから罪悪感を早く手放して
幸せになる権利
幸せになる許可というのを
自分に許していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



今日は罪悪感があると幸せを放棄してしまう
自ら幸せを遠ざけてしまう
って事があるということについて
お話しさせていただきました。



不必要な罪悪感は早く手放して
いけたらいいなと思います。



ありがとうございました。



 

メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。


こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2021年02月01日2021年:2月

好きなものでも強制されると嫌いになる

今日は好きなものでも強制されると
嫌いになるということについて
お話ししようと思います。



僕たち人間は強制させられて
何かをするということが
すごく嫌な生き物です。



それが例え好きなものであったとしても
強制させられてしまうと
嫌になってしまうというのがあります。



自分で選択している
自分でこれをやっているのだっていう
そういう感覚っていうのが
欲しいのだと思います。



例えば読書が好きなお子さんがいました。
毎日本を読んでいます。
それで楽しんでいました。



でもそれが学校で読書するのが宿題になって
やりたいことから
やらなければいけないことに変わった途端に
今まではあんなに読書が好きで
やっていたのに
途端にやらなくなってしまったっていう
そういう例があります。



本当は読書が好きでやっていたのに
宿題になった途端に
嫌いになってやらなくなったというは
とてももったいないことなのかなと思います。



こんな感じで
好きなものでも強制させられると
嫌になってしまうことがあります。



それがただでさえ嫌なのに
それを強制させられてするってことがあると
さらに嫌になってしまうってことがあります。



例えば勉強
勉強するのっていうのは
子供にとっては嫌なものだと思います。



もっともっと遊んでいたいし
他のことをしていたい
ゲームをしていたいってことがあるでしょう。



でもそんな嫌な勉強でさえも
強制させられてやるとしたら
もっともっと勉強することが
嫌になってしまうってことが
あるかもしれません。



そういうのを
植え付けようとしてしまうってことが
勉強しなさいって
強制させてやることになってしまって
植え付けてしまうとことが
あるのかもしれません。



僕も学生時代っていうのは
勉強を強制させられてやっていました。



だから何でこんな事を
しなければいけないのっていうのを
ずっと疑問に思っていました。



勉強に対するイメージというのは
すごく悪かったです。



勉強なんてしなくても生きていけるし
大人だって勉強している人っていうのは少ない
それでも何とか
やっていってる人がほとんどです。



そういうのを見ていくと
勉強なんてそんなにする必要もないのかなって
ずっと思っていました。



でも大人になって勉強する楽しさとか
勉強することで広がっていく世界というのを
感じた途端に
勉強ってこんなにも面白いのだ
こんなにも成長させてくれるものなんだって
風に感じたら
勉強することが楽しくなりました。



そんな感じで勉強することに対して
小さい頃のその嫌なイメージが
払拭されたのかなと思います。



人ってそうやって
強制させれてするっていうのは
とっても嫌で
自分からやっているっていう感覚っていうのは
必要なのかなと思います。



勉強でも自分から
自ら行っているっていう感覚を思えたら
やる気になるかもしれませんし
好きになるかもしれません。



仕事でも一緒で
やらされてるっていう感覚があると
すごく嫌んなってしまうかもしれませんけど



でもこれが自らやってるってことが
感覚で思えると
好きになるかもしれませんし
楽しくなるかもしれません。



そんな感じでやらされている感というの
どれくらい減らして
自分から自ら行ってるんだっていう風に
思えるかって言うとことが
自分のやる気に繋がっていくのかなと思います。



そしてそれが楽しむ秘訣でもあるし
そのものも好きになる秘訣でも
あるのかなと思います。



やらされてやらなければいけないことで
あったとしても
自分で決めて選択して
これは自分がやってるんだって
思えることができたとしたら
嫌になることは少なくなるのかなと思います。



こうやって受け身でやらされてる感を
少しずつ減らしていけたら
その作業が苦しくなくなってくるってことが
あるので
そういうのをやっていけると
いいのかなと思いました。



そして相手に何かやってもらうとしても
どれくらい自らやりたくなるように
持っていくのかというのは
考えてく必要はあるのかなと思います。



お子さんに勉強をさせようとした時に
強制的にさせようとするってことは
勉強が嫌いなるって風に
言ってるようなものです。



強制させるのではなくて
自らやりたくなるように
持っていくことを工夫して
やってくってことも
必要なのかなと思いました。



例えば自分が勉強している姿を見て
勉強ってこんなにも面白いなって言うの
後ろ姿に見せるって言う方法もありますし



視点が広がって勉強するすればするほど
いろんな世界を見ることができるって風に
説明することもできるかもしませんし



勉強することで集中力が身について
どんな事でも役に立つってことも
言えるかもしれません。



そんな感じで勉強する事が
あなたにとって
どんなにプラスになっていくのか
勉強すること自体が
どんなに楽しいことなのかというのも
伝えるってことは
勉強嫌いならないようにするために
必要なものなのかなと思います。



勉強をやらなければいけないから
やれって強制させてやるのは
お子さんが勉強が嫌いになる風に仕向ける
そういう風になってしまいかねません。



あまり強制させるって事は
しない方がいいのかなと思います。



そして強制させるということでは
ダメなものでも強制させて
何か止めさそうとすると
余計にやってしまうってことがあります。



例えば結婚相手で親が反対すればするほど
お子さんは燃え上がって
ダメな人と結婚を
してしまうってことがあります。



その本人もちょっとこの人では
まずいのかなと思ってるところでも
親が反対すれば
なにくそってその反骨精神で
余計にその人の良さを自分で見出して
燃え上がって
結婚に走ってしまうってことも
あるかもしれません。



そうやって何か強制させるって事があると
余計にダメな行動を
とってしまうってことがあります。



強制させるって事はなるべくやらずに
自分から自ら選択していくように
仕向けていく
そのように考えてやっていくってことは
とっても大切なことなのかなと思いました。



今日は好きなものでも
強制させられると
嫌いになるということについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。



メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月28日2021年:1月

人に親切にするのは自分の為になるから!?

今日は人に親切にするのは
自分のためになるから
ということについてお話ししようと思います。



今は昔と違って
なぜ人に親切にしなければいけないの?
っていうのを
なかなか説明しにくいのかなと思います。



昔だったら神様は見ているからとか
嘘をつくと地獄に落ちて
閻魔様に舌を抜かれるから
という風に言えたかもしれません。



でも今はそういうのを信じる子供っていうのは
少ないのかなと思います。



だったらなぜ人に親切に
しなければいけないのかっていうのを
説明するにはどうしたらいいの
かっていうのがあると思います。



そこで人に親切にするのは
どのようにしていくのかっていうの
ちょっと一つの例として
挙げさせていただきたいなと思います。



僕たちは自分勝手にしている人の方が
うまくやっているという風に
思いがちなのかなと思います。



何か嘘をついていた方が
自分のその都合の悪いことから逃れられて
良い風な自分を演じることも
できるかもしれませんし
人から何か騙しとった方が
短期的には自分のお金が増えて
良いのかもしれません。



そんな感じで自分勝手にしている方が
うまくいっているという風に思う人も
いるのかもしれません。



生物学的に僕達っていうのは自分勝手で
自分が一番可愛いって風に言われています。



自分のことを一番に
優先させる生き物だからです。



だから人に何かを与えるって事は
とっても難しい事なのかなと思います。



やっぱり人を差し置いてまでも
自分が得しようと思ってしまうことが
あるのかなと思います。



だったらなぜ人に
親切にしなければいけないのか?
ということがあると
なかなかそういうのを考えるのは
難しいのかなと思います。



でもその答えっていうのは
結局は自分のためになるから
っていう風に言われています。



短期的には自分勝手に振舞っていた方が
うまくいく場合もあるでしょう。



人を騙してお金を稼いだ方がラクに多く
お金を得ることができるかもしれません
またムカついた人を排除していって
喧嘩していった方が
自分のより良い空間というのを
作れるかもしれません。



でもそれが長期的に見て
本当にそれが得になるのかっていうのを
考えてみる必要はあるのかなと思います。



人を騙したことで信用を失って
結局は誰からも相手されない
っていうことになるかもしれません。



騙してお金を得たとしても
後で捕まってしまうと
それこそ大きな損害に
なってしまうかもしれません。



また会社ではちょっと前に
産地偽装とか言われていましたけど
最初はそういうことをした方が
安く利益につながるかもしれません。



でもそれがバレた時に社会的信用が失って
より大きな打撃を失ってしまうことがあります。



こうやって見ていくと
やっぱり人に親切にするとか
正直にいった方が
短期的には損につながるかもしれませんけど
長期的には大きな利益に繋がっていくって
ことが多いのかなと思います。



やっぱり正直者は報われる
っていうことなのかなと思います。



そういうことを考えていくと
人に親切にするとか
自分が正直に生きるということは
誰のためでもない
自分のためになるから
自分の利益になるからっていう
そういうことに繋がっていくのかなと思います。



結局は自分が一番可愛いものだからこそ
人に親切にしていこうっていう
そういう結論に至るわけです。



短期的には人を騙したりとか
盗みを働いたりとか
嘘をついた方が
うまくいく場合もあるかもしれません。



でも長期的に見ると
そういうのがなかなか続かずに
うまくいかないです。



やっぱり人に親切にしていくとか
自分に正直に生きていくということが
長く信用を得たり
人とのそのつながりを得たりとか
大きな利益になることにつながっていきます。



生物学的にも
僕たち人間は自分が一番可愛くて
自分を一番に優先させてしまう生き物です。



だからこそ人に親切にしていきましょう
ということに繋がってくるのかなと思います。



今日は自分が一番可愛いからこそ
人に親切にすることによって
より長期的に利益を得ていこうということです。



結局は自分の為に
人に親切にしていきましょうということでした。



そういうこと言うと
身も蓋もないのかなと思いますけど
人のために親切にしようとすると
なかなか難しいものがあるのかなと思います。



偽善者になったりとか
自分の犠牲を払ってまでも
何かやってしまうってことが
あるのかなと思います。



でも自分のために
人に親切にしようとすると
それは結局は自分の利益だから
まだやりやすいのかなと思いますし



もうちょっと子供に説明するのは
ちょっと抵抗があるかもしれませんけど
でもこういう生物学的にも
自分のために人に親切にする
というのを説明するってことは
ちょっとは子供にも説得力が
あるのかなと思いました。



僕もこれから自分のために
人になるべく親切にするとか
自分に正直に生きていくことを
やっていこうかなと思いました。



今日は一人親切にするのは
結局は自分のためになるから
ということについて
説明させていただきました。



ありがとうございました。


メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月25日2021年:1月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を
無事に開催することができました。
僕を含めて7人の方が参加してくださいました。
こうやって定期的に
開催できるようになったのは嬉しいことです。
 
 
  
途中で抜けたり、途中から参加したりと
全員がそろうことはなかったですけど、
自分のペースで入ったりできる方が
気軽に参加できるから良いのでしょう。 

  
 
今年最初の開催ということで
今年はどんな一年にしたいのか?
ということを話し合いました。
でも、目標というか、
これをしていきたいという明確なものを
持っている人は少なかった印象です。
 
  
 
日々の生活に精いっぱいの人は
なかなか年間の目標とか
自分の向上というのに
目が向く余裕がないのかもしれませんね。
 
 
 
今年最初の大雪の話題が多かったです。
あれは本当にすごかったですからね。
僕も体調が悪い上に大雪で
除雪とかしていてまいりました。
 
 
 
あとは、それぞれの仕事の内容など
聞いていきました。
他の職場のことを聞くことって
あまりないので、
みんなこんな感じで頑張っているのだ!
ということがわかりました。 
 
 
 
また、職場を変わったばかりの人は
慣れないところで頑張っている様子を
話してくれました。
 
 
 
こういうところでちょっとでも
悩みや嫌な思いをした出来事など
話できるだでも少しは
違ってくるのだろうと思います。
 
 
 
一人で抱えてしまうと
不安や問題は大きくなってしまいます。
でも、誰かに聞いてもらったり
分かってもらうだけで
自分だけがつらいわけでないと分かると
少しは問題も小さく感じることでしょう。
 
 
 
人とのつながりは大切ですね。
こうやって少しずつでも
交流していって
つながりを深めていけたらと思います。
 
  
 
皆さんも興味があれば参加してくださいね。
最初は緊張したり、
話をするのが抵抗あるかもしれませんけど、
徐々に慣れていくと思います。
 
  
 
次回は
ZOOM飲み会
2月12日(金)20時~
参加費 無料
 
 
 
皆さんのご参加をお待ちしております。
 
 
 
ありがとうございました。



メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月23日2021年:1月

幸せな人は結果ではなく過程を楽しんでいる

今日は幸せな人は結果ではなく
過程を楽しんでいる
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは結果を出すことが
最終的なゴールってあって
そこに到達しないと
望む人生が手に入らない
と思ってる所があるのかなと思います。



結果が入らないわけだから
満たされなかったり
幸せになることができないと
思っているところがあるのかなと思います。



例えば結婚したいと思っている人がいて
婚活をすごい頑張ってやったり
自分を磨いて女性に少しでもモテようとする
ということがあるかもしれません。



そういう努力をすごい頑張ってやってるのに
最終的に結婚という
ゴールに到達しなかったとしたら
それは幸せを感じる事っていうのは
出来ないと思ってる人もいるかもしれません。



また受験勉強で
頑張っている人がいたとしたら
高校時代にすごい勉強で
頑張っていたのに
大学に受からなかったとしたら
その勉強が全て無駄になってしまうと
思っている人もいるかもしれません。



こうやって結果を出すことに
こだわり過ぎてしまっていると
そこに到達しないと幸せになれないとか
満たされないってふうに思ってしまうことが
あるのかなと思います。



でも本当にその結果を得られなければ
幸せになれないのか?
ということを考えていく必要は
あるのかなと思います。



幸せを感じるのが得意な人ってのは
そのゴールではなくて
経過を楽しんでるって事が一つ挙げられます。



結婚にしても
婚活で自分をどのように見せるのか
ということを研究するのが好きだったり
自分を磨くのが得意で楽しかったりと



そういう風に
そのデートに持ち込むまでが楽しいとか
自分を磨いてる瞬間が楽しいっていうふうに
その時その時の
その過程を楽しんでいるって事があります。



受験でも勉強そのものが楽しんで
やることができたとしたら
もし大学に受からなかったとしても
その勉強が無駄にならずに



自分の知識になったとか
いろんなことを知れたとか
集中力をつけることができたとか
そういうプラス面も
見つけることができるかもしれませんし



勉強そのものを楽しむことができたとしたら
その時のその瞬間が
幸せな時間になるのかなと思います。



このようにたとえ結果が
得られなかったとしても
その結果を得られる過程そのものを
楽しむことができたとしたら
その時その時で幸せが感じることが
できるのかなと思います。



人生が山登りのようなもので
頂上に行かないと
幸せになれないと思っていると
頂上に行かなかったら
全てが無駄になってしまう
その人生が失敗になってしまうって思って
幸せを感じる事って出来ないのかなと思います。



でもその山登りにしても
途中を楽しむことができたとしたら
たとえ頂上に行かなかったとしても
その瞬間その瞬間に
何か景色を楽しんだりとか
その道で出会う植物とか動物とか
その空気とかそういう事を
楽しんでいくことができるのかなと思います。



その過程を楽しむことができたとしたら
頂上に行くってことも
大事になってくるかもしれませんけど
それよりも自分の今のこの瞬間を
楽しむということができるようになるから
幸せを感じることもできるのかなと思います。



そうやって幸せを感じる時っていうのは
ゴールに執着するって事も
一つあるのかもしれませんけど



あまりも執着しすぎるてしまうと
ゴールに到達しなかったら
その人生そのものが
失敗に終わってしまうっていう風な考えに
なってしまいかねません。



でも人生というのは
ゴールに到達することだけが目的ではなくて
その到達するまでの過程ってのが一番楽しい
ということもあるのかもしれません。



よく成功者が成功した後に
振り返ってみてどの瞬間が
一番楽しかったのかって聞かれた時に
まだ駆け出しで創業間もない頃
すごい苦労して
何かやっていた時が一番楽しかった
あの時が一番苦労が多かったけど
その時が一番輝いていたって
言われる人が多くいます。



結果を出して成功し終わった後っていうのは
努力する必要もなくて
そんなに頑張る必要もなくなってしまうって
こともあるのかもしません。



それそれで素晴らしいことかもしれませんけど
でもやっぱり自分の命を
輝かせる瞬間というのは
苦しみの中だったり
一生懸命、何かを頑張ってる時だったり
そういう時に自分の命というのは
一番輝く瞬間なのかなと思います。



そうやってゴールを到達するまでのその過程
その苦しんでる今瞬間が
一番命が輝いている時なのかもしれません。



そういう風に考えると
今、結果が出なかったとしても
今をどう楽しむかっていうことを
追求していくこともできるのかなと思います。



あまりにもゴールに執着しすぎないで
今のそのゴールに向かっている
過程そのものを楽しむことができたとしたら
どの瞬間も幸せというのを
感じることができるのかなと思います。



今日は幸せな人は
結果ではなく過程を楽しんでいる
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。


メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月21日2021年:1月

脳がハマる仕組みについて

今日は人が何かにハマる仕組み
ということについてお話ししようと思います。



僕たち人間っていろんなものにハマる時が
あるのかなと思います。



ギャンブルだったり
恋愛だったり
ゲームだったり
宗教だったりするかもしれません。



ここではなぜ人はハマってしまうのか?
というのを説明しようかなと思います。



ハマる仕組みとして
人って定期的に何か与えられている場合だと
何も感じないのですけど



不定期的にいつ与えられるかわからない
という状態になると
心が途端にざわつき始めて
興奮したり不安になったり
期待感が大きくなったりするものです。



例えばパチンコなんかでも
パチンコで5回目に
絶対に当たるとわかっていたとしたら
それは作業になって
何も興奮することはないのかなって思います。



淡々に5回目で当たって出す
5回目で当たって出す
という事は作業であります。



何の興奮も覚えないでしょう
でもそれが一回目で当たるかもしれませんし
100回目で当たるかもしれない



そうなっていつ当たるか分からない
てなった時に脳っていうのは
興奮して期待感を持って
ハマってしまうっていうわけです。



こうやって不定期的に
ご褒美を与えられる状態っていうのは
人間というのはとっても弱いものです。



恋愛でも一緒で毎週会うという状態だと
そんなに興奮はしないのかもしれませんけど



明日会えるかもしれませんし
1ヶ月後かもしないっていう
そういう状態になった時に
すごい興奮して
期待感が大きくなってしまうってことがあります。



連絡にしても
毎日連絡をとるんじゃなくて
1日目で連絡が来るかもしれないし
1週間後に連絡が来るかもしれない



そんな不定期的な状態になった時に
脳っていうのはハマってしまう
より一層相手が好きになってしまう
ていう風におちいってしまうのかなと思います。



でもそれは
相手が好きだからっていうのではなくて
そういう不定期に
何かご褒美が与えられるような状態だからこそ
興奮して相手が好きって錯覚しているだけ
なのかもしれないです。



毎日会ったり
毎日連絡がくるようになってしまうと
途端にそういうのが冷めて
こんなはずではなかったっていう風に
なるかもしれません。



そんな感じで
恋愛でもギャンブルでも
いつご褒美が当たるか分からないっていう
そういう状態になった時に



脳っていうのは
錯覚を起こしてしまって
より興奮が大きくなったり
期待が大きくなってしまっていうことです。



ゲームなんかでも
レアなアイテムが
いつ当たるかわからないっていう状態になると
脳がハマってしまうってことがあります。



絶対この定期的に当たるって
分かってる状態だったら
そんなにも淡々としてるかもしませんけど



1回目で来るかもしれないし
100回目で来るかもしれない
そういう状態になった時に
脳ってのはすごい錯覚をしてしまって
ハマってしまうってわけです。



僕たちは常に
定期的に与えられるものだとしたら
興奮もなく淡々としていられます。



でもいつご褒美が当たるか
分からないっていう状態になると
脳っていうのはちょっと狂った状態に
なってしまうのかなと思います。



そしてそれがハマるっていう状態を
指すのかなと思います。



そういう不安定になってしまったりとか
待つということには
脳っていうのはストレスがかかるから
冷静でいられなくなってしまうのかなと思います。



もし何かに
ハマってしまうっていうことがあったとしたら
それはご褒美が
不定期的になっていないのかっていうのを
探ってみる必要はあるのかなと思います。



それでその行為そのものが好きではなくて
ただ単に脳が
ハマってしまっているだけだとしたら
少し抜け出しやすくなるのかなと思います。



ギャンブルでも
そのパチンコをするのが好きなのではなくて
ハマってしまってる状態
いつご褒美が当たるか分からない状態で
ただ単にハマってしまってる状態
なのかもしれません。



恋愛でもいつ会えるか分からないとか
連絡が来るのか分からないって
いう状態でなってるだけで
本当はその相手を
想像以上に大きくしてしまってるだけで
冷静に相手を見ることが
できていないかもしれません。



そういうのも考えていく必要も
あるのかなと思います。



あまりハマりすぎてしまうと
冷静に物事を見ることが
できないってことがあります。



今日は人が何かにハマる仕組み
ということについて
説明させていただきました。




ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月18日2021年:1月

幸せの方程式について

今日は幸せの方程式として
幸せ=遺伝50%
+環境10%
+自分の意思40%
ということについて
説明させていただこうと思います。



ポジティブ心理学という学問がありますけど
その中で研究していて
幸せの方程式っていうのがあります。



それってのはさっき言った
幸せを感じる力があったとして
それは遺伝によって50%と決まってます。



そして環境的要因ってのは
10%しかないのです。



あとは自分の意思
自分の力でコントロールできるところが
40%あると言われています。



まず遺伝ですけど
遺伝によって幸せか不幸かっていうのは
半分決まってると言われてます。



これは以前に話した
セロトニントランスポーターが
多いのか、少ないのかによっても
左右されてくるところなのかなと思います。



セロトニントランスポーターが多ければ
どんな環境にいても
幸せを感じる事ってのはできるし
セロトニントランスポーターが少なかったら
一見、幸せそうに見える環境であったとしても
不安とか恐れを感じやすいって風に
言われています。



そういうのもあって
幸せか不幸かというのは
遺伝によって大体50%ぐらいが
関わってくる言われています。



これは遺伝なので
自分の力ではどうすることもできずに
その先天的に持ったものだと言われています。



その遺伝によって50%決まってるのだったら
もうある程度半分は決まっているのだから
どうすることもできないって
思われる人もいるかもしれません。



でも逆に言えば
50%しか遺伝によって決まっていない
40%で変えることができると
いうことはあるので
その40%に自分の力を注ぐってことも
大事になってくるのかなと思います。



自分の意思の40%ですけど
これは自分で後天的に学習して
身に付けられる能力だと言われています。



どのように行動していくのかとか
そんな考えを持っていくのか
どのような学習をしていくのかという
技術を身につけていくってことによって
幸せか不幸かというのを
感じる力が変わってくるわけです。



何も学ぼうとしないで
流されて行ってしまうことがあると
そこで幸せになる力っていうのは
ちょっと落ちてしまうのかなと思います。



周囲に流されてしまったりとか
自分の感情に流されてしまって
コントロールを失ってしまっているとしたら
惰性で自分のその人生すらも
つくり上げることが出来なくなって
幸福感を下げてしまうってことが
言われているようです。



そういう、いろんなことを学ぶことによって
自分をコントロールしていき
自発的に何かをすることによって
幸せを感じる力が上がっていくっていう風に
言われています。



自分でコントロールできるのか
できないのかによっても
その幸せか不幸かっていうのは
変わってくるのかなと思います。



誰かにやらされている仕事と
自らやっていく仕事によっても
全然同じことやるにしても
違ってくるのかなと思います。



あと自分で何か感情に流されてしまって
後で後悔するってこともあるかもしれませんし
きちんと自分の感情を
コントロールしていけば
より良い人生を作り上げていくってことも
できるかもしれません。



そんな感じで自分をコントロールしていく
自分の意思をどのように
使っていくのかによって
それが40%ぐらい幸せに
関わってくるって言われています。



最後に環境的要因は1割しかない
10%しかないって言われています。



ここでちょっと10%っていうのは
あまりにも低すぎるのではないのか
なっていうふうには思っていましたけど
でもよくよく説明を聞いてみると
納得する部分があります。



どんなに恵まれた環境であったとしても
不平不満が出てくる人もいますし
どんなにすごいひどい環境にあったとしても
明るく前向きに生きていってる人もいます。



それは先天的に
明るい人もいるかもしれませんけど
でも自分の力で
自分のコントロールを及ぶ範囲で
何か学習して幸せを感じて
その明るくしていってるって人もいます。



そんな感じで
環境っていうのはあまり関係なくて
自分がどのように行動していくのかが
40%と含んでますし
後は先天的に明るい遺伝を持っているのか
暗い遺伝を持っているのか
それが50%くらい関わってきます。



それで90%含んでいるので
環境的なものってのは1割しかなくて
ほとんど関係しないのかなとは思っています。



そんな感じて幸せというのは
自分でコントロールできるとこが40%
遺伝で決まってるのが50%
環境によって決まるのが
10%と言われています。



ポジティブ心理学では
その自分でコントロールできる
40%に力を向けて
自分で学習しながらコントロールしながら
幸せを感じて行きましょう
っていう風に言われてます。



環境を変えることもできません
自分の遺伝を変えることもできません
自分で変えられるところを
集中して変えていく
それによって幸せになることもできます。



そんな感じで幸せの方程式について
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。



メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月08日2021年:1月

選択肢が多ければ幸せなのか?

今日は選択肢が多ければ幸せなのか?
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは自由というの考える上で
より多くの選択肢を選べるって事が
自由なのかなっていうのはあります。



一つのことを強制させられてやるよりも
あれもこれもって選べる方が
より自由度が高いって言えます。



学校選びにしても
いろんなものを選択肢として
ある中から選ぶ方が
この学校でないといけないっていうふうに
思うよりもより自由度が高いって風に
言えると思います。



でもそれが本当に幸せかって言うと
それを考えてみる必要はあるのかなと思います。



たくさん選択肢がありすぎて
迷ったり悩んだり
後悔したりっていうことが
もしかしたらあるのかもしれません。



選択肢が多いからこそ
悩みが出てきたりするってことも
あるかもしれません。



選択肢が少ないとそれは集中できて
やることがもう決まっているので
悩まないってこともあります。



例えば江戸時代でしたら
職業の選択っていうのは
そんなに多くはなかった
時代だったように思います。



大体が親の後を継ぐってことが
多かったように思います。



武士の子は武士、農民の子は農民
商人の子は商人っていう風に
親がどのような職業をしていたかによって
子供がその家を継ぐって言う
そういうことが多かったように思います。



武士の下で生まれたとしたら
武士として一生を送る
ということはあったかもしれません。



そこで武士じゃなくて町民になったりとか
商人になったりとか
農民になったいっていう風に
あれもこれもって
迷うってことは少なかったように思います。



もう生まれた時から武士しとして
生きていくっていうことがあったので
武士として生きていくために
勉強したいと剣術を磨いたりとか
人として徳となるものを学んだりとか
そういう武士としてのあり方って事を
子供のうちから学ぶってことだったかもしれません。



だからそこには迷うってことがなくて
もうこれをしなければいけないって
いうものがあったので
そこに集中してやっていけたってことが
あると思います。



でも今は自由な選択ができる時代だと思います
だからこそ迷ったり
自分が何をしていいのかっていうのは
分からなくなったりとか
余計な悩みを増えるって事が
あるのかなと思います。



悩みが多ければ多いほど
力が分散していくので
今どのようなことをしなければいけないのか
どうしてやっていきたいのかってことが
わからずに結局は
何もしなくなってしまうってことも
多くなってしまうのかなと思います。



学校選びにしても
1校とか2校ぐらいのところから選ぶとしたら
そんなに迷うことはないかもしれませんけど
3校も4校も
そういうところから迷うってことがあると
自分本当に何をしたいのかってことを
突き詰めなければいけなくなってます。



そういうのは決まってる人にとっては
簡単に決めることができたとしても
自分が何したいのかっていうのも
分からずにいる人にとっては
その3校か4校ぐらいのところから選ぶって
ことはすごい迷いがあるのかなと思います。



そういう余計な悩みとか
迷いがあるって言うのは
自由さがあるからこそ
そういうなものが出てくるのかなと思います。



もしかしたら自由さがなくて
一つのことしか選択する
余裕がなかったとしたら
集中できるのかなと思います。



そんな感じで
僕たちはあまりにも自由さがありすぎると
何をしていいのかわからなくなってしまう
てことがあると思います。



だからある程度
何をしなければいけないのかっていう風に
決められた方が
そこに集中して
力向けていくってことができます。



余計な悩みとか迷いってことも
なくなってきます。



あまりにも自由さが
幸せに繋がっていくのかっていうと
それは考えものなのかなとは思いました。



選択肢が大きければ大きいほど
自分のやりたい方向が見つかる
ってこともあるかもしれませんけど
やりたいことがない人にとっては
迷いとかその悩みが増えるだけ
ってこともあります。



選択肢が多いというのは
本当に幸せなのか?
考えてみる必要があるのかなと思います。



選択肢が無さすぎてもダメだし
多すぎても駄目
そういうバランスっていうのは
必要になってくるのかなと思います。



今の時代のように自由さがありすぎると
自分の本当にやりたいことっていうのが
分からなくなったり
迷いが大きくなってしまうっていう
そういう時代なのかなと思います。



ある程度自分の人生が決まっている方が
まだやりやすいっていうことがあります。



そういう感じで選択肢の多さが
幸せに直結していないっていうことは
覚えておいてもいいのかなと思いました。



今日は選択肢が多ければ幸せなのかについて
お話させて頂きました。



ありがとうございました。



メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


2021年01月04日2021年:1月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を無事に
開催することができました。
クリスマスということで
予定がある人もいる中で
6人の方が参加してくださいました。
 
  
 
僕もそうだけど、
こうやって真剣に話をする場所って
なかなか無いように思えます。
友達を作るにしても
大人になってからだと
出会いも少なくなってしまいます。
 
 
 
また、皆さん悩みを抱えていたり
悩みを克服してきた人だったり
いろんな経験をしている人なので
話を聞いているだけで勉強になります。 
 
 
 
昨日は今年の振り返りを少しして
あとはその時の興味をあることだったり
仕事のことを話しました。
 
  
 
仕事ではストレスを抱えやすく
誰かに聞いてほしいというのはあると思います。
また、自分だけが苦しいのではないと
分かるだけでも救われる部分はありそう。
 
 
 
年末で大変なことがある中で
頑張っている人がいると分かるだけで、
僕もちょっとは頑張っていこうと思えました。
 
 
 
自分の弱さをさらけ出しても
受け入れてもらえるという安心感も
大きいのではないかと思います。
同じような問題を経験しているので
共感してもらえますからね。 
 
 
 
8時から始まって
気が付けば12時までやっていました。
とっても有意義な時間でした 
 
 
 
こうやって定期的に集まることで
だんだんとお互いのことを知っていき
仲間意識が強くなっていくのも
嬉しいことです。
だいたいどういう人かというのが
分かってきましたからね。
 
 
 
これからも、こうやって定期的に
集まりの場所を開いていこうと思います。
 
 
 
来年度の一回目は

ZOOM飲み会
1月22日(金)20時から
参加費 無料
です。
 
 
 
ぜひとも参加してみてくださいね。
最初は緊張すると思いますけど、
徐々に慣れていけば
すんなりと入っていけるようになります。
 
 
 
ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月26日2020年:12月

僕たちに自由意志はあるのか?

前回は選択に迷ったら
どちらでもいいということについて
お話しさせていただきました。



で今回はその選択ですけど
本当に僕たちはその選択を
自分の意思で決定してるのか?
ということについてお話ししようと思います。



僕達っていうのは自分の意思で
何かを決定してるって
思っているかもしれませんけど
科学的には自由意志の存在というのは
まだ証明することができないって風に
言われています。



アメリカの研究では
自由意志の実験というのが行われました。



ここでは僕たちが何か行動をするとして
その手を上げるなら手を上がる0.2秒前には
意識的な決定がされているという事があります。



これは当たり前で意識が手を上げようと思って
0.2秒後に体が反応して手を上げる
ということが行われる
別にそんなに疑問に思うことでは
ないのかなと思います。



でもここで面白いのは
その意識がされる0.35秒前には
脳が既にもう手を上げようていうふうに
電気信号が働いてるって
いうことが分かってきました。



脳の中では意識する前に
手を上げるということが
もう決まっているらしいです。



そして意識が手を上げようって考えて
体が反応するっていう
そういう順番があると言われてます。



だから自分の意識が手を上げようと思って
やってるわけじゃなくて
もう脳の中で手を上げるっていうのが
決まってて
それで意識が伝わってあるっていうわけです。



その考えていくと
自分で意識するちょっと前には
自分の意思とは関係のない脳内で
もうすでにこれをしようっていう風に
決定されているわけです。



つまり僕たちは脳で初めから
こうしようっていうのが
決まっているわけです。



そしてこういう風に動いたというのがあって
後からなぜこんなふうに動いたのかって
いうのを意識が考えて
理由付けをしている
そういう順番になってるのかなと思います。



例えばお腹がすいたとして
お腹が空いたから
物を食べたっていう風なことを考えるのは
普通だと思いますけど



でもこの実験結果では最初に
もう物を食べるって言うのが決定してる
そして物を食べてしまっていたとしたら



意識がなぜこんな物を
食べてしまったのかっていうのを考えた時に
ああ、お腹が空いていたからだっていう風に
思って理由付けをするっていう
そういう順番が正しいって言われてるわけです。



最初に何か行動を起こすってことが
もうすでに決まっていて
意識の中ではそれがまだ
分かっていないわけです。



そしてその行動した結果
なぜこんなことを取ってしまったのかって
いうの意識が勝手に理由を探して
やっているっていう風な
順番が正しいわけです。



そういうのを考えていくと
本当に僕達っていうのは
自由意志があるのかというのが
疑問になってくるのかなと思います。



もうすでにある程度
自分がこういう行動を
とってしまうっていうことが
決定しているっていう事が
あるのかもしれません。



それを後から意識が勝手に都合よく
理由をつけているだけって
いうことなのかもしれません。



こういう自由意志があるのかないのか
っていうのを考えていくと
もう選択をどっちにするのかっていうのは
もうすでに決まってるって言うのも
あるのかなと思います。



だから選択で迷うことがあったとしたら
もうすでに迷うっていう決断が決まって
いるって言う事かもしませんし



もしAということを決めるとしたら
もう自分の意思とは関係ないところで
Aを決めるって事が
既に決まってるって事なのかもしれません。



だからその迷うっていうことも
もうすでに必要ではなくて
もうすでに決定しているっていう事があって
迷うってことなんていうのは存在してなくて



自分で選んでるっていう事すらも
何か大きな意思で動かされてるっていう事が
あるのかもしません。



そんなことを考えていくと
AかBかっていうの迷うっていうのは
もうバカらしくなってくるのかなと思います。



もうすでに脳の中では
どちらにするかってのは
決定してるわけだからです。



だったらその決定したものを
存分に味わい尽くすっていうことが
僕たちにできることなのかなと思います。



もうA・Bかで迷うじゃなくて
もうAっていうのが決まっているわけだから
Aを存分に味わって体験して
そこに集中していくっていう



そういうことができたとしたら
別に自由意志がなかったとしても
自分の人生を存分に楽しむ
ってことも出来るのかなと思います。



Aっていうルートが決まっているのに
Bの方が良かったのではないかとか
そういうことを考えていくと
ちょっともったいないなと思います。
Aを存分に味わうことができないからです。



そういう自由意志があるかないかとかって
いうのは分からないですけど
もうすでに決定しているっていう
そういう考えもあるっていう事も
ちょっと面白いので
ここで説明させていただきました。



僕たちに自由意志はあるのかということです。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月24日2020年:12月

選択に迷ったらどっちでもいい

今日は選択に迷ったらどっちでもいい
ということについてお話ししようと思います。



人生には大きな選択に迫られる時
というのがいくつかあるのかなと思います。



学校で進路選びだったり
就職先で会社選びだったり
あるいは結婚相手だったりと
大きな選択に迫られる時っていうのは
少なからずあるのかなと思います。



そしてそういう大きな選択に
迫られた時っていうのは
簡単に決められるものでは
ないのかなと思います。



すごく迷うし、悩んでしまうことでしょう
こっちにして本当に正解なのか
間違ってはいないのかという風に
思うことがあるからです。



本当にこの道で正しかったのかというのは
気になってしょうがなくなってしまうでしょう。



でもこの道で本当に良かったのかっていうのを
比べる事っていうのは
永遠にわからないものです。



AとBという選択肢があって
Aという選択肢をした瞬間に
Bの選択肢っていうのは
消えてなくなるからです。



比べる事っていうのは永遠にできないのです
やり直すことができないから
どうやっても比べる事っていうのは
できないのです。



一回しか行けない食堂屋さんに行って
メニューを見てカレーを選ぶのか
カツ丼選ぶのかで迷った時に
カレーを選択した瞬間に
カツ丼を食べるっていうことは
もうできなくなりますし
そのカツ丼を味わうってこともできないです。



ただカレーを味わうことしかできないのです
それはカレーを選んだ瞬間に
カツ丼を食べるっていうことを
放棄っていうか捨てたっていうことになるので
どちらが良かったのかっていうのを
比べる事なんては
永遠にできないっていうことです。



そして本当にカレーで良かったのか?
ということが出てくるでしょう
あっちにしとけばよかったっていう風に
思ってしまうってこともあるのかもしれません。



そういう時にはどっちを選んでも
行き着く先は一緒
そういう風に考えると良いのかなと思います。



人生というのは山登りに
例えられるのかなと思います。



頂上を目指していて
どのルートでその頂上に行くのか
っていうだけであって
その頂上に行くって事は
変わりないってことがあります。



Aのルートで頂上に行くのか
Bのルートで頂上に行くのか
ということだけの違いです。



だから選択肢としてAのルートとBのルートが
出てきたとしても
どっちを選んでも
結局は行き着く先は一緒っていうことです。



Aのルートを取ると
最短距離で行けるかもしれませんけど
でもきつい人生が待ってるかもしれません。



Bのルートは最短距離ではなくて
時間がかかるかもしれませんけど
でも遠回りして
緩やかな人生ということが
あるかもしれません。



そんな感じでAルートには
Aルートの特徴があるし
BルートにはBルートの特徴がある。



迷ったときは
そのどちらをとっても
結局行き着く先っていうのは一緒であって
そんなに変わりはないって思うと
少しは楽に選択することが
できるのかなと思います。



このAのルートを取ってしまって
やっぱり間違ってしまったんじゃないか
もうとんでもない失敗を
犯してしまったんじゃないのか
って思うこともあるかもしれませんけど



でも結局はAのルートもBのルートとも
同じ所に繋がっているという風に
思うことができるとしたら
そんなに間違ってしまった選択をしたっていう
風にとることは少なくなるのかなと思います。



ただつらいくて早いか
楽で遅いかとか
そういう違いはあるかもしれませんけど
でも行き着く先は一緒
どのルートを取っても結局は
頂上に行くってことは変わりない
ということがあります。



だから人生において
間違った選択肢というのはないのです。



どのルートで頂上を目指して行くのかっていう
その違いがあるだけです。



どちらをとっても大丈夫です
間違いなんてないから
だからその選択肢を十分に味わって
行けたらいいのかなと思います。



Aルートをとったのに
Bのルートのことをくよくよと悩んで
あっちにしておけばよかったって
時間を取れるぐらいだったら
Aルートを十分に味わいつくして
行った方がいいのかなと思います。



どうせ比べることが出来ないわけだから
もうAルートを取った瞬間に
Bのルートのことは考えないていう風に思って
後はAルートを十分に味わいましょう。



どうせ行き着く先は一緒な所に繋がっています。
そんな感じで迷った時ってのは
どちらをとっても同じところに行き着きます
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月22日2020年:12月

自己肯定感を上げる方法

今日は自己肯定感を上げる方法について
お話ししようと思います。



今、自己肯定感を上げるっていうのは
本屋に行ってもたくさんの本があったりして
流行っているのかなと思います。



自分に自信がなかったり
こんな自分は駄目だと
思ってしまってる人がいたとしたら
自己肯定感を上げて自信をつけたいと
思ってる人が増えているって
いう事なのかなと思います。



いろんな自己肯定感を上げる方法って
いうのがあると思いますけど
ここでは僕の考える
自己肯定感を上げる方法について
お話ししようと思います。



まず自己肯定感が低い人っていうのは
だいたいが今の自分ではダメだって
自己否定に落ちている人が
多いのかなと思います。



今の自分をどれくらい
認めることができるのかが
自己肯定感があるのかないのかに
大きく左右されるのかなと思います。



だからこのままではダメだとか
今のままではダメだ
もっと良い人物にならないといけないとか
もっと役に立つ人物にならないといけないって
思っている人というのは多いのかなと思います。



こんな今の自分だと
いろんな人に迷惑をかけてしまうので
見捨てられてしまうんじゃないかっていう風に
不安に思ってる人もいるかもしれません。



だからこそこんな自分を脱出して変わらなきゃ
成長しなきゃっていう風に
思ってることでしょう。



そうやってハングリー精神があって
成長意欲が高いと
確かに成長するってことも早いと思います。



そして我武者羅に行動する事っていうのも
普通の人以上に出来ると思います。



それでどんどんと自分を変えていくって
ことができるのかもしませんけど
でもどこまでいけば
ダメが良いに変わるのかっていうのが
あるのかなと思います。



そうやって行動して成長して
いろんな人から認められる人間に
なったとしても



当の本人がこんな自分ではダメだ
もっともっと成長しなきゃって思い続ける限り
自己肯定感っていうのは
なかなか高くならないのかなと思います。



そうやって成長しなきゃってやってるうちに
サメのように
動くことを止めることができずに
常に120%の力を出し続けて
走り続けていくっていうことに
なってしまうのかなと思います。



そしていつかその120%の力を
出し続けることなんて難しいので
いつか力尽きてしまうってことも
もしかしてあるかもしれません。



だからこんな自分がダメだっていう風なことを
どれくらい変えることが
できるのかっていうのは
大切なことなのかなと思います。



そうやって今の自分を
どれぐらい認めることができるのか
ということが大事になってきます。



ダメな自分でも
情けない自分でも
人よりも劣ってしまってる
自分であったとしても



そんな自分でもどれくらいOKを出せるのか
どれくらい許せるのか
どれくらい受け入れる事が出来るのか
ということが大切に
なってくるのかなと思います。



そういうマイナスである自分を
頑張ってプラスにしようとするのではなくて
マイナスのままでOKを出せるのか
それが自己肯定感が上がる事に
繋がってくるのかなと思います。



大体あなたは自分が思うような
ダメな人間ではないという風に
思っています。



誰かからあなたはダメだって
思い込まされているだけなのかもしれません。



こんなことできなくて
なんてあなたはダメなんだ
もっとこうしないとダメだって
言われた経験があったり
こんなことやって当たり前なのに
なぜそんなこともできないのだって



高い要求を突きつけられて
出来なくて怒られたり
否定されたり
ガッカリされたりで
そんな経験もあるかもしれません。



だからこんな自分ではだめだ
もっともっとできる自分に
ならないといけないって
いうふうに思うように
なったのかもしれません。



でもそれは周りの人が高い要求を突きつけて
勝手に期待を込めて
勝手に失望したっていうだけであって
あなたがダメなわけではないし
価値がないわけではないです。



今のままでも十分に愛されるし
価値があるし素晴らしい人物です。



ただただ周りの人がそういう風に
見ることができなかったって言うだけです。



今の自分でも十分OKだと思うのに
それはダメだって言われ続けてきた
だけなのかもしれません。



今からでもそういう周りの人からの
影響っていうのを少しずつ解いていって
今の自分でもOKというのを出せるようになると
無理して成長しようとか
変わらなきゃっていう風に
思い続けて行動するってことも
減ってくるのかなと思います。



そしてもっとゆとりを持って
自分に自信を持って余裕のある生活が
できるようになるのかなと思います。



そうやってどれぐらいダメな自分を
受けることができるのか
今の自分にOKを出せるのか言うことが
自己肯定感につながってくるのかなと思います。



あなたは今のままでもOKだし
ダメだ情けない自分でも良いし
できないことがたくさんあっても大丈夫です。



もっともっと今の自分というのを認めて
受け入れて許していきましょう。



そうやって今の自分がダメが
今の自分でもOKに
どれくらい変わっていくのか
それが良いに変わっていけばいくほど
自己肯定感というのが上がっていきます。



自己肯定感を上げるためにも
もっともっと今の生活にゆとりを持って
余裕のある生活をするためにも
ダメな自分だと思ってることが
あったとしたら
そんな自分でもOKを
出していけると良いのかなと思いました。



今日は自己肯定感を上げる方法として
今の自分今のダメな自分を
どれくらい認めることができるのか
ということについて
説明させていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月17日2020年:12月

感謝力 幸せを感じる力

今日は幸せを感じる力、感謝力について
お話ししようと思います。



僕たちは感謝が大切だという風なことは
言われてきたと思います。



でもその感謝というのは
一体どんなものなのかということを
考える事っていうのは
少ないのかなと思います。



感謝っていうのはありがたいものが多いほど
感謝するってことができるのかなと思います。



そしてありがとうの反対っていうのは
憎しみとか不平不満とか
そんなものではなくて



よく言われることですが
ありがとうの反対っていうのは
「当たり前」っていう風に言われます。



僕たちは当たり前になった時に
不思議だけど実際には多くのものを
与えられてるはずなのに
それが見えなくなってしまうてことがあります。



本当はありがたいものがたくさんあるのに
当たり前になった瞬間に
この目の前から消えてしまうっていうことです。



意識しなくなってしまう
ということでもあります。



例えば目が見える状態っていうのは
僕たちが意識して何か感謝するってことは
少ないのかなと思います。



でも目が見えなくなった時に
初めて目が見える事っていうのは
こんなに素晴らしいことなのだ
こんなに尊いことなのだっていう風に
思えると思います。



実際に目が見えるようになるためには
何億っていう風にお金を払ってでも良い
という人もいるでしょう。



それぐらい価値があるものなのに
当たり前になった瞬間に
それがありがたく思えなくなってしまう。



見えなくなってしまう
自分が与えられている事が
消えてしまうってことがあります。



僕たちは当たり前になった瞬間に
与えられるものという物が
見えなくなってしまうってことがあるのです。



そうやって当たり前になってしまう
ということがあると
本当は多くのものを与えられてるはずなのに
なんて自分達は貧しい生活を
強いられているのだっていう風に
不平不満につながってくるってことがあります。



でも目に見えていないだけで
本当は多くのものを与えられてるし
よくよく目を凝らして見ると
本当は豊かなものに囲まれて
生きているって事があります。



そしてその豊かさに気づけるようになるのが
感謝力ということだと思います。



当たり前と思ってることを
当たり前じゃなくて
これは本当に素晴らしいことなのだ
これはすごい尊いものなのだっていう風に
気づける力のことです。



この感謝力が高ければ高いほど
自分の周りにある豊かさに気付けて
自分がなんて恵まれているのだって思えて
心が満たされることでしょう。



逆に感謝力が低いほど
どんなに恵まれた状態であっても
どんなに豊かな状態であっても
それは見えない状態になってしまうので
何でこんなに貧しいのだ



人と比べて
なんて自分は与えられてるものが
少ないのだっていう風に
不平不満につながってしまうことでしょう。



本当は多くのものを与えられてるはずなのに
それが見えなくなってしまう。



慣れがあって
本当にあるものがなくなってしまう。



そういう物をちょっとでも
気づけていくのがいいのかなと思います。



でも人間というのは不思議なことに
慣れがあると
どうしてもその生活が
当たり前になってきてしまいます。



どんなに給料が高くもらったとしても
高くなった瞬間は嬉しいはずなんだけど
それが1年と続くと
それが慣れて当たり前になってくる
感謝がなくなってくるってことがあります。



こういう慣れをどれくらい減らしていけるのか
本当はもっともっとたくさんのことを
当たり前と思わずに
感謝することができるのかっていう



そういう感謝力があって
そういうのを身につけていけると
いいのかなと思います。



あまりにも感謝力が少ないと
強制的に奪われることによって
なんて今までの生活は素晴らしいのだって風に
気づくこともさせられることが
あるのかなと思います。



よくあるのが
病気になることによって健康というのは
どんなに素晴らしいものなのかというのを
気づけるって事があります。



普段は健康のありがたさなんて
気づくことっていうのは少ないと思いますけど
病気になることで
そうやって不自由になることで
初めて気づきるって事があります。



また家族においても
家族って本当は大切なものなんだけど
家族を何か不幸なもので
失われることによって
こんなにもありがたいものなのだっていう風に
気つけるって事があって



そうやって何か奪われるような現象があると
僕たちというのは初めて
それがありがたいものだっていう風に
気づくことができます。



でもそれが最初から気づけるって事ができると
もっともっと豊かになれるし
幸せになりやすいのかなと思います。



感謝力をどれぐらい鍛え上げて
当たり前と思わずに尊いものだ
豊かさが僕たちの周りには
たくさんあるのだって気づける
これはとっても大切なこと
なのかなと思いました。



今日は幸せを感じる力
感謝力についてお話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月14日2020年:12月

他人の評価=自分の価値になっていませんか?

今日は他人の評価=自分の価値に
なっていませんか?
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは他人の評価に対して
あまりにも左右され過ぎている
っていうところがあるのかなと思います。



自分の価値わからずに
それを他人の評価に委ねてしまっている
というところが大きいのかなと思います。



それもある程度は仕方がないところも
あるのかなと思いますけど
でもそれがあまりにも
強くなりすぎてしまうと



他人の言動とか
他人のちょっとした評価の一つ一つで
自分の価値が決まってしまうわけだから
すごい左右されやすいっていう風に
なってしまうのかなと思います。



そうなるとおのずと
他人の顔色を伺ってしまったり
他人のちょっとした言動を気にして
自分の心の安定が得られなかったり
という風になってしまいかねません。



他人に嫌われることが
怖くなってしまったりとか
他人の評価が下がるのは怖くて
異様にその貢献をし続けて
自分のやりたいことができなくなってしまう
てこともあるかもしれません。



ここで考えなければいけないこととして
本当に他人の評価は正しいのか?
ということは考えていく必要は
あるのかなと思います。



人によって評価っていうのは
全然違うと思います。
ある人は良いということもあるし
ある人は悪いっていうこともあります。



そういう価値観が全然違う中で
全ての人から評価を得ようとすることは
それ絶対に不可能だと思います。



でも悪い評価をされた時に
それが自分の価値につながって
自分の価値がないのであって風に
落ち込んでしまっているって事があると
それはもったいないことなのかなと思います。



たまたまその人は見る目がなかったり
自分のことをあまり知らなかったり
その人自身が何か問題を抱えてて
そこまで見ることが
出来なかったりとした時に
正常な評価をするってことが
できないかもしれません。



そういう正常に評価ができない人に
悪い評価をされた時に
それを本当に信じこんでしまうと
自分の価値を正しく評価する事って
できなくなってしまうと思います。



そういう他人の評価にいちいち左右されて
自分の価値が上がったり下がったり
ってしてしまうというのは
とってももったいないことなのかなと思います。



見る目がない人からの評価だったり
自分の合わない人からの評価だったり
自分の性質は違う人の評価だったりすると
正しい評価をされていないってことがあります。



もっと自分のことを正しく評価してくれる
もっと自分を持ち上げてくれる
正しく自分の価値を見てくれる人からの
評価を受け取るようにしていくってことも
大事なのかなと思います。



だから全ての人の評価を
気にする必要はないってことがあります。



だから本当にその他人の評価が正しいのか
というのは考えていく必要があって
必ずしも正しい評価を出す人ばかりではない
無視して良い評価もあるのだっていうことを
自分の中で認識しておくってことも大事です。



最後に自分で自分の価値を決めてる人ってのは
本当に強い人なのかなと思います。



誰が何と言おうと
自分は大切で重要で
素晴らしい人物だって
思えることができたとしたら
そんなに他人に左右されないって
ことがあります。



そうなると自分で
自分の価値を決めてるのだから
好きなように自分を出せるのかなと思います。



そしてそうなると心の安定
平安な気持ちってことも
出てくるのかなと思います。



他人が誰が何と言おうと
自分には価値があると思えることっていうのは
最強なのかなと思います。



自分がどんな経験をして
どんな性質をもって
どんな考えを持っているのかっていうのは
それは自分でしか知らないことっていうのは
多いのかなと思います。



その自分の中にある経験とか価値とか
考え方っていうのは
とっても重要で尊いものなのかなと思います。



だからその一人一人の
その尊いものというのを出して
自分でこれはすごい価値があるものだって
いう風に勝手に決めて
そして自分で自分が価値があると思い込む
っていうことができたとしたら
他人に振り回されることが少なくなります。



そんな感じで
自分で自分の価値を決める
ということも必要になってくるのでしょう。



ただそういう人ってな少ないので
今は自分のことを見る目がない人に対して
ダメな判断をされたとしても
それは無視してもいいっていう
風に思うだけでも
少し変わってくるのかなと思います。



他人の評価=自分の価値ではない
ということがあります。



見る目がない人から見たら
自分の価値が
見えなくなってしまっているだけで
本当はそれで自分の価値がないわけではない
見るとか見たら価値があるし
自分の中でも本当に見せていない部分があって
それが自分の本当の価値に繋がって
いるって事があります。



ということで
今日は他人の評価で
あまりにも自分の価値を
判断しすぎていませんか?
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月10日2020年:12月

璧な人間は愛されない!?

今日は完璧な人間は愛されない!?
ということについて
お話しさせていただこうと思います。



完璧な人間は愛されないって聞くと
えって思う人もいるかもしません
じゃあ完璧な人になれば
多くの人から賞賛を得られて
愛されるにつながっていくと
思う人が多いのかなと思います。



でも完璧になりすぎてしまうと
ちょっと近寄りがたい存在になってしまうって
ことがあるのかなと思います。



漫画とか映画の主人公でもあるように
あまりにも完璧な人っていう設定は
ないらしいです。



どこか欠点があったり
抜けていたり
ちょっと能力が欠けていたりという
そういう主人公を設定した方が
みんなの共感を得られやすい
愛されやすいっていうことがあるみたいです。



よく考えてみると
主人公にしても完璧な人って
少なかったかなと思います
ワンピースにしてもルフィーでも
完璧な人間ではなくて
すごい抜けてるとこがたくさんある。



でもその抜けてるところを
仲間が補ってくれるからこそ
仲間から信頼されるって事もあるし
仲間もあの人のために
頑張ってやろうって思える
っていうところもあるのかなと思います。



もしルフィが全てのことを完璧にこなして
食事も完璧にこなすし
その航海も地図も読めるし
医者でもできるしっていう
そんな人だったとしたら
一人で旅出て、一人で航海することっても
できるかもしれません。



どうしたら仲間の活躍する場所っていうのも
なくなるでしょう。



でもルフィは
何もできないっていう設定であるからこそ
多くの仲間が自分が助けなければ
自分の力をこの人に役に
立たなければっていう風に思って
慕うってことがあるのかなと思います。



そんな感じで自分が完璧に
なんでもかんでもこなそうとするって言うと
ちょっと近寄りがたい存在になってしまって
自分の活躍する場所がなくなって
しまうことがあるのかなと思います。



少し抜けている人の方が
周りの人っていうのは安心して
その人の力になっていこうって
思えるかもしれませんし
その人のもとで
自分の力を大いに発揮して
その人を助けてあげようって
思えるかもしれません。



そういう人か愛され役として
なるのかなと思います。



だから自分が何でも完璧にこなそうって
思うってことはしなくてもいいし
そういう事していくと
愛されなくなってしまう
ということがあるのかなと思います。



憧れとして完璧な人に
なりたいって事はあるのかもしれませんけど
でも憧れと愛されるっていうことは
ちょっと違ってくるのかなと思います。



憧れっていうのは
遠いところで何か眺めている存在であって
ちょっと距離を感じてしまうってことが
あるのかなと思います。



でも愛されるって言うのは
その人の身近なところにいて
その人だからこそ何か助けてあげようとか
そういう人だからこそやってあげようって風に
思えるとことかあるのかなと思います。



完璧になろうとせずに
抜けている人の方が愛されるって言うのは
ちょっと意外なところなのかなと思いますけど
でもよくよく聞いてみると
それは納得するってことがあったので
今日はこうやってお話しさせていただきました。



僕も完璧ならなけばいけない
ということが強くて
何かちょっと自分の中で欠点があると
自分を責めてしまうっていうところがあります。



でも自分のその欠点というのは
誰かの活躍する場所でもあるので
そういう自分の欠点があったとしたら
相手にお願いしてやってもらうって
ことをしていくってことは
僕の中の課題でもあるのかなと思います。



自分で解決しようとしていくよりも
他人に頼んでいくってことが
愛される秘訣なのかなと思います。



何でもかんでも自分がしようとせずに
自分が完璧にこなそうとせずに
できることはできるし
できないことはできないって



できない事相手にお任せしていく
そうやって繋がりができてくると
より一層相手との協調とか協力ができて
自分が一人でやれるも
大きなことができるなるのかなと思います。



そこで仲間との繋がりとか
助けられる、助けるって言う事が
出来るのかなと思います。



完璧になんでもこなそうとしなくてもいいし
自分に欠点があったら
それを補ってもらうってことは大事です。



そんな感じで
完璧な人は愛されないということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月07日2020年:12月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を無事に
終了することができました。
こうやって今年に入って
月に1,2回開催するようになりましたが、
定着してきたと思います。
 
 
 
少しずつ人数に増えてきて
今回は僕を含めて8人の方が
参加してくださいました。
おなじみのメンバーから
新しい人までいろいろです。
 
  
 
8時から11時くらいまで
3時間話をしていきました。
無料版のZOOMを使っていますので、
40分経ったら一旦切れてしまいます。
グループ分けをしていますので、
一旦切れたらそこで
グループを再編集していきます。
 
  
こうやってなるべき多くの人と
濃い話ができるようにやっています。
普段話ができないような真面目なことや
悩み事などを話していました。

 
 
一人で抱えているだけでは
問題はなかなか解決することは
難しいですからね。
  
 
 
仕事でも失敗があって
それで悩んでいる人がいましたが、
同じような経験をしている人が
ご自分の失敗談とかつらかったことを聞くと
みんな同じような経験をしているとわかって
ちょっとは気が楽になったと思います。 
  
 
 
また、恋愛のことで
恋人をどうやって作ればいいのか?
どうやってアプローチしていけばいいのか?
などと話をしていました。
 
 
 
恋人を作るのはご縁なので
何ともできないのはありますが、
ここでちょっとでも話をしていくことで
みんなからの応援をもらえます。
また女性からの視点とか男性からの視点とか
いろんなアドバイスももらえるので
参考になると思います。
 
  
 
こうやって仲間つくりを
していけたらと思ってます。
今年はあと1回やる予定です。
 
   
次回は
ZOOM飲み会
12月25日(金)20時~
参加費 無料

クリスマスということですが、
空いていたら参加してくださいね。
 
 
 
ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月05日2020年:12月

その親切お節介なっていませんか?

今日はその親切お節介なっていませんか?
ということについてお話ししようと思います。



何か人に親切にしてあげた時に
喜ばれる時は良いのでしょうけど
でもその親切が嫌がられたり
厄介になったりしてしまうって事が
往々にしてあるのかなと思います。



余計なお節介になってしまっているっていう
状態なのかなと思います
ではどういう風な時が
余計なお節介になっているのかということを
少し考えていきたいなと思います。



まず自分の正義感というのを
押し付けていませんか
ということを考えていく必要は
あるのかなと思います。



自分なかで「こうあるべき」とか
「こうじゃないといけない」って
いう風なものを持ってる時に
そうじゃない人が現れたら
それを強制させて直さなければいけないって
風に思ってしまうところがあります。



例えば仕事で常に目標に向かって
成長しなければいけないとか
真面目に働かなければいけないとか
人に迷惑をかけてはいけない
という風に思っている人がいて



でも周りを見渡すと
そうじゃない人がいるとしたら
その人のためにと思って
厳しく成長しなければいけないとか
真面目にしろとか
人に迷惑をかけるなっていう風に相手に言う



それはその人のために
言っていることでもあるかもしれませんけど
でもそれが相手にとっては余計なお節介
自分の考えを押し付けてくるだけで
うざったいヤツっていう風に
思われる可能性もあります。



そういう自分の中の価値観っていうのを
押し付けてしまっている時っていうのは
お節介になってしまってるとこが
多いのかなと思います。



そういう自分の正義感が
必要な場合もありますけど
でもそれがあるから
自分も苦しくなってしまって
そして周りの人すらも
苦しくしてしまってる場合もあるので



周りを変えようとするよりも
自分のその正義感が本当に正しいのか
本当にそれをしなければいけないのか
というのを考えていくってことも
大切なことなのかなと思います。



まずは相手を変えようとするよりも
自分の正義感
これをしてはいけない
ああじゃないといけない
というものが
正しいのかっていうのは
考えていく必要があります。



次に相手がどうしようもない人だ
という風に思って
何か助けなければいけないという風な
感情を持っていませんか
ということがあります。



いわゆる相手を見下している状態
なのかなと思います。



相手には問題を解決する力がない
だから相手を助けなければいけないって風に
相手の力を見くびってしまっている。



というところがないのかってのも
考えていく必要があるのかなと思います。



それはいわゆる下の人間だと思われる
子供とか部下とかそういう人たちに対して
思いやすい感情なのかなと思います。



私がやらなければ
あの人は何もできないのだって思っている
その考え自体が
ちょっと怪しいということがあります。



本当はその人はもっともっと力があって
問題を解決する能力もあるのに
勝手にあの人はそんな問題を解決する力がない
自分が解決しなければ
あの人は駄目になってしまう
とんでもない失敗を起こしてしまう
ていう風に決めつけて
勝手に助けようとしてしまうっていうところが
あるのかなと思います。



そうなってしまうとそれは
余計なお節介になってしまいかねません
してあげるって言う事が
傲慢な態度になってしまうってこともあるので
それは少し考えていく必要は
あるのかなと思います。



そして最後に頼まれてもいないのに
勝手に問題を解決しようとしてしまっている
それは往々にしてあるのかなと思います。



相手から何もして欲しいって言われてないのに
勝手に口出しをしたり手を出したりとか
そういうことをしようとすると
抵抗にあいやすいというのがあります。



親が子供に対して
学校の問題があったとしたら
勝手に口出しをして
何でも解決しようとして
しまっているところがあったとしたら
子供はそれが、あ、お母さん助けてくれて
ありがとうっていう風に思うかっていうと
そうはならない時が多いのかなと思います。



勝手に自分の問題を親が解決しようとして
余計に問題をややこしくしてしまうってことが
たくさんあるのかなと思います。



子供は子供の考えで
こうしようっていうことがあって
どうしようもなくなった時に
親に助けを求めるって事があります。



でも子供が助けを求めもしないのに
勝手に手を出して問題を
ややこしくしてしまうっていうこともあります。



もう少し親は暖かい目で見守るっていうことは
必要なのかなと思います。
待つっていうことは
とっても忍耐力が必要になってきます。



ちょっと何か困ってるようなことが
あったとしても
子供の力を信じて待つ
何か言われて助けて欲しいって思った時に
はじめてそこでアドバイスなり
何か行動に起こしたり
そういうことをしていけばいいだけであって



頼まれてもいないのに
勝手にあれしなさい
こうしなさい口を出して
そうやってやるとすると
子供にも自立する力が芽生えませんし



問題も複雑になって
大きくなってしまいかねません。



そんな感じで頼まれてもいないのに
勝手に問題を解決しようとしないということは
大事なことなのかなと思います。



そんな感じで
その親切がお節介になってしまう
ていう時っての少し考えてみました。



復習すると
まずは何か相手にやるときは
自分の正義感を押し付けていないのか
自分が「こうやるべき」「あああるべき」
って事を
勝手に相手に押し付けてしまってる時が
あるかもしれません。



次に相手を見下していないのか
問題を解決する力がないと勝手に決めつけて
自分がやらなければ
って思っていませんかっていうことです。



そして最後に頼まれてもいないのに
勝手に問題を解決しようとしていませんか
ということで
頼まれて初めて口を出せばいいだけで
相手から何も言われていないのに
勝手に口出しをしようとすると
抵抗にあいやすいということでした。



そんな感じで
親切がお節介になるということについて
述べさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月03日2020年:12月

本当に欲しいものは親からの承認

今日は本当に欲しいものは
親からの承認ということについて
お話ししようと思います。



僕たちはやっぱり誰かに認められたいし
誰かに褒められたいし
こんな自分でも良いんだっていうふうに
受け入れてほしいしっていう
そういう思いは
誰でも持っているものなのかなと思います。



でも全ての人に認めてほしいのかというと
そうではないと思います
やっぱり特定の誰かから
認められるということが
必要になってくるのかなと思います。



そしてその特定の誰かというのは
たいていは親っていう場合が
多いのかなと思います。



特に小さい頃に親から
認めてもらえなかったとか
褒めてもらえなかった
信じてもらえなかったという
そういう子供時代を送った人っていうのは
親から認められたいっていう欲求は
とっても強いということが
あるのかなと思います。



小さい頃って特に親からの承認っていうのは
求めてしまいます。
それがあるのとないのとでは
大きく違っているからです。



でも本当に欲しい時に
そういうのを求めても
もらえなかったとすると
ずっとそういうものを
探し求めていってしまうのかなと思います。



そして大人になった時に
いろんな人に褒めてもらったり
認めてもらったいっていう風にするけど
でもどこか満たされない
って思いがあるのかなと思います。



それは本当に認めて欲しい人っていうのは
小さい頃認めてくれなかった親
という場合があるからです。



あの半沢直樹とか下町ロケットを
書いてる著者である
池井戸潤さんの作品でも
そういうふうな人物が
出てきた時もありました。



その人は悪役で出てきたのですけど
人を蹴落としてまでも
上に行こうっていう
そういう強い欲求を持っていました。



何故そこまで人を蹴落としてまでも
どこまでも上に行こうとしてしまうのか
そういうのを振り返っていってる時があって
それは小さい頃親が100点取っても
認めてくれなかった
運動をどんなにしても認めてくれなかった
ということがあったみたいです。



だからこそ親を見返したいという思いで
すごい頑張り続けて
こんだけ頑張ったら
いつか認めてくれるんじゃないか
いつか褒めてくれるんじゃないかっていう風に
ずっとずっと頑張り続けるって事を
止められずにいたっていうことです。



でも結局その人っていうのは
親が亡くなるまで認めてくれなかった
ということがありました。



もうその人は40、50ぐらいのいい大人で
それでも親からの承認っていうのを
ずっと欲しがって
それを原動力に
頑張っていったっていうことです。



そして最後はその親から
認めてもらえなかったということが
ずっとあってそれで親が亡くなってしまった。



それで宙ぶらりんになってしまったけど
でもいきなり自分を
変えることなんてできないから



自分らしくいるって事は
親の反骨精神でもいいから
頑張り続けるって事は
もう自分らしさになっているのだということで
自分を変えずに
ずっと頑張り続けていった。



でも最後にはそれがうまくいかなくて
どんでん返しがあって
最後は陥れられてしまう
ということがありました。



まそんな感じで
自分の今頑張る原動力というのは
本当は認めてほしかった人から
認めてもらえなかった
認めて欲しい時に
認めてもらえなかったっていう
ところからきていることが
多からずあるのかなと思います。



そういうのを自分で
見つけていくっていうことは
とっても大事なことなのかなと思います。



なぜ自分が今頑張りすぎてしまっているのか
ということは
誰にでも褒められたい
認められたいってことは
あるかもしれませんけど



でもそれがすべての人に
褒められたいのかっていうと
そうではなくて
もしかしたら小さい頃
どんなに求めてももらえなかった
親からの承認
それを求めてしまっている
ということがあるのかなと思います。



そしてそれに気づくということだけでも
少し自分の心が安らぐってことは
あるのかなと思います。



多くの人から承認を求めてしまう
ということではなくて
ある一定の特定の人から褒められたい
認められたいって言うことが
心の底にはあって



それが満たされないから
がむしゃらに頑張ったり
成果をあげようとしたり
名誉を欲しがったり
そういう事をしてしまうってことも
あるのかなと思います。



今日は本当に欲しいものというのは
親からの承認かもしれない
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月29日2020年:11月

相手に気を使うほど粗末に扱われる

今日は相手に気を使うほど粗末に扱われる
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは相手に好かれようと思って
相手に気を使うってことは
多いのかなと思います。



自分が気を使えば
相手が機嫌でいてくれのかなと思いますよね。



そうやって相手に何か気を使って
相手が喜びそうなことをしたりとか
相手が何か望むようなことをしたりとか
そういう風にして
相手に気を使うってことは
あるのかなと思います。



最初はそれでもいいのかなと思います。
それで相手もご機嫌なって
自分のことを好いてくれるって事は
あるのかなと思います。



でもそればっかがあると
ドンドンと相手が上で
自分が下っていう風に
上下関係になりかねないっていうことが
起こってくるのかなと思います。



自分が本当にしたいことを我慢して
相手に合わせて
相手の喜びそうなことだけをしていく
ていうことがあると



相手もどんどんとそれがエスカレートしていて
あいつは何をやっても大丈夫だ
何を言っても聞いてくれるっていう風に
思ってしまうとことあるのかなと思います。



そしてその人も
ドンドンとエスカレートしていっても
相手の要求を答えようとしていく
ということがあると
もっともっとその上下関係
支配する、されるっていう風に
いつまにかなってしまうことが
あるのかなと思います。



相手に好かれようと思って
相手が喜びそうなことをするっていうことは
本当の意味で愛なのかもしれませんけど



でもそれが行き過ぎると
支配に変わっていってしまうと事があるので
すごくそれは注意しなければ
いけないことなのかなと思います。



どこかで自分のやりたいことを言ったりとか
本当にやりたくないことを言ったりとか
そういう風にして自分の意見というのを
出していくってことも
必要になってくるのかなと思います。



全て相手の言う通りに聞いているだけが
人間関係を良くする方法でもないと思います。



それしていくと
逆に人間関係が悪くなってしまいます。



相手の地位が高くなって
自分のその存在意義とか
存在の価値がドンドンと
低くなってしまうっていう風に
なってしまいかねません。



相手に気を使うってことは
とっても大事なことなのでしょうけど
でもそれが行き過ぎると
返って悪影響を及ぼしてしまう
ということがあります。



これは夫婦の関係で
よく見られるのかなと思います。



旦那さんに奥さんがすごい気を使って
何でもやってしまうということがあると
旦那さんはどんどんと
その頭に乗ってしまうって
ことがあるのかなと思います。



そしてよくあるのが
旦那さんがドンドンと子供返りしていって
甘えてわがままを言ってことがありますし
奥さんは旦那さんを子供の用に扱って
母親がわりになってしまう。



旦那さんが子供で
奥さんが母親という風に
なってしまうことも多くあります。



それっていうのは奥さんが自分の意見とか
自分のやりたくないことを言わずに
旦那さんの喜ぶようなことばかりを
してしまうということがある。



それがどんどんとエスカレートしていった末に
そういう風になってしまう
てことがあるのかなと思います。



良妻賢母で奥さんは尽くすということが得意で
それはすごい素晴らしい事なのでしょうけど
でもそればっかりだと
粗末に扱われていってしまうという
残念な結果になってしまいます。



やっぱり自分っていうのをもっと出して
やりたくない事っていうことも
拒否していくこともありますし



自分のやりたいことを優先させていくという
ことも必要になってきます
そういうことしていくことで
対等な関係になっていくのかなと思います。



相手に気を使ってばかりいるということが
人間関係を良くするわけではないということは
覚えておいてもいいのかなと思います。



今日は相手に気を遣ってばかりいると
粗末に扱われてしまうということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月25日2020年:11月

責めることで問題が解決するのか?

今日は責めることで問題が解決するのか?
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは何か問題を起こしたりとか
何か人に迷惑をかけたりとか
相手に不都合なことを起こしてしまった
ということがある時に
自分を責めて罰しようとしてしまうってことが
まず最初に来るのかなと思います。



自分は何て罪深い人間なんだ
相手にあんな迷惑をかけてしまったり
相手に被害を与えてしまったりということで



こんな自分なんていなくなった方がいいとか
自分なんてもうどうしようもない人間だから
もうダメなんだってという風に
自分をすごく責めてしまうっていうことが
最初に起こるのかなと思います。



そういう状態っていうのは
次にこの経験を活かして改善していこうとか
前向きにそういう考える事って
なかなかできないのかなと思います。



ただただ自分は犯罪者で
罪深い人間なんだ
この罪をずっと背負って
生きていかなければいけない
人間なんだっていう風に思って



自分が犯罪者として
生きていこうとしてしまうって
ことがあるのかなと思います。



ずっと許されてはいけない
この罪は忘れてはいけないっていう風に
固く信じて自分はダメなんだ
自分は情けない人間なんだ
自分は何をやっても
人に迷惑をかけてしまうんのだっていうに
責めて責めて責めまくってしまうっていう
そういう人もいるのかなと思います。



でもそれが本当に問題を解決するのか?
というふうに考えていくと
全然そんなことはないと思います。



それよりももっと気持ちを切り替えて
今度気をつけよう
こういうことがあったら
こういう風に改善してやっていこう
というふうに考えていく方がよほど建設的で
問題も解決していきやすいのかなと思います。



ただただ自分を責めて罰して
罪深い人間として生きていかなければいけない
という風になってしまうだけでは
問題というのは全然解決していかない
ということがあるのかなと思います。



そしてそれは自分だけでなくて
周りの人にも悪影響を
及ぼしてしまうってことが
あるのかなと思います。



自分が暗い顔して
落ち込んでいるとしたら
周りの人もそれに引っ張られて
何か気を使わなければいけなかったりとか
沈んだ顔を見てイラついたいとか
そういう風に悪影響を及ぼしてしまう
って事があるのかなと思います。



やっぱり自分の笑顔だったり元気な姿が
前の人を明るくするってことは
あると思うんだけど



でも自分を責め続けて犯罪したとして
自分を罰し続けている姿を
周りの人に見せているだけでは
周りの人も嫌な感じに
受け取ってしまうのかなと思います。



そんな感じで自分を罰しても
周りの人も迷惑になるし
その問題を解決するっていう力も
わいて来ないってことがあるのかなと思います。



だったら自分を責めることも
多少は必要だけど
早めに気持ちを切り替えて
今度はこうしよう
こういう風にして改善していこう
というふうに考えていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



そしてそれは相手も一緒で
もし相手から何か嫌なことをされたいとか
何か不都合なことをされたりとか
被害を被ったということがあったとしても
相手を責めるということをして
それが問題解決につながるのかと言うと
そうではないのかなと思います。



ただ自分の気持ちが晴れるだけ
ちょっと自分の気持ちが楽になるだけで
その問題そのものを改善していくってことは
少ないのかなと思います。



それよりも相手を許して
一緒に問題解決を探してくっていうほうが
よっぽど建設的なのかなと思います。



相手を責めて犯罪者にしても
何の問題も解決していかないどころか
また同じ問題を
繰り返してしまう可能性もあります。



そうではなくて
もっと許していうことを実践して
早めにその相手も自分も
過ちを犯したかもしれませんけど



でもそこから大きなものを掴みとって
次回改善していこうということが
できたとしたら
その問題があったおかげで
成長することができたっていう風に
なるのかなと思います。



自分を罰しているだけでは
その改善すらもできなくなってしまってる状態
だから早めに
許すことは必要なのかなと思います。



こうやって自分を罰したり
相手を罰するだけでは
問題というのは解決していかない
ということを心に思っておくとことは
とっても大事なことなのかなと思って
今日は説明させていただきました。



罰することで問題は解決していかない
覚えておいてもいいのかなと思います。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月22日2020年:11月

弱い自分を受け入れるほど強くなれる

今日は弱い自分を受け入れるほど強くなれる
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは強さということを考える上で
弱い自分を克服して強くなる
ということがあるのかなと思います。



この弱い自分というのを出して駄目だ
こんな自分がいると強くなれないと思って
否定して必死にその弱い自分を
乗り越えて克服して
それで強い人間になろうとする
ということがあるのかなと思います。



またダメな自分がいたり
出来ない自分がいたり
そういうのが駄目で
もっと良い自分になったり
出来る自分なったり
そういう風なことになっていくと
強い自分になれるのかなって
思うことがあるのかなと思います。



確かにそうやって強さっていうのは
手に入れれるかもしれませんけど
でもそれは不安定な強さ
なのかなと思います。



やっぱりどこまで行っても
ダメな自分ていうのは出てくるし
弱い自分でいうのもいるわけだと思います。



そういうの切り離す事っていうのは
できるわけでもなしに
どこかふとした時に出てきて
そうなった時に
自分というのを責めてしまったり
落ち込んでしまったり
ということがあるのかなと思います。



それってのは本当の強さでは
ないのかなと思います。



僕の考える本当の強さっていうのは
弱い自分をどれくらい受け入れる事が
出来るのかということが
あるのかなと思います。



自分の弱さをこのままでも良い
ダメだ自分でも良いし
情けない自分でも良いしっていう
そういう風に自分で自分のことを
認めることってことができたとしたら
それはその人の強さとなって
出てくるのかなと思います。



弱い自分を出さないようにとか隠して
強い自分であらなければっていう風に
無理してやっているよりも



弱い自分でも良いという風に
色んな人にこういう自分を
もうしょうがないから
ていう感じでさらけ出す
もうオープンにする
それも強さの一つなのかなと思います。



弱い自分を隠しているって事があると
何か後ろめたいことがあったりとか
無理して続けないけないって
いう風になってしまって
それは本当の自分から
かけ離れていってしまいます。



ちょっと無理な状態がずっと
続くわけでもなしに
やはりどこかでエネルギー切れを
起こしてしまいます。



そういう本当の自分からかけ離れた
とこにいても息苦しいだけだと思います。



それよりはもっともっと弱さを出したり
情けなさを出したり
それができるようになると
もっと自分も楽になっていけると思います。



そしてそれが本当の意味での強さ
という風になっていけるのかなと思います。



弱い自分も情けない自分も
醜い自分も全て受け入れて
その中で強い自分も出てくるかもしれませんし
人よりも何か優れてる自分も
出てくるかもしませんし



そうやってプラスとマイナス
両方受け入れた上での
自分でことができた時に
土台っていうのはしっかりと安定して
本当の芯を持った
ブレない生き方っていうのが
できるのかなと思います。



そしてそれが本当の強さということに
繋がっていくのかなと思います。



僕も昔はずっと自分の弱さっていうの
隠していっていました。



こんな自分を出すと
みんなから嫌われてるのじゃないのかとか
何か自分の弱さを出しては
いけないっていう風に思っていました。



こんな情けない姿を
人に見せてはいけないって
いう風に思っていました。



そしてずっと強がって
生きていったように思います。



そういう時ってのは
自分っていうのはつらかったですし
すごい無理をしていました
それは本当に意味で強さではなくて
やっぱ弱い自分だったのかなと思います。



すぐ情けない姿を
見せることができなかった
弱さがあったりとか
ダメな自分を
認めることができなかったりとか
それは本当の強さにはならなくて
弱さになっていたのかなと思います。



ここでいう本当の強さというのは
自分の情けない姿とか
ダメな自分をどれぐらい
受け入れていくのことができるのか
ということが
強さに繋がっていくとことは
あるのかなと思います。



もっともっと自分をさらけ出して
弱い自分でも良いし
情けない自分でも良いし
ということを受け入れていくってことは
とっても大切なことなのかなと思いました。



今日は自分の弱さを受け入れることが
本当の強さということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月19日2020年:11月

楽天的か不安的かは遺伝子によって決まっているのか?

ご視聴ありがとうございます
今日は楽天的か不安的かは
遺伝子によって決まっているのか?
ということについてお話ししようと思います。



幸せな物質として
セロトニンというのが
最近注目されていると思います。



セロトニンが多ければ幸せになれて
自分も向上するっていうことがあります。



セロトニンの特徴として
何かストレスがかかった時に
ノルアドレナリンとドーパミンの暴走を抑えて
心のバランスを整えるっていう
そういう作用がある物質らしいです。



だから過剰に興奮するわけでもなしに
冷静にストレスを対処していくってことが
できるようになるのかなと思います。



そういうセロトニンですけど
そのセロトニンが出す量ってのは
大体決まってはいると思うんですけど



でもそのセロトニンを出した後に
再び再利用できるかっていうのは
セロトニントランスポーターということが
関係していると言われています。



セロトニンをリサイクルするための
物質らしいです。



そのセロトニントランスポーターが
大きければ大きいほど
一回出したセロトニンを
再び取り込むことができるので
セロトニンの量もおのずと増えるって
いうことがあります。



そのセロトニントランスポーターですけど
これって言うのは
遺伝子によって決まっている
とも言われています。



その遺伝子ですけど
SS型とSL型とLL型っていう風に
今は区別されているようです。



SS型っていうのは
そのセロトニントランスポーターが
少ないと言われています。



少ないので不安とかうつ傾向に
なりやすいっていう風に言われています。



逆にLL型っていうのは
そのセロトニントランスポーターが多い
という風に言われています。



だからそういう人っていうのは
前向きに何かをチャレンジしていこう
ということがあるかもしれませんし
ちょっとしたストレスがあったとしても
そんなに抱えるって事が
少ないのかなと思います。



安定していられるって事があります
これって言うのはS型っていうのは
セロトニントランスポーターが
少ないっていうことですけど
日本人で大体80%ぐらいの人が
S型だって言われています。



で中国が75%
アメリカでは44%で
南アフリカだったら28%の人しか
S型がいないって言われています。



これっていうのアジアの人が多くて
次にアメリカ大陸で
アフリカの人っていうのはS型がいない
そういう風な割合になっているらしいです。



逆にL型っていうのは
日本人としては2%とか3%とかって言うに
それぐらい貴重な存在らしいです。



特にアメリカだったら
33%の人はL型と言われています。



それっていうのは日本人っていうのは
震災とか地震とか
そういう災害が多いから
楽天的にいると
その災害に備えを怠ってしまって
大きな災いを起こしてしまうってことが
あるらしいからです。



ちょっと不安ぐらいがあって
きちんと準備しながら
災害がいつ起きてもいいっていう風に
準備するようなそういう遺伝子だからこそ
日本で生き残ってこられた
ということもあるのかもしれません。



逆にアメリカとかだったら
そんなにその台風とか
地震とかそういうのも少ないので
災害に対しては
そこまで考える必要も
ないのかもしれません。



そしてその移民が多いので
チャレンジ精神というのも多い
とこともあるのかもしれません。



そういうチャレンジする人
一つの事に留まるんじゃなくて
いろんなところに行って
何かやっていこうという人が多いというが
アメリカに集まってくるのかなと思います。



だからこそアメリカの人達ってのは
起業家精神というのが大いにあって
ちょっとした人でも
ベンチャー企業で一旗揚げてやろう
金持ちになってやろうっていう
そういう人が多いのかなと思います。



逆に日本だと安定的な思考を好んで
公務員とかその教師とかそういう風に
なりたいっていう人が
多いのかなと思います。



また貯金が多いっていうのも
日本の特徴なのかもしません。



それっていうのは災害から身を守るために
何か食料とかそういうのを
溜め込まなければいけない。



そうじゃないと
生き残って来れなかったっていう
そういうものも大きいのかなと思います。



そんな感じでセロトニントランスポーターが
多いのか少ないのかによって
自分が不安なのか
それとも楽観的なのかっていうのは
ある程度決まっている
という風に言われています。



大きな流れで日本人とかアメリカ人とか
そういう風な区別をしましたけど
それは日本人の中でも
そういう人が多い人っていうのもいるし
少ない人ってのもいるかもしれません。



大体セロトニンが不足すると
うつ病とかそういう不安が
大きくなってしまうってことがあるので
薬によってセロトニンを
多く出すっていうのもあります。



そうやってセロトニンというのは
幸せの物質として今注目を浴びています。



そういうことで
そのセロトニントランスポーターが
多いのか少ないのか
それは遺伝によって決まっていることについて
お話しさせていただきました。



セロトニントランスポーター
自分が多いと思うのか少ないと思うのか
それによってその危機に対して
保守的に守ろうとするのか
それとも危機があった時に
乗り越えて何かやってあげようと思うのか
そういうのは決まってくるのかなと思います。



そんな感じでセロトニンについて
お話させて頂きました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月16日2020年:11月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を開催することができました。
僕を含めて全員で7人の方
参加してくださいました。
ちょっとずつ人数も増えてきました。
 
 
 
新しい人が入ってきてくれて
最初は慣れないところで
話もスムーズにはいかないところも
あるかもしれませんけど、
だんだんと回数をこなすことで
自分を出せるようになってくると思います。 
 
 
 
40代や50代の人が割合的に
多かったので、
その時代に漫画とか映画や音楽の話が
盛り上がりました。
 
 
 
今はYouTubeで昔のものでも
気軽の見れるようになりましたからね。
ホント便利な時代になりました。
 
 
 
コロナもだんだんとひどくなってきて
益々、ネット上でのやり取りを
するようになってくるでしょう。
ZOOMを使えば
県外の人とも気軽につながれるし
話も集まって話をするよりも
みんなの顔を一つの画面で見れるので
僕としてはやりやすいです。
 
  
 
ちょっとした世間話から
自分の悩みのことや
心理系の話まで
浅いところから深いところまで
いろいろと話ができるのも良いですね。
 
  
 
多分、普段では話できない内容だと思います。
真剣な話って敬遠されがちですもんね。
僕も仕事場でとか話をするのは
とっても難しかったですからね。
こうやって悩みを共有する人同士が集まると
真剣な話をするのが普通になってきます。
そういう雰囲気もとっても良いです。 
 
 
 
それに、話好きな人もいますし、
ちょっと話し下手の人もいますけど、
均等にみんなが話できるように
話をしていない人に話題を振ったり
そういう気配りもみんなが
しようとしているところも
僕としてはすごいところだと思います。
 
 
 
とっても良い時間を過ごすことができました。
また、定期的にやっていき
ちょっとずつでも人数が増えていけると
良いなと思っています。 
 
   
 
人数が増えたらグループ分けをして
なるべく少人数で話ができるようにします。
5人だと難しいですけど、
6人なら2つに分けて
3人3人で話をしてもらうようにします。
 
 
 
そういうグループ分けがZOOMでは
簡単にできるので
そういうのも気に入っています。
 
 
 
3週間に1回のペースで
やっていこうと思っています。
 
 
 
 
というわけで次回は

ZOOM飲み会 
12月4日(金)20時から
参加費 無料

食事をとりながら飲みながら
気軽に話をしましょう。

あなたの参加を心待ちにしております。
 
  
 
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月14日2020年:11月

肉食系と草食系の目標の達成の仕方は違う

今日は肉食系と草食系の
目標の達成の仕方は違う
ということについてお話ししようと思います。



よく自己啓発とかの本を読むと
目標を決めて
いついつまでにその期限も決めて
それに向かってやっていきましょう
一直線に突き進んでいきましょうと
うたっているところが多いのかなと思います。



確かにそれで
目標達成するっていう人も多いと思います。
でもそういう目標の達成の仕方が合わない
という人も中にはいると思います。



そういう人は自分のその性質が
違うのかもということを
疑ってみる必要はあるのかなと思います。



肉食系の目標を達成し方っていうのは
今言われてるような
その自己啓発の本に書いてあるように
目標を決めましょう
期限を決めましょう
そしてそれに向かって
一直線にやっていきましょう
という風なものだと思います。



肉食系なのでチーターとかライオンが
獲物を見つけたら
それに向かって一直線に進んでいく
脇目もふらずにやっていく



そういう目標の達成の仕方が合う人もいれば
それが合わない人もいて
そういう人は草食系なのかもしれないです。



草食系の目標の達成の仕方というのは
自分の周りにある草をむしゃむしゃと
食べながら次どっか出かけて行くと言う
そういうゆっくりな流れの中に
あるのかなと思います。



何か一つのことを向かって
一直線に向かうのではなくて
今現時点に与えられてるものを
一生懸命やることによって
次のステージに行くという
そういう目標の達成の仕方
っていうのもあるわけです。



一つ一つ自分の今与えられている
その仕事なり、家事なり、子育てなり
それを一生懸命やっていく
そういうことで
その自分の人格を磨いたりとか
何か新しい違うステージに上っていく
そういうことができるようになる。



それが草食系の目標の達成の仕方であって
肉食の目標の達成の仕方とは
全く違うのかなと思います。



そしてこれって言うのは
肉食系と草食系て
大きく違いを分けるって事は
出来るかもしれませんけど
時と場合によっても
またそういうのは出てくるものが
違うのかもしません。



仕事においては肉食系であったとしても
家庭においては
草食系っていう人もいるかもしません
また肉食系が8割で
草食系が2割という風に
ちょっと草食系が入ったりとか
絶対に肉食系であるというわけではない
という人もいるでしょう。



そんな感じて肉食系と草食系て
分断されるって言うことではないですけど
主にどちらの方がウエイトが大きいのか
というのを考えていくってことも
大事なのかなと思います。



そして肉食系の人が
草食系の目標の達成の仕方を
しようと思っても難しいですし



草食系の人が
肉食系の目標の達成の仕方を
しようと思っても
それは自分に合わないので難しいと思います。



自分に合った目標の達成の仕方いうことを
実行していくってことが
大事になってくるのかなと思います。



あなたは草食系ですか?
それとも肉食系ですか?



僕は多分草食系の気が
あるのかなと思います
そんなに一つの目標に向かって
頑張り続けるって事はと
集中力も持たないし
できないのかなと思います。



それよりは今与えられてるところを
一つ一つこなしていく
そうやって何か自分を磨いてくってことが
性に合ってるのかなと思ってます。



たまには目標で今年はこうなりたいとか
来年はこうなりたいっていう
そういう目標を決める時もありますけど
でもそれってのはぼんやりとしたもので
必ずこうなればいけないっ
ていうものでもないですし
それも流されてしまってる時も
あるかもしませんけどでも



今与えられているところを
懸命にやるって事は
ずっと僕の中のテーマ
であるのかなと思います。



そんな感じで
僕っていうのはもう見た感じ
肉食系ではないと思いますし
草食系の目標達成の仕方っていうことで
こうやってやって言ってるのかなと思います。



今日は肉食系と草食系の
目標の達成の仕方は違う
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月12日2020年:11月

繊細型エンパスか?鈍感型サイコパスか?

今日は繊細型エンパスか
鈍感型サイコパスかの違いについて
お話しさせていただこうと思います。



僕たちの性質において
すごい繊細な人と
すごい鈍感な人っていう風に
分けられるのかなと思います。



その中間ももちろんありますけど
でも繊細な人はすごい繊細ですし
鈍感な人っていうのは結構鈍感で
そういう自分の性質がどういうものなのか
っていうのを知っておくことはとても大事です。



鈍感な人の中に繊細な人がいると
とっても疲れてしまいますし
繊細な人の中に鈍感な人がいると
空気を読めずに場を壊してしまう
ということもかもしれません。



そんな感じで自分の性質を
知っておくことはとても大事です
まず繊細型についてですけど
よくHSPということがあげられると思います。



最近流行りだした言葉だと思います
すごい繊細で繊細さんとも言われていて
相手の感情に敏感に察知して
そういうのを読み取ってしまう
そういうのを感じ取ってしまう
ということがあるのかなと思います。



だから人の顔色を自然と伺って
相手がどんな風に思ってるのか
今どんなことを感じているのか



というのを敏感に感じ取って
そしてそういうのを強く
自分の中に持ってしまう
相手の影響に左右されてしまう
って事があるのかなと思います。



そういう人の顔色を意識して
自分の意見が言えなかったりとか
そういうこともしてしまうかもしません。



相手の喜びそうなことを先読みして
期待に応えようとしている
という事もあるかもしれません。



大体自分のことよりも
相手のことを優先にさせてしまう
ということもあるのかもしれません。



それはやっぱり相手の感情を感じ取ってしまう
ということが往々にしてあるからでしょう。



そういう風に繊細に
相手の感情を感じ取ってしまう
そしてそれを自分のものに置き換えてしまう
てことが繊細な人特徴なのかなと思います。



だから、そういう人っていうのは
ちょっとした変化っていうものに
ものすごい敏感で
鈍感な人では気づけないような
その変化を敏感に感じ取っていくことが
得意なのかなと思います。



芸術系でもほんの些細なその違いにも
見分けることが出来るって事も
あるのかもしれません。



そして相手の気持ちを
読み取ることができるから
相手が困ってる時があったら
助けることもできるかもしれませんし
怒ってると思ったら
近寄らないようにするとか
そういうことも得意なのかもしれません。



そういう意味で
その占い師とカウンセラーとか
そういうところに向いてるって事も
あるかもしれませんし



違いを見つけるって意味では
音楽とか絵画とか
そういう芸術系の人にも
向いているとこともあるかもしれません。



ただ行き過ぎると心配性とかに
なってしまうかもしませんけど
でも気配り上手で共感力があって
優しい人っていうことが多いのかなと思います。



それとは逆に鈍感な人っていうのは
表現は悪いかもしれませんけど
サイコパスっていう風に
言われることがあるのかなと思います。



サイコパスって言うと
凶悪な犯罪者っていうふうに
思いつく人が多いのかなと思いますけど
でもそれも一部分だって
サイコパスであるからこそ
その自分の能力を発揮して
人に貢献できるって事もあります。



人の感情を読み取るってことが苦手なので
自分のことを思いっきり出すことが
できるって事があります。



大体ワンマンの社長さんなんかも
サイコパスとか鈍感な人
ってのは多いのかなと思います。



それは周りの人の意見をいちいち聞いて
その反応に従っていたら
自分の決断というか
良い決断というのはできないのかなと思います。



周りがどう思うが、どう言おうが
自分がこうだと決めたら
こっちの方向に行くっていう
そういう力強いそのリーダーシップを取る
ってことはその鈍感な人
でしかできないことなのかなと思います。



そういう意味でそのワンマン社長で
みんなを引っ張っていく
っていうことにおいては
鈍感な人が得意な分野なのかなと思います。



リーダーシップを取って
周りの人を導いていく
それが良いのか悪いのかというのは
ちょっと分からないところもありますけど
それがうまくハマった時にはものすごい
成果を上げられるって事が
あるのかなと思います。



でもそれがハマらなくて
ちょっと危ない方向に行ってしまうと
みんなを危険な方向に導いてしまうって
こともあるかもしません。



そういう意味で影響力っていうのは
ものすごい大きいものがあるのかなと思います。



鈍感な人でしか出せない
その力強さとか
リーダーシップとか前向きさってことが
あるのかなと思います。



そういう繊細な人でも鈍感な人でも
特徴があって
短所もあれば長所もあるっていうことなので
どちらかが良いとか
どちらかが悪い
というわけではないのがあります。



ただ自分の特徴を知っておく
そして自分の長所っていうか
その強みを知って
それを活かせられるようになると
強みを発揮して
自分らしく生きていくってことが
できるのかなと思います。



ただ最近はHSPという繊細な人というのは
増えているって事があるのかなと思います。



傷つきやすさがあって
人の顔色を敏感に感じ取ってしまう
それで傷ついてしまうって
ことも多いのかもしれません。



そういう人が多分こういう動画を
見られるのが多いのかなと思うので
繊細な人ということがあったとしたら
少し注意して



相手の感情に影響されていないのか
相手の感情を自分の中に必要以上に
受け入れていないのかっということを
注意していくってことが
必要なのかなと思います。



ただ鈍感の人にも鈍感な人の
その長所もあるし短所もあるし
そういうことはあるから
その鈍感な人が悪いわけでもないですし



繊細な人には繊細な人の
長所と短所もあるので
どれが悪いわけでもないし
良いわけでもないっていうことで



ただ自分の特徴を知っておくってことは
大事なのことなのかなと思って
説明させていただきました。



今日は繊細型か鈍感型かという
そういう違いについての説明です。



ありがとうございます。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月10日2020年:11月

あなたの性質は一点集中型か多点分離型か

今日は一点集中型か多点分離型か
ということについて
お話ししようと思います。



僕達ってのは
いろんなタイプに分かれると思います。
そして自分がどのタイプなのか
どういう性質を持ってるのか
ということを知っていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



仕事を選ぶにしても
自分の得意な分野で
得意な人に合ったものを
選ぶことが大事で
そういうことができるなると
抵抗も少なくて
自分の能力を発揮しやすい
っていうことがあると思います。



だから自分のタイプがどんなものなのか
というのを知っておくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



それで今日は一点集中型か多点分離型か
ということで
お話しさせていただこうと思います。



一点集中型というのは
博士タイプのような感じで
せまく深くということが
特徴つけてあるのでしょう。



一つのことをやると
周りのことが見えなくなって
没頭してしまうっていうタイプです
だからあれもこれもってするってことは
とっても苦手な人なのでしょう。



同時並行となできなくて
ちょっと不器用なところがある
という風に言えるかもしません。



でも一つのことを突き詰めていくことが
できたとしたら
ものすごい才能を発揮していくことでしょう。



スポーツタイプとか
芸術家タイプとか
博士タイプみたいな
専門分野において
その一つのことを突き詰めていく
ということができたとしたら
それはものすごく能力を発揮して
どこまでその分野について
深めることができることでしょう。



ただ他の周りのものというのは
全然、注意が行かなくなって
おろそかになってしまう
ていうことがあります。



博士でも自分の研究分野以外の
私生活とかそういうものでおいては
もう全然だらしないってことがあると思います。



食事もろくにとらずに
お風呂も入らずに
部屋もむちゃくちゃだ



でもその自分の研究分野においては
もう集中しまくっても
その分野のことしか
頭が回ってないっていう感じなのでしょう。



だからこそ一つの分野において
大きな成果があげられると
いうこともあります。



だからあれもこれもっていうことではなくて
この分野においてはその第一任者であって
その他の事においては
全然できないないっていうことが
あるのかもしれません。



そういう一点集中型っていうのは
何もかもっということよりは
一つのことを突き詰めていくっていうことが
得意な人が多いです。



それと比べて反対なのが
多点分離型マルチタスク型と
言われる人がいます。



こういう人は器用に何でもこなして
あれもこれもっていうふうに
同時で作業することができるって
言うことがあります。



だから器用で何でもこなしていくって
ことがあるかもしれませんけど
でも深めていくってことは苦手なのでしょう。



器用貧乏というような形で
あれもこれもってある程度は
こなせるかもしれませんけど
そっから深く入っていけるか
その専門分野を突き詰めて行けるかと言うと
すぐに飽きてしまうことが
あるのかもしれません。



集中力がもたずに注意散漫になってしまう
てことがあるでしょう
だからこそいろんなものを
同時に平行にできて
ある程度成果もこなせるって事があります。



集中力が一点集中型に比べては
全然少なくても
バラバラに別れてしまうってことがあります。



だからそういう人は
何か突き詰めてやるって言うよりは
広くあれもこれもやって
成果を上げていくっていうことが
得意なのかもしれません。



また同時に多くのものを見るって事も
出来るので視野を広げる
って言うこともできるかもしれません。



周りを見渡して
この人とこの人とこの人が
何か困ってるとか
この人は大丈夫だろっていう
そういう上からの目線で
物事を見れるって事もあるかもしれません。



それは頭が同時に並行で考えられるから
自分の事をしながらでも
相手のことを気を揉むことができることが
得意ってことがあるかもしれません。



そんな感じで
一点集中型と多点分離型ということでは
全然能力が違ってくるってことがあります。



だから自分の性質に合った職業を選ぶことは
とっても大事ですし
自分のタイプを知っていくことで
人と比べることなく



自分はこういう性質を持っているから
ちょっと周りはだらしなくても
一つのことを突き詰めていくことが
得意なんだって思って
できないことがあってもしょうがないかって
思えるようになるかもしれませんし



多点分離型の人は
ちょっと注意散漫になってしまって
一つの事が集中できなかったとしても
多くのことをこなすこと
同時にいろんなことをこなす事が
出来るって事が得意なのだから
それはしょうがないっていうふうに



自分のその欠点と長所を
同時にわかるってことが
できるのかなと思います。



そしてそれは何か割合があって
どっちかに傾いてるって人は少なくて
1から10段階であって
一点集中型が1
多点分離型が10だとしたら



大体は3から7,8ぐらいの間の
人が多いとことがあって
1,2の一点集中型っていう人は
少ないと思いますし
多点分離型の9とか10ていう人は
少ないって事があるでしょう。



そういう人はもう本当に稀で
そういう人がその大きな成果を
あげられるってことはあって
大体は二つのものを持っている
で、どっちの割合が多いのかによって
またちょっと違ってくるってことが
あるのかなと思います。



そういう自分の性質をきちんと
ふまえておくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



どれが良くてどれが悪いって
いうわけではなくて
どっちも長所と短所があります。



長所だけっていうこともないですし
短所だけっていうこともありません
何かが出来ると
何かが劣ってるって事がありますので
そういうのきちんと自分の中で
落とし込んでいく
知っておくってことは
大事なのかなと思いました。



今日は一点集中型か
多点分離型かということについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。







メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月08日2020年:11月

褒め言葉を受け取っていますか?

今日は褒め言葉を受け取っていますか?
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは褒め言葉をもらった時に
なにか謙遜してイヤイヤそんなことないです
自分なんてまだまだですっていう風に
言ってしまうっていうことが
あるのかなと思います。



僕もそれはすごくよくあることで
相手からせっかく何か褒めてもらったとしても
いや自分なんてまだまだですよ
そんなことないですよっていう風に言って
相手のせっかくの褒め言葉を
受け取らずにいました。



でもそれが本当にその謙虚さとして
相手に好印象を残すのか
ということを考えていくと
必ずしもそうではないのかなと思います。



相手としても
せっかく褒め言葉を言ったのに
来て受け取ってくれずに
イヤイヤっていう風に返されてしまうと
せっかく言ったのに
なんじゃあいつはみたいな感じに
なってしまいかねません。



相手としても思い切った褒め言葉
結構勇気がいった
ということもあるかもしれません。



でも受け取らずにいたとしたら
もう褒め言葉なんて
言ってやるものかっていう風に
思ってしまうかもしれません。



それよりも褒め言葉をきちんと受け取る
何か褒めて頂いた時には
ありがとうございます
そうやって言っていただけて光栄です
そうやって褒めていただけると
自分にも自信がつくし



気分もいいですっていう風に
そこまで言うことができたとしたら
その相手の褒め言葉を受け取って
それをまた相手にお返しとして
送ることもできるのかなと思います。



褒め言葉を言った人も
その言った言葉によって
その人が自信をつけたりとか
いい気持ちになれる
ということがあったとしたら
それはそれで嬉しいものなのかなと思います。



褒め言葉を言って
そこまで嬉しがってくれる
そこまで自信を持ってくれる
そこまで気分を良くしてくれるんだったら
もっともっとあの人に褒め言葉を
言おうと思えるようになるのかなと思います。



言った褒め言葉以上に
何かを受け取ることが多くなって
それで嬉しくなるってことも
あるのかなと思います。



そんな感じで褒め言葉っていうのは
イヤイヤ自分なってまたまだです
という風にして返すのではなくて



きちんとありがとうございます
そう言っていただけて
とっても嬉しいです
自信つきました
とってもいい気分になりました
こんなこと言ってもらえるのはあなただけです



っていう風に
もうお返しまでしていくことが
できたとしたら
みんないい気分になって
プラスに働くのかなと思います。



自分も気持ちもいいし
褒め言葉を言ってくれた人も
気持ち良くなるっていうことがあります。



こんな風に褒め言葉を
どのように受け取るのかによって
相手の印象も変わってくるし
自分の心の中のその喜びも
変わってくるのかなと思います。



せっかく言ってくれた褒め言葉なので
きちんと受け取りましょう
自分がたとえそうじゃない
と思ってたとしても
相手がそう思ってるわけだから
それはきちんと自分の中に
落とし込んでいくことができたとしたら
自分の自信にも繋がっていくことも
あるのかなと思います。



決して謙遜でいやいや
そんなことないですっていうことが
美徳に繋がってるとか
相手を喜ばすことには
つながらないと思います。



褒め言葉一つにしても
受け取るのか
受け取らなのかによって
大きく違ってきます。



ということで
今日は褒め言葉をきちんと受け取りましょう
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月05日2020年:11月

自分に期待しすぎない!

今日は自分に期待しないということについて
お話ししようと思います。



自分に期待しないと聞くと
何かマイナスのように思えるかもしれません。



でもあまりにも自分に期待しすぎて
高い目標設定をしすぎると
それ全然追いつけなくて
結局はその目標達成ができなくて
自分を苦しめてしまうってことが
あるのかなと思います。



そうじゃなくて
自分の器っていうのよく知った上で
高い目標を設定しすぎないということは
とっても大事なことなのかなと思います。



特に何か過ちを起こしたりとかして
よし今日から自分は変わるんだ
すごい良い人間になって
周りの人にもっと貢献できるように
過ちを二度と起こさないようにするのだ
という風に一念発起して
頑張ろうとするって
いうことがあるかもしれません。



そういう時ってのは
最初の2,3日というのは
すごい意欲があって
実際にそういうふうに
変わる行動ができるでしょう。



でもそれがずっと続けられるかって言うと
なかなかそうやって続けられる人っていうのは
少ないのかなと思います。



中にはずっと続けることができて
180度人生が変わったって
いう人もいるかもしれません。



でもそういう人ってのはごくごく一部であって
大体は高い目標を立てたのに
実際に2,3日ぐらいしか
できることができずに
実際に元に戻ってしまって



またやっぱり自分は変われないんだって
いうふうにショックを受けて
自分を責めて
落ち込んでしまうっていうことも
あるのかなと思います。



でもそれは
元々のその高い目標設定が悪かっただけで
そんなに人間なんて
急に変わることなんて
できないってことがあります。



自分にそんな高い目標なんては無理で
自分にそんなに期待をするってことは
あまり正しくないことがあるのかなと思います。



それよりも小さい目標を立てて
確実に一歩一歩を積み重ねていくっていう
そういうところでしか人間っていうのは
変わっていかないのかなと思います。



急激に180°なんて
変えることなんてできないです
そんなに自分に期待をしても
失望に変わるだけです。



もっともっと小さいところから始めて
着実に積み重ねていくっていうところしか
行けないのかなと思います。



僕も何か仕事でミスしたいとか
人に迷惑をかけてしまったりとかした時に
よし次は絶対にこんなことをしない
もっともっと良い人間ならなければという風に
心に決意をして
変わろうとする時があります。



でもそんな変わろうとするという思いが
あったとしても
やっぱり元に戻ってしまうって事があって
やっぱり自分ってダメなんだなーっていう風に
逆にショックを受けて
余計に落ち込んでしまうっていうことが
たくさんありました。



でも最初の目標が高すぎるだけであって
ほんの小さなところしか
僕たちは改善することができない
だったらその小さな一歩一歩の積み重ねを
やっていくっていうことが
必要になってくるのかなって思います。



それは例えば
ちょっとした挨拶であったりとか
ちょっとした笑顔だったりとか
ほんのちょっとした気配りだったりとか
そういうところから始まるのかなと思います。



いきなり人に自分の時間を
ずっと貢献し続けるっていうことも
なかなか難しいですし
相手にずっと何か尽くし続けるって事も
出来ないですし
寄付をするとしても
なかなか難しいものもあるのかなと思います。



自分にできる範囲で
自分の無理のない範囲で
過剰に自分を期待しないで
もっともっと自分の器に合った
目標を設定して
それに向かっていくっていうことは
とっても大事なことなのかなと思います。



過剰に自分に期待しすぎないてことは
自分を変えていく
何か自分を変えようと思って強く思った時に
陥りがちな罠みたいなもの
があるのかなと思います。



そうやって意欲が出てきた時こそ
着実に小さな一歩を積み重ねていく
っていうことが大事なのかなと思って
この話をさせていただきました。



自分に過剰に期待をしすぎて
高い目標を設定して
よーし、変わるぞとやっても
それは失望に変わるだけということです。



自分に期待しすぎない
自分の器にあった
範囲内で変わっていく
ということを説明させていただきました。



ありがとうございました。







メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月03日2020年:11月

幸せな家庭は幻想、良い母親も幻想

今日は幸せな家庭は幻想だ
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちというのは
自分だけが不幸な家庭であって
周りの人はみんな幸せな家庭だっていう風に
勘違いしてるって事があるのかなと思います。



だから自分のところだけがおかしくて
何か問題がある
自分だけが何か特別なんじゃないか
特別不幸なんじゃないとか



周りの人と比べて
何かおかしいところが
あるんじゃないかっていうふうに
思ってしまうっていうところも
あるのかなと思います。



でも実態は幸せな家庭というのは
そんなに少なくて
ごくごく少数なのかなと思います。



幸せそうに見える家庭であったとしても
その実態を見てみると
何の問題もないという家庭は少ないと思います。



やっぱり家庭内では何かイザコザがあるし
問題もあるし
トラブルもあって悩みもあることでしょう。



それが普通の状態なのかなと思います
でもそれを外に出すってことは少ないので
自分のところだけが不幸な家庭だって
周りの所はみんな幸せな家庭だって思って
勘違いしてしまう
って事があるのかなと思います。



でも自分のところだけが不幸じゃなくて
周りの人もそんなに幸せっていうことが
感じることはできてないかもしれませんし



問題っていうのも
ほとんどのところは持っていると思うと
自分のところだけが特別ではない
という風に分かるし
それが普通なんだって思ったけども
何かちょっと気が楽になる
っていうところがあるのかなと思います。



何故かその自分のところだけが
不幸だって思ってしまって
どんどんとぬかるみにはまってしまう
って人がいますので
そういう自分のところだけではないって
思うだけでも救われることがあるので
こういう話をさせていただきました。



また良いお母さんというのも
幻想なのかなと思います。



良いお母さんにならなければいけないって
思いすぎてる人っていうのは
周りの人はみんな素晴らしいお母さんであって
自分だけがダメな母親っていう風に
思い込んでる人ってのもいるのかなと思います。



でも良いお母さんというのも幻想であって
子供にいつでも愛を与えられる人っていうのは
少ないのかなと思います。



時には子供に対して
憎しみを持つことがあったり
なんてこの子を産んでしまったのだろうって
思って後悔する事ってのも
1回はあると思います。



でもそういうのを外に出すってことは
少ないからみんないい母親に見えて
自分だけがダメな母親
なんで自分だけはこんな風に
みんなと同じようにできないのだろうかって
いうふうに落ち込んでしまう
っていう人もいます。



でもみんな、なんだかんだ
子育てで悩んでいますし
子育ての問題ってのを抱えています。



あなただけではないっていうことです
良い母親はこの世に存在っていうのは
なかなかしないのかなと思います。



みんなどこかで駄目な母親に
なってしまっているところもあって
それが普通なのかなと思います。



でもそのダメな状態から
少しでも良くなろうと思って
努力しながらやっていって
最後は幸せになるっていう
風になっていくってことが
殆どなのかなと思います。



最初から素晴らしい母親なんていません
試行錯誤しながら駄目さを味わいながら
情けなさっていうのを感じながら
少し成長していってるのかなと思います。



決してあなただけが駄目な母親であって
周りの人はすごいちゃんとできた母親ではない
ということを知っておくだけでも
楽になるのかなと思います。



このように幸せな家庭っていうのも
幻想であって
ほとんどの家庭ってのは
問題を抱えています。



そして良い母親というのも幻想であって
ほとんどの母親
ほとんどのお母さんは
何かしら問題を抱えているし
子供に対して
いつでもかんでも愛情を与えているって
わけでもないということです。



そういうみんなが
同じように悩んでるって思うだけでも
自分だけが特別ダメで
周りの人は素晴らしいっていうふうに
落ち込むことも減るのかなと思います。



周りの人を見て
自分は何でダメなんだ
周りの人は何て素晴らしいんだって思って
落ち込むよりは



周りの人も本当は悩んでいて
同じ問題を抱えてる一人の人間だ
だから一緒に向上して行こうって
思えることができたとしたら
それは素晴らしいことなのかなと思って
こういう話をさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月31日2020年:10月

夢見てばかりの人は騙されやすい

今日は夢見てばかりの人は
騙されやすいということについて
お話ししようと思います。



夢を見るということは
悪いことではありません
ただ地に足がついてないような
夢を見ているといいカモになってしまうという話です。



ちょっと前に流行ったのかもしれませんけど
キラキラ系女子起業家というのが
あったと思います。



ある講師の人がいて
その人は昔は普通のOLで
お金がなくてすごく貧しかった



でも今はこんなに高級なマンションに住んで
こんな素敵な所でランチをして
こんな素敵な服を着て
華やかに彩って
好きなことだけして
大金を稼ぐようになったという
そういうサクセスストーリーというのを演じて
そしてあなたも頑張ればこうなりますよ
ということでうたってます。



そしてその私が成功した体験
どうやって成功したのか全て話します
というのでセミナーを開いて
何十万っていう風にとっているってとこが
ちょっと前に流行ったと思います。



でもそうやってセミナーに行った人の中で
どれぐらいの人が成功したのかというと
それはごくごくわずかな人じゃ
ないのかなと思います。



ほとんどの人は
大金を払ったにも関わらず
今と同じ生活をしてしまっている
いやむしろ今よりも
もっと貧しい生活をしなければ
いけなくなったっていうことも
あるのかなと思います。



そういう華やかな世界に
私もなれるという淡い期待で
大金を払ってそういう秘訣を聞いて
逆転を狙おうとしても
それはなかなか叶わないのかなと思います。



そんな簡単に一発逆転っていう
そういうストーリーというのは
少ないのかなと思います。



その講師も自分の華やかな姿を見せて
キラキラなその状態を見せて
憧れを生んで人集めなければ
成り立たない職業だと言われています。



実態というの物がなくて
ただそういうキラキラした生活を見せて
あなたもそういう風になれますよっていう
そういう淡い期待を
淡い憧れを持たせて
そうやって人を集めてセミナーを開かないと
やっていけないっていうことがあります。



だからその内容というのは
もしかしたら薄っぺらいもの
なのかもしれません。



そういう人を集めていくってことだけが
その集客の方法であって
憧れを生んで
人を集客するっていうことだけが
その人の成功体験だけであって
いろんな知識があるわけでもないということが
多いのかなと思います。



そんな感じで
安易に自分が成功体験に憧れて
あんな風にキラキラしたような
人達になれるって思って
何十万と払ってしまうっていうことがあります。



夢を見るって事はすごくいいことですけど
その夢が安易に叶うと思って
何十万も大金を払ってしまうってことは
とっても危険なことなのかなと思います。



だから夢を見すぎるって言う事があると
騙されやすいということがあります。



私もあんな風になれるんじゃないのか
という風に淡い期待を抱いてしまうって事です
そんな簡単に成功っていうのは
ないのかなと思います。



もっともっといろんなことを
知らなければいけないし
もっといろんなその行動しなければいけないし
成功するためには
いろんな心構えも必要になってくるでしょう。



そういうの含めて
やっと手にするものであって
そんなに誰もでもかんでも
できるようなものでも
ないのかなと思います。



そういう講師と同じような
簡単にキラキラ的な華やかな自分になれる
なりたいって思って
セミナーに受けるとことは
とっても危険なことなのかなと思って
お話させていただきました。



幸せってなどこか遠い場所にあるわけでもなく
お金持ちになったから幸せに
なれるわけでもなく
そういうキラキラな状態が
幸せなわけでもないのかなと思います。



今ここにある現実でも
幸せっていうのを感じることが
できるのかなと思います。



もしかしたら
あなたの生活の中に幸せっていうのは
埋まっているのかもしれません。



どっか遠いところに幸せを
望んでいくっていうことよりも
もっと自分の身の回りにある
豊かさというのを感じるって事も
必要になってくるのかなと思います。



そういう自分の中の豊かさを感じられずに
キラキラした華やかな場所に憧れて
そういう所に行こうとして
大金を払ってしまうと
騙されるだけで終わってしまう
ということがあるから
注意しなければいけないっていうことです。



今日は夢見てばかりいる人は
騙されやすいということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月29日2020年:10月

悩みの原因は理想と現実のギャップ

今日は悩みの原因の一つとして
理想と現実のギャップがある
ということについてお話ししようと思います。



僕たちはどんなことでも
何かしらこうあるべきとか
こうありたいという
理想像を持ってるではないのかなと思います。



そしてその理想像があって
今の現実があって
その差があればあるほど
その苦しみっていうのは大きくなってしまう
ということがあります。



理想が自分の今の現実と
かけ離れてしまっているとしたら
理想でないといけない自分
そうじゃない届かない自分があって
それを受け入れる事っていうのは
なかなか難しいことなのかなと思います。



例えば今病気で苦しんでる人がいます。
体の痛みは別として
精神的な苦しみとして
健康な体でないといけない
健康な体でいたいっていう
理想像を強く持っていればいるほど



今の病気である自分を
受け入れることができずに
苦しんでしまうということが
あるかもしれません。



もし腕を骨折してしまったとしたら
腕を骨折してしまうという
そういうのを受け入れることができずに



腕は動くべき
動いて当たり前ということが
ずっとつきまとっている
そういう、こうあるべきがあると



腕が骨折して動かなくなった時に
すごく苦しんでしまうということが
あるのかなと思います。



僕もアトピーで
普通の人の綺麗な肌に憧れる時があります
そういう綺麗な肌でいたい
というものが強ければ強いほど



今のその醜い肌と言うか
荒れてる肌が受けることができずに
苦しんでしまうということがあります。



もし皆がアトピーで
綺麗な肌の人は少ない状況だったとしたら
僕のその苦しみっていうのも
減っていると思います。



でも肌が荒れてる人がいなくて
みんなきれいな肌の中で僕一人だけが
そういうのがあるとしたら



みんなと一緒でないといけない
ていうのがあって
余計に苦しみが大きくなってしまう。



ということが僕の中ではありました
そういう綺麗な肌でいたいという理想と
今の醜いとか
荒れている肌があって
その差があればあるほど
苦しみっていうのは大きくなってしまいます。



人間関係においても
仕事で部下が言うことを
聞いてくれないとしたら
それは先輩である自分が
尊敬されて当然とか
言うことを聞いて当たり前
敬ってくれて当然ということが
理想としてあると



部下の言うことを聞かないという
態度に対してはすごく腹が立つし
苦しんでしまうって事があるのかなと思います。



そういうその自分が理想とする先輩像から
今の先輩像がかけ離れば離れるほど
苦しみっていうのは大きくなってしまいます。



家庭においても
幸せな家庭はこうあるべきっていうものが
強すぎると
今現状として
そういうのがなっていないとしたら
それは苦しみが大きくなってしまう
原因の一つになるのかなと思います。



夫婦は仲良くあって当たり前とか
お金は贅沢できるような
余裕があって当たり前とか
車があって当たり前
新車で乗れた当たり前とか
そういうことがあって



今そういう状態じゃないとすると
そういう理想と今の現実が
かけ離れれば離れるほど
苦しみっていうのは大きくなってしまいます。



こんな感じで理想としているものがあって
今の現実が離れていると
苦しみっては大きくなってしまいます。



ここで大事なのがその理想像ですけど
普段はあまり意識する事っていうのは
ないのかなと思います。



自分はいつのまにか
理想としてしまっている事ってあるけど
それは無意識のうちに
してしまっていることであって
なぜか苦しみがあって
その苦しみの原因がわからない
という人が多いのかなと思います。



自分の中で追求していて
自分はこんな高い理想と思っていたのだって
見つけて初めてわかるっていうこともあります。



普段はそういう意識ってことを
することは少ないからです
だから自分はどのような理想像を
いつのまにか持ってしまっているのか
ということを知るっていうのは
とっても大事なことです。



いつの間にか、かけ離れた理想像を
持ってしまっているって事も
あるかもしれません。



また、その理想像が
本当に自分の幸せを運んで来てくれるのか
ということも考えてみる必要もあります。



いつ間にか持ってしまった理想像というのを
まず見つけて
そしてその理想像が
本当に現実と今の自分と合っているのか
ということを考えて



理想を下げるのか
今の自分を上げるのか
というのを考えていくってことは
とっても大事な事かなと思いました。



今日は悩みの原因の一つとして
理想と現実のギャップ
ということについて
説明させていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月27日2020年:10月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を
無事に開催することができました。
僕を含めて8人の参加者です。
新しい人が3人も来てくださいまして。
 
 
 
いつものように2つに分けて
4人4人での話し合いです。
最初は新しい人3人と僕とで
グループを組みました。
 
 
 
やはり初めてということもあって
慣れていないというのもあるし、
何を話していいのかと
戸惑ってしたことでしょう。
 
 
 
仕事のこととかいろいろと
共通することがあったので
そういう話題を中心に
話をしていました。
 
 
 
もう少し回数を重ねていくと
だんだんと心も許せるようになって
話が弾むと思うのですけど、
最初はぎこちなくなってしまって
当たり前ですもんね。
 
  
 
40分で一旦ZOOMは切れてしまうので
そこでグループを組み替えながら
なるべく全員が話できるようにしました。
 
 
 
グループを変えても
盛り上げてくれる人も何人かいて
そういう人を中心に話が盛り上がり
すごく助けられていました。
 
 
 
新しい人もちょっとずつでも
このZOOM交流会になれてきて
自分を出せるようになれたらうれしいです。
今回も写真を撮るの忘れてしまいました。
 
 
 
次回は
ZOOM飲み会
11月13日(金)20時~
開催する予定です。
良かったら参加してくださいね。
 
 
 
ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月24日2020年:10月

損切 エネルギーをかけたものを手放すのは難しい

今日は損切りとして
エネルギーをかけたものを手放すものは難しい
ということについてお話ししようと思います。



投資の世界では
サンクコストという言葉があります。
サンクコストというのは
今まで投資しまったとして
その投資したものが
事業を撤退や縮小や中止にしたとしても
戻ってこない
その資金とか労力のことを言います。



ようは損切り
損する部分ということです。



そして人はサンクコスト
戻ってこないとわかっているものが
大きければ大きいほど
その損というのを受けることができずに



これ以上続けてもダメだって
わかっていても
ズルズルと続けてしまう
辞めるタイミングを逃してしまう
ということがよくあるのです。



株の世界でも下がり始めて
早めに損切りをすることができたとしたら
被害は少なくなるかもしれません。



でも下がり始めていて
もうちょっと上がるのではないのかっていう
淡い期待を持ったり
今でこんだけ資金をかけて
労力もかけてやってるのに



それか戻ってこないということがあると
そういう損切をする事っていうのは
なかなか難しくて
だらだらとその株を持ってしまって



売ることができずに
余計に被害を大きくしてしまうって
いうことがあります。



これもエネルギーをかけたもの
というのを手放すのは難しい
という例の一つかなと思います。



仕事の面でも同じで
会社で今までこんだけ経験年数をかけて
技術も積み重ねてやっていた。



でもその会社にいても将来性はないし
自分と合わないことをやっていて
心も体も疲弊してしまっている
そういうことが分かっているのに



でもそういう経験があったりとか
そういう技術があったりとか
そういうのを考えると
なかなか辞める決断ということは
できないのかなと思います。



そうやって辞める決断ができずに
ズルズルと居座ってしまう
これ以上、その会社に将来性もなくて
自分の能力も活かせることができないって
わかっていても



辞める決断っていうのは
その労力、経験年数ですとか
そういう失うものが大きければ大きいほど
決断することってのは難しい
ということがあります。



恋人としても同じで
もうこの人とは合わない
別れた方がいいって
わかっている人であったとしても



今まで付き合った年数が長かったり
お金もかけたし
お互いのことをよく知ってるし
ということが分かっていて
そういうものが失うものが
大きければ大きいほど
別れるって言う決断をする事ってのは
難しいものです。



今までこんだけ付き合ってきたのだから
ということでズルズルと関係を続けていって
それが余計に二人の不幸を招いてしまう
っていうこともあるのかもしれません。



こんな感じで人って
その自分が失う経験とか
お金とかと労力とか
そういうものが大きければ大きいほど
失うものが大きければ大きいほど
それを辞めるって事は難しい
ということがあります。



このように人っていうのは
サンクコストの面で失うものが怖い
損切りするのは怖い
もったいないという思いが強い
生き物だということを
頭で認識しておくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



そういう例を知ってるのか
知らないのかによって
また自分のその行動も変わってくる
と思うからです。



損切りすることは人って難しいんだって
わかっているだけでも
ちょっとその失うものが怖くて
決断できないっていう
そういうのを逃れることができるのかな
と思いました。



ということで今日は損切りとして
エネルギーをかけたものというのを
手放すは難しいということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月21日2020年:10月

理不尽な時は理由を欲しがる

今日は理不尽なときは理由を欲しがる
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは何か不都合なことがあったり
理不尽なことがあったりすると
その理由を知りたがる生き物です。



なぜ僕がこんなに理不尽な目に
あわなければいけないのか?
心が納得しなければ
それをどう扱っているのかわからずに
モヤモヤしてしまうということもあります。



例えば推理小説で事件が起こって
その後で答えが出てきて
実際にこういうことが起こって
こういう理由があるから
犯行が行われたのだと知ると
心ってスッキリすると思います。



でもこれが犯行が行われただけの所しか
見てなくて
後でどのように犯行が行われたのか?とか
なぜこの犯行が行われたのかっていう
見過ごしてしまうと
心ってずっとモヤモヤとした思いが
つきまとってしまうと思います。



その心の中で納得というか
完結していないと
心ってどうしても
その答えを知りたがって
ずっと求めてしまうものなのかなと思います。



だからその不都合なことが起こったりとか
理不尽なことが起こったりとした時ってのは
余計に理由を欲しがってしまう
ことがあるのかなと思います。



これってのは会社でも
そういうことがあって
自分だけ怒られてるとか
自分だけ他の人よりも
仕事の量が多いとかっていう風に
理不尽な目にあったとしたら
理由というのがあるかないかで
全然変わってくると思います。



理由もなしに
自分だけが怒られるとか
自分だけが仕事量が多いとか
そういう風になると
すごい不満が溜まってくるでしょう。



なぜ自分だけがこんなことを
しなければいけないのかという風に
納得する事ってのはできないでしょう。



でもこれがちゃんとした理由があったとしたら
心というのは納得して
そういうのも受け入れられることも
できるようになるかもしれません。



例えば僕にだけ期待をかけているから
怒るのだとか
僕にだけ期待をかけてるから
仕事の量を増やすのだという
風なことを言われたとしたら
全然違ってくると思います。



そんな風に何か理不尽なことがあったりとか
そういうことをした時に
理由があるかないかで
心って全然変わってくるというのがあります。



そしてこれは自分が人に何か
お願いする時だっても
理由があるかないかで
全く違ったものになってくるのかなと思います。



誰かに何かこの作業をしてほしいとした時に
ただ何も理由を付けずに
この作業をしといてほしい
でお願いするのと
今日は急ぎだから
何時までにこういうことをして欲しいんだって
いう風に理由をつけていくのとでは
全然その人の印象は変わってくると思います。



理由があるかないかで
その人が納得できるかっていうのは
違ってきて
やっぱり理由がなしに
ただ他に頼まれると
不満というのは出てくるかもしません。



でも理由がきちんとしてあって
その人が納得できるような理由だと
やっぱりその人も喜んで
するってこともあるでしょう。



そんなふうに
理由があるかないかっていうのは
とっても大きいことなのかなと思います。



僕たちは何か
人よりも理不尽なことが起こったりとか
差別的なことがあったりとか
そういう風なことがあると
それは心の中で納得する材料というの
見つけなければモヤモヤてしまいます。



不満がすごい溜まってしまうことでしょう
その理由がきちんとした
納得できる理由があったとしたら
心の不満とかモヤモヤも解消されます。



こんなふうに何か
自分の中で理不尽なことが起こったりとか
そういう事があったり
自分が他の人にお願いする時で
あったとしても
理由があるかないかで
大きく変わってしまうことを
覚えておいてもいいのかなと思いました。



その理由を欲しがってしまうっていう
僕たちはそういう生き物なのだということです。



今日はそういう感じで
理由を欲しがってしまうということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月18日2020年:10月

仕事での一番の不満は不公平感

今日は仕事での一番の不満は不公平である
ということについてお話ししようと思います。



僕達っていうのは
不公平感っていうのは一番心に響く
というものがあります。



仕事でも給料が少ないとか
上司がすぐ怒るとか
劣悪な環境だったとか
そういうものは
いろいろあるかもしれませんけど



でも全員がそういう同じ環境だとしたら
辛いかもしれませんけど
耐えられる
耐えられないものもあるかもしれませんけど
まだ大丈夫ってことも
よほど辛いものじゃない限りは
大丈夫ってことあるのかなと思います。



でもそれが不平等であったり
不公平であったとすると
それはほんの些細なことだったとしても
耐えられないってことは
あるのかなと思います。



同じことをしていても
ある人は怒られて
ある人は何もお咎めなし
という状態にあったとしたら
それは怒られた人というのは
納得いかないと思います。



なんで自分だけが怒られて
あの人は何も言われないのだという風に
もうムカムカして
全然、納得いかないってことはあると思います。



また同じ仕事をしているのに
ある人は給料が高くて
ある人は給料が少ないっていう
状態だったとしたら
それも納得がいかないと思います。



それはほんの些細なことなのかもしれませんし
もしかしたら小さな差なのかもしれません。



でもそういう小さなものであったとしても
不公平であったとしたら
それは僕たちの心に大きく響いてしまうと
ことあるのかなと思います。



ある人は得をして
ある人は損をするということがあると
人間っていうのはそれが許せないって言うか
耐えられないっていう風になってしまいます。



だから仕事でも
そういう不公平感があると
心に深くのしかかってしまうのかなと思います。



全員が給料が安いとか
全員がブラック企業とか
そういうことがあったとしても
まだ許容範囲だったら
耐えれるかもしれませんけど



不公平感がそこにあって
誰かが得して
自分が何か損してるって事が
あったとしたら
些細なことだったとしても
耐えられないっていうことがあるので
あまり不公平感というのは
人間の感情中では
一番厳しいものなのかなと思います。



そういうものをあるってこともを
知っていくっていうのも
大切なのかなと思います。



自分はその不公平感を
どれくらい耐えられるのかということがあって
自分だったらここまでだったら大丈夫だけど
ここまでだったらムカムカするなと思ったら
周りの人に言ったり
誰かに相談するとかしながら
解決策をしていくってことはとっても大切です。



些細な小さな問題かもしれませんけど
でも心の世界では大きくのしかかってきます。
だから決して粗末に扱っていい問題でも
ないのかなと思います。



自分は器が小さくて
こんなちっぽけなことでも
不満に思ってしまうのだっていう風に思わずに
不公平感っていうのは
人間にとって大きな問題だということを
少し認識しておくってことは
大切なことなのかなと思いました。



今日は仕事での一番の不満は
不公平感ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月14日2020年:10月

人生は不公平である。でも、不幸ではない。

今日は人生は不公平である
ということについてお話ししようと思います。



僕たちの人生っていうのは
不公平で不平等だと
誰しもが思っていることだろうと思います。



豊かな人はどんどんと豊かになっていくし
貧しい人はどんなに頑張っても
与えられるものは少ないというのが
実際にあるからです。



そんな不公平、不平等を
なくしていくってことは
とっても大切ですけど
でもそういうのは無くならないうことは
歴史が証明していることなのかなと思います。



ではそういう不公平とか不平等であった時に
どのように生きていくのがいいのか
ということだと思います。



多分、僕たちは多く与えられている人が幸せで
少なく貧しい人っていうのは
不幸だという風に
考えがちなのかもしれません。



でも豊かな人は
その世界でしか経験できないものがあって
豊かな人はそのステージで
それなりの問題もあるし
解決しなければいけない
課題っていうのもあります。



だから豊かな人はみんな幸せかと言うと
そうではないと思います
逆に貧しい人の中には
貧しい人なりの解決しなければいけない
課題というのもあるし
そういうその世界でしか味わえない
世界観というのもあるのかなと思います。



貧しい世界では幸せになれないのかと言うと
決してそうではないというのもあると思います。



その時その時の課題を克服することで
豊かな人以上に
幸せを感じることることも
できるようになるかもしれません。



でもそれは決して比べるものでもなく
豊かな人はその人のステージがあって
解決しなければいけないものもあるし



貧しいかったとしたら
そのステージで問題もあって
解決しなければいけない物があって
それを一つ一つ解決していくことが
僕たちのその人生の
醍醐味でもあるのかなと思います。



そうやって解決して
成長していくことで
僕たちというのは
より多く、より大きな世界に
つながっていけるのかなと思います。



そしてそれが幸せにも
繋がってくるのかなと思います。



だから周りを比べて
自分は少なくもらっている
こんな感じでは不公平でやってられるか
という風に
投げ出してしまうってことも
あるかもしれません。



そしてそういう境遇を嘆いて
何も手につかないって
いうこともあるかもしれません。



でもそういうことをしていても
何も動かないし
進展もしていかないということはあります。



そういう境遇を嘆いたり
人と比べて嫌になったり
その周りの人を羨ましがって
その妬んだりするよりも



今の境遇を受け入れて
そこで一生懸命生きて
一つ一つ問題を解決していくことで
より幸せに繋がっていくってことは
あるのかなと思います。



そしてその境遇でしか味わえない
そういうものを味わっていく
それも人生の大きな
幸せの一つなのかなと思います。



貧しい人は貧しい人でしか
味わえないものもあります
ホントその時その時の、その環境で
味わうものってのが変わってきます。



それはどっちがいいとか
悪いとかっていうことではなくて
その時その時のその置かれた状況によって
その人の味わいものってのは
変わってくるっていうことで



それは決して自分では
選べないものなのかもしれませんけど
でもその与えられた環境を精一杯
生きていくっていうことは
その人生を豊かに生きていくための
秘訣って言うかコツなのかなと思います。



だから不公平というのは
それはもう無くせないものということで
今自分の与えられている環境っていうのを
受け入れて、



そこで一生懸命生きて
そしてその時に与えられている問題や課題を
ひとつひとつ乗り越えていく
そうやって成長していくということが
僕たちの人生に
求められてるものなのかなと思います。



今日は人生というのは不公平である
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月11日2020年:10月

9割のものがガラクタで本当に大切なものは1割しかない

今日は90%のものは意味がない
ということについて
お話ししようと思います。



スタージョンの法則というものがあるようです
元々はSFは9割はガラクタだ
という意味で言われるようですが
それを広げていくと
どんなものでも9割はガラクタで
それが自然な状態であるというほかないということです。



この世の中には9割のものがガラクタで
本当に大切なものは1割しかない
ということです。



どんな本であってもニュースであっても
友達の噂話であっても
本当に大切なもの
本当に必要な情報っていうのは1割で
他の9割ってのは
ほとんど意味のない
価値のないものになっている
というそういう法則です。



これはもうそういう法則で
この世の中がそういう風になっているので
しょうがないっていうことなのでしょう。



これを日常生活に当てはめると
友達を作るのに対しても
9割の人は自分にとって
あまり意味のないと言うか合わない人
自分にとってそんなに必要のない人
なのかもしれません。



10人に1人ぐらいの人が
自分にとって必要な人であるのでしょう。



でも必要のない9割の人に
力を注いでいませんか?
1割の大切にしなければいけない人に
力を注ぐ事っていうの
おろそかにていませんか?というのを
考えていく必要はあるのかなと思います。



9割の人っていうのは自分にとって
あまり意味がないものだったとしても
何か悪口を言われるのではないのかとか
いろんな所で気を使って
エネルギーを注ぐってこともあるのかもしません。



それも必要な時もあるかもしれませんけど
でもやっぱり1割の人たちに
エネルギーを注ぐと事をしていく方が
よっぽど効率が良いでしょう。



またネットでも
90%の情報っていうのは
自分にとってあまり関係がないものなのです。



ニュースでもネットの情報で見ていると
総理大臣が誰々になったとか
国の情勢でどっか行ったとか
どこかで戦争があったとか
そういう情報を知るってことも
とっても大事なことかもしれませんけど
でも自分の力ではどうしようもできない
ということがあるでしょう。



そういうどうしようもないところに
焦点を当てて
そっちばっかに情報を得ようとしていても
それはあまり役に立たないってことがあります。



それでももっと自分に身近な
必要な情報があって
そういうのを取り入れていくって方が
大切なことなのかなと思います。



自分はどう生きているいくのかとか
自分のこれからその持つべき能力とか技術とか
どういうなものがあるのかとか
人間関係を作るためには
どのようにしなければいけないのかというのは
なかなかネット情報では
上がってこないものなのかなと思います。



それよりは総理大臣がどうこうとか
スキャンダルがどうかとか
不倫がどうたらとか
そういうところがたくさん上がってきて
それはほとんど自分には価値のないもの
意味のない情報ということがあります。



そういう9割の情報に流されて
本当に大切な1割というのを
おろそかにしてしまっているところも
あるのかもしれません。



そうやって9割のものは
ガラクタであるというのを
自分の中で思っておくと
本当に大切なものが1割しかない
それが自然な状態だという風に
思っておくというのも
大切なことなのかなと思います。



僕のこのyoutubeなんかも
9割がほとんど意味のないもので
大切な物っていうのは
1割なのかなと思ってます。



1割で話しできることも
大きく膨らませて9割の例え話とか
分かりやすいようにしていくってことで
盛り付けていますけど
中身を見てみるとほんの1割ぐらいしか
大切なものはないと思ってます。



そんな感じでほとんどの情報とか
ほとんどの人間関係とか
そういうありとあらゆるものは
9割はガラクタって思っておく
それが自然な状態だと認識していくのは
楽に生きていく上で
大切なことなのかなと思います。



そして本当に大切にしなければいけない
1割をもっとエネルギーをかけて
自分に身につけていくってことをしていくと
豊かになっていくのかなと思います。



今日はこの世の中は90%のものは
自分にとって意味のないもの
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月07日2020年:10月

支配的な環境で育つと勝ち負け意識が強くなる

今日は支配的な環境で育つと
勝ち負け意識が強くなる
ということについてお話ししようと思います。



前回から人間関係の勝ち負けについて
お話ししていますが
人によって勝ち負け意識が
強い人と弱い人がいます。



それはやっぱり幼少期の環境っていうのが
大きいのかなと思います
例で僕の幼少期の環境というのを
少しお話させていただこうかなと思います。



僕の家庭環境なんかも
すごい力での支配っていうのが強くて
人間関係での勝ち負けというのを意識して
ずっと生きていかなければいけませんでした。



僕は四人兄弟の真ん中で
全員子供男という環境です
父親は単身赴任であまり家にいなくて
母親が家庭の中で絶対的な存在でした。



母の言う事っていうのは
逆らうことはできずに
言うことを聞かないと怒られたり
時には家から追い出されたり
という風にすることがありました。



そういうことをされてるうちに
母に逆らうっていうことは
もうこれはできないのだということで
すごいストレスが溜まっていたと思います。



そしてそれは僕だけじゃなくて
兄もそうだし
弟もそうだったと思います。



弟はまた母が少し変わってきたので
そんなに影響を
受けていなかったかもしれませんけど
母が一番ヒステリックな時に
その影響を凄く強く受けていたのが兄でした。



その兄は母からストレスがかかったものを
今度は僕に与えてきます。
僕は兄に対して逆らう事ってのは
難しかったです。



テレビのチャンネルでも
僕が代えにいかないけなかったりとか
あれ取ってこいとか
これ取ってこいとか
そういうことで兄の奴隷のような感じに
されていたようなこともあります。



そしてそれを今度は僕は弟に
そういうふうにしていました。
弟は僕に逆らう事ってのは許されずに
僕の言うことは絶対っていうふうに
聞いていたと思います。



そんな感じで順位付けというのが
されていました。



母から兄
兄から僕に
僕から弟にという
そういう縦の社会っていうのができてて
上から下っていうのはすんなりいけど
下の者が上に何か逆らうってことは
なかったように思います。



そんな環境でいると
下にいることっていうのは
価値がないことだとか
みすぼらしくなってしまうとか
奴隷ような扱いをされてしまう
情けない状態になるということで
下にいるって事を避けなければいけない
という風に思ってしまうようになります。



だからこそ他の所で行っても
自分の今いる順位が
どこにいるのかっていうのが
気になってしょうがなかったです。



もう二度とあんな風な思いをしたくない
奴隷のような思いはしたくない
という風に思っていたからです。



下にいくってことは
惨めな思いをしてしまうっていうの
強く体感して心に残っていたっていうことです。



それが家庭内だけじゃなくて
社会に出ても
学校に行っても
同じような感じで思っていました。



自分が下にいると価値が無くなる
情けない姿になってしまう
ていう風に常に思っていました。



だから勝たなければいけない
という風に思って
自分の弱さを見せることが出来なかったり
情けない姿とか見せられないので
人から援助を求めても
手を払ってしまうってことがありました。



助けあうってことが
出来ななったと思います。



そうやって、競争の世界にいると
自分が頑張って上に行かなければ
相手を蹴落としてまでも
上に行かなければっていう思いが
強くなってしまったのです。



このように僕の家庭の例ですけど
これって言うのは他の人に対しても
もしかしたら当てはまる部分も
あるのかなと思います。



家庭内では親が絶対的な権力をほこって
子供はそれに従うのみ
という風になってしまっていると
どうしても勝ち負けとか
支配する、されるという関係に
陥ってしまうのかなと思います。



そしてその家庭内での思いを
社会に出てもずっと持ち続けて
下に行ってはいけないとか
下に行くと価値がなくなってしまう
支配されてしまうっていう
そういう危機感が常にあって
油断を許されなくなってしまうっていう
ことがあるのかなと思います。



もし家庭内で子供にでも一人の人間として
尊重してくれたとしたら
もっと支配的じゃなくて
言うことをきちんと聞いてくれて
その上で理解してお互いが納得した上で
何かをやるとしたら
そんな風に勝ち負け意識というのは
強くならなかったと思います。



でも力によって
何か言うことを聞かせるとか
支配するとか
そういうことを安易にやってしまうと
どうしてもそれは社会に出ても
ずっと影響を及ぼしてしまう
ということがあります。



こうやって見ていくと
つくづく僕達っていうのは
幼少期の環境が強く影響を
与えているなっていうのは思います。



いつも思うことですけど
今僕たちが苦しんでるって言うのは
僕たちに原因があるのではなくて
幼少期の環境に原因がある場合
っていうのが多いと思います。



だからこそ自分の幼少期が
どんな感じだったのか
どのような環境で
過ごさなければいけなかったのか
どんなふうに思っていたのか
ということを振り返るとことは
とっても大切なことなのかなと思います。



今日は支配的な環境で育つと
勝ち負け意識が強くなるということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月05日2020年:10月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を開催することができました。
僕を含めて8人の参加者です。
途中で抜けてたり、途中参加だったりで
全員が集まれることはなかったですけどね。
 
 
 
久しぶりに大人数なので
2つに分けて話をしてもらいました。
6人も集まって話をすると
離せない人が出てきてしまいます。
ちょっとでも濃い話ができるように
小人数のグループにしていきたいのです。
  
 
 
よく参加されるメンバーもいたり
久しぶりに参加してもらえる人だったり
交流することができました。
 
  
 
昨日は恋愛話とか時代のギャップで
昔の輝かしい時がどうだったとか
あとは真面目な話でした。
 
 
 
こうやって集まって交流することって
本当に大切だと思います。
やっぱり一人で過ごしていると
考え方も硬直してしまいますし、
話をすることで何か鬱憤を離したり
いろんな考え方を知ることができます。
 
 
  
僕も普段の仕事場ではできないような
話も気を許してすることができて
楽になります。
 
  
 
こうやって、仲間がいるありがたさを
実感しています。
もし、今こうやって一人でいて
さみしさを感じていたり
話し相手がいないようでしたら
思い切って参加してほしいと思います。
 
 
 
最初は戸惑うかもしれませんが、
みんな、良い人ばかりなので
次第に馴染んてくると思います。 
  
 
 
人間は一人では生きていけませんからね。
つながりがあって初めて
僕たちは強くなれるし
成長も早くできるのだろうと思います。 
   
 
 
次回は

ZOOM飲み会
10月23日(金)20時~
無料
 
あなたからの参加をお待ちしております。
 
 
 
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月03日2020年:10月

勝つことで失うもの負けることで得られるもの

今日は勝つことで失うもの
負けることで得られるもの
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは負けることに対して
すごく抵抗があります
負けることで何か大切なものを
失ってしまうのではないのか
というふうに思ってしまうからでしょう。



だから何が何でも負けるのが嫌で
勝ち続けないといけない
と思ってしまうところも
あるのかもしれません。



僕もずっと勝ち続けなければいけない
負けると大切なものを失って
自分の価値が失ってしまう
という事を思っていました。



すごくつらかった時期です
でも前の動画でも話しましたが
人間関係っていうの勝ち負けで捉えてしまうと
全てが敵になってしまいます。



そうではなくて
勝ち負けから離れることができたとしたら
助け合うことができて
全てが仲間になるということも
できるようになります。



それをしていこうとするためには
負けるということを
どのようにとらえるのかっていうのを
改めて認識していくってことは
とっても大切なことなのかなと思います。



戦いの世界から身を解くためには
負けるということを
自分で認めていくっていうことが
必要であるからです。



そこで考えていくものとして
本当に勝つことで何かを得られるのか?
負けることで大切なもの失うのか?
ということを考えていく必要はあると思います。



もしかしたら
勝つことで失うものっていうのも
たくさんあるのかもしれません
負けることで得られるものっていうのも
あるのかもしれません。



一般的に勝つことで
優越感は得られると思います。



自分が優れているという気持ちになって
すごく心地よい
自分には価値があると思える。



それはとっても大切な感覚でしょう
そして名声や尊敬も周囲から
得られるかもしれません。



周囲の人から頼りになるとか
あなただからこの仕事を任されるとか
あなただから何か大切なことを
任すことができる
そういう風に言われると
すごく気持ち良い感じになると思います。



でも無理して自分の地位を上げようとしたり
無理して自分をよく見せようとして
あと負けたくないと思って
相手を蹴落としてまでも上に行こうとする
そういうことをしていくと
周りの人の反感を買ってしまうって
こともあるかもしれません。



人との距離もできてしまうかもしれません
本当は人と信頼しあうことが
できるかもしれないのに
逆に信頼を失ってしまう。



あいつはやることはやるけど
でもなぜか損したような気分になったり
なぜか自分が惨めになって
あの人の近くに居ると
気持ちが落ち込んでしまう
っていう風になってしまうかもしません。



それは無理して自分が勝とうとして
相手の負けを認めようと
しているからかもしません。



勝負を挑んでいるっていうことも
大きいでしょう。



そういうことで
無理に勝ちを得ようとするあまりに
相手に不快な思いをさせてしまっている
それで信頼を失ってしまってるとしたら
それはとっても残念なことなのかなと思います。



逆に負けることで名声や承認欲求ってのは
もしかしたら失ってしまうかもしれません
劣等感も感じてしまうかもしれません。



自分なんてダメな人間だ
何もやってもできないって風に
思ってしまうこともあるかもしれません。



でもそういう負けというのを
自分で受け入れて
認めることがあってきたとしたら
周りの人に争いをすることなく
自分のその弱さを見せることができる
ということで
ちょっとホッとさせるような雰囲気を
出すこともできるのかなと思います。



強がっているとその人の近くにいると
なぜか疲れて
ちゃんとしなければっていう風に
なってしまうかもしれません。



でも弱さを見せたり自分の失敗談を見せたり
勝ち負けから降りている人に対しては
周りの人も自分の弱さを見せたり
することができるようになるかもしれません。



そのようにして周りの人が
飾らなくていいっていうふうに
気持ちを切り替えることもできて
楽にいられるような雰囲気を
出すこともできるでしょう。



それは勝ち負けから降りた人
負けることを認めた人でしか
出せない雰囲気なのかもしれません。



そういう負けることによって
周りの人が楽にいられるし
自分も弱さを見せている分
勝ち負けを意識してないので
強がる必要もなしに
気軽に助けてって言えるかもしれませんし
頼ることも出来るようになるでしょう。



そうやって信頼関係も
結びつきやすいってこともあるでしょう
そうやって勝つことで失うもの
負けることで得られるものっていうのも
多いのかなと思います。



必ずしも勝つことが良いことで
負けることが悪いこと
という風なことではないのかなと思います。



本当に大切な事っていうのは
もしかしたら負けるというのを
認めることから始まるのかなと思います。



そうやって負けを認めて
弱さを認めていくことで
自分の本当の姿が
見えるようになるかもしませんし
飾りも取れるかもしれません。



そういう姿になった時に
周りの人に対してより多く心を開く事って
出来るのかなと思います。



今日は勝つことで失うもの
負けることで得られるものというのを
考えてみるというのも必要かなと思って
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年10月01日2020年:10月

人間関係を勝ち負けで考えていませんか?

今日は人間関係を勝ち負けで考えていませんか
ということについてお話ししようと思います。



昔の僕なんですけど
僕は人間関係を勝ち負けとか
上下とか支配するかされるか
というというものでしか
考えることができませんでした。



相手から見下されるようなことをされると
ものすごい腹が立って
そんな自分が見下される存在ではない
もっと上なんだっていうのを証明したいということで
吹っ掛けたり威張ったりしようとしていました。



そうやって自分が
上である存在だっていうふうに
証明しようとすればするほど争いもあるし
相手のことを否定しまうということもあって
常にその争いっていうか
相手に気を許す事っていうのは
出来ませんでした。



ちょっとでも冗談でもいいから
馬鹿にされるということがあると
ムキになって反論して
そういう冗談も通じないような
固い男だったっていうのあります。



そんなんだから
その僕に誰か近づいて来るという人は
少なかったように思います。



いつも何かがあると反論して
冗談も通じないような男だったからです。



でも強い人には
頭が上がらないっていうのは知ってるので
はなから一番トップを
目指すってことはできないというのあります。



だから中ぐらいで上の人もいるけど
下の人もいるっていうという
そういう弱い人を見つけては
自分がまだ安心できるって言うの
安心感を見つけたいってことはあって
その下の人を引き入れようれようとしていた
ということがあります。



なんかそんな感じで
常に支配する、されるとか
人間関係の上下とか
勝ち負けという風に気にしながら
気を張って生きていたように思います。



でも人間関係ってそんな勝ち負けとか
上下関係ではないですよね
人間関係っていうのは
助け合いとか
協力し合いながら
一緒に高め合ったりとか
より良い世界を作っていくとか
より良い生き方をしていくってことが
大事になってくるのかなと思います。



今では少しそういうことも
できるようになってきて
そんなに馬鹿にされても
その腹立つこともなくなってきました。



そうやって人間関係を
横の関係で見られるようになると
今までは人間関係って敵であって
その気の置けない存在で
相手が成功すると自分がいたたまれなくなって
喜べないし
自分が下になってしまって
惨めな思いをしてしまった
ということがあります。



でも横の関係として勝ち負けではなくて
助け合いということを考えることが
できたとしたら
人間関係というのは仲間であり
他人の成功っていうのは
自分の成功でもあるし
自分の成功は他人の成功でもあるし
そんな繋がりができるように
なってきたなと思います。



それっていうのは
自分の弱さとか
自分が下にいてもいい
自分は負けてもいいっていう
そういうのを受け入れることが
できるようになって
初めてその横のつながりっていうか
助け合うことができるようになりました。



自分の弱さとか
下に行って支配されるんじゃないかとか
そういうことがあると
なかなか自分の弱さをさらけ出す
ってことはできないし
強がってしまうってことが
あるのかなと思います。



そういう負けるとか
自分の弱さを受け入れることが
できればできるほど
人とのつながりっていうのは
深くなってくるように思います。



そして本当の意味で
横のつながりとして
助け合いとか
協力し合うことができるのかなと思います。



今では少しそういうことも
できるようになってきたなと思いますけど
昔は上下関係とか勝ち負けというのは
すごく強かったです。



で、その時というのは
とっても生きづらいし
苦しい思いをしてきたし
人と繋がりなんていうことも
築くことっていうのは出来ませんでした。



周りの人は気の置けない敵になっていて
常に自分が勝ち続けなければいけない
という風になってしまっていたからです。



その負ける練習っていうのも
とっても辛いし
惨めな思いもたくさんしてきましたけど
でもそういうのを乗り越えた
その先には
もっと幸せな世界が待っている
ということがあります。



だから今その勝ち負けとか
上下とか気にしてる人がいたとしたら
負ける練習ってことをしていくってことは
とっても大切なことなのかなと思います。



そういう自分の弱さとか負けを
認めることができたとしたら
その本当の意味で
相手と協力することができるし
協力することができたとしたら
相手が仲間になって
助け合うこともできます。



今日は人間関係は勝ち負けではなくて
協力し合うこと
助け合うことだ
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月28日2020年:9月

普通・常識・当たり前のハードルを高くしていませんか?

今日は普通・常識・当たり前のハードルを
高くしていませんか?
ということについてお話ししようと思います。



悩みが多い人の共通点として
こんなことをして当たり前とか
出来て普通・常識というのが
すごい高いところに設定している人が多いです。



周りの人からしたらすごい出来て
そんだけ出来たら十分だろうと思っているのに
当の本人からしたら
いや自分なんてまだまだです。



こういうこともできてないし
こんなこともしなければいけない
だから今の自分ではダメなんだ
と思ってしまっている人がいます。



周りの人が十分だと思っていても
その当の本人がまだまだだ
こんな自分では駄目なんだと思って
頑張り続けなければいけない。



少しでも手を抜くと
なんて自分でダメなんだって
思ってしまうとしたら
それはとっても悲しいことですし
悩みも多くなってしまうことでしょう。



そういう風に自分の中でハードル
普通であるハードルとか
こんなことできて当たり前というハードルが
凄い高いところに
設定してしまっている人っていうのがいます。



自分がその設定して
自分が苦しむだけならいいのでしょうけど
大抵そういう人っていうのは
自分だけでなくて
周りの人にもそのハードルを求めてしまう
っていうところがあります。



厳しい上司とか
厳しい先輩なんかも自分もすごい厳しいけど
下の人にも厳しく当たる
という人も多いのかもしれません。



それはその人の中で
こんなことできて当たり前というのが
高いところに設定しているからなのでしょう。



自分も苦しいし
周りのいる人も苦しい目にあってしまう
というところがあります。



なので当たり前とか
こんなことを普通とか
常識というのを低く
設定していくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



それは多分小さい頃の環境ってのも
大きいのかなと思います。



一流のすごい出来たお父さんとか
出来たお母さんの下で
生まれた人っていうのは
一流の大学を出て当たり前とか
90点取って当たり前というふうに
育てられたのかもしれません。



そういうところに育てられた人にとっては
60点である自分っていうのは
ダメな自分であって
もっともっと頑張って
90点を取らなければいけない
90点を取って初めて自分には価値がある
普通なのだという風に思えるかもしれません。



かたやハードルが低い家庭に
生まれたところでは
30点とって十分だって思えるかもしれません。



お父さんとかお母さんもそ
点数に気をかけることもなし
大学に行く行かないも
あまり重要視していないとしたら
30点であって
それはそれで受けることもできるし
大学に入ったっていうだけでも
すごいことになるのかもしれません。



そんな風に小さい頃の環境とか
周りの人の状況によって
自分のハードルっていうのは
勝手に設定させられているのかなと思います。



すごい出来た人の中にいると
自分も勝手にレベルが高くなるって事は
あるかもしれませんけど
あまりも高いレベルに設定しすぎてしまうと
苦しくなってしまいます
悩みも多くなってしまうでしょう。



そういう時には
自分のハードルっていうのを
下げていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



今で90点取って当たり前とか
90点が普通だと思っている人がいたとしたら
60点でも大丈夫とか
60点だっても自分には価値がある
みんな認めてくれるっていう風に
設定し直すということが必要でしょう。



ただ簡単にハードルを下げるって事は
難しい事なのかもしれません。



今まで90点が当たり前
90点以下だと
自分には価値がないと思ってる人にとって
60点を取るってことは
とっても怖いことで
60点で認めるって事も
なかなかできないことでしょう。



でもそういうの少しずつ60点であっても
周りの人っていうのは
そんなに怒ることもなしに
見捨てることもなしに
一緒にいてくれるとか



そんなに影響がない
自分にはそこまで価値がないわけではない
という風に思い直すことによって
徐々に徐々に
そのハードルっていうのを
下げていけれるのかなと思います。



そしてそのハードルが
なぜ高くなってしまったのか
というのも考えていくというのも
とても大切なことなのかなと思います。



自分が原因ではなくて
周りの環境とか
周りの人達の影響で
勝手に高くなってしまったって
いうこともあるので
その考えて少しずつ下げていくってことは
必要なのかなと思います。



そうじゃないと自分も苦しいですし
もしかしたら周りの人も
いつの間には苦しくしてしまってるって事も
あるかもしれません。



今日は自分の中の普通・常識・当たり前の
ハードルをいつの間には高くしていませんか?
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月25日2020年:9月

状況によってアドバイスは180°変わる

今日は相手の状況によって
アドバイスは180°変わる
いうことについてお話ししようと思います。



この世の中で全ての人に
当てはまるアドバイスっていうのは
少ないように思います。



ある人にとっては
ピッタリくるものだったとしても
他のある人にとっては
危険というのもあるからです。



同じアドバイスをしたとしても
その人がどんな状況にいた
ということによって
全く違う結果になってしまう
ということがあるからです。



カウンセリングに来られる人に
よく言う言葉があって
それは自分を抑え込んで
何かあるたびに自分が悪い
という風に思い込んでしまう。



そして自分ばかり責めて
そういう悪循環に入ってしまっている
そういう人がいます。



そういう人にはもっと相手にも責任があって
あなたが悪いわけじゃない
相手のせいにして
自分が悪くないっていう風に
してもいいのですよという時もあります。



そのアドバイスは
その人にとっては良いことだったとしても
いつも人のせいにばかりして
自分のことを全くかえりみずに
自分を振り返ることをしないっていう人に
言ったとしたらどうなるでしょうか?



さらに相手のせいにして
自分を振り返る事っていうのを
全くしなくなるって事もあるかもしれません。



また仕事を真面目すぎる人には
もっと力を抜いて
時にはサボってみてもいいのですよ
という時もあるし



いつも不真面目にしてサボってる人に対しては
もっと真面目に取り組みましょう
という時もあります。



言ってる事っていうのは
180°逆のことですけど
でもその人にとっては
必要なアドバイスだと思います。



このようにその人の状況によって
まったくアドバイスっていうのは
変わってくるってことがあります。



それをよく見極めて
その人に合ったアドバイスを
していくっていうことは
とっても大切なことなのかなと思います。



そうじゃないと
余計にひどくなってしまう
という危険性があるからです。



また自分のアドバイスを
本とかブログとかyoutubeで
もし探していくということがあるとしたら
それも自分に合ったアドバイスを
探すということはとっても大切なことなのかなと思います。



ある人にとっては
とってもピッタリとくる
アドバイスであったとしても
今の自分の状況では全然違う
当てはまらないアドバイス
という場合があるからです。



今の自分の環境を変えてくれる
もっと楽に過ごすように教えてくれる
そういうアドバイスを
見つけていくってことは大切です。



また楽にしすぎてる人にとっては
もっと自分を引き締めてくれるような
アドバイスっていうの必要だと思います。



そしてそういうの見極めるって言うことは
難しいかもしれませんけど
とっても大切なことなのかなと思います。



そうじゃないと自分に合わない
アドバイスを聞いていたとしても
全く成長にも繋がらないし
楽にも生きていけなくなってしまうって
いうこともあるからです。



このように相手にするアドバイスでも
その人の状況によって180度変わってしまう
ということもありますし
自分に対するものであったとしても
自分の状況によって
何が必要なのかっていうのは変わってきます。



そういうのを見極めて必要なものを
取り入れていくっていうのは
とっても大切なことだろうと思いました。




今日は相手の状況によって
アドバイスは180°変わる
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月22日2020年:9月

自分を変えるには一番怖いところに向き合う必要がある

今日は白黒思考は危険である
ということについてお話ししようと思います。



悩みが多い人の特徴の一つとして
白黒はっきりさせなければいけない
という思いが強い人がいます。



これは良くて、これは悪いという
白黒思考が強い人というのは
苦しむことになってしまうのかなと思います。



自分の中で良い事があって
良いことができないと
罰せなければいけないとか
反省して直さなければいけない
という風になってしまうからです。



悪いことをしてしまって
自分がもし悪いことをしてしまったとしたら
すごい後悔して自分責めることをしてしまいますし
相手が何か罰せられるようなことをしたとしたら
相手は責めて
相手を直さなければいけないっていう風に
修正しようとしてしまうのかなと思います。



そんな感じで白黒でハッキリと
何か物事をしようとする人っていうのは
やっぱり衝突が生まれてしまうし
自分責めとか
その相手を責めてるということも
多くなってしまうのかなと思います。



よくテレビなんかも白黒思考というか
そういう善悪で何でもかんでも
判断しようとしてしまうって
いうところもあるのかなと思います。



テレビというのはなるべく視聴者に
考えるって事をしないようにすることが
特徴付けられています。



考えさせないようにするためには
単純にこれは良いものとか
これは悪いものというものも決めつけて
そのように表現するということです。



今だったらコロナで
なぜそのGOTOキャンペーンを
してしまうのかということを
すごく責め立て
てそんなことはまだ早いっていうことも
あるかもしれませんし



また自粛をなぜしないのだとか
PCR検査をなぜもっとしないのだっていう風に
責め立てて
そうやってそういうもが悪いという風に
決めつけてしまっているところも
あるのかなと思います。



そうやってもっと他にも
色んな事情があるはずなのに
その一部分だけを切り取って
これは悪いことだ
だから直さなければいけないという風に
単純にしていくことで



その視聴者をなるべく考えさせないように
これは善、悪いとか
そういうものを判断をこちらで与えて
考えさせないしていくってことがあります。



だからテレビを見ていくと
どんどんとその考える力っていうのは
失われていって
洗脳されていくっていうことは
あるのかなと思います。



コロナ対策にしても
色んな見方があります
GOTOキャンペーンにしても
色んな見方があって
ひとつの物事、ひとつの視点から見ただけでは
判断できないようなことでも
いろんな角度から検討しなければいけなくて



そういう理由・方向があるはずなのに
そういうのを全部省いて
悪い部分だけをピックアップして
これは駄目だっていうふうに
視聴者に訴えかけようとしまってるところが
あるのかなと思います。



またドラマではその今
すごい人気ある半沢直樹にしても
すごく単純に作られています。



悪人にということは
悪人が一目でわかるようにして
この悪人をとっ捕まえて成敗していく
そしてその悪人が参ったということを見て
僕たちはスッキリするという気持ちに
なるのかなと思います。



そんな感じで半沢直樹にしても
白黒ハッキリしすぎている
というところがあって
それを見て僕たちは
そのスッキリ感というのがあるけど
その深いところまでは
考えないように
なってしまうのかなと思います。



もっともっと別の視点から見ていくと
いろんなその理由とか
いろんなその思いとかあるはずなのに
善悪というのをハッキリ分けて
悪どい人はもうとことん悪どくして
悪人だと一目で分かるようにして
半沢直樹も正義のために骨を折って
そうやって最後には逆転する。



そして悪人は最後は滅びるそういう
ストーリーというのを作られていきます
そういう善悪ハッキリしているものだから
あそこまで人気がでるし
僕たちもスッキリとできるのかなと思います。



でも世の中っていうのは
そんな白黒ハッキリしてるものでもないし
善悪というのもそんな簡単に
決められるものでもないのかなと思います。



良いと思ってるものの中には
やっぱりどこか不都合なところとか
相手によっては間違っていると
思われるところも
含まれているのはあります。



また悪いと思われてるところには
見方によっては良い部分もあるし
ある人にとってはそれが必要だ
というとこもあります。



だから単純にこれが良い
これが悪いなかなか判断できない
というところはあるのかなと思います。



そしてというのを自分の頭で考えて
どうバランスをつけていくのか
ということが大事になってくるはずなのに
でもそういう頭で考えるとか
必要な視点を見ていくってことを省いて
単純にしていくことで
白黒ハッキリさせてしまうっていうところは
あるのかなと思います。



自分の視点だけとか
一般世間の言われる視点だけを見て
これは悪いことだとかそういうのがあって
それで罰するとかそういうのを
判断してしまっているところも
あるのかなと思います。



もっともっといろんな見方があって
白の中にも黒があるし
黒の中にも白があるしっていう
そういうごちゃ混ぜのところから
正解を導いていく
どうバランスをとっていくのかということが
とっても大切になってくるのかなと思います。



白黒ハッキリさせてしまってる人っていうのは
そういうバランスをとっていくとか
善の中にも悪があったりとか
悪の中にも善があるという
そういうところも考えていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



けっして白黒ハッキリさせていくってことが
いいことでもないですし
そういう世界でもないと思います
そんなに白黒ハッキリつくようなものっても
少ないのかなと思います。



ちょうどいいバランスをとっていく
調和をとっていく
お互いが納得できる部分を作っていく
そういうことって
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は白黒思考をしていくってことは
とっても危険なことだということについて
お話しさせていただきました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月19日2020年:9月

頑張る方向を間違えると危険

今日は頑張る方向を間違えると危険である
ということについてお話ししようと思います。



僕たちがなぜ頑張るのかと言うと
今よりももっと向上していきたいとか
もっと成長していきたいとか
生活の質を上げていきたい
幸せになりたい
不幸を、苦しみを消していきたい
ということがあるのかなと思います。



そうやって頑張ることというのは
とっても素晴らしいことでしょう
でもここでは頑張る方向性を間違えると
とんでもないことになってしまうということ
についてお話ししようと思います。



せっかく頑張ってやってるのに
その方向性が違うとこに行くと
余計にひどくなってしまうっていうことです。



もっとこっちの方がいい
効率が良くて正しい方向性で
より結果も出やすいっていうことがあるのに
間違った方向で突き進んでいってしまうと
余計に悪くなって
頑張らない方がいいっていう風になってしまう
それはとってももったいないことなのかなと思います。



スポーツの世界でも
野球でピッチャーが変な投げ方を覚えて
それで一生懸命その変な投げ方で
やろうとしてしまっているとしたら
すぐに肩が壊れてしまうでしょう。



そんなんだったら
頑張らない方がまだ体も壊さないし
その野球もずっと続けられたかもしません。



でも変な方向で頑張ってしまっただけに
体も壊れて野球を続けていくことってのは
できなくなった
それはとっても寂しいことなのかなと思います。



仕事においても
時間をかけて作った資料だったとしても
それが見当違いなものであったとしたら
時間もエネルギーも
無駄になってしまうことでしょう。



そして上司の信頼なども
失ってしまうかもしれません
せっかく頑張って作った書類なのに
それが全然役に立たないどころか
時間を大幅にロスさせてしまって余計に評価を
悪くさせてしまうのであるのなら
それはとってももったいないことだと思います。



また子育てにおいても
親が子供の幸せを願っているとします
その幸せを願って
子供に何かしようとするというのは
とっても愛が溢れていて
良いことのように思います。



でもその方向性が間違っていると
せっかく愛である行為なのに
子供を潰してしまって
余計に不幸にさせてしまう
っていうこともあります。



例えば自分が幼少期に苦しい思いをして
自分と同じような苦しい思いを
子供にさせたくないと思っています。



だから子供には
もし自分が学校に出れなかったとしたら
良い学校を目指して
そして良い会社に進んでいくってことが
その幸せだと思ってしまうこともあります。



で、子供に無理にいい学校に行かせようとして
勉強を頑張らさせてしまう
それが子供にとってはプレッシャーとなって
勉強をしなければいけない
勉強で良い点を取らなければいけない
ということがあって
潰れていってしまうって
こともあるかもしれませんし



自分のやりたいことが出来ずに
勉強だけに集中してしまって
そこで自分の幸せがなんなのかっていうのを
見つける事っていうのも
出来なくなってしまうってことも
あるかもしれません。



そんなふうに親としては
子供のためと思って一生懸命やるのだけど
その一生懸命やればやるほど
子供にとっては
それはプレッシャーなったりとか
幸せから遠ざかることになってしまう
とってももったいないことなのかなと思います。



そうやって一生懸命頑張っているのに
マイナスの方向に行ってしまう
それだったらまだ頑張らないほうが
被害が大きくならずに済む
っていう事にもなりかねません。



こんな感じで頑張る方向性を間違えると
頑張らないよりも
被害が大きくなってしまう
ということがあります。



正しい方向で頑張ることは
とっても大事なことなのかなと思います。



そして正しい方向で頑張るっていうことは
いろんな知恵とか知識、経験というのも
必要になってくるでしょう。



大体間違っていく人というのは
我流で自分のやり方で
頑張ってしまうっていうことが
多いのかなと思います。



そうやって我流で何か突き進んだとしても
それは大抵間違っている
ということがあるとしたら
専門家の意見を借りたり
そういう成功した人とか立ち直った人とか
不幸から幸せになった人とか
そういう人たちのその経験談とか
知識を知るってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



我流で頑張り続けていくと
余計にひどくなってしまう
それだったら頑張らない方がいい
ということになってしまうので
正しい知識を入れて
その方向に向かって頑張っていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



今日は頑張る方向性を間違えると
危険だということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月16日2020年:9月

幸せには2種類、絶対的な幸せと相対的な幸せがある

今日は幸せには2種類あって絶対的な幸せと
相対的な幸せがある
ということについてお話ししようと思います。



絶対の反対は相対と言われています。
絶対というのは揺るぎない
もうこの芯、何も変わらないのがあり
その反対での相対で
状況によって変わっていくっていう
そういうものがあります。



幸せについても
絶対的な幸せと
相対的な幸せというものがあります。



相対的な幸せっていうのは
相手や状況によって
変わっていくっていうことです。



よく言われるのが
50万円の給料をもらっているとします
でも自分が50万円で
周りの人は80万円もらっているのと
自分が50万円で周りの人が30万円しか
もらっていない時というのは
同じ50万円の給料だったとしても
受け取る気持ちとして全然違うと思います。



みんなが自分よりも上で
自分が50万円しかもらってないとすると
不平不満とか不幸を
感じてしまうことがあります。



逆にみんなが少ないのに
自分は多くもらっていると思うと
それは幸せに繋がっていくのかなと思います。



そんな感じで周りの状況や環境によって
自分の幸せが変化していくというのが
相対的な幸せです。



比べる相手によって
自分がどうあるか
どう幸せなのかっていうのが
変わっていくということです。



こういうのはよく世間体で言われる
幸せというのが
それに当たるのかなと思います。



世間体で周りの人が自分と比べてどうなのか
どのような位置にいるのかということが
自分の幸せに直結している
ということになるのかなと思います。



それとは反対に絶対的な幸せというのは
相手の状況に左右されることなく
こうであれば幸せだという
そういう揺るぎない幸せ感があることを
絶対的な幸せと言うのかなと思います。



周りの人が多くもらっていても
自分よりも少なくもらっていたとしても
自分がこの給料で満足できると思えば
それは絶対的な幸せになると思います。



そういう自分の揺るぎない信念というか
相手に基準を持っているんじゃなくて
自分の何か軸があって
それに照らし合わせてやっていくってことが
絶対的な幸せに
繋がっていくのかなと思います。



人っていうのはだいたいが
相対的な幸せに流されていってしまう
のかなと思います。



周りの人の状況ばかり見て
自分は幸せなのかというのを
考えていくという方が多いのかなと思います。
それはもう人間である以上
しょうがないことなのかなと思います。



そういうのは昔の戦後とか江戸時代とか
そういう暮らしと比べて
今っていうのは格段に豊かになってるし
便利になっているということがあります。



でもいくら便利になったとしても
いくら豊かになったとしても
幸せに感じる人が増えてるのかと言うと
そうではないっていうのは
皆さんもご存知のことだと思います。



江戸時代で凄い不自由な不便な生活を
していていることがあったとしても
周りの人みんながそんな生活を
しているのであったとしたら
それはそれで諦めもつくし
でももっと豊かな世界があっても
みんな周りが同じように豊かになってしまうと
幸せっていうのは薄れていってしまうってことが
あるのかなと思います。



そんな風に相対的な幸せで
左右されてしまうってのは
人間である以上
それしょうがないことなのかなと思います。



でも自分の中で絶対的な
これをこうすれば幸せだって
それを持ってる人っていうのは強いし
周りに左右されない分幸せ感というのも
ずっと続くのかなと思います。



そういう自分の中にある絶対的な幸せ
周りに左右されない
自分の中でこれが幸せだって思えるものがある
何か一つでも作っていくことができたとしたら
幸せという時間も
増えていくのかなと思います。



今日は絶対的な幸せと相対的な幸せの
2種類があるということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月14日2020年:9月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を開催することができました。
今回は寂しいことに僕を含めて3人でした。
頻繁に来てくれる人で
気ごころがしれていて
話が盛り上がりました。
 
 
 
この3人になるとスピリチュアルとか
いろんなことを語ってきました。
その中で自分の体験談とか
失敗談なども話をするのです。
 
 
 
こんな真剣な話をすることって
なかなかないことなので、
僕としても楽しみにしています。
 
 
 
それに一方的に話をするのではなくて
お互いが話を聞いてくれたり
きちんと礼儀もあって
この空気が僕を好きです。 
 
 
 
いろんな経験をしているので
それをお互いに話し合って
学びにできることって大切です。
 
 
 
自分一人では気づけないこともあり
体験できないこともあるし、
いろんな視点から考えられるのも良いです。 
 
  
 
そして、もっと人数が多くなると
さらに多くの人の意見や経験談を聞けて
また、何かしら助け合えることもできると思います。



定期的にやっていっていますので、
こういう真面目な話が好きな人は
参加してほしいです。
 
  
 
次回は 
10月2日(金)20時から
開催する予定です。

料金も無料です。
 
 
  
 
ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月12日2020年:9月

成長意欲が強い人への注意点

今日は成長意欲が強い人への注意点
ということについてお話ししようと思います。



ある人の中ではすごい成長欲が強くて
どんな事までもチャレンジして
やっていこうとしてしまう人
というのがいます。



険しいハードルを自分で勝手に決めて
そのハードルに向かって
自分を犠牲にしながら突き進んでいく
ということをしている人がいます。



学校でも成績をすごい高いところまで設定して
勉強を何時間というふうに設定して
死に物狂いでやっている。



そういう人がいたり
会社ではすごい出世意欲というか
その自分の中での目標があって
それに到達するために
頑張り続けているっていう人もいます。



他の人ではすぐに諦めて
投げ出してしまうようなところで
あったとしても
そういう人っていうのは
粘り強くずっと続けて
そして達成しまうっていうことがあります。



その頑張りの原動力として
楽しんでやってるっていう人だったら
それはそれでいいのかもしれませんけど
その人を見ると
何故かその達成感があったとしても
そこまで喜んでいるっていう感じもなしに
何か淡々としているっていう
ホッとしてるっていうことが
正しいのかもしれません。



そんな感じで達成したとしても
喜びも少ないし
でもその努力は凄いものがあって
苦しんでる姿というのを
ずっと見かけているっていう感じに
なってしまうのかなと思います。



でその頑張り続けてしまうっていう
そういう人は大体が自分の中の
劣等感というものを抱えている人が
多いのかなと思います。



その自分の中の劣等感っていうものが疼いて
それをどうにかしたくて
それを隠したくて
その人にバレたくないと思いたくて
何か凄い成果を出したりとか
すごい結果を出したりとか
必死にその自分の劣等感を隠そう
としているって事がある人もいます。



そういうその強い劣等感の裏返しとして
強い優越感を感じていなければ
不安で仕方がないっていう状態なのです
だから人が諦めてしまうようなところでも
粘り強く頑張り続けることができます。



そうやって頑張り続けて
成果が手にすると思うんですけど
でもその努力で
自分の身を削ってまでもやって得た成果が
どれぐらいのものを
自分のその喜びとして得られているのか



自分の人生として
その何か得られるものがあるのかと考えると
そんなに得られるものっていうのは
少ないのかなと思います。



それよりも失っているものの方が
多いような気もします。



もっと人生って
楽に楽しく生きていけることができるのに
その人は常に全力疾走で
頑張り続けて、張り詰めて
やっていかなければいけないと
思っているというのは
とっても辛い状況だと思います。



実際に成果を出したとしても
自分で満足できなければ
それはあまり意味のないものに
なってしまうのかなと思います。



大成功した社長さんであったとしても
その自分の中の劣等感を解決するまでは
まだまだ上がある
上を目指さなければと言って
満足することなく常に努力をし続けてしまう。



もう止まれない状態に
なってしまってるって事も
あるのかもしれません。



そういう状態がずっと続くと
やはりどこかで息切れしたり
エネルギー切れをしてしまったり
心は疲弊してしまったり
周りの人がついていけなくなってしまったり
という風に弊害がたくさんあります。



第一、人生を楽しめていないっていうのも
あると思います。



もっと体を楽に心を楽にして
ゆとりを持って楽しんでいけるはずなのに
そういうことができないっていうのは
とってももったいないことだと思います。



その自分の中にある
劣等感っていうのを見つめて
解決していくということをするまでは
ずっと走り続けて止まれない
っていうことがあると思います。



一見、端からみると
頑張り続けるって事は
とっても良い事のように思いますけど
でもそれをずっと続けるってことは
自分の実にもならないし
周りの人の実にもならないし
喜びも感じられないし
いつも切羽詰まって
心が焦っている状態になってしまいます。



自分の中で
その見つめていかなければいけないものに
目を背けて他で頑張り続けて
解決しようとしていませんか?



もし頑張り続けているって
自分が思っているとしたら
自分の中の劣等感を
見ないようにしているのか
というの考えてみるのは
大切なことなのかなと思います。



自分で頑張り続けてる人ってのは
まだまだまだまだっていうのが強いから
自分で頑張ってるっていうふうには
思えないかもしれません。



周りからしたらすごい頑張ってるっていう風に
思う人だったとしても
当人としては全然足りていない
もっともっとしなければっていう風に
思っていることもあるかもしれません。



だから自分では気づけないかもしれませんけど
周りの人からそういう風に言われた時が
あったとしたら
少し自分の中でそういうところがないのか
というのを見つめていくってことも
大切なことなのかなと思います。



今日は頑張り続けてる人の危険性について
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月10日2020年:9月

自分を変えるための第一歩は大きなエネルギーを使う

今日は自分を変えるための第一歩は
大きなエネルギーを使うということについて
お話ししようと思います。



僕達は自分を変えたいと思った時に
やっぱり今までと違う行動を
起こすことになると思います
今までと違う行動を起こす第一歩というのは
ものすごいエネルギーを必要とします。



よく言われるのが
清水の舞台から飛び降りるくらいの
エネルギーの力ということを言われます
清水の舞台から飛び降りると
もしかしたら死ぬかもしれない
という恐怖があるでしょう。



でもその恐怖を乗り切ってまでも
第一歩を進むということが
できたとしたら
大きく一歩を進むことが
できるのかなと思います。



そして最初の一歩というのは
何をするにしても
それぐらいのエネルギーの量は必要とする
ってことがあります。



他の人からしたら
ほんの些細な一歩だったとしても
当の本人からしたら
ものすごいエネルギーを使って
大きな一歩を踏み出している
ということがあります。



清水の舞台から飛び降りることは
死を意味するっていうことで
一回本当に死ぬ気のような感じで
もう生きるか死ぬか
それぐらいの瀬戸際に立たされた時に
そういう一歩っていうのは
出てくるのかなと思います。



やってることってのは
ほんの大したことがないことかもしませんけど
それくらいの勇気を必要とするということです。



もしかしたら
自分の何か内面をさらけ出す
ということかもしれません。



今まで自分が不真面目だったとしても
それをずっと隠して
真面目なフリをしてたということで
良い人のフリをやめて
実は不真面目だったんだってことを
さらけ出すという



そういうことで
他の人からしたらそんななんでもないことに
思えるかもしれません。



でもその当の本人からしたら
そういうことをさらけ出すってことは
本当に清水の舞台から飛び降りるくらいの勇気がいるし
死ぬか生きるかそれぐらいのそのものが
出てくるのかなと思います。



そういう死ぬか生きるか
それでもやっぱり自分を変えたくていうことで
第一歩を踏み出すその大きな一歩が
人生を変えるための
きっかけ作りとしてなるのかなと思います。



そしてその一歩を出すためには
ものすごいエネルギーを使うっていう事です。



ただそのエネルギーというのは
一歩目だけがエネルギーを使うことがあってに
2歩目、3歩目となると
エネルギーもさほど必要なく
できるようになってくるってことがあります。



最初の一歩というのは
それくらいエネルギーを使うということです。



僕たちは変化っていうのは
なるべくしたくないという生き物らしいです。



それは変化があると
今までと違ったパターンを
作らなければいけなくなったりとか
そういう面倒くさいことがあってしまいます。



それぐらいだったら
いつもと同じパターンが良いっていう風に
思ってしまうこともあります。



今が不幸で不都合であったとしても
自分を変えて
新しい世界に行くということは
ものすごいエネルギーを使います。



それぐらいだったら今までのパターンで
ちょっとくらい不便があったとしても
ちょっとぐらい不幸であったとしても
そのパターンに留まってしまうっていうことは
よくあることです。



それぐらいその第一歩目ってことは
ものすごいエネルギーを必要とするということを
覚えておいてもいいのかなと思いました。



自分を変えるための第一歩目というのは
清水の舞台から飛び降りるとか
バンジージャンプを飛ぶ
それくらいの思い切りの良さとか
エネルギーを使うことについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月07日2020年:9月

自分が変わるための障害として相手の期待がある

今日は自分が変わる時の障害として
相手の期待があるということについて
お話ししようと思います。



僕たちが一念発起して
自分を変えようとするとします
その時に障害となる要因の一つとして
相手の期待を裏切ってしまうのではないのか
ということがあります。



例えば不良の子が
これまでの人生が駄目だということがあると
変わらなきゃて強く思って
勇気を出して真面目になろうと思ったとします。



それでその人が学生だったとしたら
学校に行ってクラスで行ったとしたら
どんな風にクラスの子から思われるでしょうか。



そういう周りの目というのは
すごく気になってしまうと思います
なんでいきなり人が変わったように
真面目になったという
好奇の目で見られてしまうはずです。



これというのはあたりまえで
人ってのは大体
あの人はこういう人だっていうイメージで
見てしまうっていうところがあります。



そのイメージを
裏切ってしまっているわけだから
最初は戸惑うってこともあると思います。



不良だと思ってるイメージの人が
いきなり真面目になってしまうと
自分の中の頭が混乱するというか
イメージと違うものがあると
やっぱり好奇の目で
見てしまうとことがあるのかなと思います。



そういうその周りの目線を
気にしてしまうってことは
自分を変わるための
障害の一つとしてあるのかなと思います。



周りにどんな風に見られてしまうのか
と言うことってのは
やっぱり最初の一歩としては
大きく抵抗としてあります。



仕事場でおいては
頑張っていた人が
いきなり頑張るのをやめて
力を抜いて仕事するようになったとします。



今まで頑張っていたっていうのは
自分の限界を超えて頑張ってしまった
ということがあるので
このままいくと持たなくなってしまう。



それよりも自分のペースでやっていこう
と決断したとします
いきなりそういうことをすると
周りの人達っていうのはどうしたんだ
いきなり何かやる気がなくなって
という風に心配されるかもしれません。



もし上司だったとしたら
あんなに期待をかけていたのに
その期待を裏切るようなことをして
というふうに思われるかもしれません。



そういう周りの人の期待とか
イメージっていうのを裏切るってことは
怖いことなのだろうと思います。



でもそれは最初だけで
だんだんとそのイメージが定着していくと
あいつは変わってしまった
あんな風になってしまったっていう風に
思われると何も言わなくなって
あいつはああいうやつだって風に
イメージが定着していくことでしょう。



そうなるとそんなに周りの目線というのは
気にならなくなると思います
その最初の一歩、第一歩のがやっぱり
そのイメージを変える相手のイメージを
裏切ってしまうてことがあります。



そういうのは自分を変えるための
障害の一つとして
大きくのしかかってしまうのでは
ないのかなと思います。



だから自分を変えるということは
相手の期待を裏切るということも
セットになって付いて来てしまいます。



そういうことも頭に入れておきながら
自分を変えていくということを
チャレンジしていくってことは
とっても大切なのかなと思いました。



今日は自分が変わるときの障害として
相手の期待を裏切ってしまうという
ことについてお話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月05日2020年:9月

白黒思考は危険

今日は白黒思考は危険である
ということについてお話ししようと思います。



悩みが多い人の特徴の一つとして
白黒はっきりさせなければいけない
という思いが強い人がいます。



これは良くて、これは悪いという
白黒思考が強い人というのは
苦しむことになってしまうのかなと思います。



自分の中で良い事があって
良いことができないと
罰せなければいけないとか
反省して直さなければいけない
という風になってしまうからです。



悪いことをしてしまって
自分がもし悪いことをしてしまったとしたら
すごい後悔して自分責めることをしてしまいますし
相手が何か罰せられるようなことをしたとしたら
相手は責めて
相手を直さなければいけないっていう風に
修正しようとしてしまうのかなと思います。



そんな感じで白黒でハッキリと
何か物事をしようとする人っていうのは
やっぱり衝突が生まれてしまうし
自分責めとか
その相手を責めてるということも
多くなってしまうのかなと思います。



よくテレビなんかも白黒思考というか
そういう善悪で何でもかんでも
判断しようとしてしまうって
いうところもあるのかなと思います。



テレビというのはなるべく視聴者に
考えるって事をしないようにすることが
特徴付けられています。



考えさせないようにするためには
単純にこれは良いものとか
これは悪いものというものも決めつけて
そのように表現するということです。



今だったらコロナで
なぜそのGOTOキャンペーンを
してしまうのかということを
すごく責め立て
てそんなことはまだ早いっていうことも
あるかもしれませんし



また自粛をなぜしないのだとか
PCR検査をなぜもっとしないのだっていう風に
責め立てて
そうやってそういうもが悪いという風に
決めつけてしまっているところも
あるのかなと思います。



そうやってもっと他にも
色んな事情があるはずなのに
その一部分だけを切り取って
これは悪いことだ
だから直さなければいけないという風に
単純にしていくことで



その視聴者をなるべく考えさせないように
これは善、悪いとか
そういうものを判断をこちらで与えて
考えさせないしていくってことがあります。



だからテレビを見ていくと
どんどんとその考える力っていうのは
失われていって
洗脳されていくっていうことは
あるのかなと思います。



コロナ対策にしても
色んな見方があります
GOTOキャンペーンにしても
色んな見方があって
ひとつの物事、ひとつの視点から見ただけでは
判断できないようなことでも
いろんな角度から検討しなければいけなくて



そういう理由・方向があるはずなのに
そういうのを全部省いて
悪い部分だけをピックアップして
これは駄目だっていうふうに
視聴者に訴えかけようとしまってるところが
あるのかなと思います。



またドラマではその今
すごい人気ある半沢直樹にしても
すごく単純に作られています。



悪人にということは
悪人が一目でわかるようにして
この悪人をとっ捕まえて成敗していく
そしてその悪人が参ったということを見て
僕たちはスッキリするという気持ちに
なるのかなと思います。



そんな感じで半沢直樹にしても
白黒ハッキリしすぎている
というところがあって
それを見て僕たちは
そのスッキリ感というのがあるけど
その深いところまでは
考えないように
なってしまうのかなと思います。



もっともっと別の視点から見ていくと
いろんなその理由とか
いろんなその思いとかあるはずなのに
善悪というのをハッキリ分けて
悪どい人はもうとことん悪どくして
悪人だと一目で分かるようにして
半沢直樹も正義のために骨を折って
そうやって最後には逆転する。



そして悪人は最後は滅びるそういう
ストーリーというのを作られていきます
そういう善悪ハッキリしているものだから
あそこまで人気がでるし
僕たちもスッキリとできるのかなと思います。



でも世の中っていうのは
そんな白黒ハッキリしてるものでもないし
善悪というのもそんな簡単に
決められるものでもないのかなと思います。



良いと思ってるものの中には
やっぱりどこか不都合なところとか
相手によっては間違っていると
思われるところも
含まれているのはあります。



また悪いと思われてるところには
見方によっては良い部分もあるし
ある人にとってはそれが必要だ
というとこもあります。



だから単純にこれが良い
これが悪いなかなか判断できない
というところはあるのかなと思います。



そしてというのを自分の頭で考えて
どうバランスをつけていくのか
ということが大事になってくるはずなのに
でもそういう頭で考えるとか
必要な視点を見ていくってことを省いて
単純にしていくことで
白黒ハッキリさせてしまうっていうところは
あるのかなと思います。



自分の視点だけとか
一般世間の言われる視点だけを見て
これは悪いことだとかそういうのがあって
それで罰するとかそういうのを
判断してしまっているところも
あるのかなと思います。



もっともっといろんな見方があって
白の中にも黒があるし
黒の中にも白があるしっていう
そういうごちゃ混ぜのところから
正解を導いていく
どうバランスをとっていくのかということが
とっても大切になってくるのかなと思います。



白黒ハッキリさせてしまってる人っていうのは
そういうバランスをとっていくとか
善の中にも悪があったりとか
悪の中にも善があるという
そういうところも考えていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



けっして白黒ハッキリさせていくってことが
いいことでもないですし
そういう世界でもないと思います
そんなに白黒ハッキリつくようなものっても
少ないのかなと思います。



ちょうどいいバランスをとっていく
調和をとっていく
お互いが納得できる部分を作っていく
そういうことって
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は白黒思考をしていくってことは
とっても危険なことだということについて
お話しさせていただきました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年09月03日2020年:9月

光が強くなると闇も強くなる

今日は光が強ければ闇も強くなる
ということについてお話ししようと思います。



ここで言う光というのは
善悪で言う善が強くなると
悪というのも強くなるという例え話です。



善が強いって言うと
学校でも会社でも厳しいところという
イメージがあるのかなと思います。



規則が厳しくて
こうでないといけないっていう
そういうものがたくさんあって
校則も厳しく作られている。



そういうところがあって
悪は絶対許さないという
そういう感じがあるのかなと思います。



そうやって光を強く出せば出すほど
闇の部分というのも
強く出てしまうってことがあります。



校則を強くして良い人間を作ろうとしても
やっぱり人間なので思い通りにはいかないし
できないこともたくさんあるし
校則を破ってしまうっていうことも
あるのかなと思います。



その校則を厳しくしていると
どんどんと排除される人とか
悪人みたいなもので
罰せられる人というものをつくってしまう
原因にもなってしまうのかなと思います。



例えば学校では遅刻をしてはいけない
廊下を走ってはいけない
授業中は黙って先生の言うことを
先生の話す言葉を聞いていないといけない
というそれはとってもいい事であって
悪いことではないと思うんですけど



でもそういうのが強くても
厳しいものがあればあるほど
出来ない人っているのでてきて
そしてそういう人を罰せなければいけない
ということがある



そしたら闇とい部分も
自ずと深くなってしまうっていう
そういう意味合いが取れるのかなと思います。



家庭でも厳しい家庭になると
食事の時でも話してはいけないとか
きちんと背筋を伸ばして
だらけた格好で食べたいけないとか
いろんなそのルールがあると思います。



それは全て良い事ってか
その善であって光であると思います。



でもその光が強ければ強いほど
その出来なかった時っていうのは
闇の部分で罰せられるというものも
厳しくなってしまいます。



そして人間である以上
全て善であるって事も出来ないと思います。



やっぱりだらけてしまう時もありますし
自分勝手で自分のその都合を
優先させてしまう時もあります。



そういう時にあまりもその罰則が厳しいと
取り締まらなければいけないという風に
なってしまいます。



もし光が弱くなったとしたら
その影の部分も弱くなることがあります。



罰則も厳しくするんじゃなくて
曖昧な部分を作っておくとしたら
その分罰せられる人というのも
減っていくのかなと思います。



家庭内でおいても
待っときには食事は楽しくして
背筋もきちんと伸ばしてとか
そんな事をしなくてもすむとか



学校でおいても遅刻をしてはいけないとか
走ってはいけないとか
授業中はちゃんとしてないといけないという
そういうものも必要だけど



時には遅刻をしてしまっても
しょうがない時もあるし
廊下を走ってしまっても
もうそれもしょうがない時もあるし
授業中も先生の言うことをじっと聞いているって事も
なかなか難しい場面もあるかもしれません。



そういう時は肩の力を抜いて
やることも必要です。



そうやって少し光が
弱まることができたとしたら
罰せられる人というのも
減っていくのかなと思います。



ちょうどグレーのような感じで
白が少し黒に入るとしたら
その黒の部分も少し白色が混ざって
曖昧になっていく。



そうやって善悪というのも
曖昧になっていくから
罰せられる人っていうのも
少なくなっていきます。



そうなると自ずと闇の部分っていうの
も少なくなって薄れていくのかなと思います。



光が強くて人間はこうしなければいけない
善の部分だけを表現しなければいけない
態度で表さなければいけない
ということをしていくと
おのずと闇の部分っていう
そういうできないかった時に罰せられる人とか
罪深い人っていうのを作ってしまいます。



なので家庭においても
仕事においても
学校においても
なるべく善というものを減らして
少し緩めていけると
ちょっとは楽に生きていけるのかなと思います。



ただここで緩めすぎると
それはそれで問題になってしまう
ということがあるので
そのバランスってものも
とっても難しいものなのかなと思います。



白黒はっきりしすぎて
強めすぎてもダメだし
かといって緩めすぎてもダメ
ということがあります。



ただここでは
光が強くなればなるほど
闇の部分も強く出てしまう
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月31日2020年:8月

成長は螺旋階段のように上っていく

今日は成長は螺旋階段のように上っていく
ということについてお話ししようと思います。



僕たち人間の成長というのは
一直線にこう行くということではないっ
ていうのは皆さんご存知だと思います。



よくあるのが波を打って行ったり来たり
3歩進んで2歩下がるというような感じで
ちょっとずつ進んでいくっていう
そういう表現の仕方もあるかもしれません。



でも僕がいいなと思っている
その考え方っていうのは
そう螺旋階段のように
少し同じことを繰り返しながらも
少しずつ少しずつ上がっていく
という考え方です。



僕たちってやっぱりどんなに
何か勉強してやったとしても
心を入れ替えたとしても
結局はまた同じことを繰り返してしまう
ていうか同じようなパターンに
ハマってしまうっていうところも
あるのかなと思います。



いろいろとやったけど
やっぱり最初に戻って
向上していないなと思ってしまうところも
あるかもしれません。



そうやって、いろんな経験を積んだけど
なんか結局戻ってみると
最初とあまり変わってなかったなという風に
感じてしまうっていうところも
あるかもしれません。



でもそうやって人間の向上っていうのは
いろんな経験を積みながら
いろんなことを試しながらも
やっぱり最初に戻ってしまう



でも最初に戻った時にも
ほんのちょっとでもいいから
上に上がっていくっていうか
何かできてるところがあるかもしれませんし
気づけるところもあるかもしれません。



そういうのがあって
周り回ってほんのちょっとのところの
成長があるって言う。



そういうことをしながら
成長っていうのをしていくのかなと思います。



くるくると同じ所に行きながらも
ほんのちょっとずつやって進んでいく
ていうことを繰り返しながら
成長していってるのかなと思います。



でこの螺旋なんですけど
大きな螺旋と小さな螺旋というのも
あるのかなと思います。



日々の一日の中でも
ちっちゃな螺旋として
あっ自分でこんなことをやってしまった
でもこういうことを気をつけようと思って
あっまた同じことを繰り返してしまったっていう
そういう一日とか一週間単位の
そういう小さな螺旋ということも
あると思います。



大きな単位で一年ぐらいのなんか
いろんな経験をしてやってきたけど
やっぱりなんか同じところを行ってしまって
去年と同じようなことをしてしまっている
というところもあるのかなと思います。



でも最初のところよりは
ほんの少し違いがあって
その違いが自分の中の成長につながっている
という所があるのかなと思います。



そんな感じで
僕たちの成長っていうのは
一直線にこうってなんかよ
横伸びに行けたら
問題はないかもしれませんけど
そんな簡単には
成長なんてしていく事って出来ません。



やっぱりいろんな経験を積んでも
同じことを繰り返してしまうかもしれませんし
同じ失敗をしてしまうかもしれませんし
何か変わったなと思ったとしても
その全然本質は変わってなくって
同じところをぐるぐるしているだけって
いうこともあるかもしれません。



でも、それが本当の人間なのかなと思います
そういう事を同じものを繰り返しながらも
ほんのちょっとでもいいから上に行く
ほんのちょっとしか上に行けない
ていうこともあるのかなと思います。



そうやって人間の成長ってのは
もうグルグル繰り返ししながらの
成長なんだっていうことを
頭に入れといておくと
少し楽になるのかなと思います。



この一直線にすんなりと行くということは
絶対にないです。



こう波を打って同じことってか
その3歩進んで2歩下がるっていう
そういう考え方もいいかもしませんけど



僕の気に入ってる考え方としては
やっぱり螺旋階段のように
少しずつ少しずつ上に伸びていく
同じことを繰り返しながら
同じ失敗をしながら上に行くっていう
そういう考え方が僕は気に入ってるので
そういう風にとっています。



僕も思えばいろんな経験を積んで
いろんなことを学んで
成長したなと思うことがありますけど



でもやっぱりなんか気が付いた時には
同じことを繰り返していたなと
思う時もありますし
ふとした時には
前と全然変わっていないなって
いうところもあります。



でもほんのちょっとだけでもいいから
成長していく
その部分っていうのはあると思いますので
そういうのを繰り返しながら
ちょっとずつでも成長していけると
いいなと思います。



人間の成長っていうのは
螺旋のように伸びていくということについて
今日はお話させていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月29日2020年:8月

納得しなければ動けない

今日は納得しなければ動けない
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは何か行動を起こす時に
こうしたほうがいいってわかっていても
できないことがあります。



頭ではこれがいいって
わかっているはずなのに
でもやる気が出ないということは
みなさんも経験あるのかなと思います。



それは頭では良いとわかっていても
心では納得していないことが
大きいのかなと思います。



本音ではやりたくないとか
やってたまるものかという
なんか反発精神みたいなものも
あるのかもしれません。



特に誰かにこうした方がいいって
言われた時などは
頭よりも感情の方が先に動いてしまいます。



あの嫌な人に言われたから
ということもあるかもしれませんし
今やろうと思っていたところなのに
それなのに言われてしまって
逆にやる気をなくしてしまった。



ということもあるかもしれません
それに言い方も
嫌な言い方をされたからやる気が失せた
ということもあるかもしれません。



こんな風に心がどう感じているのか
それによってやる気っていうのは
大きく変わっていってしまう
っていうところがあります。



心がモヤモヤした状態とか
納得していない状態があると
やる気を出そうにも
なぜかやる気が出なくなるとか
逆にその反発精神になって
もうやってやるものかっていう風に
思ってしまうこともあるのです。



そういう時は
頭でこれをやらなきゃって思って
無理をするよりも
心を納得させていくっていうことが
大事になってきます。



心の中では何を不満に思っているのか
ということを探っていくってことは必要です。



言われ方がきつかったからなのか
言う人が嫌いな人だったからなのか



上から一方的に言われて
自分の意見を
全然聞いてくれなかったからなのか



やるのが単にめんどくさいっていう気持ちも
起こるからなのか



だいたい、やるメリットっていうのを
感じていないからなのか



というふうな感じで
いろいろと心の中では
モヤモヤした部分があるかもしれません。



そういうのを
丁寧に拾っていくっていうことは
とっても大事です。



そういうのしていかないと
頭ではこうしようと思っていても
心や感情が逆の方向を向いているとしたら
できなくなってしまいます。



心の世界では頭よりも心の方が
大きな力を持っています
いくら頭でどうこうしようと思っても
心がやる気がなかったり
納得していなかったら
体っていうのは動かないものです。



やっぱり頭で何かしようとするよりも
感情を先に納得させていくっていうことは
とっても大切なことです。



そういう心を丁寧に聞いていく
扱っていくということをしていくと
心と頭が一致して
その時に大きな力というのが
出てくることでしょう。



決して頭だけで何かしようとか
これがいいからやらなければて思っていても
できなくなってしまうことがあります。



感情が納得して
初めて行動に移せるっていう事があるので
頭だけでなくて
感情の部分というのを
大事にしていくってことは
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は納得しなければ動けない
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月26日2020年:8月

妄想は現実よりも恐ろしい!

今日は妄想は現実よりも恐ろしい
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは恐怖というものを
感じると思いますが
実際に何か起こったということよりも
悪いことが起きそうという
不安からくる恐怖の方が大きいというものがあります。



例えば誰かに嫌われたということよりも
嫌われるのではないのか?
嫌われたのではないのか?という
そういう憶測で考えてる時の方が
ダメージは大きいと思います。



実際に相手から嫌われた
ということが起こると
それはそれでショックかもしれませんけど
でもそんなにたいしたことではなかった
という風に思うかもしれません。



それよりも嫌われるかもしれないとか
あんな事したからあの人は
どう思ってるだろうと
そういう風に思ってる時って
嫌われてしまったのかもしれないという
そういう妄想でグルグルしてる時の方が
ダメージっていうのは大きいと思います。



会社でも仕事でミスをして
怒られたっていうことも
大きくショックかもしれませんけど
こんなことして
ミスしてしまうのではないかとか
上司から怒られてしまうのではないのか
と思っている時の方がダメージっていうのは
大きいのかなと思います。



それは現実で起こる事っていうのは
起こってしまえば
それまでで一回で済みますけど
妄想の世界では
何回も何回も繰り返し再生させて
そのたびに痛みを覚えてしまうということがあります。



その悩んでる時というのは
何十回もシュミレーションして
そのたびに傷ついてしまっている
ということがあります。



また妄想の世界では
現実で何か起こることよりも
何十倍も大きくしてしまう
というところがあります。



妄想の世界では
無限に広がりを見せてしまうからです。



現実の世界では1だったとしても
妄想の世界では5とか10くらい
大きくしてしまうってことがあります。



こんなことを現実では起こらないだろうって
思ってしまうようなことでも
妄想の世界ではもしかして起こるかもしれない
というふうに考えてしまって
そしてそのダメージが
体に頭にのしかかってくるわけです。



心配事の9割は起こらない
ていう人もいますが
まさに自分で勝手に妄想として
大きくしてしまって
しかもそれを何回も何回も
繰り返ししてしまうことで
僕たちは大きなダメージを
与えられてしまうのです。



みんなから嫌われてる
嫌われてしまうのではないかいうのは
ほとんどが勘違いである場合があって
全然そんなことも思ってないのに
自分は勝手に妄想して
ちょっとした相手の言動を見て判断してしまって
そしてそれをどんどんと大きくしてしまう
っていう被害妄想もあります。



それは誰でも経験していること
なのかなと思います。



実際に相手に聞いてみると
相手は全然そんなこと思っていなかった
ただ自分の中で嫌われるとか
嫌われたんじゃないのか
ということを大きくしてしまう。



それが夜寝る前とか
何かぼーっとしてる時に
繰り返し繰り返し
頭の中で再生してしまう
そのたびに心っていうのは
痛みを覚えるわけだから
辛くなって当然なのかなと思います。



そんな感じで
妄想の世界っていうのは
現実の世界よりも
ダメージが大きくなってしまうし
それは恐ろしいことなのかなと思います。



心の世界では無限に広がりますし
しかも何回も何回も再生させてしまう
そういうことがあるっていうのを
少し注意して妄想を少しでもやめていけると
いいのかなと思いました。



実際に現実に起こるということは
その妄想の1/10ぐらい
という風にしか起こらない
というふうに考えても
いいのではないのかなと思います。



今日は妄想は現実よりも恐ろしい
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月24日2020年:8月

ZOOM企画 終了

昨日はZOOM飲み会を
無事に終了することができました。
僕を含めて6人の参加者です。
早く退席される人や遅くに参加される人など
出入りがあって6人そろうことはなかったです。
 
 
 
それぞれの都合の良い時間に
出たり入ったりでゆるく
やっていこうと思っていますからね。
 
 
 
普段の生活では話ができないような
悩みや心理系の話もできるので
僕にとっては貴重な場所です。
また、僕だけでなくて
他の人たちにとっても
良い場所で会ってほしいなと思っています。
 
  
 
昨日は今流行っているコミュニティーつくりの
現状についてとか
それぞれの関心ごとなどについて
話をすることができました。
 
 
 
みんな言わないだけで自分の意見を持っていて
話し出すと良いなと思うことが
どんどんと出てきます。
 
 
 
そして、最終的にはどう生きていきたいのか?
ということについて
お互いに考えていけたらと思っています。
 
 
 
また、少しずつ仲間意識も作れて
お互いのことも知ってきました。
気軽に相談できるような仲に
なってこれているのかなと思います。
 
  
 
今はつながりが作りにくいと思います。
何もしないと社会人になってから
友達つくりは難しいです。
でも、人間は一人では生きていけないし
気の置ける仲間の存在は欠かせないと思います。
 
 
 
そういう一人で抱え込まないようにする
つながりを作れる場所としても
これから続けていこうと思っています。
  
 
 
次回は
9月11日(金)20時から
開催する予定です。
 
  
 
もし、興味がある人は参加してくださいね。 
 
 
 
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月22日2020年:8月

人生は短距離走ではなくて長距離走

今日は人生というのは短距離走ではなくて
長距離走ということについて
お話ししようと思います。



カウンセリングに来られる人の中では
自分の力を120%くらいまで出して頑張り続けて
でもその頑張り続けていくってことはもつわけもなしに
その頑張りが仇となって
エネルギー切れを起こしてしまって
動けなくなってしまったという人がおられます。



それはうつ病の人もなりやすい人も
いるのかなと思います
うつ病の人も頑張ってしまう癖
というのがあって



自分の限界以上のことをしてしまって
それをずっと続けようとして
しまいにエネルギー不足になって
動けなくなってしまった
ということもあるのかなと思います。



会社でも常に頑張り続けて
夜遅くまで仕事をして
寝る時間もほとんどない
休日も仕事をして
いつ休んでるのかと思うぐらい
そういうふうに仕事してしまっている
という人がいるかもしれません。



そういう人も短期の間だけだったら
そういうのはできるかもしれません
でもそれをずっと続けようとするってことは
やっぱりできないのかなと思います。



そんな120%の力を
ずっと出し続けることなんて
不可能だと思います。



どっかでエネルギー切れを
起こしてしまいます
そうやってエネルギー切れを
起こしてしまった時というのは大変で
今までのツケを支払ってればいけません。



回復していくまでに
相当時間がかかってしまう
という場合もあります。



本人としては120%の力を出してるつもりは
ないのかもしれませんけど
いつのまにか頑張り続ける癖ってのがあって
自分の限界以上の力を
発揮しようとしてしまって
そしてそれを続けようとしてしまっている
というところもあるのかなと思います。



そういう何か自分の人生の中で
焦りとかそういうことがあると
自分の限界を超えて頑張ってしまう
というところもあるのかなと思います。



そんな頑張り続けるということよりも
80%の力を出して
長くやっていくということが
求められているのかなと思います。



人生っていうのは短距離走でなくて
もしかしたら100年ぐらい
生きていかなければいけない
ということもあるかもしれません。



そんな100年時代の人生を生きていくためには
時には頑張るということも
必要かもしれませんけど
やっぱり80%ぐらいの
長距離走を走るような感じで



そんなに短期間に一気に進む
っていうわけではないですけど
確実に一歩一歩進んでいく
遅いかもしれませんけど
そういうことをしていく方が
より長く多く進めるって事も
あるのかなと思います。



そうやって何か生き急ぐ
生き急いで自分の力を120%まで出して
頑張り続けて
そしてしまいにはエネルギー切れを
起こしてしまったり
体を壊してしまったりすることよりも



80%とか、もしかしたら60%くらいの
力でもいいから
ちょっとずつ前に進んでいくということが
いいのかなと思います。



特に焦りとかそういうことがあると
ついつい頑張ってしまうということがあるので
そういう時こそ
少し物足りないと思うぐらいで
止めておくことは必要なのかなと思います。



そしてゆっくりと休養取ったりとか
自分の趣味とか楽しいことをして
自分の休養とか
そのエネルギーを補充していくということは
とっても大切なことなのかなと思います。



人生っていうのは本当に短いようで長いし
長いようで短いということがあって
やっぱり行き急ぐことも
ないのかなと思います。



そんなに慌てて頑張らなくてもいいし
成果をあげなくてもいいし
成長しなくてもいいのかなと思います。



一歩一歩小さな歩みかもしれませんけど
確実に進んでいく
そしてその積み重ねていく方が
よっぽど多く長く行くことが
できるのかなと思います。



決して焦らないで
120%の力をずっと出しつけようとしないで
ゆっくりと歩んでいきましょう。



今日は人生は短距離走ではなくて
長距離走だということについて
話しさせていただきました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月19日2020年:8月

人間関係の問題は半分自分、半分相手の責任

今日は人間関係の問題は
半分自分、半分相手の責任
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちは何か人間関係で
トラブルや嫌なことがあると
相手が悪い、なんでそんなことを言うのか
すぐ怒るし、そんなふうに思って
相手を責めてしまうっていうところが
あるのかなと思います。



確かに相手も悪いところは
あると思いますけど
でも全てが相手が悪くて
自分は悪くない!
相手の責任だってしてしまうのも
それはそれでちょっとおかしいなもの
おかしなことになってしまうのかなと思います。



自分にも何か原因があったのではないか
自分にも何か振り返って
こうしなければいけなかったものが
あったのではないかということを
振り返る事っていうのは
とっても大切なことなのかなと思います。



全てあの上司が悪いとか
あの親が悪い、部下が悪いと
責任が全て相手にあると思って
相手を責めたばっかりいても
何の問題も解決していかない
というところはあると思います。



相手も悪いかもしれませんけど
自分にも何かなすべきものがあった
という事を振り返って
改善していくことで
その人間関係の問題っていうのは
解決していくってことはあると思います。



それと同じような感じで
全く逆なんですけど
相手が悪くなくて
自分が全て悪いんだって
すぐに自分を責めてしまうっていう人もいます。



何か相手が機嫌が悪かったとしても
自分が何かしたから
相手が機嫌が悪くなったのであって
それは全て自分の責任だっていう風に
何でもかんでも自分が悪いというふうに
思ってしまう人もいます。



そうやって自分が悪いって思ってしまうと
すごく心が余裕がなくなって
辛くなってしまいます。



自分を責めているだけでは
それもまた問題っていうのは
なかなか解決していかないのかなと思います。



そういう時は相手にも問題がある
相手にも責任があって
自分が全て悪いわけではないのだ
という風に思う事っていうのも
大切になってくるのかなと思います。



自分ばかり責めてしまっていても
すごく辛くなってしまって
問題を解決していこうという意欲っていうのも
なくなってしまうかもしれません。



相手にも何か悪いとこが
あるのだっていう風に思うこと
相手にも責任があるのだ
という風に思う事っていうのも
必要になってくるってことはあります。



こういうのはバランスの問題であって
相手ばかり責めている人がいたとしたら
少し自分にも何か責任があったり
何か問題があったり
することがあるかもしれないから
振り返っていきましょう。



という風に言う時もありますし
相手に責任がなくて
全て自分が悪いと思ってる人に対しては
自分ばかりに責任があるわけでもなくて
相手にも責任がある場合もあります。



だから自分が悪い
というところもあるかもしれないけど
相手にも悪いとこがあるから
自分ばかり責めているんじゃなくて
相手のせいにする時も必要である
ということを言う時もあります。



これはバランスの問題で
半分は自分、半分は相手て風に
バランスよく
責任を持つことができたとしたら
問題がすんなりと
解決していきやすいのかなと思います。



たぶんカウンセリングに来られる人とか
こういう動画を見ておられる人っていうのは
自分を責めてしまう
っていうことが多いのかなと思います。



相手を責めるとか
相手に原因があるっていうことには
抵抗があって
自分に原因あったり
自分が悪いんだっていうふうに
思ってしまう癖を持ってる人が
多いのではないのかなと思います。



そういう人は
相手の責任だって思うことってのは
すごく勇気がいることかもしれませんけど
自分だけ責めていたとしても
それは何の解決にもなっていかないです。



相手が機嫌が悪いのは
自分の責任だって
思っているかもしれませんけど
それはただ単に相手が機嫌が悪いのは
何か別なところで
イラつくようなことがあったり
全然自分とは関係ないところで
機嫌が悪くなって
たまたまそこに自分が居合わせて
そういう機嫌が悪さというのは
自分に降りかかっているだけって
いうこともあるかもしません。



そういう時に自分が悪くて
自分に何か原因があったのだっていう風に
思ってしまっても
何の解決にもなっていかないと思います。



相手の機嫌が悪いのは自分のせいではない
それは相手の問題であって
自分に解決するという事は
それは考えなくてもいいっていうこともあると思います。



そんな感じで相手ばかり責めてもダメだし
自分ばかり責めてもダメ
人間関係の問題っていうのは
半分は自分にあるけど
半分は相手にもあるということを
覚えておいてもいいのかなと思いました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月16日2020年:8月

対話は勝ち負けではない

今日は対話は勝ち負けではない
ということについて
お話ししようと思います。



この世界にはいろんな人がいて
いろんな意見を持ってます
自分の意見と同じような人もいれば
自分の意見とは違う
という人もいるはずです。



そういう自分の意見と違う人と
一緒に過ごさなければいけなくなった時に
どうしていくのかと言うと
対話でお互いに向き合うことによって
解決していこうとすることが多いと思います。



でもその対話ですけど
よくあるのが
どっちの方が良いのか
どっちが正しいのか
どっちの意見をとるのかということで
解決しようとすることが多いと思います。



でもこういう方法というのは
もめ事が多いと思います
自分の意見が通って自分が勝つのか
相手の意見が通って自分が負けるのか
そういう勝ち負けや
白黒で判断してしまうということがあると
不満とかそういうものが
残ってしまうのかなと思います。



自分の意見が通って自分が勝ったとしても
相手は負けたのだから不満が残って
もしかしたら仕返しされるかもしれませんし
相手のモチベーションも落ちて
それが結局自分に跳ね返ってくる
ということもあるかもしれません。



また自分の意見が通らなくて
相手の意見が通った時
やっぱり自分の中でも
モヤモヤとした不満が残るはずです。



そうやって相手の意見が通るのか
自分の意見が通るのか
ということで判断してしまうと
どうしても勝ち負けになってしまって
お互い不満が残るとか
お互い負けてしまうっていう結果に
つながってしまうこともあるのかなと思います。



それよりも白か黒か
勝つのか負けるのかではなくて
グレーを見つけていく
お互いの妥協点を見つけていく
っていうことが大切になってきます。



グレーというのは
白でも黒でもないけど
黒も含んでるし白も含んでる
そういうものです。



これって言うのは自分の意見も含んでいるし
相手の意見も含んでる
でも自分の意見でもないし
相手の意見でもない
第三の意見ということにもなります。



そういうお互いの納得する点を
見つけていくということが
とっても大事なことです。



でもこのお互いの納得する点を
見つけていくっていうのは
すごく面倒くさいものです
自分の意見を通した方が
楽ってことはあります。



自分が正しいから
自分の方が良いかなと思って
自分を押し通してしまうほうが
面倒くさい話し合いをする必要もないし
そうやってやった方が
時間も省けるって事があります。



でもそれでは結局、勝ち負けに繋がって
お互いが良い関係にもならないのかな
というのはあります。



お互いが納得する点を見つけていく
これは時間がかかるかもしれませんし
一回ではそういう
お互いの納得する点っていうのは
見つけられないかもしれません。



でもそうやって
お互いが妥協する点を見つけていく
そういうことが対話の役割なのかなと思います。



夫婦なんかでも家事をするのに
奥さんとしては
家事を手伝ってほしいと思ってるし
旦那さんとしては仕事で疲れているから
家事はあまりやりたくない
という風に思ってると思います。



これで家事をするのかしないのか
と言うところで行くと
家事をしないでなると
旦那さんは楽だけど
奥さんの方は不満が残って
モヤモヤしたものが結局違うところで
自分に跳ね返ってくる
ということもあるかもしれません。



また家事をするってことになったとしたら
自分が不満が残るので
やっぱりモヤモヤして
納得できないってことになるかもしれません。



そういう家事をするのか、しないのかって
いうことよりも
どのように家事を分担していくのかとか
この日だけ家事をして
この日はしないのか



例えば土日の休みの日だけして
平日の仕事がある日はしないとか
この簡単なものだったらできるけど
難しいものはしないとか
そういうお互いの納得する妥協点
というのを見つけていくということは
とっても大事です。



お互い100%まではいかないけど
大体50%とか60%とか
まあこの点だったら
妥協しても大丈夫だろうという



そういう妥協点をお互い見つけていって
ちょうど良いところに落とし込んでいく
そういうことをしていくってことは
とっても大事なことです。



そうやってやっていくことで
勝ち負けではなくて
お互いが納得してやっていくことで
解決していくってことがあります。



そういう風に
僕たちは何か相手と違った意見をもった時に
勝ち負けで判断しようとするのではなくて
お互いの納得する妥協点を見つけていきながら
お互いがちょうどいい点を見つけていく
っていうことそれが対話の役割です。



そういう風にして
グレーゾーン白でも黒でもない
でも白も混んでるし黒も含んでる
第三の意見を作っていくってことは
とっても大事なことです。



今日は対話っていうのは勝ち負けではない
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月10日2020年:8月

相手のことは聞かなければ分からない!

今日は相手のことは聞かなければわからない
ということについてお話ししようと思います。



相手の気持ちや
相手が何を考えているのかというのは
僕たちでは絶対に分からないと思います。



でも分からないけど
何かあった時に僕たちは
相手の気持ちを憶測で
判断しようとしてしまうっていうことは
多いのかなと思います。



特に不機嫌になっている人を見たら
あの人はこんな理由で
不機嫌になって怒っているはずだというのを
勝手に決めつけて
判断してしまうことがあると思います。



また何か相手のちょっとした言動が
なんか自分に対して冷たくしているような
気持ちになった時に
ああ私ってあの人に嫌われたかも
という風に勝手に判断してしまうってことも
あるのかなと思います。



そうやって憶測で判断して
自分は相手に嫌われたんじゃないかとか
自分は相手のことをこんな理由で
怒らせてしまったのではないのか
というふうに思って
悶々とした日々を送ってしまう
ということもあるのかなと思います。



そういうなんか悶々とした
本当はそうかもしれないし
そうじゃないかもしれないっていう
そういう状態っていうのは
人ってとっても苦しくなってしまうはずです。



どっちか分かってしまうと
対処も出来るんですけど
でもこうかもしれないし
そうじゃないかもしれないっていう
そういうどっちつかずの状態っていうのは
気持ちも不安定になってしまいます。



そういう悶々とした日々っていうのは
早く解消されると心もスッキリとして
また次に進めるのかなと思います。



そういう時って
やっぱり相手に聞くっていうことが
一番の解決方法だと思います。



大体自分の憶測っていうのは
間違ってることっていうのは
ほとんどなのではないのでしょうか?



自分が勝手にこうだと
思い込んでいることっていうのは
大体が外れていて
見当違いというのは多くあります。



不機嫌になってるって言うのは
自分のせいではないし
嫌われてるかなと思ったのに
それは相手がちょっと考え事をしてただけで
全然嫌ってないっていうことも多くあります。



それはただ自分の勝手な憶測で
判断してしまったっていうだけであって
全然それは相手がそう思ってたって
ことはではないということがあります。



そんな感じで
自分が勝手に相手のことを判断してしまう
ということはとても危険であるし
自分の中でも苦しみを生んでしまう
原因なのかなと思います。



でも相手の気持ちを聞くっていうのは
すごく勇気がいることなのかなと思います
不機嫌な人に対して
私が何か不機嫌なことをしましたか?
というのを聞くっていうのは
なかなかそんな聞けないと思います。



やっぱり聞けずに自分の憶測で判断してしまう
ということをよく取ってしまうと思います。



また相手から嫌われたと思って
そういう人に対して
私のことを嫌ってるっていう風に
聞くのっていうのは
それも難しいことなのでしょう。



聞くってのは結構勇気がいることですけど
だからこそ聞いた後っていうのは
問題はすぐに解決していきます。



悶々と相手は本当はこう思ってるはず
でも違うかもしれない
いやそう思ってるに違いないっていう
どっちつかずの状態でいるところから
たった一言聞くっていうだけで
スッキリと解決してしまいます。



相手の気持ちっていうのは
僕たちが想像しているのとは全然違う
ということはもう多々あるので
自分の勝手な憶測で判断していても
それは間違っています。



相手の気持ちっていうのは
僕たちが理解する事っていうのは
できないのでしょう。



だから聞かなければわからない
相手のことでわからないことは
聞くということは
とっても大切なことなのかなと思いました。



相手の気持ちを勝手に
憶測で判断しようとしない
勇気を持って聞く
それだけで心って悶々とした状態から
スッキリとした状態にいけるのかなと思います。



とっても難しいことですけど
相手の気持ちというのは
大体自分が思ってるのとは
全く違うところにあるので
そういうのを知っておくだけでも
また違うのかなと思いました。



今日は相手の気持ちは聞かなければわからない
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月07日2020年:8月

言葉で言わなければ伝わらない

今日は言葉で言わなければ伝わらない
ということについてお話ししようと思います。



僕たち日本人は他の国の人と比べても
察するということが得意な
民族ではないのかなと思います。



自分の気持ちっていうのを
表現することは苦手で
でも相手に何か汲み取って欲しいとか
察して欲しいって思ってしまうところが
あるのかなと思います。



自分の本音とか何か言いたい事っていうのを
言わなくても伝わるだろうっていう
そういう期待を込めてしまうってことが
あるのかなと思います。



それはとっても素晴らしい文化では
あるかもしれませんけど
でもそれが行き過ぎてしまうと
問題っていうのも
大きくなってしまうのかなと思います。



~してほしいとか
こんなことをされて嫌だったという
そういう本音っていうのは
伝えなければなかなか相手に伝わらないって
いうことはあります。



相手に伝えようとする時に
そういう嫌な事っていうのを言うのは
ちょっと抵抗があるから言わずに
態度で示してしまうってことが
あるのかなと思います。



ムスッとした態度を取ってしまったり
不機嫌になってしまったり
拗ねてしまったり
そういう態度をとることで
私はあなたにこういうことを
伝えたいんだっていう
無言のメッセージを発してしまうってことは
誰にでも経験があるのかなと思います。



僕もすぐにそういうふうに
自分の伝えたいことを伝えようとせずに
態度で表そうとしてしまうってことはあります。



それで態度に出した時に
相手にそれが伝わるかって言うと
大体伝わらないことが多いと思います。



伝わらないのでもっと不機嫌になったり
もっとムスッとした態度になって
しまいにはあいつは空気が読めない奴だとか
勝手に責めてしまうってこともあるのかなと思います。



口に出して本当はしてほしかったとか
本当はこれが嫌だったというのを言えば
それで済むはずなのに
でもそれを言うのはためらうから
だから態度でこういう察してほしい
ということをしてしまうのかなと思います。



でもそれ言ってるのは問題をややこしくし
てしまうっていう原因に
なってしまうことが多いです。



やっぱり言葉にして伝える
ということが一番だし
そうしてやっていかないと
誤解というのは生まれてくるはずです。



例えば奥さんが
旦那さんに家事を手伝って欲しいと思っています
でも手伝ってほしいというのを口に出して
言うのはちょっと抵抗がある



そうしたら旦那さんの目の前で
バタバタと忙しくして
私はこんなになんか大変な家事を
してるんだっていう風に
アピールをしてしまうかもしれません。



そうやってその忙しそうにしている
奥さんを見て旦那さんが
忙しいんだったら手伝ってあげようかって
いうふうに思えれば問題はないのかもしれませんけど



大体はそうやってバタバタされると
そんな自分の目の前でバタバタして
もっと向こう行ってやればいいのにとか
そんなになんか不機嫌にするんだったら
やめとけばいいのにっていう風に
逆のことが伝わってしまうということが
あるのかなと思います。



とてもそんな手伝うということよりは
その相手の不機嫌とか
忙しそうにしている姿を見て
だいたい旦那さんも
イラッときてしまうのかなと思います。



そうなるとお互いが
自分の気持ちが伝わずにいるので
揉め事の原因になってしまう
ということはあると思います。



そうじゃなくて
奥さんも素直に家事を手伝ってほしいて
旦那さんに言うとか
そういうことができたとしたら



態度で示そうとせずに
バタバタと旦那さんの目の前で
何かしようとせずに
不機嫌な態度に出そうとせずに
済むのかなと思います。



そういうたった一言でいいので
手伝ってほしいということを言うことが
できたとしたら
揉め事っていうのは
減っていくのかなと思います。



でもその一言っていうのは
勇気がいることがあって
そういう自分の弱さを見せるとか
自分の何か嫌なことを見せるとか
何かその相手に対して
マイナスになるようなことを伝えるというのは
とても勇気がいることなのかなと思います。



断れたらどうしようとか
いろんなことを考えてしまうと思います。



だから態度で示して
相手に察してほしいと思って
態度で伝えようとしてしまうって
ことがあるのかなと思います。



自分の嫌なことを言わずに
伝えようとする
でもそれはだいたい伝わらなくて
揉め事になってしまうことが多いです。



言わなければ自分の気持ちっていうのは
相手に伝わるってことは
ないのかなと思います。



そうやって自分の本音とか
ちょっと嫌なことを言うのを伝えるってことは
とっても大切なことなのかなと思います。



最初はそれで
お互い嫌な気持ちになるかもしれませんけど
態度で察してほしいでするよりは
よっぽど問題っていうのは少なくなるし
揉め事っていうのも
少なくなるのかなと思います。



察してほしいでは伝わらない
言葉で自分の気持ちを言わなければ
決して相手には伝わらないということは
とっても大切なことだなと思いました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月05日2020年:8月

分かってもらえないつらさ

今日はわかってもらえない辛さ
ということについて
お話ししようと思います。



以前に愛の定義というのは
関心を持つことという話を
させて頂いた時があると思います。



では関心を持つことは
どういうことなのかと言うと
相手のことを理解しようとすること
ということだったと思います。



僕達ってのは何かあった時に
わかってほしいという思いは
強い欲求としてずっとあるのかなと思います。



嬉しい時・悲しい時というのは
誰かにこの喜びとか
この悲しみというのを
誰かに聞いてほしいっていう
それは強い思いっていうのが出てくると思います。



嬉しい時に一緒に喜んでくれる人がいたとしたら
それだけで喜びってのは
大きくなって倍以上になるかもしれません。



一人で賞を取って実感するよりも
周りの人から喜んでもらった方が
その何か賞を取った時に
出る喜びというのは大きいはずです。



悲しい時でも一人で悲しんでる時よりも
周りの人に悲しみを共感してもらえた時の方は
悲しみってのは半分以下になっているかもしれません。



そんな感じで僕たちは
何か分かってもらえたということがあると
喜びなら大きくなるし
悲しみなら小さくなるということがあります。



そして大事なのは
わかってもらえなかった時ということがあると
僕たちはとっても辛く心に
響いてしまうってことがあります。



嬉しかった時に
こういうことを分かってもらおうとして
誰かに話を持ちかけたとしても
軽くあしらわれてしまったという経験は
誰もが持ってることなのかなと思います。



その時っていうのは
せっかくこうやって喜びを
分かち合って欲しいと思ってるのに
軽くあしらわれたら
なんかすごく嫌な気持ちになってもう腹立つし
残念がってしまうってことはあると思います。



悲しい時とか苦しい時なんかも
誰かにこの苦しみを聞いて欲しいと思って
その話をしようとしても
ろくに話を聞いてくれなかったとしたら
その逆に余計に苦しくなってしまうって
ことがあるのかもしれません。



こうやって、わかってもらえないという
苦しみってのは僕たちの中でとっても強い
感情なのかなと思います。



お母さんに聞いてほしいというお子さんがいて
そのお子さんがお母さんが忙しいからと言って
ろくに聞いてくれなかったとしたら
子供さんは一人で抱え込むしかなくなってしまいます。



そうなると自分のことを
お母さんは愛していないんだ
という風に誤解するかもしれません。



本当はそうではなかったとしても
ただ忙しくて話を聞けなかっただけかもしれませんけど
子供さんとしては今日こんなことがあった
こういう嬉しいことがあった
こんな悲しいことがあったって
いうことを聞いてくれなかったとしたら
それは自分なんてどうでもいい存在なんだって
という風に誤解してしまうかもしれません。



それぐらい相手の話を聞くとか
分かってもらう分かってもらえたっていう感情
というのは大きなものです。



それで分かってもらえないからこそ
その苦しみを倍以上に膨らませて
もしかしたら分かってもらうために
病気まで作り出すってこともあると思います。



僕はこんなに苦しいんだっていうことを
分かってもらうために
大きく大きく膨らませて
そしてしまいには病気までも作り出す
なんていうことがあったら
とっても残念なことだと思います。



それよりも苦しみが小さなうち
から理解してくれて
分かってもらうことができたとしたら
苦しみを大きくする必要もないし
逆に苦しみっていうのは小さくなって
もしかしたらその問題っていうのも
そんなに感じなくなってしまう
ということもあるかもしれません。



それくらい相手のことを
わかることは大事ですし
分かってもらえなかったっていう
その辛さっていうのは
人間としては大きなものがあるんです。



カウンセリングでは
聞くことを重点としているって事は
相手の苦しみというの共感して
分かるということを優先にしています。



それはそれくらい分かる
分かってもらうことが
大きなことだっていうことがあるからです。



人の話をおろそかに聞いて
しまっていることがあったとしたら
それは注意しなければいけないもの
なのかなと思います。



お母さんとしても
忙しいのはあると思いますけど
でもお子さんが何か話を聞いてほしいと
している時っていうのはそれは重要なサインで
もしその話をおろそかにしてしまったとしたら
そのお子さんとしては自分の存在そのものを
否定されてるような感じに受け取ってしまうしませんし



そうじゃなくても苦しみっていうのは
倍以上に膨らんでしまうかもしれません。
喜びとしても一緒にお母さんが喜んでくれないとしたら
その喜びも小さくなってしまうことでしょう。



このように嬉しい時なら大きくするし
悲しいことなったら小さくするしっていう
そういう効果があるのは
誰かに分かってもらうことっていうことがあります。



けっして分かってもらうとか
人の話を聞くっていうことを
おろそかにしてはいけないなってことはあります。



そういうことで
わかってもらえない辛さということは
とっても大きいことだということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年08月03日2020年:8月

ZOOM飲み会 終了

ZOOM飲み会を開催しました。
僕を含めて4人の参加者です。
ちょっと少なくなってしまいましたが、
その分、濃い話ができたと思います。 
 
 
 
4人だけど、知っている人同士だったので
2つに分けて2人組になりました。
僕もその人と話がしたかったので
ちょうどよかったです。
 
 
 
他のコミュニティーでも
一緒に活動している人で
そのことについて話をすることができました。
 
 
 
小人数でも続けていくことが
大切だと思っています。
今はコロナが増えてきているので、
なかなか気軽に会うことも
難しくなってきています。
 
 
 
そういう時こそネットを活用し
直接会えなくても交流して
つながりと深めていけたらと思っています。 
 
 
 
県外の人ともつながることができるので
ありがたいことです。
現に愛知県の人もいますからね。
 
 
 

 
 
これからも、続けていきます。
次回は
ZOOM飲み会
8月21日(金)20時~
無料

で開催します。
 
 
 
良かったら参加してくださいね。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月31日2020年:7月

アドバイスの危険性

今日はアドバイスの危険性について
お話ししようと思います。



アドバイスって危険なのって
疑問に思う人もいるかもしれません
でも僕はアドバイスは
両刃の剣だと思っています。



諸刃の剣っていうのは
破壊力は凄いあるけど
でも破壊力がある代わりに
自分も傷つけてしまうかもしれないし
暴走してしまうかもしれない
そういうものです。



アドバイスもうまくピタッと
相手に当てはまれば
相手を救うことはできるかもしれませんけど



でも当てはまらなければ
相手を傷つけてしまったり
自分を傷つけてしまう
そしてその関係性すらも
壊してしまいかねない
ものなのかなとは思っています。



アドバイスっていうのは
相手を否定することにも
なってしまいかねないからです。



アドバイスはあなたは間違っている
こういうことをしているから駄目で
もっと別のこんなやり方を
しなければいけないっていう風に
言ってるような感じです。



それは自分が正しくて
相手が間違ってるという風な
そういう意味も含んでいるのかなと思います。



だから相手にアドバイスして
それが見当違いのアドバイスだったとしたら
された方としてはすごく嫌がるし
自分もアドバイス通りに
してくれない相手に対して
やっぱりちょっと嫌な気持ちが
起こってしまうのかなと思います。



そういうアドバイスの
ああした方がいいっていうのは
一種の押し付けにもなってしまうって
いうところがあるからです。


別にあなたの意見は
そんなに求めてもいないのに
アドバイスばかりして
ああしなさい、こうしなさいだけでは
やっぱり人って逃げていってしまうのかなと思います。



そしてアドバイスって
相手から何か相談ごとをされた時に
相手の気持ちを受け取ろうとせずに
すぐにアドバイスして
あーでもないこーでもないって
やってしまうということは
嫌われてしまう行為に
なってしまうのかなと思います。



よくあるのがその奥さんが
旦那さんに会社の悩みを相談するとします
奥さんとしては相談と言いながら
自分の気持ちをわかってほしい
共感して欲しいって思ってるだけ
という場合が多いです。



でも旦那さんっていうか
その男はいつだって
その問題解決するっていうのがあるので
話を聞いたら問題解決しなければって思って
共感するってことを忘れてしまいます。



奥さんの悩み事に対しても
お前はいつもこういうことしてるから
ダメなんだ、もっとこういう風に
しなければいけないとか
すぐにアドバイスに
入ってしまうことが多いです。



奥さんとしてはそうは分かるけど
その頭ではそうだって言うに
納得できるかもしれないけど
でも心が追いついて行かない
ていうことがあります。


もっと自分の悲しい気持ちとか
苦しい気持ちとか
そういうのも共感してほしかったのに



そういうのをろくせずに
すぐにああしたらいい
こうしたらいい
だからお前はダメなんだって風に
言われてしまうとせっかく相談したのに
心が萎えてしまいます。



アドバイスばかりする人っていうのは
やっぱり嫌がられてしまうってことがあります。



本当にその人にピタッと合う
アドバイスができたとしたら
その人も救われるし自分も救われますけど



そのアドバイスが見当違いだったりとか
相手の気持ちを汲みとろうともせずに
相手の気持ちを共感しようとせずに
すぐにああしなさい、こうしなさい
という風にやっていても
相手の心には何の響きもないのかなと思います。



人が本当に求めてるものっていうのは
共感だったりとかそういう同じ気持ちを
わかってくれる人なのかなと思います。



そしてほんのちょっとアドバイス
ちょっと軌道修正した方がいい
ところがあったとしたら
少し織り交ぜていくというだけで
その人ってのは救われていくのかなと思います。



そしてアドバイスって
自分が上で相手が下っていう
そういう上下関係を作りやすい
ということもあります。



アドバイスをする側される側ばかり
そういう風になってしまうと
自分が相手に対して
そのうだつが上がらないっていうか
ちょっと遠慮してしまうところ
もあるのかなと思います。



そうやってアドバイスっていうのは
両刃の剣でピタッと合えば
相手も自分も救われるし
でもそれが合わなければ
相手も嫌な気持ちもなるし
その関係性すらも壊してしまいかねません。



アドバイスする時には
そういうことも注意して
やっていくってことは
必要なのかなと思って
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月30日2020年:7月

褒めれる人は少ない

今日は褒められたいっていう人は
たくさんいるけど
実際に褒められる人は少ない
ということについてお話ししようと思います。



褒められたいとか
認められたいっていう人っていうのは
すごくたくさんいると思うけど
実際に褒めてあげられる人とか
認めてあげられる人というのは
少ないのかなと思います。



そういう需要と供給の
バランスの観点から言っても
褒められたいって人はたくさんいるのに
それを分、褒められる人
認められる人って少なくて
全然不足しているのかなと思います。



褒めるためには
まず自分が満たされていなければ
相手を褒めることができない
ということがあります。



自分の心が満たされていて
何も相手からもらう必要がない
というところまでいかないと
相手に何か褒め言葉とか
認めてあげるって事ってのは
難しいのかなと思います。



自分の器があって
その器が満たされて
溢れている状態だとしたら
その溢れてるものを人に与えるって事は
簡単に出来ると思いますけど



でもその自分の器に
その半分ぐらいしか入っていないとしたら
半分しか入ってないので
もっともっと欲しいっていう風に
なってしまうと思います。



だから相手から褒められることとか
認められることとかそういうことしながら
自分の器の半分をもっともっと
増やそうとしてしまっている
ということがあると思います。



そういう意味で
自分の器がいっぱいいっぱいになって
満たされていないと
相手を褒める事っていうのはできないし
そしてそういうふうに
満たされている人っていうのは
実際に少ないっていうことがあると思います。



みんなやっぱり自分の器っていうか
その何か満たされない思いを抱えているし
たからこそ褒めて欲しいっていうことを
渇望しているのかなと思います。



実際に僕も自分のことが満たされてなくて
何か物足りないとか
このままでいいのかなって思ってる時があって
その時は相手の評価とか
自分のことを認めてもらおうと思って
必死になっていました。



自分が満たされたいとか
自分が認められたいって
思っているうちっていうのは
相手のことを褒めようとか
認めてあげようってすることって
すごく難しいです。



言葉ではできるとは思うんですけど
心の底から相手のことを
認められるかっていうと
それはなかなか難しかったです。



自分のことを見つめて
自分を満たしていって
満たされた後に
相手に本当にその褒め言葉を
送ることができるようになったというのはあります。



今でも心の状態でその不安定な時っていうのは
他に誰かに満たして欲しいって
思ってしまう時があります。



そういう時には相手を褒めることなんて言うのは
全然できなくて自分のことだけで
精一杯になってしまっています。



そうやって褒めるためには
自分のことを満たしていくということが必要で
それはなかなか難しいことなのかなと思います。



自分を満たして、満たし終わって
それができて初めて褒めること
相手を認める事っていうことが
できるようになる。



だからこそ褒めてもらいたいとか
認めてもらいたいっていう人は
たくさんいるけど
褒めてあげられる人っていうのは
少ないのかなと思います。



ホントごく一部の人しか
そういうことっていうのは
できないのかなとは思っています。



自分が満たされないうちは
相手から奪おうとしてしまう
ということがあるので
ちょっと危険かなと思います。



早く自分を満たしていく
そして相手を褒められるとか
認めてあげられるようになった時に
必要な物っていうのはどんどんと
入ってくるようになるのかなと思います。



自分を満たしていくことで
初めて褒められるようになります。
だから褒めるようになるって事は
とっても難しいことなのかなと思いました。



ありがとうございました。



メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月27日2020年:7月

失った分だけ得られるものがある

今日は失った分だけ得られるものがある
ということについてお話ししようと思います。



僕たちは何かを失ってしまったとしたら
それはもう無くなってしまった
自分の中からもうこういうものは
消えて無くなったんだっていう風に
思ってしまうかもしれません。



例えばお金を騙されたとしてしまったとしたら
もう自分の中には
お金っていうのは無くなってしまったのだから
その喪失部分っていうのは大きいもの
という風に考えると思います。



でもこの世界って
不思議なことに何か失った分
その分だけ、その裏に
得られる物もあるのかなと思います。



もしお金を騙されて失ってしまったとしたら
その分何か大きな
その分の代償というのを得られている
はずだなと思います。



それは人によって違うと思いますけど
もしかしたらこれから気をつけて行こうという
そういう教訓であったりとか
自分のそのお金を粗末に扱っていなかったのかっていう
そういう振り返りがあったりとか



その人その人によって
また違うかもしれませんけど
何かしら学びってのはあったのかなと思います。



そうやって何か失った分だけ
得られてる物っていうのは
必ずあるわけです。



漫画で鋼の錬金術師というのを
ご存知の人もいるかもしれませんが
その鋼の錬金術師では
錬金術というのを使って
いろんなものを作り出す
っていうことをやっているのですけど



でもその考え方の根本としては
等価交換ということで
何かを差し出した分だけ
何かを受け取ることが
基本になっています。



お金で騙されたとしたら
その騙されたお金を差し出した分だけ
何かしらその得られてるものってのはあるはずです。



病気になったとしたら
病気という健康ということを
差し出した分だけ
何か得られているものはあるのかなと思います。



僕達っていうのはうまくいってる時では
見えないものっていうのは
沢山あるのかなと思います。



うまくいかなくなった
そういう世界でしか見えないものというもの
なんかたくさんあるのかなと思います。



見えない世界で失った世界
うまくいかなくなったところで
本当に何か大切なものに気づいたってことはあると思います。



お金で騙されることによって
お金だけの価値で生きていた人が
何かお金以外の価値で
生きてるようになったって
いうこともあるかもしれません。



病気で健康を失ったとしたら
健康の大切さっていうのは
失ってみないと分からないものがあって
それはその病気である人でしか
表現できないものなのかもしれません。



もしかしたら愛情を失った
愛情与えられなかった人だったとしたら
それはその苦しみとか悲しみとか
その人が経験したからこそ得られる
何か素晴らしいものもあるかもしれません。



それは同じように苦しんでる人に
共感してあげられることだったりとか
そういう大きなものを
どこかで得られてるのかなと思います。



そうやってお金がたくさんあって
何も不自由はなかったり
健康で何一つ病気にならずに
やっている世界だったり
愛情たっぷりの世界だったり
そういう世界では決して見ることができない。



そういう失ってみないと分からない
世界というのあって
そういう世界の中でしか
気づけないことっていうのも
たくさんあるのかなと思います。



失うってことは
とっても痛みがあって辛いことですけど
でもその痛みがあるからこそ
何か大きなことに気づいて
それはその痛みと同じくらい
それ以上に大きな幸せを運んできてくれる
という事もあるかもしれません。



この世の中っていうのは
等価交換でできていて
何かを差し出した分
何かを得られているとことがあります。



だからもしコロナとかで
何か失っているものがあったとしたら
その後ろには
何かしら大きなものが得られているはずです。



そういうの気づけるようになる
その失った分以上に
幸せになれるって事があるのかなと思います。



決して失うということはマイナスではなくて
その裏を見てみると
大きな何かしら得られてるものがあると思うと
そのマイナスの部分があったとしても
そんなに悲しむってことでも
ないのかなと思います。



失ってすぐにそんな素晴らしいものを
気づけるって事はないかもしれませんけど
心が癒されて
冷静に物事を見つめられるなった時に
何か大きなものを気づけたり
大切なものを得られたりしている
ということはあるのかなと思います。



だから何か失ったり騙されたり
そういうことがあったとしても
その分だけ何かしら
その裏には大きな幸せとか
大切な物っていうのが隠れているはずです。



そういうのを気づけるようになると
失ったとしてもその分取り返すっていうか
何か得られてると思うと
心というのは平穏になれるのかなと思いました。



このように失った分だけ
得られるものがある
そういうものを少し頭の中に
入れておいてもいいのかなと思いました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月25日2020年:7月

与えることより受け取ることの方が難しい

今日は与えることより受け取ることの方が難しい
ということについてお話ししようと思います。



一般的に与えることより
受け取ることの方が難しいというのは
逆なのじゃないのかなって言えのかなと思います。



誰だって何かして欲しいし
自分がお金を出すとか
人に貢献する事っていうのは
難しいように思えると思います。



でもよくよく考えてみると
いざ相手から大きなプレゼントを
もらった時ってのはどうでしょうか?



親からプレゼントというのは
嬉しいかもしれませんけど
見ず知らずの人から
プレゼントをされた時っていうのは
やっぱり受け取るってことは難しいと思います。



いや、いいですいいです!
私はなんてっていう感じであり
遠慮してしまうっていう心が出てしまうと思います。



褒め言葉にしても
自分のことを褒められたとしても
いやいや私なんてそうじゃないです。
そんなに良くないですっていう風に
謙遜してしまって
受け取るってことは難しいのかなと思います。



こうやって大きなプレゼントされたとか
褒め言葉を受け取るということっていうのは
それは結構な抵抗があって
やっぱり受け取る事って
僕たちは難しいのかなと思います。



逆に何か人に貢献してあげたいっていうことは
すんなりとしやすいってことは
皆さん持っているかもしれません。



いや私なんて貢献するなんて出来ないって
人もいるかもしれませんけど
でも仕事で迷惑をかけないようにということで
仕事をしている人というのは
与えるということに入るのかなと思います。



そうやって迷惑をかけないようにとか
人にマイナスを与えないように
僕達は育てられたっていうことが
大きいのかなと思います。



だから何かしてあげたい
してあげることに対しては
すんなりとできるかもしれませんけど
何かもらうとか受け取る
プレゼントをもらうとか
褒め言葉を受け取るってことは
ちょっと抵抗があるのかなと思います。



それと似たようなことで
助けてという言葉っていうのは
僕たちはなかなか言えないとことがあると思います。



僕なんかもやっぱり
ちょっと困ったことがあったとしても
人にこんなことを頼んで
迷惑がられるんじゃないかとか
甘えてるんじゃないかっていう風な
人の評価が気になってしまうと
助けてっていう言葉っていうのはなかなか言えないです。



助けてって言えずに
自分で無理をして頑張って
そして解決しようとしてしまっています。



でも、そうやって無理して
頑張ってやっていても
やっぱり自分の中には限度があって
それでできないこともあると思います。



やっぱり人の助けを求めなければ
できないこともあるし
そうやって頑張って無理しても
誰も喜んでくれない。



周りの人からしたら
なんであの人は一人で頑張って
やっているのかなっていうふうに
不思議がられるでしょう。



もっと助けを求めて
色んな人に協力してもらえば早くすむのに
一人で意地張って頑張って
何をしてるのかなっていう風に
逆に評価が下がってしまうってことも
あるかもしれません。



そんな感じで僕達っていうのは
助けてっていう事っていうのは
すごく抵抗があるものなのでしょう。



ずっと助けてって言わずに
人に頼る事っていうのが出来ずに
意地張ってやってしまうという癖が
小さい頃からついてしまって
いるのかなと思います。



すんなりとできる人はできるでしょうけど
難しい人にとっては
人に頼るとかお願いするってことは
とっても抵抗があります。



その分、人に何かしてあげるって事に対しては
迷惑をかけるということもないですし
逆に人に何か貢献できたことによって
自分の評価が上がるとしたら
それは簡単にしやすいことなのかなと思います。



そうやって僕達っていうのは
与えることより
受け取ることの方が難しいという風に
なってしまっている人が多いのかなと思います。



受け取ることをもっとして
与えることをちょっと減らしていく
てことでもいいのかなと思います。



プレゼントされても
素直にありがとうと受け取る。
褒め言葉を言われても
素直に嬉しいて受け取る。



そして仕事では何かあったとしても
助けてと言って周りの人の援助を求めるし
そうやって助けられ上手
甘え上手になっていくことも
上手く人生を切り抜けるための
一つの方法なのかなと思います。



意地張って自分は大丈夫
こんなことをできるから
周りの助けなんていらないって
頑張り続けるよりも
ちょっと一言お願いして
助けてもらうということができたとしたら
大きく人生っていうのは
変わってくるのかなと思います。



仕事でも何か困ったことがあったら
助けてっていうことで援助を求めるし
家庭においてももしお母さんが
頑張ってしまうようだったら
お母さんが旦那さんとかお子さんに
助けててもっと手伝ってっていうことを
お願いしてみるということも
とっても大切なことなのかなと思います。



もっともっと受け取り上手になっていく
与えるということもちょっと置いといて
受け取っていくってことは
とっても大切なことかなと思いました。



今日は与えることより
受け取ることの方が難しいということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月22日2020年:7月

「知る」と「わかる」とでは大きな違いがある

今日は知るということと
わかるということには
大きな違いがあるということについて
お話ししようと思います。



知るというのは頭で知っているっという状態
なのかなと思います。
でもわかるっていうのは身にしみて
それが実践できるようになって
初めて、あぁ、これが分かったって
身にしみるっていうか
そのストンと落ちるっていうか
そのもう当たり前のように
出来るようになったっていう状態なのかなと思います。



そしてその知るというところから
わかる状態に行くのには
結構なその大きな差があるのかなと思います。



皆さんも頭ではわかっていることがあったとしても
それを実際に行動に移せるのかと言うと
それはなかなか難しいものがある
ということがたくさんあるのかなと思います。



それは知ってはいるけど
本当の意味でわかってはいない
っていう状態だろうと思います。



簡単なところでいうと自転車の乗り方で
自転車を全然乗ったことがない人がいて
自転車はペダルを漕いでハンドルを握りながら
方向を制御をしてっていうことは
勉強してそれなりに分かると思います。



でも自転車を全然乗ったことないのに
その自転車のことをわかったつもりに
なっているって事はとっても危険なことですよね。



やっぱり実際に自転車に乗ってみて
失敗してみていろんな試行錯誤してみて
あ、自転車ってこういう風に乗れるのだって
いうふうになってはじめて
あ、わかったっていうことになったのかなと思います。



ダイエットにしても
食事制限をしたほうがいいっていうのは
誰もがわかっていることだと思います。



でもそれを実際に実行できるかっていうと
それはなかなか難しいもので
別問題になってしまうのかなと思います。
本当の意味でわかったっていうことでは
ないのかもしれません。



実際に頭では知っているけど
その身にしみてダイエットされたことがない
ダイエットで痩せた実感がないっていう人に対しては
それは分かったことにはならないのかなと思います。



心の世界も一緒でいろんなことを勉強していって
いろんな知識を知っていることがあるとしても
それが実際に自分の身にきちんと落としていなければ
自分はそういう風に実行していなければ
それは本当の意味でわかったこと
にもなっていないのかなと思います。



それっていうのは僕はすごい当てはまることがあって
本などでいろんな知識を
知ってるって事はたくさんあります。


でも知ってはいるけど
それは自分が実際に行動してるかっていうと
全然できてない部分というのもあります。



頭だけで知ってる状態で
それが心に落ちているのか
実際に行動して身にしみているのかって言うと
それ全然できてないところがたくさんあります。



実際に行動に移して、それができるようになって
初めてあっこれはこんなんなんだっていうの
分かるということがあるけど
でもそれは僕はあまり得意ではないっていうか
知識では勉強することがあったとしても
なかなか実践に移そうというと
それはできていないなっていう。
それは僕の反省です。



カウンセリングに来られる人も
いろんな知識を知っていて
とても勉強されてるのって人はいます。



でもそれを実際に実践に移しているかって言うと
なかなか実践には移せなくて悩みが解決していかない
ということがあるようです。



それはその人の実践するということだけが
足りてない状態なのかなと思います。
実践して自分がそのできるようになって
はじめてわかるという状態がなるし
そうやって頭で知っていて実践ができてないかったら
分からないっていうか
分かった状態ではないっていうことがあります。



ただ知識が重要じゃないかっていうと
そうではなくて
まず知識で知らなければ分からないっていうか
実践も行動もできないっていうこともあります。
まず知識で色んなことを仕入れるって事も
とっても大切なことでもあります。



知識でいろんなことを知って
実際にこうした方がいいのだ
ああした方がいいのだっていう
選択肢が増えれば増えるほど
自分の可能性も増えていくのかなと思います。



まず知ることそしてそれを実践して
身にしみて、できるようになって
初めてわかるっていう状態が来ます。



知ってるいることとわかったってことの
その間には大きな隔たりがあるようです。
まずは知識で知る勉強するってことも大事です。
そして知ったものを
今度は実践するということをして
初めてわかったっていう状態になるわけです。



分かるという状態をたくさん増やして
自分を変えていくことができたとしたら
もっと自分の世界というのは広がって
よりよく生きていけることが
できるようになるのかなと思います。



それは頭で知識で知っただけでは
体験できない世界なのかなと思いました。



今日は知ると分かるの違いについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月20日2020年:7月

ZOOM飲み会 終了

昨日は定期的にやっているZOOM飲み会を
無事に終了することができました。
また、写真は撮り忘れました。
僕を含めて7人の参加者でした。
 
 
 
用事で早く退席される人や
仕事などで遅くに参加される人もいて
まとまって7人そろうことはなかったです。
そうやって自由に出入りしてもらって
気軽に参加してほしいというのもあります。
 
 
 
話は雑談がほどんとですけど、
こうやって集まって話をすることで
少しずつでもお互いのことが分かって
仲良くなっていくのだろうと思います。
 
  
 
人数が多くなったら2つに分けて
なるべく濃い話ができるようにとか
やっていました。
6人も集まると話ができない人がいて
それは、ちょっと寂しいものがありますからね。
 
 
 
3人が一番話するのに最適な人数だと
言われていますから、
そうやって少人数で話ができるようにしています。
 
 
 
もっと新しい人とかも来てもらって
仲間に入っていただけると嬉しいです。
たぶん、入っていくのには
すごく勇気がいることでしょう。
 
 
 
僕もそういう知らないところに行くのは
すごく抵抗があります。
でも、一歩踏み出して行くことで
世界は広がっていくと思います。
 
 
 
次回は
ZOOM飲み会
7月31日(金)20時~
予定しています。
 
 
 
皆さんのご参加をお待ちしております。
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月18日2020年:7月

美しいと思えるあなたの心が美しい

今日は美しいと思えるあなたの心が美しい
ということについてお話ししようと思います。



僕たちの見る世界ってのは
人それぞれ違うものがあるのかなと思います。



同じ花を見てもこれはすごい美しくて
感動して涙が出そうという風に
その美しさに焦点合わせて見る人もいれば
花ちょっと破けた部分とか
虫がついているところとか
その花の欠点が目について
こんな花なんてなんて醜いのだろう
ということを見る人もいます。



それは自分の心が決めているっていう事も
大きいのかなと思います
どんなものを見ても美しいと思える人もいれば
どんなに素晴らしいものを見たとしても
美しいと思えずに醜さとか欠点とか
そういうのが目に付いてしまってる人もいるわけです。



ブルーハーツの歌にドブネズミみたいに
美しくなりたいという歌詞があったと思います。
ドブネズミすらも美しいと思える
そういう目で見える心というか
美しさを感じられる心があったとしたら
その人というのは他のどんなものを見ても
美しさというのを見出せる人なのかなと思います。



逆に自分の心次第では少し心が荒れていたり
ちょっと余裕がなかったりすると
どんなに美しいものを見たとしても
その欠点とか何か醜さというものが
焦点になってしまうこともあるのかなと思います。



そういう自分の心の世界が
自分の見える世界として映し出されている
ということがあります。



また本で見たのですけどこういう話もあります。
僕はオーラは見えないのですけど
オーラが見える人がいて
電車の中でいろんな人のオーラを見ていたそうです。



そのいろんな人のオーラを見ると
すごい輝いて大きなオーラをしている人もいれば
ちょっとくすんでいて小さいオーラの人もいるらしいです。



その人その人で違ったものっていうのがあるらしいです。
でもその側であるオーラを見ていくうちに
その人の内面というか心の奥底にあるところまで
焦点を当てたそうです。



焦点を当てて心の奥底を見てみると
どの人も全て同じように
光り輝くものを持っているらしいです。



それは生命の根源と言うか
その生命においての素晴らしさ
ということもあるかもしれません。



そういう人一人何か違った
その側では持ってるものはあったとしても
心の奥底の本当の姿ってものは
全て同じ光り輝くものっていうのは
あるのかなと思います。



そんな感じで一人一人がその違って
素晴らしい人もいれば
ちょっと落ちてる人とか
なんか心が病んでる人もいるかも知らせんけど
その奥の底には全ての人が輝きを持っている
というところまで見ることができたとしたら
どんな人であっても
素晴らしいと思えるのかなと思います。



そういうどんな人を見ても
素晴らしいと思える目があるという人は
その心も素晴らしいということが
言えるのかなと思います。



そんな感じで自分の心がどんな状態にあるのかによって
その映し出すこの世界というのも
変わってくるのかなと思います。



僕もできるだけその人の
素晴らしさとか美しさに焦点を当てて
見ていこうと思います。
それが自分の頃の美しさにも現れていく
というものあります。



美しいと思えるあなたの心が美しい
これはすごい名言で
僕の大好きな言葉の一つです。



それをしっかりと心に刻みながら
美しさというのに焦点をあわせて
醜さの中にある美しさという事も
見ていけたらいいのかなと思いました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月15日2020年:7月

感情は感じきれば解放される

今日は感情は感じきれば解放される
ということについて
お話ししようと思います。



僕たちというのはプラスの感情であったとしたら
思いっきり表現をすることができると思います
でもマイナスの怒りとか悲しみとか嫉妬とかという
感情があったとしたらそれを出すことっていうのは
なかなか抵抗があって押さえ込んでしまう
ということをしてしまうのかなと思います。



でもその押さえ込んで出さなくしてしまった感情というのは
どうなるかというと決して消えるわけではないのです。



消えるわけではなくてその心の奥底に
いつまでもくすぶり続けてしまう
ていうことがあります。



そしてそれが少しのマイナスの感情であったとしたら
問題はないかもしれませんけど
ずっとそのマイナスの感情を溜め込んで
それがどんどんと積み重なっていくと
大きな感情となってしまいには
爆発してしまうかもしれません。



そんな感じで感情というのは
その押さえ込んだとしても
なくなるわけではないし
消えるわけでもないです。
きちんと出して感じ来るって事は
とっても大事なことなのかなと思います。



怒りとか悲しみというのは
誰にでも出せるものでは
ないのかもしれません。
でも信頼できる人に思いっきりそういうのを
出すことができたとしたら
後には引かずにスッキリと
することができるでしょう。



あるお話で子供さんが二人いて
お母さんが亡くなってしまったという人がいました。
妹さんはその時にそのすごい泣き崩れて
もうどうしようもなかったということがあって
この子こんなに泣いて将来大丈夫なのかっていう風に
みんなが心配したらしいです。



そういうその妹さんを見て
お姉さんは私はしっかりしなければということで
そのお母さんが亡くなった悲しい気持ちを我慢して
立派なフリ 平気なフリをしてずっと過ごしたらしいです。



その二人が大人になった時に
妹さんは子供の時に感情を
思いっきり出すことができたので
何も大人になって影響っていうか
その悪いもの出すことはなかったのですけど
でもお姉さんはずっとそのお母さんの死を
引きずってしまったっていうことがあるらしいです。



その感情をずっと出せずにいたので
心の奥底でくすぶってそれが大人になってからも
ずっとくすぶり続けてその引きずらなければ
いけなくなったってことがあって
妹さんはその引きずりはするかもしれないけれど
その感情がうまく解放されているので
適当に悲しみ次のものを考えることが
できるようになってきてるって事があるらしいです。



こんな感じで自分の感情を
その時にその感じ切らずに
我慢してしまうとすると
それはずっとその消えるわけでもなしに
残ってしまうっていうことです。



その残った感情というのは
後で大人になってからもくすぶり続けて
それがあると自分の人生の中でも
なぜか似たようなものが出てきた時に
影響されてしまうことがあるのかなと思います。



だからその時に感情を感じきる
思いっきり悲しむし
思いっきり腹を立てて
思いっきり怒るとか
思いっきり嫉妬して羨ましいと言うとか
そういうものとっても
大事なことなのかなと思います。



感情っていうのは
逆に感じきらなければ解放されていかない
ずっと心の奥底でくすぶり続けてしまう
ていうことがあります。



またマイナスの感情を抑え込んでしまうと
プラスの感情までも表現が出来にくくなってしまう
ということもあります。



怒りとか悲しみを抑圧すると
喜びとか感動すらも
薄くなってしまうっていうことがあって
無表情・無感情の仮面を被って
しまうこともあるようです。



せっかくのその感情を我慢して
感じ切らないようにしてしまう。
それを出せなくなってしまうっていうのは
とっても悲しいことなのかなと思います。



人間である以上思いっきり感情を感じきって
楽しむってことは生きている上での
醍醐味なのかなと思います。



思いっきり悲しんで
思いっきり笑って
思いっきり怒って
思いっきり感動する
そんな人生って何か
いいんじゃないのかなと思います。



子供の頃のその何も抑圧されてない
その素直な表現をすることができたとしたら
それはその人の中で人生を満喫してるのでは
ないのかなと思います。



感情っていうのは感じきらなければ解放されない
マイナスの感情を抑え込んでしまうと
プラスの感情までも薄くなってしまうこともあります。



もし心に溜まっている感情があったとしたら
それは掘り起こしてその時の感情を感じきるとことも
とても有効な手段です。



小さい頃の悲しかった経験とか
つらかった経験というのも
大人になってからでもいいから
掘り起こして感じきるって事は
大事なのかなと思います。



それをしていくことで
心がスッキリとしていくってことを
感じることはできるのかなと思います。



感情っていうのは抑え込むものではなくて感じきるもの
感じきらないとなくなるものではない。
ずっとくすぶり続けてしまうことがあります。
だから感情は感じきりましょう。



マイナスのことでも感じきるって事は
とっても大事なことなのかなと思いました。



今日は感情というのは感じきらなければ
なくならないことについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月13日2020年:7月

コンプレックスは隠すよりもさらけ出す

今日はコンプレックスは隠すよりもさらけ出す
ということについてお話ししようと思います。



コンプレックスを抱えてない人っていうのは
この世の中にはいないのではないのかなと思います。
人それぞれ大きいことなり小さいことになり
何かしらコンプレックスっていうのは
持っているのかなと思います。



周りからどんなに完璧で
優れてるものばかりだと
思っている人であったとしても
その人からしたら
何かしらコンプレックスというものは
あるのかなと思います。



そしてそのコンプレックスですけど
大抵は隠すと言うか
触れてほしくないっていう風に
避けようとしてしまうことが
ほとんどなのかなと思います。



誰かにコンプレックスをばれたくない
ということがあって
隠そう隠そうとしてしまっていると思います。



その隠そうとしてしまってる
それだけでもエネルギーとは
すごい取られてしまうのかなと思います。



もし何か体とか顔にコンプレックスを
持っているとしたら隠そうとするあまり
あまり外には出たくないとか
人の目には映りたくないとなって



本来だったらもっと行動的にできるはずなのに
もっと人前にいて話ができるはずなのに
そのコンプレックスがあるために
人にも顔写したしたくないですし
どこにも行きたくないっていう風に
なってしまうかもしれません。



それはとってももったいないこと
なのかなと思います。
でも隠そうとしていても
コンプレックスっていうのは
解放されるわけでもないし
ずっと残り続けてしまう
ていうことがあります。



コンプレックスを解消するためには
思い切ってそれを周りの人に公言するとか
何か自分をその解放していくために
さらけ出すということは
必要になってくるのかなと思います。



そして大抵はそのコンプレックスは
自分が強く思っているだけで
こんなことバレると
何か嫌われてしまうのではないかとか
みんな離れていってしまうのではないか
という恐怖をすごく感じてしまっているだけ
ということがあります。



自分がそう思っているだけで
周りの人からしたら
そんな些細なことであって
なぜそんなことでそんなに悩むの?
とかいうふうに
小さなことだと捉えられてしまうことが
ほとんどだと思います。



僕もコンプレックスはたくさん持っていました。
例えばアトピーに対してもそうだし
自分のこの顔でこのニキビ跡があって
そういうボコボコのそういう感じがあって
それをもう隠せないのだけど
でもその話題に触れてほしくない
ていうことがありました。



そういう時は
自分の顔を見られるのが恥ずかしくて
じっと見られると
なんかその隠したくなるっていうか
その触れて欲しくないから
その話題をその他に変えたりとかして
後ろめたい感じをずっと持っていました。



そんなんだからあまり人に対しても
その心開くこともできずに
ちょっと逃げ腰になっていた
というところもあります。



それをずっと抱えていて
何か息苦しいということは思っていました。
でもある日それを持っていてもしょうがないので
開放するためにまずは周りの身近な人 奥さんから
アトピーあったりとかニキビ跡があったりという
その話題を触れてもらうようにしてました。



そうやって最初は触れることに対して
何かやっぱり抵抗があって
ちょっと触れてほしくないという感覚があって
恥ずかしいとか
それ嫌だということもありました。



でもその話題に出すことで
自分がなんか慣れてくるというか
別にこんな顔であっても人は受け入れてくれるし
アトピーであっても何も気持ち悪く思われないという。
そういう自分だけの持っている恐れというのが
少しずつ少なくなってきたというのがあります。



コンプレックスって自分が恐れているだけで
周りの人からしたら何でもないこと言うことがあります。
そういう恐れと立ち向かっていくってことによって
コンプレックスを少しずつ克服していけるってことが
あるのかなと思います。



僕もおかげでそのニキビ跡とか
アトピーであるということが
まだ完全ではないけども
ほぼほぼ解消していけたということはあります。



人前においても
あまりニキビ跡で恥ずかしいという思いも
することもなくなってきましたし
アトピーであっても
ちょっと嫌だということはありますけど
そんなにもうしょうがないかと
開き直って行っていることもあります。



そのコンプレックスがなくなれば
自分がよりその行動的になりますし
思い通りの何かできることが
増えてくるのかなと思います。



コンプレックスがあるおかげで
自分がやりたいと思ってたこともその引っ込めて
そのできないようにしてしまっていましたし
そういうことがあると
とっても、もったいないと思います。



コンプレックスを克服するためには
そういう恥ずかしいとか恐れていうのが
たくさんあると思いますけど
それを立ち向かって行って
見つから解放していく
ということができたとしたら
そうやってコンプレックスが
克服されていくのかなと思います。



逆にコンプレックスを隠そうとか
見せないようにしてようと
自分の殻に閉じこもるば閉じこもるほど
コンプレックスっていうのは
どんどんと大きくなって
余計に動けなくなってしまうって
こともあるのかなと思います。



コンプレックスってな
自分で思っているだけで
相手からしたら些細なものではあります。



でもそれが分からないうちは
自分の中でどんどんどんどんと
恐れを大きくしてしまってて
もうにっちもさっちもいかないって
いうことにもなってしまってるのかなと思います。



最初その誰かに言うとか
コンプレックスをさらけ出すのは
すごく勇気がいることで
まさにバンジージャンプを跳ぶくらい
それぐらいの思いきりの良さというのは
必要になってきます。



でも1回それを出すことができたとしたら
コンプレックスっていうのは
大きく改善していくのかなと思います。



もし今コンプレックスで
苦しんでいる人がいたとしたら
思い切って解放していくということをやってみると
人生というのはそれだけで大きく開けてくるし
自由になって行けます。



今日はコンプレックスというのは
隠すよりも避け出すということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月11日2020年:7月

愛は関心を持つことから

今日は愛というのは関心を持つことから
ということについてお話ししようと思います。



愛と聞いても何か漠然として
ふわふわしてるような感じなのかなと思います。
それで愛というの意味付けするのに
反対の言葉を探していくことも
ちょっと役に立つのかなと思います。



愛の反対っていうのは
よく、憎しみとか恨みとか争い
という風に思う人もいるかもしれません。



でもマザーテレサが言うように
愛の反対っていうのは無関心
ということが言えるのかなと思います。



相手のは関心がない状態
誰にも相手にされない状態ということが
愛の反対というふうに
マザーテレサは言っています。



僕もそれは正しくて
憎しみとか争いとかも
まだ関心を持たれている
ということについてはその人は
攻撃されているのは辛いかもしれませんけど
まだ、やっていけることが
できるのかと思います。



でも、まったく無視されて
存在をいるのか、いないのかわからないような
状態にされてしまっているということがあると
その人自身の生きる意味とか目的とか
存在自体が否定されてるような
感じになってしまうのかなと思います。



いじめなんかも無視されるということが
一番心にダメージを与える
ことがあるのかなと思います。



そういうことで愛の反対というのは
無関心ということがあるのかなと思います。



愛の反対は無関心であるとしたら
関心を持つことということが
愛を実践することの第一歩になるのかなと思います。



関心を持つというのは相手に興味をもって
どんな風なことがその相手が興味があるのか?
どんなことが好きなのか?
どんなことが嫌いなのか?
今どんなふうに思っているのか?
ということを相手に聞いていったり
その思いを寄せることなのかなと思います。



子供に対しても
子供が今どんなことを感じているのか?
どんなふうに思っているのか?
何を求めているのか?
何を嫌いだと思ってるのか?
ということについて話しするっていうことは
愛を実践することに
繋がっていくのかなと思います。



逆にお母さんが家事とか仕事で忙しくて
子供に何にも関心を持たれて
持つことができないということがあるとしたら
お子さんというのは
お母さんに愛されているということが
なかなか持ちにくいということもあるのかなと思います。



まず関心を持つことを
相手に興味を持つ事っていうことは
愛の実践の第一歩だと思います。



僕も経験があるのですけど
自分にいっぱいいっぱいの時というのは
なかなか相手に関心を
持つとことまでには行けないと思います。



自分のことをわかってほしい
と思ってる時っていうのは
相手のことをわかろうとするという
心の余裕がない時だと思います。



まずは自分の心を誰かにわかってもらう
ということも必要なのかなと思います。
それは誰かに愛をもらう
ということでもあるのかなと思います。



相手に関心を持ってもらって
自分がどんな風なことを興味持ってるのか?
何を考えてるのか?
というのをまず聞いてもらって
心に余裕が出てきたとしたら
相手に関心を持つことができる。



そして相手に愛を送ることができる
それだけの心の余裕のが
出てくるのかなと思います。



まず自分に関心を持ってもらう人を探して
自分のことをわかってもらう
そして心に余裕が出てきたら
相手の事に関心を持って
相手のことをわかろうとする。



そうやって愛の循環ということができると
この世の中はもっと平和で争いがなく
良い世の中になっていくのかなと思います。



家庭においても
まずお母さんが心に余裕がないとしたら
誰かに話を聞いてもらったり
分かってもらうということが
必要になってくるのかなと思います。



そうやって自分に関心を向けて
分かってもらうことで
少しお母さんも心に余裕ができてきて
救われる部分があって
そうするとお子さんに対して
お子さんの気持ちをわかってあげようと
することができるのかなと思います。



愛というのは
関心を持つことということも含まれていて
そうやって関心を持つという具体的な行動に移すことが
愛という風に言うんだったら
少しふわふわした愛の定義が実践に移しやすいのかなと思って
お話しさせていただきました。



愛というのは関心を持つこと
愛の反対は無関心で
相手に何も関心を持たないこと
とっても重要なことなのかなと思いました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月09日2020年:7月

本当に大切にしなければいけないものを大切にしていますか?

今日は本当に大切にしなければいけないものを
大切にしていますか?ということについて
お話ししようと思います。



僕たちはいつのまにか
大切にしなければいけないものを
ほっぽり出して
そんなに重要でないものを大切にしてしまう
というところがあるのかなと思います。



そして本当に大切にしなければいけないものは
失ってみて、はじめてそれが大切なのだ
ということが分かって



それまでは全然そういうことに気づけなくて
他の色んなものに惑わされてしまう
ということがあるのかなと思います。



例えば旦那さんが仕事はすごい大切
家庭もすごい大切だけど
その仕事でお金を稼いで
家族の人たちに豊かな生活をさせてあげたいと思って
一生懸命仕事に励むことがあると思います。



そういうことはとっても素晴らしいことだと思うんですけど
それがいつのまにか仕事で出世することが目的になったり
どれくらい多くのお金を稼ぐことっていうのが
大切になってしまって
家族ということがなかなか目を向けることが
少なくなってしまったとしたら
それは大切なものを見失ってる状態なのかなと思います。



本来なら家族の人たちに豊かな生活とか
そういう愛があって
仕事をしていたとは思うんですけど
でもそれか見失って仕事でどれくらい
自分のことが評価されるのか
出世されるのか
どれぐらいお金を稼ぐことができるのか
ということに
フォーカスしてしまってるって事が
いつの間にかなってしまってることがあるのかなと思います。



そうやって仕事で一生懸命頑張ってやっていて
家族をほっぽらかして
本当に家族がいて欲しい時に
仕事でいないということがあり
家族との心はどんどんどんどんと
そういう状態だと離れていってしまいます。



奥さんとしてはお金を稼ぐことよりも
家にいてほしい
そばにいてほしい
子供と一緒に遊んで欲しいと
思ってるかもしれません。



子供にしても
そんなに贅沢をするってことは望んでなくて
お父さんが家にいてくれたら
それでいいと思ってるかもしれません。



でも家にいるって事が少なくて
すぐに仕事に行ってしまう
仕事に行ってしまったらなかなか帰ってこなくて
一緒にいる時間が少なくなって
そういうことをしてしまってると
心というのは離れ離れになってしまいます。



そうやって気が付いた時には
お父さんは出世してお金を
たくさん稼ぐようになったとしても
奥さんとしては不満でいつまにか心が離れて
離婚するということになってしまってることも
あるかもしれません。



そんな感じでいつのまにか
大切にしなければいけないものを見失って
さほど大切にしなくてもいいものを
重要にてしまっているということが
があるのかなと思います。



健康なども一緒で
健康はななかなか目に見えないし
普段はその病気とか大きなものがない限りは
意識する事って少ないのかなと思います。



だからジャンクフードを食べたり
コンビニ食を食べたり
お酒を飲みすぎたりということを
してしまうのかなと思います。



確かにそれですぐに健康が失われるとか
病気になるわけでもないですけど
それがだんだんだんだん積み重なっていくことで
いつのまにか病気になってしまう
ということは起こるのかなと思います。



本来なら健康を第一に考えないといけなくて
普段から注意して身体に良いものを食べたり
お酒を控えたりということは必要なのかもしれません。



でもそれはなかなか目に見えないし
意識してやらないと
気づくことって少ないのかなと思います。



そうやって病気になって
何か健康を害することになって
初めてわかる事っていうのがあって
本当に大切にしなければいけなかったってことが
気づけるのかなと思います。



そうやって僕たちは
本当に大切にしなければいけないものを
見失ってしまう。



そして優先順位を間違えてしまう
ていうことは往々にして
あるのかなと思います。



僕もそれはすごいたくさんあって
奥さんのことを大切にしなければいけない
と思っていてもそれは日頃、
意識することはなかなかないです。



一緒にいるとそんなに相手をしなくても大丈夫
っていう風になってしまって
外での活動を中心にしてしまっているとこがあります。



すぐにそれで喧嘩したり
何か離婚ということはないのでしょうけど
でもそれがだんだんだんだん
積み重なっていってひどくなってしまうと
心も離れていってしまう
可能性もあるのかなと思います。



僕はまず家庭は第一だと思っていますので
仕事よりも家庭を大切にして
そして余裕があって
仕事ということがあるのかなと思うので



そういう外に出歩くって事も
少し控えていかなければいけないし
奥さんとじっくりと対話するっていうか
向き合って話をする
ということも必要だと思っています。



そうやって重要なことを見失わずに
やっていくことってのは
とっても大切なのかなと思いました。



すぐに見失って
大切じゃないものを追い求めてしまう
ていうことがあるので



そういう大切でないものを
いつのまにか追い求めていませんか?
ということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月06日2020年:7月

ZOOM飲み会 終了

昨日はZOOM飲み会を
無事に開催することができました。
写真は撮り忘れてしまいました(汗)
僕を含めて7人の参加者です。
新しい人も2人来てくれて
ちょっとずつ輪が広がっていくようです。
 
 
 
いつものように6人集まった時点で
2つに分けて3人3人のグループで
話をしてもらいます。
少人数の方が濃い話ができますからね。
 
 
 
昨日は悩みを持っている人がいたので
その人の悩みをみんなで聞いていました。
一人で悩んでいても堂々巡りをして
苦しいだけだと思います。
でも、こうやって悩みを
聞いてくれる仲間がいることで
救われることでしょう。
 
 
 
実際にその人も参加してよかったし
もっと早くに連絡すればよかったな
そうしたらここまで問題を大きくしなくても
良かったのかもしれないと
言っていただけました。 
 
 
 
カウンセリングで自分とじっくりと
向き合うことも必要だと思いますが、
仲間が悩みを聞いてくれることも
救いには欠かせないのでしょう。
 
 
 
ZOOMも無料版を使っていますので、
40分経ったら自動的に切れてしまいます。
切れたらみんな入りなおして
そこでグループのメンバーチェンジをします。
有料版だと時間制限がありませんが、
班替えをするには無料版で
強制的に切れるもの良いですね。
 
 
 
これからも、続けていきますので、
深い話ができる仲間つくりに興味がある人は
一度参加してほしいです。
 
 
 
次回は
ZOOM飲み会
7月17日(金)20時~
開催予定です。
 
 
 
ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月04日2020年:7月

最後が幸せなら全てがOKになる

今日は終わりよければ全て良し
ということについてお話ししようと思います。



人生ってオセロによく似てるなと思います。
ずっと黒を置いてあったとしても
その一番端に白を置いたとしたら
その今までの黒が全てひっくり返って
白になるということもあるし



白をずっと置いていったのに
一番最後が黒になると
今までの白がひっくり返って
黒になってしまうということもあります。



今がすごく楽しくて
ハッピーだという風に思っているとしたら
過去すごい嫌な出来事があったとしても
苦しい出来事があったとしても
そういう辛い出来事があったからこそ
今の良い一日、良い日があるのだっていう風に
思えるようになると思います。



逆に今が不幸だと思って苦しい経験をしてるとしたら
今までどんなに良いことがあったとしても
どんなに素晴らしい体験をしていたとしても
そういうものはなかなか見つけられない
というかその目に入らなくなるって言うか
考えなくなってしまうってことがあるのかなと思います。



そういう良い体験があるはずなのに
悪い体験ばっかりが目について
その記憶から引っ張り出されて
私はこんなに不幸だったのだ
だから今こんなに不幸である
っていう風に紐付けてしまうのかなと思います。



そんな感じで今の気持ちが
どんな風な気持ちであるかによって
過去がどうであったのかっていうのは
決まってくるってのも
少なからずあるのかなと思います。



今が嬉しくて幸せだったとしたら
過去の出来事も
どんなに辛い出来事があったとしても
幸せであると感じることができるし、



今が苦しくて辛い状態であるとしたら
過去にどんな良い出来事があったとしても
それは目に入らずに
苦しい出来事だけ頭に浮かんでしまう
ということがあります。



心理学的にピークエンドの法則というものもあります
どんな出来事もピークその最高超盛り上がった時と
エンドである一番最後しかその頭に思い浮かばない
印象に残らないということです。



最初とか中間とかどんな出来事があったとしても
その盛り上がった最高潮と最後しか人間というのは
認識することってのは難しいということです。



だからデートで最初つまずいたとしても
そのピークで良いものを与えることができたとして
そして一番最後にプレゼントなどを渡して
良い終わり方をすることができたとしたら
そのデートとはその人にとって良い印象で終わる
ということがあるのかなと思います。



そんな感じで人っていうのは
最後にどんな風な気持ちであるかというのは
とっても大きい物ってあるのかなと思います。



人生を終わる時にもこの人生はもう満足
この人生であっても
何も言うことなしっていうふうな感じで
終わることができたとしたら
それはその人生、最初に途中に
いろんな辛いことがあったとしても
全てOKにすることができると思います。



逆に一番最後に私の人生は何て不幸で
なんて辛い人生だったのだろう
という風にして終わってしまうと
その中間がどんなに素敵な体験とか
良い思い出があったとしても
そういう物っていうのは隠されて
不幸な出来事しか目につかない
という風になってしまいます。



だから今どのような気持ちでいられるのかって
ことは大切なことなのかなと思います。



最後良ければ全て良しということなので
途中がどんなに辛いことがあったとしても
最後の最後で良い印象っていうか
幸せになることができたとしたら
それはその人の中ではすべてがひっくり返って
喜びの人生になるのかなと思います。



ということで
最後にとっても良い人生にするために
どのような気持ちでいるのかって
いうことをお気をつけていくってのは
とっても大切なことなのかなと思います。



そして最後、良い人生で終わるために
今できるだけ良い気分でいることも
必要になってくるのかなと思います。



今日は最後の気持ちっていうのは
そのものをすべてが影響されていく
ということなので
とっても大切なことだということを
説明させていただきました。



ありがとうございました。








メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年07月01日2020年:7月

自分を満たせないのは罪悪感があるから

今日は自分を満たせない原因の一つとして
罪悪感というのもあげられるのかなと思います。



罪悪感というのは文字通り
自分には罪があって
罰せられなればいけないという思いが
自分の中にあるということなのかなと思います。



罪悪感なのでそれ本当に罪があるかないか
ということは関係なくて
自分がそう感じてしまっている
ということが大事であります。



よくあるのが
誰も自分のことを責めてはいないのに
自分で勝手に自分をダメ出しして責めて
落ち込んでしまっているということがあります。



仕事でもちょっとミスをして
他の人達はまあそういうことも
よくあるよねっていう風に
大目に見てくれているということはあるのに



自分で勝手にことをミスしてしまう自分なんて駄目だ
周りの人にこんなに迷惑をかけてしまった
なんてこの会社にそのマイナスあたえている
ダメな人間なんだというふうに
自分で勝手に自分を責めて



そして落ち込んで
かえって周りの人にその心配をかけるとか
よけいに迷惑をかけてしまうって
いうことがあると思います。



そういうふうに自分をダメ出しして
自分を傷つけて
それがプラスに働くんのだったら
別に良いかもしれませんけど



大抵は自分で自分のことを責めたとしても
勝手に落ち込んでいるだけで
その落ち込みが余計に
その仕事の能率を悪くしてしまったり
ミスを誘発してしまったりということをするので
前の人にも悪影響を及ぼしてしまいます。



自分も辛いし前の人にも悪影響を
及ぼしてしまうという
自分で勝手に作った罪悪感



それを減らしていくってことは
上手く生きていく上で
とっても大切なことかなと思います。



でもこの罪悪感というのは
なぜ持ってしまったのかと言うと
理想が高く設定されてしまった
というとこはあるのかなと思います。



もし理想が低くて
自分なんて周りの人に迷惑をかけても良い
という風に思い込んでいるという人がいたとしたら
別に自分がミスしても何も思わないし
周りの人にどんなに迷惑をかけようが
まあそれはそれでしょうがないっていう風に
もう開き直ることができると思います。



でも自分なんかは周りの人に迷惑をかけたら
絶対にダメだとか
絶対にその会社にとって
プラスにならなければいけない



強いその思いと言うか
高い理想があればあるほど
少しのミスって言うので
自分を勝手にダメ出ししてしまうってことが
あるのかなと思います。



みんなそんな完璧を
自分に望んでるわけではないのに
自分で勝手に理想を高くして
完璧をこなそうとしてしまってます。



でもそんな完璧なんて
できるわけがないのだから
ちょっと何かあるたびに
自分を責めて
そして罰して落ち込んでしまう。



ひどい人だと
全然その会社に迷惑をかけてないのに
自分なんてもう会社にそのいる意味はない
お荷物なんだということで
申し訳なさすぎて
会社を辞めてしまうっていう人もいます。



そこが人材が不足しているとこだったとしたら
会社を辞めてしまわれる方が
かえって会社としては迷惑がかかってしまう
っていうこともあるのに
その人は自分がいるということだけで
その会社に迷惑をかけてしまうという申し訳のなさで
やめてしまうってこともあります。



そうやって自分で自分のことを責めて
自分で罰してるっていう状態で
自分を満たすっていうことなんて
全然できないと思います。



ちょっとでも自分の理想を低くして
そんなに周りの人は
自分に高い期待なんてしていないのだから



そんなに頑張る必要もなくて
そんなに完璧にする必要もなくて
ミスなんてしてもいいし
周りの人に人に迷惑をかけてもいいし
っていうふうに



自分で少し低く理想することができたとしたら
ちょっとは罪悪感というのも
減っていくのかなと思います。



罪悪感というのは
本当に自分がどう思ってるかだけであって
周りの人がどう思ってるかなっていうのは
全然関係がない



自分で勝手に自分には罪あると思って
そして罰せられなければいけないと思ってるだけで
その少しずつ減らしていく
それだけで自分というのを
満たすとこともできるように
なってくるのかなと思います。



そういう満たされない思い
自分を罰してしまう
ダメ出ししてしまう
ということを減らしていくってことは
とっても大切なことだと思います。



そういうことで罪悪感について
少しお話しさせて頂きました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年06月29日2020年:6月

ストレスとなっている3つのGとは!!

今日は自分を満たすためには
ストレスを減らすということについて
お話ししようと思います。



自分を満たした分だけしか
相手に愛を与えることができない
ということについて
お話ししたことがあると思います。



ではどうやって自分を満たしていくのか
ということですけど
一つはストレスを減らすってことがあると
自動的に自分が満たされる事はあるのかなと思います。



今満たされていないってことは
ストレスがかかって自分に余裕がない状態
ということも大きいと思います。



そのストレスが減るだけでも
自動的に自分が満たされる方向に
いくとことはあります。



では何にストレスがかかっているのか
と言うと大きな分類で言うと
3Gのストレスがあると言われてます。
義務・犠牲・我慢のGを取った3Gであります。



この3Gを止めることができたとしたら
それだけでストレスは減って
自動的に自分というのを
満たすということができるようになるのかなと思います。



まず義務として本当はしたくないのに
何々しなければいけないという風に
義務的に何かしていることっていうのは
僕達は多いのかなと思います。



そういう義務的に何かしてる時というのは
本当はしたくないと思っていることなので
それをしているということは
とってもストレスがかかってしまいます。



仕事であったりとか
子育ててあったりとか
家に帰って家事であったりとか
そういう本当はしたくないものから
少しでもそれが離れていくようになると
ストレスは減っていくのかなと思います。



全てをなくす事っていうのは
もちろんできないかもしれませんけど
それを減らしていくってことを
減らす努力をしていくってことはできるのかなと思います。



全部自分でしようとせずに誰かに頼むとか
そういうこともするだけでも
少し負担は減っていくのかなと思います。



そうやって義務的に何かをしていることを
減らしていくということも
ストレスを減らすための第一歩となります。



次に犠牲ですけど
自分が持っていないものまでも
与えようとしてしまっている
本当は自分が欲しいと思ってることもあるのに
それを欲しいと言えずに与えてしまっている
本当は何かをして欲しいと思ってるのに
してもらえないということで諦めてしまっている
そういうのでなんか犠牲となって
しまってることもあるのかなと思います。



自己犠牲ということが多くて
自分が何も持っていない状態なのに
相手に何かを与えようとするというのは
とても辛いって言うか
苦しいことなのかなと思います。



そういう犠牲となって
無理に何かをしてあげようとするとことも
減らしていくってことは大事なのかなと思います。



これは義務にもちょっとつながる部分があっては
全て全部繋がると思うんですけど
犠牲ということもあって
無理に相手のためにしなければいけない
ということを減らしていくってことも
とっても大切なことです。



そして最後に我慢というのは
我慢とは本当はやりたいのに何かをしてはいけない
まだ早いとか
こんなことをするのは常識外れたとして
我慢してしまってるっていう事が
あるのかなと思います。



やりたいことができない状態っていうのも
僕たちはストレスをかけてしまっている
原因の一つのあるかなと思います。



本当はこうしていきたい
本当は遊びたいのに
本当は寝ていたいのに
本当はもっと自由に世の中を渡っていきたいのに
それが出来ない



それが出来ずに
本当はしたくないことをしてしまっている
そういうことがストレスの一因となって
それが自分を満たせない
という風になってしまうのかなと思います。



そういうふうに義務・犠牲・我慢というのを
少しずつ減らしていくっていうことは
ストレスも減って
自分が満たされていないという感情も
減っていくのかなと思います。



今日は自分の満たせない満たされない原因として
ストレスがかかっている状態ということを
お話しさせて頂きました。



ありがとうございました。






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年06月27日2020年:6月

行動の動機は愛か恐れかの2つに分かれる

今日は僕たちの行動の動機として
愛と恐れの二つしかないということについて
お話ししようと思います。



僕たちは何かを行動しようとする時に
大きく分けて二つの行動の動機が
あると言われてます。
それは愛からくる行動なのか
恐れからくる行動なのかということです。



愛からくる行動というのは
自分に正直に嘘がなくて
文字通り相手に何かを与えていきたいとか
何か相手に喜んでもらいたいとか
そういうところからくる行動が多いです。



だから愛からくる行動で相手がされたとしたら
それは喜びにもなるし癒しにもなるし
プラスに働くことが多いです。



でも恐れからやっている行動をとる人も中には多くて
というか恐れからくる行動をとる人がほとんどだと
僕は思ってます。
僕もずっと恐れからくる行動ばかりとっていました。



恐れからくる行動をとっていると
何かされた人は奪われたような感じとか
何かされたとしてもおかしいな
ちょっと変だなぁとか
そういう風にちょっと疑問に思ったり
何か嫌な感じがするということがあります。



その恐れからくる行動というのは
何に対して恐れているのかと言うと
嫌われることだったり
恥かくことだったり
怒られることとか
笑われることを恐れて
何か行動してしまってるということがあります。



嫌われるのが怖くて
起こしている行動があったとしたら
それは相手に対して
嫌われないように嫌われないようにと
思っているだけなので
与えるということではないし
そんなことされても多分相手としては
喜ばれないということがあるのかなと思います。



愛の行動でも
恐れの行動でも
やっている行動っていうのは一緒だとしても
得られる結果っていうのは全く違うってことがあります。



愛の行動で相手を助けるということをすると
相手は喜んで自分も嬉しくなるはずです。



でも恐れからくる行動で相手を助けようとしても
相手は何か助けてもらったのに
奪われたっていうか
余計なおせっかいはされたという風に
感じるかもしれないし



自分としても相手が喜んでくれないとしたら
やってあげたのになんでわかってくれないの
何でこんなにしてあげたのに
そんな態度されるのというふうに
不満に思ってしまうことでしょう。



例えば何か親切にその席をいずれにしても
愛からくる席を譲る行為と
恐れからくる席を譲る行為では
全く違ってくると思います。



恐れからくる席を譲るという行為は
誰かに何か良い風に見られたい
という下心があったりとか
若者だったら何か席を譲らないと
そのお年寄りの人から
白い目で見られるとかないか
怒られるんじゃないかという。
そういう行為から仕方なく席を譲るということを
してしまうことがあるかもしれません。



そういう思いで席を譲るとしても
相手というのはもしかしたら
喜んでくれないかもしれませんし
自分としてもやっぱり不満は
残ってしまうことでしょう。



そうやってほとんどの行為というのは
愛からくるものなのかを
恐れからくるものなのかという
その二つに分けられることが多いです。



そして愛からくる行いっていうのは
大抵は自分に嘘がない行いが多いです。
自分が本当は本当にこれがしたかったから
それをするということが多くて
ストレートに自分の心を
反映していることが多いです。



でも恐れからくる行為というのは
本当はこんなことしたくないのに
誰かから怒られるからしなければいけない
という行動だったり



本当は何かやりたいことあったとしても
怒られたり恥をかくのが嫌だから
我慢してしまっている
それで別の行為をしてしまうということがあって



自分の心とは反対っていうか
嘘をついてるような行動が多くて
だからこそその自分に嘘をついているから
不自然でそれが伝わってしまうのかなと思います。



愛というのは自分に正直な行為であって
それがあるとより相手に与えやすいとか
その何か愛が伝わりやすい
受け取りやすいってことがあります。



でも恐れからくる行為ってのは
本当の自分の気持ちからする行動ではないので
それをされると何か不自然に思って
本当は与えてもらってるのに
何か奪われてるような
感じになってしまったりとか
余計なおせっかいで
やってもらわないほうが良かったとか
そういう風に感じられてしまうことがあります。




どれくらい自分に
自分の心に正直にいられるのかということが
愛からくるものなのかを
恐れからくるものなのかという
基準になってくるのかなと思います。



できるだけ自分の気持ちに
正直な行為をしていくということが
自分にも相手にも負担をかけずに
喜んでもらえるような
コツになっていくのかなと思います。



今日は僕たちの行動の動機として
愛からくるものなのか
恐れからくるものなのか
その二つに分かれていくということについて
お話しさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール